検索結果 25 件中 1 件 〜 25
  1. 2020101903019

    懲戒歴の教員指導禁止検討 会見する宝塚市教委  記者会見する兵庫県宝塚市教育委員会の上江洲均理事(左端)ら=19日午後、宝塚市役所

  2. 2020101705830

    分身ロボ介しカフェ店員に 分身ロボと生徒ら  カフェの注文を担当する岩田さんが操作する分身ロボ「オリヒメ」と鳥取県立米子西高の生徒ら(左側)=17日午後、鳥取県米子市

  3. 2020101705829

    分身ロボ介しカフェ店員に 分身ロボと生徒たち  筋ジストロフィー患者の岩田真帆さんが操作する分身ロボ「オリヒメ」と鳥取県立米子西高の生徒たち=17日午後、鳥取県米子市

  4. 2020101705824

    子育て世帯は負担減歓迎  幼児教育・保育無償化 暮らし大型Q&A「ニュース早分かり」幼保無償化から1年

  5. 2020101705823

    子育て世帯は負担減歓迎  幼児教育・保育無償化 暮らし大型Q&A「ニュース早分かり」幼保無償化から1年

  6. 2020101601286

    教育の中立性侵害を否定 記者会見する萩生田文科相  記者会見する萩生田文科相=16日午前、文科省

  7. 2020101900899

    農業実験ステーションで開放日のイベント河北省邯鄲市  16日、中国農業大学曲周実験ステーションにあるアワの実験栽培場を見学する生徒ら。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県にある中国農業大学曲周実験ステーションで16日、世界食料デーに合わせ、農業開放日のイベントが実施された。ステーションを訪れた児童・生徒らは、農業科学技術の知識を学び、食糧を大切にする意識を高めた。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020101900974

    農業実験ステーションで開放日のイベント河北省邯鄲市  16日、農業実験室で児童らに農業知識を教える中国農業大学曲周実験ステーションのスタッフ。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県にある中国農業大学曲周実験ステーションで16日、世界食料デーに合わせ、農業開放日のイベントが実施された。ステーションを訪れた児童・生徒らは、農業科学技術の知識を学び、食糧を大切にする意識を高めた。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020101404474

    自殺生徒の母「今も後悔」 手を合わせる母親  男子生徒の仏壇前で手を合わせる母親=12日、福井県池田町

  10. 2020101403765

    税の大切さ、児童に教育 租税教室  大阪府田尻町立小で開かれた「租税教室」=14日

  11. 2020101401193

    濃厚接触者も受験可能に  共通テストでの主な新型コロナ対策案

  12. 2020101401190

    濃厚接触者も受験可能に  共通テストでの主な新型コロナ対策案

  13. 2020101401188

    濃厚接触者も受験可能に  共通テストでの主な新型コロナ対策案 「12段用」

  14. 2020101401184

    濃厚接触者も受験可能に  共通テストでの主な新型コロナ対策案 「12段用」

  15. 2020101900879

    教室はまるで宝箱、「いたずらっ子」先生の手作り科学授業  14日、一緒に科学技術の教材を作る李学戦さん(左)と生徒。中国江西省萍郷市蘆渓県宣風鎮中心学校の教員、李学戦(り・がくせん)さん(58)は、1996年に同校でより優れた科学普及教育を実施するため、国語教師から科学技術課の教師に転じた。当時は教材が不足していたことから、李さんはいつも自転車に乗って、学校の近くでミネラルウオーターのボトルや木材、壊れたタイヤなどの廃品を拾い集めて教材を作り、生徒たちに日常生活の基本的な科学原理を教えた。それから20数年、同校の教育の質は向上し続け、李さんと生徒たちは作品を次々と作り出していった。その多くが市レベル以上の発明イノベーション賞を受賞している。日頃から穏やかで親しみやすく、アイデアにあふれる李さんは、生徒や他の教員たちから「いたずらっ子先生」と呼ばれている。(蘆渓=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020101900900

    教室はまるで宝箱、「いたずらっ子」先生の手作り科学授業  14日、学校の工作室で竹を使って教材を作る李学戦さん。中国江西省萍郷市蘆渓県宣風鎮中心学校の教員、李学戦(り・がくせん)さん(58)は、1996年に同校でより優れた科学普及教育を実施するため、国語教師から科学技術課の教師に転じた。当時は教材が不足していたことから、李さんはいつも自転車に乗って、学校の近くでミネラルウオーターのボトルや木材、壊れたタイヤなどの廃品を拾い集めて教材を作り、生徒たちに日常生活の基本的な科学原理を教えた。それから20数年、同校の教育の質は向上し続け、李さんと生徒たちは作品を次々と作り出していった。その多くが市レベル以上の発明イノベーション賞を受賞している。日頃から穏やかで親しみやすく、アイデアにあふれる李さんは、生徒や他の教員たちから「いたずらっ子先生」と呼ばれている。(蘆渓=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020101900558

    教室はまるで宝箱、「いたずらっ子」先生の手作り科学授業  14日、自身で作った笛を使って生徒たちに音響学の原理を説明する李学戦さん(左)。中国江西省萍郷市蘆渓県宣風鎮中心学校の教員、李学戦(り・がくせん)さん(58)は、1996年に同校でより優れた科学普及教育を実施するため、国語教師から科学技術課の教師に転じた。当時は教材が不足していたことから、李さんはいつも自転車に乗って、学校の近くでミネラルウオーターのボトルや木材、壊れたタイヤなどの廃品を拾い集めて教材を作り、生徒たちに日常生活の基本的な科学原理を教えた。それから20数年、同校の教育の質は向上し続け、李さんと生徒たちは作品を次々と作り出していった。その多くが市レベル以上の発明イノベーション賞を受賞している。日頃から穏やかで親しみやすく、アイデアにあふれる李さんは、生徒や他の教員たちから「いたずらっ子先生」と呼ばれている。(蘆渓=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020101900854

    教室はまるで宝箱、「いたずらっ子」先生の手作り科学授業  14日、教室で授業をする李学戦さん。中国江西省萍郷市蘆渓県宣風鎮中心学校の教員、李学戦(り・がくせん)さん(58)は、1996年に同校でより優れた科学普及教育を実施するため、国語教師から科学技術課の教師に転じた。当時は教材が不足していたことから、李さんはいつも自転車に乗って、学校の近くでミネラルウオーターのボトルや木材、壊れたタイヤなどの廃品を拾い集めて教材教を作り、生徒たちに日常生活の基本的な科学原理を教えた。それから20数年、同校の教育の質は向上し続け、李さんと生徒たちは作品を次々と作り出していった。その多くが市レベル以上の発明イノベーション賞を受賞している。日頃から穏やかで親しみやすく、アイデアにあふれる李さんは、生徒や他の教員たちから「いたずらっ子先生」と呼ばれている。(蘆渓=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020101900966

    教室はまるで宝箱、「いたずらっ子」先生の手作り科学授業  14日、自身で設計した「ミニ空気圧ロケット」を使って生徒たちに力学の原理を説明する李学戦さん(左から2人目)。中国江西省萍郷市蘆渓県宣風鎮中心学校の教員、李学戦(り・がくせん)さん(58)は、1996年に同校でより優れた科学普及教育を実施するため、国語教師から科学技術課の教師に転じた。当時は教材が不足していたことから、李さんはいつも自転車に乗って、学校の近くでミネラルウオーターのボトルや木材、壊れたタイヤなどの廃品を拾い集めて教材を作り、生徒たちに日常生活の基本的な科学原理を教えた。それから20数年、同校の教育の質は向上し続け、李さんと生徒たちは作品を次々と作り出していった。その多くが市レベル以上の発明イノベーション賞を受賞している。日頃から穏やかで親しみやすく、アイデアにあふれる李さんは、生徒や他の教員たちから「いたずらっ子先生」と呼ばれている。(蘆渓=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020101900894

    教室はまるで宝箱、「いたずらっ子」先生の手作り科学授業  14日、教材が詰まったスーツケースを押しながら校内を行く李学戦さん(左から4人目)。中国江西省萍郷市蘆渓県宣風鎮中心学校の教員、李学戦(り・がくせん)さん(58)は、1996年に同校でより優れた科学普及教育を実施するため、国語教師から科学技術課の教師に転じた。当時は教材が不足していたことから、李さんはいつも自転車に乗って、学校の近くでミネラルウオーターのボトルや木材、壊れたタイヤなどの廃品を拾い集めて教材を作り、生徒たちに日常生活の基本的な科学原理を教えた。それから20数年、同校の教育の質は向上し続け、李さんと生徒たちは作品を次々と作り出していった。その多くが市レベル以上の発明イノベーション賞を受賞している。日頃から穏やかで親しみやすく、アイデアにあふれる李さんは、生徒や他の教員たちから「いたずらっ子先生」と呼ばれている。(蘆渓=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020101305901

    失神後ビンタ、体罰続ける 森恵実子教育長  記者会見する兵庫県宝塚市の森恵実子教育長=13日午前、宝塚市役所

  22. 2020101305897

    失神後ビンタ、体罰続ける 市教育長の謝罪  記者会見で謝罪する兵庫県宝塚市の森恵実子教育長(左)ら=13日午前、宝塚市役所

  23. 2020101900999

    中仏の歴史見守り続ける「バッセ氏の別荘」上海・淮海中路  13日、「バッセ氏の別荘」の美しいベランダと装飾。中国上海市の中心部、淮海中路1431号にある3階建ての庭付き西洋建築は1920年、フランスの銀行家ルシアン・バッセ氏の別荘として建てられたもので、現在は在上海フランス総領事公邸として使用されている。「バッセ氏の別荘」は13日、建築100周年、在上海総領事館設立40周年を迎えた。同総領事館はこれを記念し、今年10月から1年間、文学やアート、高等教育、グルメにまつわるさまざまな中国とフランスの交流イベントを企画しており、上海市と友好関係にあるマルセイユ市とオーベルニュ・ローヌ・アルプ地域圏も参加を予定している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020101900909

    中仏の歴史見守り続ける「バッセ氏の別荘」上海・淮海中路  13日、「バッセ氏の別荘」にまつわる百年の歴史を説明するブノワ・ギデー駐上海総領事。中国上海市の中心部、淮海中路1431号にある3階建ての庭付き西洋建築は1920年、フランスの銀行家ルシアン・バッセ氏の別荘として建てられたもので、現在は在上海フランス総領事公邸として使用されている。「バッセ氏の別荘」は13日、建築100周年、在上海総領事館設立40周年を迎えた。同総領事館はこれを記念し、今年10月から1年間、文学やアート、高等教育、グルメにまつわるさまざまな中国とフランスの交流イベントを企画しており、上海市と友好関係にあるマルセイユ市とオーベルニュ・ローヌ・アルプ地域圏も参加を予定している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020101900998

    中仏の歴史見守り続ける「バッセ氏の別荘」上海・淮海中路  13日、現在の上海フランス総領事公邸、「バッセ氏の別荘」の外観。中国上海市の中心部、淮海中路1431号にある3階建ての庭付き西洋建築は1920年、フランスの銀行家ルシアン・バッセ氏の別荘として建てられたもので、現在は在上海フランス総領事公邸として使用されている。「バッセ氏の別荘」は13日、建築100周年、在上海総領事館設立40周年を迎えた。同総領事館はこれを記念し、今年10月から1年間、文学やアート、高等教育、グルメにまつわるさまざまな中国とフランスの交流イベントを企画しており、上海市と友好関係にあるマルセイユ市とオーベルニュ・ローヌ・アルプ地域圏も参加を予定している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像