検索結果 15,302 件中 1 件 〜 50
  1. 2020032800723

    IT人材育成へ190校  取材に応じる教育委員会普通教育局の金昌秀局長=25日、平壌(共同)

  2. 2020032702376

    授業中窓開け、休み短縮も  学校再開に向けた文部科学省のQ&A

  3. 2020032701816

    教育長「再発防止誓う」  高校山岳部員ら8人が死亡した雪崩事故から3年となり、献花式に出席した栃木県教育委員会の荒川政利教育長(前列右)と県高体連の塩沢好和会長(同左)=27日午後、栃木県那須町

  4. 2020032701814

    教育長「再発防止誓う」  高校山岳部員ら8人が死亡した雪崩事故から3年となり、献花する栃木県教育委員会の荒川政利教育長(手前)=27日午後、栃木県那須町

  5. 2020032701146

    宝塚音楽学校が合格発表  宝塚音楽学校に合格し、入学説明会のため学校に向かう島見茜さん(手前)=27日午前、兵庫県宝塚市

  6. 2020032701113

    宝塚音楽学校が合格発表  宝塚音楽学校の合格発表後、入学説明会に訪れた合格者=27日午前、兵庫県宝塚市

  7. 2020032701109

    宝塚音楽学校が合格発表  宝塚音楽学校の合格発表後、入学説明会に訪れた合格者ら=27日午前、兵庫県宝塚市

  8. 2020032600751

    被災の教訓、手作り新聞に  生徒が作った「防災新聞」を見る高橋恵子教諭=2月、岡山県倉敷市立真備中

  9. 2020032512068

    「子どもの日本語不安」  外国人が多く住む名古屋市港区の公園で遊ぶブラジル人の西ジュリアナさん(奥右から2人目)親子ら。長男(手前左)の日本語学習時間減少に不安を感じている=20日

  10. 2020032418950

    いじめで不登校、退学に  滋賀県教育委員会の教育長(右)に、調査結果を答申する県立学校いじめ問題調査委員会の山本久子委員長=24日、大津市

  11. 2020032322934

    新生活前に同級生の心に傷  自殺した男子生徒が通学していた岐阜市内の市立中学校=23日午後

  12. 2020032322824

    学校再開、換気とマスクを  取材に応じる萩生田文科相=23日午後、文科省

  13. 2020032322822

    学校再開、換気とマスクを  取材に応じる萩生田文科相=23日午後、文科省

  14. 2020032322352

    学校再開、換気とマスクを  参院予算委で答弁する萩生田文科相=23日午後

  15. 2020032200281

    愛子さまが高校卒業式  学習院女子高等科の卒業式のため、マスク姿で登校する愛子さま=22日午後、東京都新宿区(代表撮影)

  16. 2020032200280

    愛子さまが高校卒業式  学習院女子高等科の卒業式を前に、沿道の人たちに手を振る愛子さま=22日午後、東京都新宿区(代表撮影)

  17. 2020032200279

    愛子さまが高校卒業式  学習院女子高等科の卒業式のため、マスク姿で登校する愛子さま=22日午後、東京都新宿区(代表撮影)

  18. 2020032200278

    愛子さまが高校卒業式  学習院女子高等科の卒業式を前に、感想を語る愛子さま=22日午後、東京都新宿区(代表撮影)

  19. 2020032200277

    愛子さまが高校卒業式  学習院女子高等科の卒業式を前に、感想を語る愛子さま=22日午後、東京都新宿区(代表撮影)

  20. 2020032200276

    愛子さまが高校卒業式  学習院女子高等科の卒業式のため、マスク姿で登校する愛子さま=22日午後、東京都新宿区(代表撮影)

  21. 2020031704427

    編集局連載企画「移・職・住 外国人と生きる」第12部「失踪の陰で」4回続きの(4) ビジネスの歯車止まらず  ハノイの送り出し機関で日本語の勉強をする技能実習候補生。教室にはベトナム国旗と日の丸が置かれていた=2月(共同)

  22. 2020031922637

    連載企画「異国からの担い手―知立市昭和地区の挑戦」5回続きの(3) おやじが学校で関わる  「おやじの会」が開いた流しそうめん=2019年8月、愛知県知立市

  23. 2020031923688

    使える英語を身につける  生徒がより実践的な力を身につけられるようにすることを重視した中学校の英語教科書

  24. 2020031923663

    連載企画「異国からの担い手―知立市昭和地区の挑戦」5回続きの(4) 子育て中のママに居場所  国籍を超えてママ友に―。子育てサロン「みらいJr.」の活動=2019年5月、愛知県知立市

  25. 2020031923662

    連載企画「異国からの担い手―知立市昭和地区の挑戦」5回続きの(4) 子育て中のママに居場所  子育てサロン「みらいJr.」の英語教室=2019年7月、愛知県知立市

  26. 2020031923661

    連載企画「異国からの担い手―知立市昭和地区の挑戦」5回続きの(4) 子育て中のママに居場所  子育てサロン「みらいJr.」に参加する日系3世の西マリさん(手前左から2人目)=2019年7月、愛知県知立市

  27. 2020031922686

    インターンシップは休日に  記者会見する日本私立大学団体連合会就職問題委員会の土屋恵一郎委員長(左)=19日午後、東京都千代田区

  28. 2020031922642

    連載企画「異国からの担い手―知立市昭和地区の挑戦」5回続きの(3) おやじが学校で関わる  ペンキ塗りの作業をする「おやじの会」の北島陽介会長=2019年8月、愛知県知立市

  29. 2020031922641

    連載企画「異国からの担い手―知立市昭和地区の挑戦」5回続きの(3) おやじが学校で関わる  「おやじの会」のペンキ塗りに参加した外国人=2019年8月、愛知県知立市

  30. 2020032314014

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、曽雨芬さんの家で授業で使う黒板を準備する黄申根さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020032314019

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、曽雨芬さんの家で授業をする黄申根さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020032314067

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、オートバイに乗り児童の家に向かう黄申根さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020032313851

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、曽雨芬さんと一緒に畑で絵を描く黄申根さん(右)。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020032313391

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、放課後、家の中で手作りの「ボウリング」をして遊ぶ黄申根さん(左)と曽雨芬さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020032313894

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、授業に必要な教材をオートバイにくくり付け、出発の準備をする黄申根さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020032313906

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、黄申根さん(左)を出迎える曽雨芬さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020032315066

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  19日、授業が終わり、別れのあいさつをする黄申根さんと曽雨芬さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020031802958

    「ニュースアラカルト」(社会)「2週間ぶりに一部学校再開」 2週間ぶりに一部学校再開  休校から2週間ぶりに再開した静岡市立葵小学校の授業(じゅぎょう)=16日、静岡市

  39. 2020032307335

    「NNA」 タイの学校と娯楽施設、政府方針で一斉閉鎖を開始  タイ政府の命令で3月31日まで閉鎖されるメジャー・シネプレックスの映画館=2020(令和2)年3月18日、タイ・バンコク、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

  40. 2020032302532

    「大分合同新聞」 かぼすブリの缶詰  海洋科学高校の生徒が作った、かぼすブリの缶詰=2020(令和2)年03月18日、臼杵市、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ

  41. 2020032313965

    「新華社」 たった一人の児童のためにオートバイで出張授業江西省宜春市  18日、自宅で授業の準備をする黄申根さん。中国江西省の山間部にある宜春市袁州区洪塘鎮の沙泥坪小学校は現在、在籍する児童が曽雨芬(そう・うふん)さんただ一人。平日は祖母が曽さんの面倒を見ている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地元政府はオンライン授業を普及させているが、曽さんの自宅は辺ぴな場所にあるためインターネットの電波が弱く、授業を受けることができない。そのため、同小の教員、黄申根(こう・しんこん)さん(53)は曽さんが勉強を続けられるよう、2月末以降、毎日15キロの山道をオートバイに乗って曽さんの自宅まで通い、授業を行っている。(宜春=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020031704421

    編集局連載企画「移・職・住 外国人と生きる」第12部「失踪の陰で」4回続きの(4) ビジネスの歯車止まらず  ハノイの送り出し機関で日本語の勉強をする技能実習候補生=2月(共同)

  43. 2020031704412

    編集局連載企画「移・職・住 外国人と生きる」第12部「失踪の陰で」4回続きの(4) ビジネスの歯車止まらず  ハノイの送り出し機関で日本語の勉強をする技能実習候補生=2月(共同)

  44. 2020031600952

    富山、静岡で学校再開  再開した学校の休み時間に手を洗う、静岡市立葵小の児童たち=16日午前、静岡市

  45. 2020031600936

    富山、静岡で学校再開  再開した小学校に登校した児童の検温をする教員=16日午前、静岡市立葵小

  46. 2020031600900

    富山、静岡で学校再開  約2週間ぶりに再開した富山市立堀川中に登校し、笑顔で言葉を交わす生徒と教員=16日午前、富山市

  47. 2020031600808

    富山、静岡で学校再開  約2週間ぶりに学校が再開した富山市立堀川中=16日午前8時10分、富山市

  48. 2020031600797

    2週間ぶり学校一部再開  安倍首相による突然の要請を受けた休校から約2週間ぶりに再開した静岡市立葵小の授業=16日午前、静岡市

  49. 2020031600786

    2週間ぶり学校一部再開  安倍首相による突然の要請を受けた休校から約2週間ぶりに再開した静岡市立葵小の授業=16日午前、静岡市

  50. 2020031600746

    2週間ぶり学校一部再開  約2週間ぶりに学校が再開し、登校する静岡市立葵小の児童=16日午前、静岡市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像