検索結果 25 件中 1 件 〜 25 件 "Architecture"
  1. 2019072600231

    「新華社」 南京で「一帯一路」産業パーク研究双書出版  14日、記念撮影に応じるシンポジウムに出席したゲストたち。中国江蘇省南京市で13日、「一帯一路」産業パーク研究双書が出版された。編集チームが2年近くの歳月をかけ、海外での調査研究、海外の大学との資源の共有などを通じて「一帯一路」延線92カ国の産業パークの発展計画と状況をまとめた。同日は第3回中国・アフリカ工業化、都市化と都市農村計画学術シンポジウムが開催され、専門家と学者は双書の意義や「一帯一路」構想の下で建設される海外産業パークの発展と計画などを巡り学術討論を展開した。(南京=新華社配信/東南大学建築学院提供)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:東南大学建築学院/新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019072600294

    「新華社」 南京で「一帯一路」産業パーク研究双書出版  13日、シンポジウムで発言する双書の編集責任者で東南大学建築学院の王興平(おう・こうへい)教授(中央)。中国江蘇省南京市で13日、「一帯一路」産業パーク研究双書が出版された。編集チームが2年近くの歳月をかけ、海外での調査研究、海外の大学との資源の共有などを通じて「一帯一路」延線92カ国の産業パークの発展計画と状況をまとめた。同日は第3回中国・アフリカ工業化、都市化と都市農村計画学術シンポジウムが開催され、専門家と学者は双書の意義や「一帯一路」構想の下で建設される海外産業パークの発展と計画などを巡り学術討論を展開した。(南京=新華社配信/東南大学建築学院提供)=2019(令和元)年7月13日、クレジット:東南大学建築学院/新華社/共同通信イメージズ

  3. 2018112615921

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村にある円形土楼、懐遠楼。(小型無人機から)福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2018112615555

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、福建土楼(南靖)景勝地で撮影した裕昌楼の内部。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2018112615603

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村の懐遠楼で買い物をする観光客。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2018112615562

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、福建土楼(南靖)景勝地で撮影した田螺坑(でんらこう)土楼群。同土楼群は中央の方形の土楼を三つの円形土楼と一つの楕円形土楼で囲むようにして構成された大型住居群。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2018112615949

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村で撮影した懐遠楼の内部。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2018112615952

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、福建土楼(南靖)景勝地で撮影した裕昌楼。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018112615991

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、福建土楼(南靖)景勝地で撮影した田螺坑土楼群。同土楼群は中央の方形の土楼を三つの円形土楼と一つの楕円形土楼で囲むようにして構成された大型住居群。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2018112616017

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、福建土楼(南靖)景勝地で撮影した裕昌楼。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2018112615937

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下(かんか)村で撮影した懐遠楼。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2018112615942

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村で撮影した懐遠楼(円形)と福源楼(方形)。(小型無人機から)福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2018112615896

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村で撮影した懐遠楼。(小型無人機から)福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2018112615950

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  22日、南靖県梅林鎮坎下村で撮影した翠美楼の夜景。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018111615900

    「新華社」 福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に  11日、愛荊荘で記念撮影する観光客。国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018111616112

    「新華社」 福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に  11日、空から見た愛荊荘。(小型無人機から)国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018111616229

    「新華社」 福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に  11日に撮影した愛荊荘の屋根。国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2018111616163

    「新華社」 福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に  11日に撮影の愛荊荘の外壁。国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018111615881

    「新華社」 福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に  11日、愛荊荘を見学する観光客。国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018111615998

    「新華社」 福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に  11日、愛荊荘を見学する観光客。国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018111616104

    「新華社」 福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に  11日、空から見た愛荊荘。(小型無人機から)国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018111616110

    「新華社」 福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に  11日に撮影した愛荊荘の内部。国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018100921070

    「山陽新聞」 閑谷学校資料館 異彩を放つ洋風建築  旧制中学の校舎などとして使われた閑谷学校資料館。史跡内唯一の洋風建築物として異彩を放っている。「近世日本の教育遺産群―学ぶ心・礼節の本源」として2015年、文化庁の日本遺産に認定された国特別史跡・旧閑谷学校(備前市閑谷)。国宝の講堂をはじめ、創設者の岡山藩主・池田光政を祭る閑谷神社(国重要文化財)など数々の和風建築物が居並ぶ中、異彩を放つのが「閑谷学校資料館」だ。史跡内で唯一の洋風建築で、敷地西端にひっそりとたたずむ。=2018(平成30)年8月17日、岡山県備前市閑谷、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  24. 1999070100072

      新技術用いた建築様式 新技術の建築様式で建てられていたとみられる「伊勢遺跡」の高床式建物跡(滋賀県守山市教育委員会提供)

  25. 1999011100015

      宝塚の旧校舎残して  文化的、学術的にも貴重な建築物として、保全が求められている宝塚音楽学校の旧校舎=兵庫県宝塚市武庫川町

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像