検索結果 56 件中 1 件 〜 50 件 "中国貴州省"
  1. 2019071005769

    「新華社」 闘鶏踊りを学び、伝統文化を体験貴州省黔西県  4日、闘鶏踊りの稽古をする貴州省畢節市黔西県紅林中学の生徒。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県の紅林イ族ミャオ族郷で、「夏季無形文化遺産学習伝統文化体験」と題した活動が行われた。同郷の闘鶏踊りは同省の省級無形文化遺産に指定されている。生徒らは学校に招かれた地元の演者に踊りの技を教わり、充実した夏休みを過ごす。(畢節=新華社配信/周訓超)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019071005833

    「新華社」 闘鶏踊りを学び、伝統文化を体験貴州省黔西県  4日、闘鶏踊りの稽古をする貴州省畢節市黔西県紅林中学の生徒。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県の紅林イ族ミャオ族郷で、「夏季無形文化遺産学習伝統文化体験」と題した活動が行われた。同郷の闘鶏踊りは同省の省級無形文化遺産に指定されている。生徒らは学校に招かれた地元の演者に踊りの技を教わり、充実した夏休みを過ごす。(畢節=新華社配信/周訓超)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019071005731

    「新華社」 闘鶏踊りを学び、伝統文化を体験貴州省黔西県  4日、闘鶏踊りの稽古をする貴州省畢節市黔西県紅林中学の生徒。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県の紅林イ族ミャオ族郷で、「夏季無形文化遺産学習伝統文化体験」と題した活動が行われた。同郷の闘鶏踊りは同省の省級無形文化遺産に指定されている。生徒らは学校に招かれた地元の演者に踊りの技を教わり、充実した夏休みを過ごす。(畢節=新華社配信/周訓超)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019071005788

    「新華社」 闘鶏踊りを学び、伝統文化を体験貴州省黔西県  4日、闘鶏踊りの稽古をする貴州省畢節市黔西県紅林中学の生徒。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県の紅林イ族ミャオ族郷で、「夏季無形文化遺産学習伝統文化体験」と題した活動が行われた。同郷の闘鶏踊りは同省の省級無形文化遺産に指定されている。生徒らは学校に招かれた地元の演者に踊りの技を教わり、充実した夏休みを過ごす。(畢節=新華社配信/周訓超)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019071005829

    「新華社」 闘鶏踊りを学び、伝統文化を体験貴州省黔西県  4日、生徒らに踊りの所作を教える貴州省畢節市黔西県紅林イ族ミャオ族郷の闘鶏踊りの演者。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県の紅林イ族ミャオ族郷で、「夏季無形文化遺産学習伝統文化体験」と題した活動が行われた。同郷の闘鶏踊りは同省の省級無形文化遺産に指定されている。生徒らは学校に招かれた地元の演者に踊りの技を教わり、充実した夏休みを過ごす。(畢節=新華社配信/周訓超)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019071006075

    「新華社」 貴州省、押収麻薬1321キロを公開廃棄  26日、貴州省で近年押収された麻薬1321キロを運び出す同省公安庁の職員。中国貴州省麻薬撲滅委員会は、32回目の「国際麻薬乱用撲滅デー」を迎えた26日午前、全省麻薬撲滅活動に関する報告会を行った。報告会では、近年押収した麻薬1321キロの廃棄現場を公開し、活動の成果を示した。貴州省はここ数年、麻薬の製造・販売の摘発および麻薬と薬物使用者の取り締まりを掲げる「両打両控」特別プロジェクトや、薬物使用への重点的な懲罰、薬物撲滅模範都市の創出を着実に推し進めている。乱用防止教育を広めることで、薬物の怖さを知り、拒否できるよう、人々の意識向上を図る。(貴陽=新華社配信/貴州省公安庁提供)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:貴州省公安庁/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  7. 2019071006005

    「新華社」 貴州省、押収麻薬1321キロを公開廃棄  26日、貴州省麻薬撲滅委員会が公開した各種麻薬の焼却現場。中国貴州省麻薬撲滅委員会は、32回目の「国際麻薬乱用撲滅デー」を迎えた26日午前、全省麻薬撲滅活動に関する報告会を行った。報告会では、近年押収した麻薬1321キロの廃棄現場を公開し、活動の成果を示した。貴州省はここ数年、麻薬の製造・販売の摘発および麻薬と薬物使用者の取り締まりを掲げる「両打両控」特別プロジェクトや、薬物使用への重点的な懲罰、薬物撲滅模範都市の創出を着実に推し進めている。乱用防止教育を広めることで、薬物の怖さを知り、拒否できるよう、人々の意識向上を図る。(貴陽=新華社配信/貴州省公安庁提供)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:貴州省公安庁/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  8. 2019071006013

    「新華社」 貴州省、押収麻薬1321キロを公開廃棄  26日、近年押収したヘロインなどの麻薬を公開する貴州省公安庁の職員。中国貴州省麻薬撲滅委員会は、32回目の「国際麻薬乱用撲滅デー」を迎えた26日午前、全省麻薬撲滅活動に関する報告会を行った。報告会では、近年押収した麻薬1321キロの廃棄現場を公開し、活動の成果を示した。貴州省はここ数年、麻薬の製造・販売の摘発および麻薬と薬物使用者の取り締まりを掲げる「両打両控」特別プロジェクトや、薬物使用への重点的な懲罰、薬物撲滅模範都市の創出を着実に推し進めている。乱用防止教育を広めることで、薬物の怖さを知り、拒否できるよう、人々の意識向上を図る。(貴陽=新華社配信/貴州省公安庁提供)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:貴州省公安庁/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  9. 2019071005930

    「新華社」 貴州省、押収麻薬1321キロを公開廃棄  26日、焼却処分される貴州省で近年押収された1321キロの麻薬。中国貴州省麻薬撲滅委員会は、32回目の「国際麻薬乱用撲滅デー」を迎えた26日午前、全省麻薬撲滅活動に関する報告会を行った。報告会では、近年押収した麻薬1321キロの廃棄現場を公開し、活動の成果を示した。貴州省はここ数年、麻薬の製造・販売の摘発および麻薬と薬物使用者の取り締まりを掲げる「両打両控」特別プロジェクトや、薬物使用への重点的な懲罰、薬物撲滅模範都市の創出を着実に推し進めている。乱用防止教育を広めることで、薬物の怖さを知り、拒否できるよう、人々の意識向上を図る。(貴陽=新華社配信/貴州省公安庁提供)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:貴州省公安庁/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  10. 2019071006073

    「新華社」 貴州省、押収麻薬1321キロを公開廃棄  26日、貴州省麻薬撲滅委員会が公開した各種麻薬の焼却現場。中国貴州省麻薬撲滅委員会は、32回目の「国際麻薬乱用撲滅デー」を迎えた26日午前、全省麻薬撲滅活動に関する報告会を行った。報告会では、近年押収した麻薬1321キロの廃棄現場を公開し、活動の成果を示した。貴州省はここ数年、麻薬の製造・販売の摘発および麻薬と薬物使用者の取り締まりを掲げる「両打両控」特別プロジェクトや、薬物使用への重点的な懲罰、薬物撲滅模範都市の創出を着実に推し進めている。乱用防止教育を広めることで、薬物の怖さを知り、拒否できるよう、人々の意識向上を図る。(貴陽=新華社配信/貴州省公安庁提供)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:貴州省公安庁/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  11. 2019062401855

    「新華社」 中日両国のボランティア、貧困地域の子どもを支援する「七彩小屋」を建設貴州省  11日、貴州省水城県石槽小学校に新設された「七彩小屋」で除幕式を行う東京海上日動火災保険の元社長で相談役の石原邦夫氏(左)。中国貴州省水城県の石槽小学校でこのほど、共青団中央委員会青年ボランティア活動指導センターが東京海上日動火災保険と協力し、今年新築された「七彩小屋」(虹色の部屋)のプレート除幕および安全セルフケア教育ボランティアサービスのイベントを行った。(貴州=新華社配信)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019062401729

    「新華社」 中日両国のボランティア、貧困地域の子どもを支援する「七彩小屋」を建設貴州省  11日、記念撮影するボランティアスタッフと児童ら。中国貴州省水城県の石槽小学校でこのほど、共青団中央委員会青年ボランティア活動指導センターが東京海上日動火災保険と協力し、今年新築された「七彩小屋」(虹色の部屋)のプレート除幕および安全セルフケア教育ボランティアサービスのイベントを行った。(貴州=新華社配信)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019062401794

    「新華社」 中日両国のボランティア、貧困地域の子どもを支援する「七彩小屋」を建設貴州省  10日、支援により貴州省竜里県第三小学校内に10年前に建設された「七彩小屋」を再訪した東京海上日動火災保険の元社長で相談役の石原邦夫氏(右)。中国貴州省水城県の石槽小学校でこのほど、共青団中央委員会青年ボランティア活動指導センターが東京海上日動火災保険と協力し、今年新築された「七彩小屋」(虹色の部屋)のプレート除幕および安全セルフケア教育ボランティアサービスのイベントを行った。(貴州=新華社配信)=2019(令和元)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019062401764

    「新華社」 中日両国のボランティア、貧困地域の子どもを支援する「七彩小屋」を建設貴州省  10日、貴州省竜里県奮進社区で「四点半学校」(子どもたちに放課後の居場所を提供する施設)の運営状況を確認する東京海上日動火災保険の元社長で相談役の石原邦夫氏(左から2人目)。中国貴州省水城県の石槽小学校でこのほど、共青団中央委員会青年ボランティア活動指導センターが東京海上日動火災保険と協力し、今年新築された「七彩小屋」(虹色の部屋)のプレート除幕および安全セルフケア教育ボランティアサービスのイベントを行った。(貴州=新華社配信)=2019(令和元)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019062401781

    「新華社」 中日両国のボランティア、貧困地域の子どもを支援する「七彩小屋」を建設貴州省  10日、支援により貴州省竜里県第三小学校内に10年前に建設された「七彩小屋」を再訪した東京海上日動火災保険の元社長で相談役の石原邦夫氏。中国貴州省水城県の石槽小学校でこのほど、共青団中央委員会青年ボランティア活動指導センターが東京海上日動火災保険と協力し、今年新築された「七彩小屋」(虹色の部屋)のプレート除幕および安全セルフケア教育ボランティアサービスのイベントを行った。(貴州=新華社配信)=2019(令和元)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018122123988

    「新華社」 学校で受け継がれる伝統人形劇貴州省石阡県  19日、石阡県花橋鎮小学校で児童に「石阡人形劇」を教える伝承者の傅正貴(ふ・せいき)さん(右)。中国貴州省石阡(せきせん)県はここ数年、地元に伝わる「石阡人形劇」の伝承と保護の一環として、人形劇の伝承者を定期的に学校に招き、教師と児童に人形劇の授業を行っている。学校はまた、人形劇の実演や練習活動などを学級活動や業間時間に取り入れることで、この伝統民間芸術が学校生活に溶け込み、子ども達に受け継がれていくよう取り組んでいる。石阡人形劇は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。(石阡=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018122123960

    「新華社」 学校で受け継がれる伝統人形劇貴州省石阡県  19日、石阡県花橋鎮小学校で「石阡人形劇」を練習する児童。中国貴州省石阡(せきせん)県はここ数年、地元に伝わる「石阡人形劇」の伝承と保護の一環として、人形劇の伝承者を定期的に学校に招き、教師と児童に人形劇の授業を行っている。学校はまた、人形劇の実演や練習活動などを学級活動や業間時間に取り入れることで、この伝統民間芸術が学校生活に溶け込み、子ども達に受け継がれていくよう取り組んでいる。石阡人形劇は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。(石阡=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2018122123993

    「新華社」 学校で受け継がれる伝統人形劇貴州省石阡県  19日、石阡県花橋鎮小学校で児童に「石阡人形劇」を教える伝承者の傅正貴(ふ・せいき)さん(中央)。中国貴州省石阡(せきせん)県はここ数年、地元に伝わる「石阡人形劇」の伝承と保護の一環として、人形劇の伝承者を定期的に学校に招き、教師と児童に人形劇の授業を行っている。学校はまた、人形劇の実演や練習活動などを学級活動や業間時間に取り入れることで、この伝統民間芸術が学校生活に溶け込み、子ども達に受け継がれていくよう取り組んでいる。石阡人形劇は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。(石阡=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018122123959

    「新華社」 学校で受け継がれる伝統人形劇貴州省石阡県  19日、石阡県花橋鎮小学校で児童に「石阡人形劇」を教える伝承者の傅正貴(ふ・せいき)さん。中国貴州省石阡(せきせん)県はここ数年、地元に伝わる「石阡人形劇」の伝承と保護の一環として、人形劇の伝承者を定期的に学校に招き、教師と児童に人形劇の授業を行っている。学校はまた、人形劇の実演や練習活動などを学級活動や業間時間に取り入れることで、この伝統民間芸術が学校生活に溶け込み、子ども達に受け継がれていくよう取り組んでいる。石阡人形劇は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。(石阡=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018122123992

    「新華社」 学校で受け継がれる伝統人形劇貴州省石阡県  19日、石阡県花橋鎮小学校で児童に「石阡人形劇」を教える伝承者の傅正貴(ふ・せいき)さん(中央)。中国貴州省石阡(せきせん)県はここ数年、地元に伝わる「石阡人形劇」の伝承と保護の一環として、人形劇の伝承者を定期的に学校に招き、教師と児童に人形劇の授業を行っている。学校はまた、人形劇の実演や練習活動などを学級活動や業間時間に取り入れることで、この伝統民間芸術が学校生活に溶け込み、子ども達に受け継がれていくよう取り組んでいる。石阡人形劇は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。(石阡=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018121721930

    「新華社」 1990年代生まれの農村教師、子どもたちに色彩を与える貴州省丹寨県  11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県排調鎮第二小学校で、児童にスマートフォンでフィンガーペインティング作品を見せ、創作のポイントを説明する張炳梅さん。今年27歳の張炳梅(ちょう・へいばい)さんは中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県排調(はいちょう)鎮第二小学校で教壇に立つ1990年代生まれの教師。張さんは2015年から、担当する科目の他、同小学校の郷村学校少年宮(青少年向けの課外活動用の施設)の美術クラスも指導している。毎日の「多彩な授業」では、張さんの指導のもと児童らが、色ペンや顔料などで独創的な発想を描き出し、色彩にあふれた創作活動を楽しんでいる。既に自身が母親でもある張さんは「このクラスの多くは留守児童(両親が出稼ぎに出て農村部に残された子供)。彼らの子ども時代から色彩を奪ってはならない。私が付き添うことで彼らに孤独を感じさせないようにしたい」と語った。(黔東南=新華社配信/楊武魁)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018102406850

    「新華社」 学校行事で無形文化遺産を伝承貴州省台江県  21日、貴州省台江県民族中学校で、第8回キャンパス文化芸術祭で国家級無形文化遺産、ミャオ族の民間舞踊「反排木鼓舞」を披露する生徒。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県はここ数年、「無形文化遺産を校内へ」と題する活動を行っている。無形文化遺産伝承者を招き、無形文化遺産クラスや知識コンテスト、共同演出、弟子指導などを行うことで、学校は無形文化遺産の保護、伝承の地となっている。(黔東南=新華社配信/劉開福)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018102407129

    「新華社」 学校行事で無形文化遺産を伝承貴州省台江県  21日、貴州省台江県民族中学校で、第8回キャンパス文化芸術祭で国家級無形文化遺産、ミャオ族の民間舞踊「反排木鼓舞」を披露する生徒。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県はここ数年、「無形文化遺産を校内へ」と題する活動を行っている。無形文化遺産伝承者を招き、無形文化遺産クラスや知識コンテスト、共同演出、弟子指導などを行うことで、学校は無形文化遺産の保護、伝承の地となっている。(黔東南=新華社配信/劉開福)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018102406943

    「新華社」 学校行事で無形文化遺産を伝承貴州省台江県  21日、貴州省台江県民族中学校で、第8回キャンパス文化芸術祭で国家級無形文化遺産、ミャオ族の民間舞踊「反排木鼓舞」を披露する生徒。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県はここ数年、「無形文化遺産を校内へ」と題する活動を行っている。無形文化遺産伝承者を招き、無形文化遺産クラスや知識コンテスト、共同演出、弟子指導などを行うことで、学校は無形文化遺産の保護、伝承の地となっている。(黔東南=新華社配信/劉開福)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018102406913

    「新華社」 学校行事で無形文化遺産を伝承貴州省台江県  21日、貴州省台江県民族中学校で、第8回キャンパス文化芸術祭で国家級無形文化遺産、ミャオ族の民間舞踊「反排木鼓舞」を披露する生徒。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県はここ数年、「無形文化遺産を校内へ」と題する活動を行っている。無形文化遺産伝承者を招き、無形文化遺産クラスや知識コンテスト、共同演出、弟子指導などを行うことで、学校は無形文化遺産の保護、伝承の地となっている。(黔東南=新華社配信/劉開福)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018102406922

    「新華社」 学校行事で無形文化遺産を伝承貴州省台江県  21日、貴州省台江県民族中学校で、第8回キャンパス文化芸術祭で国家級無形文化遺産、ミャオ族の民間舞踊「反排木鼓舞」を披露する生徒。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県はここ数年、「無形文化遺産を校内へ」と題する活動を行っている。無形文化遺産伝承者を招き、無形文化遺産クラスや知識コンテスト、共同演出、弟子指導などを行うことで、学校は無形文化遺産の保護、伝承の地となっている。(黔東南=新華社配信/劉開福)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018102406934

    「新華社」 学校行事で無形文化遺産を伝承貴州省台江県  21日、貴州省台江県民族中学校で、第8回キャンパス文化芸術祭で国家級無形文化遺産、ミャオ族の民間舞踊「反排木鼓舞」を披露する生徒。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県はここ数年、「無形文化遺産を校内へ」と題する活動を行っている。無形文化遺産伝承者を招き、無形文化遺産クラスや知識コンテスト、共同演出、弟子指導などを行うことで、学校は無形文化遺産の保護、伝承の地となっている。(黔東南=新華社配信/劉開福)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018071300426

    「新華社」 脆弱な生態を一面の緑に貴州省の「グリーンロード」  2017年8月23日、中国貴州省六盤水市水城県にある鳳池公園の風景。(小型無人機から)バーレーンの首都マナマでこのほど、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第42回世界遺産委員会が開催され、中国貴州省銅仁市にある梵浄山の世界遺産登録が承認された。今回の登録で中国の世界遺産は53件、うち自然遺産は13件となった。貴州省は現在、中国で世界自然遺産を最も多く有する省となっている。貴州は面積の80%を山地が占め水と田畑が少ないことから「山地省」とも表現される。梵浄山が代表するように、山々には美しい景色が広がり、至る所に公園がある一方で、中国において石漠化(土壌が流出し岩が露出した状態になること)面積が最も大きい地域でもある。このような脆弱な生態環境で、280万人の貧困農民が生活をしている。生活の貧困は往々にして生態の悪化と交差する。急速な経済発展の裏側には、環境を犠牲にする懸念が存在する。生態と発展という「二重の圧力」の中、同省は生態を優先し、環境に配慮した発展を貫き、人と自然、経済と生態が互いに調和する「グリーンロード」を歩み出した。(貴州=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018081400357

    「新華社」 貴州省榕江県、学生が水上で「特技」を練習  11日、水上で「独竹漂」の練習をする貴州省榕江県民族中学校の生徒。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県はここ数年、「独竹漂」を学校教育に導入し、民族スポーツを広めてきた。「独竹漂」は教員や生徒に人気が高いという。伝統的な「独竹漂」は、1本のまっすぐなモウソウチクの上にはだしで立ち、短い竿を櫂(かい)として用い、川の上を進む。(榕江=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2018081400358

    「新華社」 貴州省榕江県、学生が水上で「特技」を練習  11日、水上で「独竹漂」の練習をする貴州省榕江県民族中学校の生徒。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県はここ数年、「独竹漂」を学校教育に導入し、民族スポーツを広めてきた。「独竹漂」は教員や生徒に人気が高いという。伝統的な「独竹漂」は、1本のまっすぐなモウソウチクの上にはだしで立ち、短い竿を櫂(かい)として用い、川の上を進む。(榕江=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018081400429

    「新華社」 貴州省榕江県、学生が水上で「特技」を練習  11日、水上で「独竹漂」の練習をする貴州省榕江県民族中学校の生徒。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県はここ数年、「独竹漂」を学校教育に導入し、民族スポーツを広めてきた。「独竹漂」は教員や生徒に人気が高いという。伝統的な「独竹漂」は、1本のまっすぐなモウソウチクの上にはだしで立ち、短い竿を櫂(かい)として用い、川の上を進む。(榕江=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018081400407

    「新華社」 貴州省榕江県、学生が水上で「特技」を練習  11日、水上で「独竹漂」の練習をする貴州省榕江県民族中学校の生徒。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県はここ数年、「独竹漂」を学校教育に導入し、民族スポーツを広めてきた。「独竹漂」は教員や生徒に人気が高いという。伝統的な「独竹漂」は、1本のまっすぐなモウソウチクの上にはだしで立ち、短い竿を櫂(かい)として用い、川の上を進む。(榕江=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018073000341

    「新華社」 中国·ASEAN教育交流ウイーク、貴州省で開幕  26日、中国・ASEAN職業教育特別協力事業の成果展を見学する参加者代表。第11回中国・東南アジア諸国連合(ASEAN)教育交流ウイークが26日、中国貴州省の貴安新区で開幕した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018072300794

    「新華社」 第18回中国青少年ロボットコンテスト、貴陽で開催  21日、真剣な眼差しでロボットの動きを見守る小学生選手。第18回中国青少年ロボットコンテストおよび2018年世界青少年ロボット招待戦が21日、中国貴州省貴陽市の貴州大学で開幕した。今回のコンテストには国内外から554チームと3千余名の選手・コーチが参加した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018072300821

    「新華社」 第18回中国青少年ロボットコンテスト、貴陽で開催  21日、コンテストの最中にロボットを組み立て、調整する2人の小学生選手。第18回中国青少年ロボットコンテストおよび2018年世界青少年ロボット招待戦が21日、中国貴州省貴陽市の貴州大学で開幕した。今回のコンテストには国内外から554チームと3千余名の選手・コーチが参加した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018072700389

    「新華社」 自然に帰る都市部の子どもたちが無形文化遺産を体験貴州省  21日、色付き卵を飾り、トン族の歌を歌って、遠くからの客人を迎える、貴州省榕江県帰柳村のトン族の子どもたち。「トン族大歌」は2009年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産リストに登録された。季節は夏、北京や上海、広州、香港、ニューヨーク、クアラルンプールなどの大都市の子どもたちが、このほど中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州を訪れ、少数民族の無形文化遺産を体験した。ミャオ族の刺繍を学び、ろうけつ染めを体験し、水田で魚を捕まえ、トン族の歌を歌う……大都市の子どもたちは自然に帰り、千年に渡って続く少数民族の農耕生活を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を味わった。(榕江=新華社配信/林斌撮影)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018072300825

    「新華社」 第18回中国青少年ロボットコンテスト、貴陽で開催  21日、コンテスト会場で関連の設備を調整する小学生選手。第18回中国青少年ロボットコンテストおよび2018年世界青少年ロボット招待戦が21日、中国貴州省貴陽市の貴州大学で開幕した。今回のコンテストには国内外から554チームと3千余名の選手・コーチが参加した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018072300886

    「新華社」 第18回中国青少年ロボットコンテスト、貴陽で開催  21日、コンテストの準備に励む2人の小学生選手。第18回中国青少年ロボットコンテストおよび2018年世界青少年ロボット招待戦が21日、中国貴州省貴陽市の貴州大学で開幕した。今回のコンテストには国内外から554チームと3千余名の選手・コーチが参加した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018072300852

    「新華社」 第18回中国青少年ロボットコンテスト、貴陽で開催  21日、ロボットを組み立て、調整する小学生選手。第18回中国青少年ロボットコンテストおよび2018年世界青少年ロボット招待戦が21日、中国貴州省貴陽市の貴州大学で開幕した。今回のコンテストには国内外から554チームと3千余名の選手・コーチが参加した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018071300444

    「新華社」 脆弱な生態を一面の緑に貴州省の「グリーンロード」  5日、中国貴州省貴陽市の登高雲山森公園を散策する市民。バーレーンの首都マナマでこのほど、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第42回世界遺産委員会が開催され、中国貴州省銅仁市にある梵浄山の世界遺産登録が承認された。今回の登録で中国の世界遺産は53件、うち自然遺産は13件となった。貴州省は現在、中国で世界自然遺産を最も多く有する省となっている。貴州は面積の80%を山地が占め水と田畑が少ないことから「山地省」とも表現される。梵浄山が代表するように、山々には美しい景色が広がり、至る所に公園がある一方で、貴州は中国において石漠化(土壌が流出し岩が露出した状態になること)面積が最も大きい地域でもある。このような脆弱な生態環境に、280万人の貧困農民が生活をしている。生活の貧困は往々にして生態の悪化と交差する。急速な経済発展の裏側には、環境を犠牲にする懸念が存在している。生態と発展という「二重の圧力」の中、同省は生態を優先し、環境に配慮した発展を貫き、人と自然、経済と生態が互いに調和する「グリーンロード」を歩み出した。(貴州=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018071300386

    「新華社」 脆弱な生態を一面の緑に貴州省の「グリーンロード」  5日、中国貴州省貴陽市の登高雲山森公園を散策する市民。(小型無人機から)バーレーンの首都マナマでこのほど、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第42回世界遺産委員会が開催され、中国貴州省銅仁市にある梵浄山の世界遺産登録が承認された。今回の登録で中国の世界遺産は53件、うち自然遺産は13件となった。貴州省は現在、中国で世界自然遺産を最も多く有する省となっている。貴州は面積の80%を山地が占め水と田畑が少ないことから「山地省」とも表現される。梵浄山が代表するように、山々には美しい景色が広がり、至る所に公園がある一方で、中国において石漠化(土壌が流出し岩が露出した状態になること)面積が最も大きい地域でもある。このような脆弱な生態環境で、280万人の貧困農民が生活をしている。生活の貧困は往々にして生態の悪化と交差する。急速な経済発展の裏側には、環境を犠牲にする懸念が存在する。生態と発展という「二重の圧力」の中、同省は生態を優先し、環境に配慮した発展を貫き、人と自然、経済と生態が互いに調和する「グリーンロード」を歩み出した。(貴州=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018071300393

    「新華社」 脆弱な生態を一面の緑に貴州省の「グリーンロード」  3日、青々とした山に囲まれる、中国貴州省貴陽市の市街地の一角。(小型無人機から)バーレーンの首都マナマでこのほど、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第42回世界遺産委員会が開催され、中国貴州省銅仁市にある梵浄山の世界遺産登録が承認された。今回の登録で中国の世界遺産は53件、うち自然遺産は13件となった。貴州省は現在、中国で世界自然遺産を最も多く有する省となっている。貴州は面積の80%を山地が占め水と田畑が少ないことから「山地省」とも表現される。梵浄山が代表するように、山々には美しい景色が広がり、至る所に公園がある一方で、貴州は中国において石漠化(土壌が流出し岩が露出した状態になること)面積が最も大きい地域でもある。このような脆弱な生態環境に、280万人の貧困農民が生活をしている。生活の貧困は往々にして生態の悪化と交差する。急速な経済発展の裏側には、環境を犠牲にする懸念が存在している。生態と発展という「二重の圧力」の中、同省は生態を優先し、環境に配慮した発展を貫き、人と自然、経済と生態が互いに調和する「グリーンロード」を歩み出した。(貴州=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018070400698

    「新華社」 貴州省梵浄山が世界遺産に国内53件目  朝日に照らされる梵浄山。(資料写真)バーレーンの首都マナマで7月2日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第42回世界遺産委員会が開催され、中国貴州省銅仁市にある梵浄山の世界遺産登録が承認された。今回の登録で中国の世界遺産は53件、うち自然遺産は13件となった。(貴陽=新華社配信/呉海輝撮影)=2018(平成30)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018070400673

    「新華社」 中国貴州省梵浄山、「世界自然遺産リスト」に登録  7月2日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)第42回世界遺産委員会会議で、貴州省銅仁市の梵浄山に対する評価結果を報告する国際自然保護連合(IUCN)の担当者。バーレーンの首都マナマで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)第42回世界遺産委員会会議は7月2日、中国貴州省梵浄山の「世界自然遺産リスト」への登録を承認した。梵浄山の登録により、中国の世界遺産は53件、世界自然遺産は13件となる。(マナマ=新華社記者/施洋)=2018(平成30)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018070400653

    「新華社」 貴州省梵浄山が世界遺産に国内53件目  梵浄山を訪れる観光客。(2015年10月4日撮影)バーレーンの首都マナマで7月2日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第42回世界遺産委員会が開催され、中国貴州省銅仁市にある梵浄山の世界遺産登録が承認された。今回の登録で中国の世界遺産は53件、うち自然遺産は13件となった。(銅仁=新華社配信/羅星漢撮影)=2018(平成30)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018070400658

    「新華社」 中国貴州省梵浄山、「世界自然遺産リスト」に登録  梵浄山を訪れる観光客。バーレーンの首都マナマで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)第42回世界遺産委員会会議は7月2日、中国貴州省梵浄山の「世界自然遺産リスト」への登録を承認した。梵浄山の登録により、中国の世界遺産は53件、世界自然遺産は13件となる。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018071300439

    「新華社」 脆弱な生態を一面の緑に貴州省の「グリーンロード」  6月5日、中国貴州省安順市の黄果樹瀑布を見物する観光客。(小型無人機から)バーレーンの首都マナマでこのほど、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第42回世界遺産委員会が開催され、中国貴州省銅仁市にある梵浄山の世界遺産登録が承認された。今回の登録で中国の世界遺産は53件、うち自然遺産は13件となった。貴州省は現在、中国で世界自然遺産を最も多く有する省となっている。貴州は面積の80%を山地が占め水と田畑が少ないことから「山地省」とも表現される。梵浄山が代表するように、山々には美しい景色が広がり、至る所に公園がある一方で、中国において石漠化(土壌が流出し岩が露出した状態になること)面積が最も大きい地域でもある。このような脆弱な生態環境で、280万人の貧困農民が生活をしている。生活の貧困は往々にして生態の悪化と交差する。急速な経済発展の裏側には、環境を犠牲にする懸念が存在する。生態と発展という「二重の圧力」の中、同省は生態を優先し、環境に配慮した発展を貫き、人と自然、経済と生態が互いに調和する「グリーンロード」を歩み出した。(貴州=新華社記者/楊文斌)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018071300391

    「新華社」 脆弱な生態を一面の緑に貴州省の「グリーンロード」  4月11日、中国貴州省遵義市湄潭県金花村の景色。(小型無人機から)バーレーンの首都マナマでこのほど、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第42回世界遺産委員会が開催され、中国貴州省銅仁市にある梵浄山の世界遺産登録が承認された。今回の登録で中国の世界遺産は53件、うち自然遺産は13件となった。貴州省は現在、中国で世界自然遺産を最も多く有する省となっている。貴州は面積の80%を山地が占め水と田畑が少ないことから「山地省」とも表現される。梵浄山が代表するように、山々には美しい景色が広がり、至る所に公園がある一方で、中国において石漠化(土壌が流出し岩が露出した状態になること)面積が最も大きい地域でもある。このような脆弱な生態環境で、280万人の貧困農民が生活をしている。生活の貧困は往々にして生態の悪化と交差する。急速な経済発展の裏側には、環境を犠牲にする懸念が存在する。生態と発展という「二重の圧力」の中、同省は生態を優先し、環境に配慮した発展を貫き、人と自然、経済と生態が互いに調和する「グリーンロード」を歩み出した。(貴州=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018071300430

    「新華社」 脆弱な生態を一面の緑に貴州省の「グリーンロード」  3月9日、中国貴州省六盤水市六枝特区木崗鎮に広がる菜の花畑。(小型無人機から)バーレーンの首都マナマでこのほど、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第42回世界遺産委員会が開催され、中国貴州省銅仁市にある梵浄山の世界遺産登録が承認された。今回の登録で中国の世界遺産は53件、うち自然遺産は13件となった。貴州省は現在、中国で世界自然遺産を最も多く有する省となっている。貴州は面積の80%を山地が占め水と田畑が少ないことから「山地省」とも表現される。梵浄山が代表するように、山々には美しい景色が広がり、至る所に公園がある一方で、中国において石漠化(土壌が流出し岩が露出した状態になること)面積が最も大きい地域でもある。このような脆弱な生態環境で、280万人の貧困農民が生活をしている。生活の貧困は往々にして生態の悪化と交差する。急速な経済発展の裏側には、環境を犠牲にする懸念が存在する。生態と発展という「二重の圧力」の中、同省は生態を優先し、環境に配慮した発展を貫き、人と自然、経済と生態が互いに調和する「グリーンロード」を歩み出した。(貴州=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018070400687

    「新華社」 貴州省梵浄山が世界遺産に国内53件目  梵浄山を訪れる観光客。(2017年11月8日撮影)バーレーンの首都マナマで7月2日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第42回世界遺産委員会が開催され、中国貴州省銅仁市にある梵浄山の世界遺産登録が承認された。今回の登録で中国の世界遺産は53件、うち自然遺産は13件となった。(貴陽=新華社配信/呉海輝撮影)=2017(平成29)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像