検索結果 205 件中 1 件 〜 50
  1. 2020022503792

    「新華社」 へき地の子どもに授業資料届ける「ライダー校長」江西省  17日、子どもたちにオンライン授業の動画データをコピーしたUSBメモリーを届けるため、万載県高村鎮新竹村の山道をバイクで走る羅長石校長。(小型無人機から)中国江西省宜春市万載県の高村鎮新竹村にある新竹小学校の羅長石(ら・ちょうせき)校長は、中国が新型コロナウイルスによる肺炎と闘うこの特殊な時期に、子どもたちに授業資料を届ける「バイク宅配員」の役目を引き受けている。湖北省武漢市で新型肺炎の発生が報告されてから、中国各地の学校は新学期の開始を遅らせた。同省の学校は休校中も授業に支障が出ないよう、10日からオンライン授業を開始した。しかし、同県政府所在地から50キロ離れた村で最も辺ぴなところにある同村尹家嶺集落は、携帯電話の電波が悪いため、集落の子どもたちはオンライン授業が始まってから、比較的電波の良い山の頂上付近に建てられた竹の小屋でオンライン授業を受けていた。この状況を知った地元の教育部門は、当日夜に担当者を同村へ派遣。パソコン数台を送り届けた。羅校長は、子どもたちに授業資料を毎日届ける役目を買って出た。羅校長は11日から、毎朝急いで学校へ行き、当日のオンライン授業用の動画を制作・保存してから、それをUSBメモリーにコピーすると、バイクに乗って山道を走り、集落に住む児童生徒5人の家まで届けている。授業は午前と午後の両方あるため、毎日、山道を20キロ以上往復しなければならない。羅校長は「どの授業も欠かせないし、どの子どもも大切。授業資料を送り届けるのは私の務め」と語った。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020010602234

    「新華社」 澄江化石地自然博物館、2020年に一般公開雲南省玉渓市  26日、澄江化石地自然博物館。(小型無人機から)中国雲南省玉渓市の澄江化石地自然博物館は化石をテーマに、生命の起源や生物の進化、生物多様性などに関する資料収集、研究、展示、教育を包括的に行う大型自然博物館だ。同館には世界各地から集められた各地質時代の貴重な生物化石や標本約3千点が展示される。博物館は現在、ほぼ完成しており、2020年前半の一般公開を予定している。(澄江=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019112505242

    「新華社」 学校で戯曲を学ぶ湖南省祁陽県  21日、湖南省永州市祁陽県明徳小学校の運動場で祁劇の稽古に励む児童ら。(小型無人機から)中国の国家級無形文化遺産の一つ「祁劇(きげき)」の発祥の地、湖南省永州市祁陽県では、県政府が2018年9月から劇団を組織し、多くの学校で戯曲を学ぶイベントを実施。無形文化遺産の継承と学生の余暇充実につなげている。(永州=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019112505351

    「新華社」 学校で戯曲を学ぶ湖南省祁陽県  21日、湖南省永州市祁陽県明徳小学校の運動場で祁劇の稽古に励む児童ら。(小型無人機から)中国の国家級無形文化遺産の一つ「祁劇(きげき)」の発祥の地、湖南省永州市祁陽県では、県政府が2018年9月から劇団を組織し、多くの学校で戯曲を学ぶイベントを実施。無形文化遺産の継承と学生の余暇充実につなげている。(永州=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019111902835

    「新華社」 小中学生向け消防避難救命体操の普及目指す内モンゴル自治区  18日、ヒンガン盟のウランホトモンゴル族中学校で消防避難救命体操を練習する生徒。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区では現在、同区の小中学生を対象に「消防避難救命体操」の普及を進めている。この体操はヒンガン盟消防救援支隊が考案し、ラジオ体操の形式を参考に、消防に関する常識、危険脱出・避難、緊急時のセルフレスキュー技能を取り入れている。児童生徒は模擬動作と教員の解説を通じて、直観的に消防知識を理解し、避難とセルフレスキューの要点を把握できる。(ヒンガン盟=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019111803401

    「新華社」 太極拳の故郷、広府古城河北省邯鄲  14日、広府古城の中で、太極図の形に陣形を組み、稽古をする生徒ら。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市永年区の広府古城には2600年の歴史があり、多くの古建築が残されている。また、「楊式」「武式」太極拳が生まれた「太極拳の故郷」としても知られている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019101703499

    「新華社」 音楽が視覚障害のある生徒に光を灯す重慶市  10日、重慶市特別支援教育センターの運動場で、昼休みにトランペットを練習する視覚障害のある生徒、王太樊(おう・たいはん)さん。(小型無人機から)中国重慶市特別支援教育センターは2010年、重慶揚帆吹奏楽団を設立した。視覚障害のある生徒たちは分厚い楽譜を懸命に書き写し、手探りで楽器の習得に励んでいる。楽団の演奏は、生徒たちにチームワークを意識させ、夢を与えるものとなった。同センターでは現在、管楽器が日常的なカリキュラムに組み込まれており、全ての生徒が音楽に触れられるようになっている。音楽が生徒の心を照らし、協力の意味を教えている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019091901131

    「新華社」 中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」  11日、大金山国防園で大学生らに戦車について説明する張勇さん。(小型無人機から)中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019091901206

    「新華社」 中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」  11日、大金山国防園の国防教育館前で大学生らに説明をする張勇さん。(小型無人機から)中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019091901153

    「新華社」 中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」  11日、大金山国防園の全景。(小型無人機から)中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019091901190

    「新華社」 中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」  11日、大金山国防園の長征広場。(小型無人機から)中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019091000515

    東京・板橋で生徒体調不良  生徒らが体調不良を訴えた板橋区立志村第一中学校=10日午後0時15分、東京都板橋区(共同通信社ヘリから)

  13. 2019082001798

    「新華社」 空から見た雲南省昆明市  17日、空から見た昆明大観公園。(小型無人機から)中国雲南省中部に位置する昆明市は、同省の政治、経済、文化、教育、科学研究、社会事業発展の中心で、交通、通信の中枢でもある。快適な気温や湿度、長い日照時間、短い降霜期など環境に恵まれていることから、四季折々の花が咲き乱れ、草木が一年中青々と生い茂っている。(昆明=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019082001774

    「新華社」 空から見た雲南省昆明市  17日、空から見た昆明瀑布公園。(小型無人機から)中国雲南省中部に位置する昆明市は、同省の政治、経済、文化、教育、科学研究、社会事業発展の中心で、交通、通信の中枢でもある。快適な気温や湿度、長い日照時間、短い降霜期など環境に恵まれていることから、四季折々の花が咲き乱れ、草木が一年中青々と生い茂っている。(昆明=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019082001803

    「新華社」 空から見た雲南省昆明市  17日、空から見た昆明瀑布公園の遊歩道。(小型無人機から)中国雲南省中部に位置する昆明市は、同省の政治、経済、文化、教育、科学研究、社会事業発展の中心で、交通、通信の中枢でもある。快適な気温や湿度、長い日照時間、短い降霜期など環境に恵まれていることから、四季折々の花が咲き乱れ、草木が一年中青々と生い茂っている。(昆明=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019082001877

    「新華社」 空から見た雲南省昆明市  17日、空から見た昆明大観公園と市内の景色。(小型無人機から)中国雲南省中部に位置する昆明市は、同省の政治、経済、文化、教育、科学研究、社会事業発展の中心で、交通、通信の中枢でもある。快適な気温や湿度、長い日照時間、短い降霜期など環境に恵まれていることから、四季折々の花が咲き乱れ、草木が一年中青々と生い茂っている。(昆明=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019082001845

    「新華社」 空から見た雲南省昆明市  17日、空から見た昆明大観公園の大観楼。(小型無人機から)中国雲南省中部に位置する昆明市は、同省の政治、経済、文化、教育、科学研究、社会事業発展の中心で、交通、通信の中枢でもある。快適な気温や湿度、長い日照時間、短い降霜期など環境に恵まれていることから、四季折々の花が咲き乱れ、草木が一年中青々と生い茂っている。(昆明=新華社記者/張笑宇)=2019(令和元)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019082001807

    「新華社」 空から見た雲南省昆明市  16日、空から見た昆明翠湖公園。(小型無人機から)中国雲南省中部に位置する昆明市は、同省の政治、経済、文化、教育、科学研究、社会事業発展の中心で、交通、通信の中枢でもある。快適な気温や湿度、長い日照時間、短い降霜期など環境に恵まれていることから、四季折々の花が咲き乱れ、草木が一年中青々と生い茂っている。(昆明=新華社記者/張笑宇)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019082001753

    「新華社」 空から見た雲南省昆明市  16日、空から見た昆明市中心部の金馬碧鶏坊。(小型無人機から)中国雲南省中部に位置する昆明市は、同省の政治、経済、文化、教育、科学研究、社会事業発展の中心で、交通、通信の中枢でもある。快適な気温や湿度、長い日照時間、短い降霜期など環境に恵まれていることから、四季折々の花が咲き乱れ、草木が一年中青々と生い茂っている。(昆明=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019082001859

    「新華社」 空から見た雲南省昆明市  16日、空から見た昆明市の雲南陸軍講武学校。(小型無人機から)中国雲南省中部に位置する昆明市は、同省の政治、経済、文化、教育、科学研究、社会事業発展の中心で、交通、通信の中枢でもある。快適な気温や湿度、長い日照時間、短い降霜期など環境に恵まれていることから、四季折々の花が咲き乱れ、草木が一年中青々と生い茂っている。(昆明=新華社記者/張笑宇)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019082001824

    「新華社」 空から見た雲南省昆明市  15日、空から見た昆明市の滇池国際コンベンション・アンド・エキシビションセンター。(小型無人機から)中国雲南省中部に位置する昆明市は、同省の政治、経済、文化、教育、科学研究、社会事業発展の中心で、交通、通信の中枢でもある。快適な気温や湿度、長い日照時間、短い降霜期など環境に恵まれていることから、四季折々の花が咲き乱れ、草木が一年中青々と生い茂っている。(昆明=新華社記者/張帆)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019082001791

    「新華社」 空から見た雲南省昆明市  15日、空から見た昆明市の雲南民族村。(小型無人機から)中国雲南省中部に位置する昆明市は、同省の政治、経済、文化、教育、科学研究、社会事業発展の中心で、交通、通信の中枢でもある。快適な気温や湿度、長い日照時間、短い降霜期など環境に恵まれていることから、四季折々の花が咲き乱れ、草木が一年中青々と生い茂っている。(昆明=新華社記者/張帆)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019082001846

    「新華社」 空から見た雲南省昆明市  15日、空から見た昆明市の雲南民族村と滇池。(小型無人機から)中国雲南省中部に位置する昆明市は、同省の政治、経済、文化、教育、科学研究、社会事業発展の中心で、交通、通信の中枢でもある。快適な気温や湿度、長い日照時間、短い降霜期など環境に恵まれていることから、四季折々の花が咲き乱れ、草木が一年中青々と生い茂っている。(昆明=新華社記者/張笑宇)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019082001862

    「新華社」 空から見た雲南省昆明市  15日、空から見た昆明市の雲南民族村。(小型無人機から)中国雲南省中部に位置する昆明市は、同省の政治、経済、文化、教育、科学研究、社会事業発展の中心で、交通、通信の中枢でもある。快適な気温や湿度、長い日照時間、短い降霜期など環境に恵まれていることから、四季折々の花が咲き乱れ、草木が一年中青々と生い茂っている。(昆明=新華社記者/秦晴)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019070901451

    「新華社」 世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市  浙江省杭州市にある良渚国家考古遺跡公園。(6月23日撮影、小型無人機から)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019070901359

    「新華社」 世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市  浙江省杭州市にある良渚国家考古遺跡公園の宮殿エリア。(6月23日撮影、小型無人機から)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019070901454

    「新華社」 世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市  浙江省杭州市にある良渚国家考古遺跡公園の宮殿エリア。(6月23日撮影、小型無人機から)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019070100513

    「新華社」 太極拳の里で夢追う少年たち河南省  19日、陳家溝太極拳祠堂内で稽古をする陳家溝太極拳学校の生徒ら。(小型無人機から)中国河南省焦作市温県の陳家溝村は、陳氏太極拳の発祥地として知られる。同県の太極拳教育はここ数年、大きく発展した。現在、武道館、武術学校として登記している県内施設の3分の2は陳家溝村に集中。太極拳を愛する各地の若者が太極拳発祥地のブランド力に引き付けられ、集まってくる。若者たちは「太極ドリーム」をかなえるため、体系化された太極拳の訓練を受けている。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019051600264

    「新華社」 春の茶を摘み、茶芸を学ぶ重慶市巴南区  25日、巴南区白象山の定心茶園で春の茶を摘む児童。(小型無人機から)中国重慶市巴南区に位置する白象山の定心茶園で25日、区内の小学生300人余りが茶摘みや製茶、茶文化・礼儀作法を学んだ。同区は茶業の発展に力を入れており、「茶と観光の融合」「茶と教育の融合」を推進し、経済的・社会的利益を上げている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019051600286

    「新華社」 春の茶を摘み、茶芸を学ぶ重慶市巴南区  25日、巴南区白象山の定心茶園で春の茶を摘む児童。(小型無人機から)中国重慶市巴南区に位置する白象山の定心茶園で25日、区内の小学生300人余りが茶摘みや製茶、茶文化・礼儀作法を学んだ。同区は茶業の発展に力を入れており、「茶と観光の融合」「茶と教育の融合」を推進し、経済的・社会的利益を上げている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019042401082

    「新華社」 空から見た南京  17日に撮影した南京市秦淮区にある孔子を祭る「夫子廟」。(小型無人機から)南京市は中国江蘇省南西部、長江下流に位置する中国東部の中心都市で、全国的に重要な科学研究教育基地であり、また総合的な交通の要衝でもある。第一期の国家歴史文化名城と全国重点風景観光都市に指定されている。(南京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019042401084

    「新華社」 空から見た南京  17日に撮影した南京市秦淮区の城門「中華門」。(小型無人機から)南京市は中国江蘇省南西部、長江下流に位置する中国東部の中心都市で、全国的に重要な科学研究教育基地であり、また総合的な交通の要衝でもある。第一期の国家歴史文化名城と全国重点風景観光都市に指定されている。(南京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019042401090

    「新華社」 空から見た南京  17日に撮影した南京市内の緑地広場に建つ紫峰大厦とその周辺の夜景。(小型無人機から)南京市は中国江蘇省南西部、長江下流に位置する中国東部の中心都市で、全国的に重要な科学研究教育基地であり、また総合的な交通の要衝でもある。第一期の国家歴史文化名城と全国重点風景観光都市に指定されている。(南京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019042401077

    「新華社」 空から見た南京  17日に撮影した南京市秦淮区の歴史的建造物「朝天宮」。(小型無人機から)南京市は中国江蘇省南西部、長江下流に位置する中国東部の中心都市で、全国的に重要な科学研究教育基地であり、また総合的な交通の要衝でもある。第一期の国家歴史文化名城と全国重点風景観光都市に指定されている。(南京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019040500734

    「新華社」 西湖大学が本格着工民間主導の新しい研究型大学  3日に撮影した西湖大学の建設工事の現場。(小型無人機から)中国浙江省杭州市にある西湖大学のメインキャンパス「雲谷キャンパス」の建設工事が3日、本格着工した。同大学は民間が運営し国が重点的に支援する新しい形の研究型大学で、2018年10月20日に正式に発足した。大学運営を「スタート地点が高く、小規模だが優れた研究型」と位置付け、博士課程の学生の教育を起点に、高等教育と学術研究に力を注ぎ、突出して優れた複合型イノベーション人材の育成を目標としている。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019040500706

    「新華社」 西湖大学が本格着工民間主導の新しい研究型大学  3日に撮影した西湖大学の建設工事の現場。(小型無人機から)中国浙江省杭州市にある西湖大学のメインキャンパス「雲谷キャンパス」の建設工事が3日、本格着工した。同大学は民間が運営し国が重点的に支援する新しい形の研究型大学で、2018年10月20日に正式に発足した。大学運営を「スタート地点が高く、小規模だが優れた研究型」と位置付け、博士課程の学生の教育を起点に、高等教育と学術研究に力を注ぎ、突出して優れた複合型イノベーション人材の育成を目標としている。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019042401088

    「新華社」 空から見た南京  2月8日に撮影した南京牛首山文化観光区の雪景色。(小型無人機から)南京市は中国江蘇省南西部、長江下流に位置する中国東部の中心都市で、全国的に重要な科学研究教育基地であり、また総合的な交通の要衝でもある。第一期の国家歴史文化名城と全国重点風景観光都市に指定されている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018122520984

    「新華社」 2019年度中国大学院統一試験、過去最多の290万人が受験  22日、湖南省衡陽(こうよう)市の南華大学で、並んで試験会場入りする受験生。(小型無人機から)2019年度の中国大学院統一試験が22日、中国各地で始まった。教育部のデータによると、今年の受験申込者数は過去最多となる前年比21・8%増の290万人に上った。(衡陽=新華社配信/曹正平)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019013112460

    「新華社」 転居による貧困脱却が進む江蘇省淮安市  11日、淮安市盱眙県の天泉小鎮にある移住民集合住居エリアの一角。(小型無人機から)中国江蘇省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県はこの数年、貧困脱却・農村振興の堅塁攻略に取り組み、移住・転居による貧困救済、新居提供、近距離での就業、医療保障などを進め、辺ぴな山地やインフラが不整備な場所に住み、生産手段が乏しく産業の支えを持たない農民を、国家4A級(上から2番目)観光地の鉄山寺国家森林公園に近い天泉小鎮に転居させている。同鎮には生活する場所だけでなく、教育、医療、フィットネス施設が完備しており、転居した農民は景勝地の資源を生かして「農家楽」(民宿をはじめとするアグリツーリズム)を立ち上げ、観光産業に従事している。これにより、住居環境が改善されると同時に生活水準も絶えず高まっている。現在の天泉小鎮は移住者7200人余りが住んでおり、人々にとって安心して暮らせる新型の農村地域コミュニティーが形成されている。(淮安=新華社配信/周海軍)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018112615921

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村にある円形土楼、懐遠楼。(小型無人機から)福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018112615942

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村で撮影した懐遠楼(円形)と福源楼(方形)。(小型無人機から)福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018112615896

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村で撮影した懐遠楼。(小型無人機から)福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018112615105

    「新華社」 黄岡大別山世界地質公園を訪ねて湖北省  22日に撮影した黄岡大別山世界地質公園。(小型無人機から)豊富な地質遺跡と生物資源をもつ黄岡(こうこう)大別山世界地質公園は、中国湖北省の北東部に位置し、地球探索、地質学習、遺跡保護、地質見学を一体にした公園で、2018年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界ジオパーク(地質公園)に認定された。(羅田=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018112615115

    「新華社」 黄岡大別山世界地質公園を訪ねて湖北省  22日に撮影した黄岡大別山世界地質公園。(小型無人機から)豊富な地質遺跡と生物資源をもつ黄岡(こうこう)大別山世界地質公園は、中国湖北省の北東部に位置し、地球探索、地質学習、遺跡保護、地質見学を一体にした公園で、2018年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界ジオパーク(地質公園)に認定された。(羅田=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018112615320

    「新華社」 黄岡大別山世界地質公園を訪ねて湖北省  22日に撮影した黄岡大別山世界地質公園。(小型無人機から)豊富な地質遺跡と生物資源をもつ黄岡(こうこう)大別山世界地質公園は、中国湖北省の北東部に位置し、地球探索、地質学習、遺跡保護、地質見学を一体にした公園で、2018年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界ジオパーク(地質公園)に認定された。(羅田=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018112615216

    「新華社」 黄岡大別山世界地質公園を訪ねて湖北省  22日に撮影した黄岡大別山世界地質公園。(小型無人機から)豊富な地質遺跡と生物資源をもつ黄岡(こうこう)大別山世界地質公園は、中国湖北省の北東部に位置し、地球探索、地質学習、遺跡保護、地質見学を一体にした公園で、2018年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界ジオパーク(地質公園)に認定された。(羅田=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018112615210

    「新華社」 黄岡大別山世界地質公園を訪ねて湖北省  22日に撮影した黄岡大別山世界地質公園。(小型無人機から)豊富な地質遺跡と生物資源をもつ黄岡(こうこう)大別山世界地質公園は、中国湖北省の北東部に位置し、地球探索、地質学習、遺跡保護、地質見学を一体にした公園で、2018年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界ジオパーク(地質公園)に認定された。(羅田=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018112615255

    「新華社」 黄岡大別山世界地質公園を訪ねて湖北省  22日に撮影した黄岡大別山世界地質公園。(小型無人機から)豊富な地質遺跡と生物資源をもつ黄岡(こうこう)大別山世界地質公園は、中国湖北省の北東部に位置し、地球探索、地質学習、遺跡保護、地質見学を一体にした公園で、2018年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界ジオパーク(地質公園)に認定された。(羅田=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018111616112

    「新華社」 福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に  11日、空から見た愛荊荘。(小型無人機から)国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018111616104

    「新華社」 福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に  11日、空から見た愛荊荘。(小型無人機から)国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像