検索結果 10 件中 1 件 〜 10 件 "Basketball"
  1. 2019080800965

    「新華社」 中国のネット・スポーツバラエティー「籃板青春」が訪日交流  上海で合宿中の「籃板青春チーム」。(資料写真)中国のネットプラットフォーム騰訊(テンセント)スポーツが企画するバスケットボール・リアリティショー「籃板青春」の撮影クルーと選手が5日、文化・スポーツ交流を行うため上海と東莞から日本に向けて出発した。中国各地から選抜された高校生男子選手で構成される「籃板青春チーム」は、日本の有名な学生バスケットボールチームである秋田県立能代工業高校男子バスケットボール部、福岡第一高校男子バスケットボール部と親善試合を行い、お互いが技術を競い合い、バスケットボールについて経験と理解を交流する。(上海=新華社配信/騰訊スポーツ提供)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:騰訊スポーツ/新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019080800969

    「新華社」 中国のネット・スポーツバラエティー「籃板青春」が訪日交流  上海で合宿中の「籃板青春チーム」。(資料写真)中国のネットプラットフォーム騰訊(テンセント)スポーツが企画するバスケットボール・リアリティショー「籃板青春」の撮影クルーと選手が5日、文化・スポーツ交流を行うため上海と東莞から日本に向けて出発した。中国各地から選抜された高校生男子選手で構成される「籃板青春チーム」は、日本の有名な学生バスケットボールチームである秋田県立能代工業高校男子バスケットボール部、福岡第一高校男子バスケットボール部と親善試合を行い、お互いが技術を競い合い、バスケットボールについて経験と理解を交流する。(上海=新華社配信/騰訊スポーツ提供)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:騰訊スポーツ/新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019080800970

    「新華社」 中国のネット・スポーツバラエティー「籃板青春」が訪日交流  上海で合宿中の「籃板青春チーム」。(資料写真)中国のネットプラットフォーム騰訊(テンセント)スポーツが企画するバスケットボール・リアリティショー「籃板青春」の撮影クルーと選手が5日、文化・スポーツ交流を行うため上海と東莞から日本に向けて出発した。中国各地から選抜された高校生男子選手で構成される「籃板青春チーム」は、日本の有名な学生バスケットボールチームである秋田県立能代工業高校男子バスケットボール部、福岡第一高校男子バスケットボール部と親善試合を行い、お互いが技術を競い合い、バスケットボールについて経験と理解を交流する。(上海=新華社配信/騰訊スポーツ提供)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:騰訊スポーツ/新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019071101798

    「バスケットボールの話題」 比江島、サマーLで苦戦  キャバリアーズ戦でプレーする、ペリカンズの一員として参加している比江島慎(左)=ラスベガス(共同)

  5. 2019062100470

    「夢が現実になるとは」  八村選手への思いを語り涙ぐむ、富山市立奥田中学時代の恩師、同中バスケ部コーチの坂本穣治さん=21日午前、富山市

  6. 2019062100453

    「夢が現実になるとは」  富山市立奥田中のバスケ部員とドラフト会議のライブ映像を見守る、中学時代の恩師で同中バスケ部コーチの坂本穣治さん=21日午前、富山市

  7. 2019111400948

    「新華社」 職業教育で結ばれたアフリカ人青年と中国の縁  クラスメートとバスケットボールを楽しむ劉洋さん(右)。(4月17日撮影)ガーナ出身の15歳の少年、セルジオ・トンプソンさんは4年前、中国山東省済南市の山東藍翔技師学院で自動車修理を学び始め、同校で最初の留学生になった。セルジオさんは自分に「劉洋(りゅう・よう)」という中国語名をつけた。当初、中国語の基礎も技術の専門知識もなかったが、今では流暢に中国語を操り、自動車のエンジンを素早く解体できるようになった。中国で多くのことを学んだ劉洋さんは、今年の夏に卒業し、帰国した。4年前、彼の父親でガーナで建築業を営むベンジャミン・トンプソンさんは、息子を中国に留学させた。それから4年後の今、父子はガーナで自動車職業技術教育学校を開設し、中国人教師を招くことを計画しているという。(済南=新華社記者/王凱)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019032602649

    「新華社」 熱気球フェス「バルーンズ·オーバー·ワイカト」、NZハミルトンで開催  23日、ハミルトンのフェスティバル会場で、バスケットのない熱気球を操縦するパイロット。ニュージーランドのハミルトンで19~23日、熱気球のフェスティバル「バルーンズ・オーバー・ワイカト2019」が開催された。すべての熱気球は23日朝、深い霧の中で点火とテスト飛行を行った。同フェスではチリ、米国、ベルギー、オーストラリアおよびニュージーランド国内の特殊なバルーン3機とカラフルなバルーン16機が一堂に会した。(ハミルトン=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019011420577

    全国高校サッカー決勝  浮島智子文科副大臣(左)から賞状を贈られる青森山田の三国(中央)とバスケス=埼玉スタジアム(代表撮影)

  10. 2018120310825

    「新華社」 音のない世界の「文お姉さん」  11月26日、学校のバスケットボールチームのメンバーと共に校庭で写真に納まる曽文萍さん(前列の緑の服)。ろうあの生徒たちの教育に当たる中国江西省南昌(なんしょう)市啓音学校で特殊教育の教員として勤務する曽文萍(そう・ぶんへい)さん(43)は、1997年に大学を卒業して以来、同校でろうあの子どもたちと共に過ごしている。体育を含む各科目、ゲームや雑談から化粧やおしゃれまで、曽さんは学校での21年間で、子どもたちにとって何でも話せる「文お姉さん」になった。曽さんは、話すことができない子どもたちは非常に純粋な心を持っていて、学校で普段、楽しげな声を聞くことはないが、手話を通じて熱い心を感じることができると語った。曽さんはまた、手話が社会全体に普及し、ろうあの子どもが社会とより緊密にコミュニケーションを取り、健常者の子どもと同じように幸せな青春時代を過ごせるようになることを願っている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像