検索結果 568 件中 1 件 〜 50
  1. 2020031803612

    クルーズ船待機見直し要請  横浜・大黒ふ頭に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。防護服を着込んだ人たちの姿が見えた=18日午後(共同通信社ヘリから)

  2. 2020022902987

    ディズニー休園、人まばら  新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休園した東京ディズニーランドで閑散とするシンデレラ城前の広場(右)。左は休園前日、28日午後の広場=29日午前9時27分、千葉県浦安市(共同通信社ヘリから)

  3. 2020020404040

    北海道にオスプレイ到着  日米共同訓練のため航空自衛隊千歳基地に飛来した米軍の輸送機MV22オスプレイ=4日午前(共同通信社ヘリから)

  4. 2020020404033

    北海道にオスプレイ到着  日米共同訓練のため航空自衛隊千歳基地に飛来した米軍の輸送機MV22オスプレイ=4日午後(共同通信社ヘリから)

  5. 2020020404030

    北海道にオスプレイ到着  日米共同訓練のため航空自衛隊千歳基地に飛来した米軍の輸送機MV22オスプレイ=4日午後(共同通信社ヘリから)

  6. 2020013100076

    「新華社」 中国の小さな町とダボスの共通点広東省広州市良口鎮  政治や経済などについて国際的な交流を行う、従都国際フォーラムの開催地。(資料写真)中国広東省広州市従化(じゅうか)区の良口(りょうこう)鎮と世界経済フォーラム(WEF)年次総会の開催地であるスイス・ダボスは、世界でラドンを含む炭酸温泉のあるわずかな二つの町。そして、小さな町で世界的な会議が開かれていることがこの二つの町のもう一つの共通点だ。良口鎮ではこれまで2度、世界エコデザイン会議が開催されていた。同会議は国際連合工業開発機関(UNIDO)の支援と指導を得ている。2018年に第1回会議の開催に向けて、同鎮は放置されていた農貿市場を改装して89日間で現代的な会議センターを完成させた。第1回会議で、同鎮は世界エコデザイン会議の永久開催地に指定された。(広州=新華社配信/鄔影紅)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020010700283

    「新華社」 傅山園が雪化粧山西省太原市  5日、雪化粧した中華傅山園の一角。(小型無人機から)中国山西省太原市で5日、雪が降り、同市尖草坪区西村にある中華傅山園は一面に銀世界が広がった。同園は明末清初の思想家、傅山の生誕400周年を記念して建設され、2007年に開園した。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020010700303

    「新華社」 傅山園が雪化粧山西省太原市  5日、中華傅山園で雪かきをする職員。(小型無人機から)中国山西省太原市で5日、雪が降り、同市尖草坪区西村にある中華傅山園は一面に銀世界が広がった。同園は明末清初の思想家、傅山の生誕400周年を記念して建設され、2007年に開園した。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019122102667

    国立競技場、お披露目  国立競技場のオープニングイベントで、入場ゲートで出番を待つねぶた(中央)=21日午後6時2分(共同通信社ヘリから)

  10. 2019122102660

    国立競技場、お披露目  一般向けに初披露となったオープニングイベントが行われた国立競技場=21日午後6時(共同通信社ヘリから)

  11. 2019122102656

    国立競技場、お披露目  一般向けに初披露となったオープニングイベントが行われた国立競技場。右後方は新宿のビル群=21日午後6時8分(共同通信社ヘリから)

  12. 2019122102626

    国立競技場、お披露目  一般向けに初披露となったオープニングイベントが行われた国立競技場=21日午後6時(共同通信社ヘリから)

  13. 2019122101981

    国立競技場、お披露目  完成し一般向けに初披露となるイベントが開かれた国立競技場=21日午前(共同通信社ヘリから)

  14. 2019122101846

    国立競技場、お披露目  完成し一般向けに初披露となるイベントが開かれた国立競技場=21日午前(共同通信社ヘリから)

  15. 2019122100448

    2020人が走り初め  完成した国立競技場で、陸上のトラックを初めて走るイベントに参加した大勢の人たち=21日午前(共同通信社ヘリから)

  16. 2019122100270

    2020人が走り初め  完成した国立競技場で、陸上のトラックを初めて走るイベントに参加した大勢の人たち=21日午前(共同通信社ヘリから)

  17. 2019122100265

    2020人が走り初め  完成した国立競技場で、陸上のトラックを初めて走るイベントに参加した大勢の人たち=21日午前(共同通信社ヘリから)

  18. 2019121503600

    国立競技場、初お披露目  照明がともされた国立競技場。左奥は富士山=15日夕(共同通信社ヘリから)

  19. 2019121503596

    国立競技場、初お披露目  照明がともされた国立競技場。奥は富士山=15日夕(共同通信社ヘリから)

  20. 2019111104306

    「新華社」 桃花潭の朝の風景安徽省涇県  8日、桃花潭で船を操りながら魚を捕る漁師。(小型無人機から)二十四節気の立冬の8日、中国安徽省宣城市涇(けい)県の桃花潭(とうかたん)風景区では朝もやが立ち上り、美しい風景が一面に広がった。唐代の詩人、李白がこの地について「桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情(桃花潭の水の深さは千尺というが、汪倫が私を見送ってくれている情の深さには及ばない)」とうたったことから、桃花潭の名が広く知られるようになった。(涇県=新華社配信/黄博涵)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019120900764

    「新華社」 インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて  空から見たマカオ半島の風景。(組み合わせ写真、11月3日撮影、小型無人機から)中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019101604934

    「新華社」 秋深まるボステン湖の絶景を堪能新疆ウイグル自治区  12日、ボステン湖の湖畔に広がるヨシ原の間を流れる川を進む漁船。(小型無人機から)本格的な秋を迎えた中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ県にあるボステン湖の湖面には、青いさざ波が立ち、訪れる人々を魅了する絵のような風景が広がっている。(バグラシュ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019101605228

    「新華社」 秋深まるボステン湖の絶景を堪能新疆ウイグル自治区  12日、ボステン湖の湖畔に広がるヨシ原の間を流れる川。(小型無人機から)本格的な秋を迎えた中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ県にあるボステン湖の湖面には、青いさざ波が立ち、訪れる人々を魅了する絵のような風景が広がっている。(バグラシュ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019091400021

    熊本、大型複合施設が開業  大型複合施設「サクラマチ クマモト」=13日、熊本市(共同通信社ヘリから)

  25. 2019081101205

    猛暑続き38度超えも  海水浴客でにぎわう和歌山県白浜町の白良浜=11日(共同通信社ヘリから)

  26. 2019081101204

    猛暑続き38度超えも  海水浴客でにぎわう和歌山県白浜町の白良浜=11日(共同通信社ヘリから)

  27. 2019081101203

    猛暑続き38度超えも  海水浴客でにぎわう和歌山県白浜町の白良浜=11日(共同通信社ヘリから)

  28. 2019081101164

    猛暑続き38度超えも  厳しい暑さが続き、大勢の海水浴客でにぎわう和歌山県白浜町の白良浜=11日(共同通信社ヘリから)

  29. 2019081101163

    猛暑続き38度超えも  厳しい暑さが続き、大勢の海水浴客でにぎわう和歌山県白浜町の白良浜=11日(共同通信社ヘリから)

  30. 2019071001083

    「写真ニュース」10枚組の(1) 56年ぶりの祭典へ準備加速  工事が仕上げの段階に入った新国立競技場。5月半ばに完成した屋根に太陽の光が反射した=8日(共同通信社ヘリから)

  31. 2019061103219

    平5国内 3015「金丸脱税事件」 自宅改築の資料提出受ける  山梨県中巨摩郡白根町の金丸邸=1993(平成5)年3月14日(共同通信社ヘリから)

  32. 2019060100034

    五輪聖火857市区町村へ  静岡県三島市上空から見た富士山(共同通信社ヘリから)

  33. 2019051403046

    「新華社」 冬季五輪に向けたイベントが始動河北省崇礼  11日、開始式典で竜舞や獅子舞を披露する出演者。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪の開幕まで千日となった11日、スキー競技の会場となる中国河北省張家口市崇礼(すうれい)区で「冬季五輪は私のそばにある」をテーマとしたイベントの開始式典が行われた。(崇礼=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019041700402

    「新華社」 伝統の祝日「三月三」を祝う貴州省望謨県  6日、黔西南プイ族ミャオ族自治州望謨県の王母広場で開催のイベントに参加した地元の人々。(小型無人機から)中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県で6日、伝統行事「三月三」プイ族文化祭が開幕した。(望謨=新華社記者/陶亮)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019041100528

    「新華社」 釣り人千人が腕比べ江蘇省泗洪県  3月31日に撮影した釣り大会の参加者。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷(しゅくせん)市泗洪(しこう)県の洪沢湖湿地にある国際釣魚センター大圓塘で3月31日、釣り大会が開催され、全国各地から集まった釣り愛好家約千人が腕を競い合った。(宿遷=新華社配信/許昌亮)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019022003011

    「新華社」 夜空を飾る「打樹花」で祝う元宵節河北省遵化市  17日夜、河北省遵化市の民俗行事「打樹花」。(小型無人機から)中国河北省遵化市団瓢荘(だんひょうそう)郷の山里各荘(さんりかくそう)村のランタン広場で17日夜、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う民俗行事「打樹花(ダーシュホァ)」が行われた。打樹花は、液体鉄を高々と投げつけて無数の火花を散らせるパフォーマンスを指し、広がる火花が枝葉の茂った樹木のように見えることからその名が付いた。(遵化=新華社配信/劉満倉)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019022002991

    「新華社」 夜空を飾る「打樹花」で祝う元宵節河北省遵化市  17日夜、河北省遵化市の民俗行事「打樹花」。(小型無人機から)中国河北省遵化市団瓢荘(だんひょうそう)郷の山里各荘(さんりかくそう)村のランタン広場で17日夜、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う民俗行事「打樹花(ダーシュホァ)」が行われた。打樹花は、液体鉄を高々と投げつけて無数の火花を散らせるパフォーマンスを指し、広がる火花が枝葉の茂った樹木のように見えることからその名が付いた。(遵化=新華社配信/劉満倉)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019022002996

    「新華社」 夜空を飾る「打樹花」で祝う元宵節河北省遵化市  17日夜、河北省遵化市の民俗行事「打樹花」。(小型無人機から)中国河北省遵化市団瓢荘(だんひょうそう)郷の山里各荘(さんりかくそう)村のランタン広場で17日夜、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う民俗行事「打樹花(ダーシュホァ)」が行われた。打樹花は、液体鉄を高々と投げつけて無数の火花を散らせるパフォーマンスを指し、広がる火花が枝葉の茂った樹木のように見えることからその名が付いた。(遵化=新華社配信/劉満倉)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019022002972

    「新華社」 夜空を飾る「打樹花」で祝う元宵節河北省遵化市  17日夜、河北省遵化市の民俗行事「打樹花」。(小型無人機から)中国河北省遵化市団瓢荘(だんひょうそう)郷の山里各荘(さんりかくそう)村のランタン広場で17日夜、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う民俗行事「打樹花(ダーシュホァ)」が行われた。打樹花は、液体鉄を高々と投げつけて無数の火花を散らせるパフォーマンスを指し、広がる火花が枝葉の茂った樹木のように見えることからその名が付いた。(遵化=新華社配信/劉満倉)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019022003042

    「新華社」 夜空を飾る「打樹花」で祝う元宵節河北省遵化市  17日夜、河北省遵化市の民俗行事「打樹花」。(小型無人機から)中国河北省遵化市団瓢荘(だんひょうそう)郷の山里各荘(さんりかくそう)村のランタン広場で17日夜、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う民俗行事「打樹花(ダーシュホァ)」が行われた。打樹花は、液体鉄を高々と投げつけて無数の火花を散らせるパフォーマンスを指し、広がる火花が枝葉の茂った樹木のように見えることからその名が付いた。(遵化=新華社配信/劉満倉)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019022003010

    「新華社」 夜空を飾る「打樹花」で祝う元宵節河北省遵化市  17日夜、河北省遵化市の民俗行事「打樹花」。(小型無人機から)中国河北省遵化市団瓢荘(だんひょうそう)郷の山里各荘(さんりかくそう)村のランタン広場で17日夜、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う民俗行事「打樹花(ダーシュホァ)」が行われた。打樹花は、液体鉄を高々と投げつけて無数の火花を散らせるパフォーマンスを指し、広がる火花が枝葉の茂った樹木のように見えることからその名が付いた。(遵化=新華社配信/劉満倉)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019022002954

    「新華社」 夜空を飾る「打樹花」で祝う元宵節河北省遵化市  17日夜、河北省遵化市の民俗行事「打樹花」。(小型無人機から)中国河北省遵化市団瓢荘(だんひょうそう)郷の山里各荘(さんりかくそう)村のランタン広場で17日夜、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う民俗行事「打樹花(ダーシュホァ)」が行われた。打樹花は、液体鉄を高々と投げつけて無数の火花を散らせるパフォーマンスを指し、広がる火花が枝葉の茂った樹木のように見えることからその名が付いた。(遵化=新華社配信/劉満倉)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019022002966

    「新華社」 山の斜面で新年を祝う広西·融水ミャオ族自治県  15日、新年を祝うイベントを行った広西チワン族自治区融水ミャオ族自治県安太郷元宝村の住民。中国広西チワン族自治区融水ミャオ族自治県安太郷元宝村の住民は15日、山の斜面に集まり民族楽器の芦笙(ろしょう)を演奏したり、伝統舞踊「踩堂舞(さいどうぶ)」を踊ったりして新年を祝った。(融水=新華社記者/張愛林)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019020825278

    「新華社」 ミャオ族の春節イベント広西·融水ミャオ族自治県  6日、田辺屯で開催された「春節聯歓晩会」の会場。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区融水(ゆうすい)ミャオ族自治県桿洞(かんどう)郷の尭告(ぎょうこく)村田辺屯で6日、旧暦正月を祝うイベント「春節聯歓晩会」が開催された。地元のミャオ族が脚本から監督、出演まですべてを行う30の演目が披露され、山奥の苗寨(ミャオザイ、ミャオ族集落)は賑やかな正月気分に包まれた。(融水=新華社記者/黄孝邦)=2019(平成31)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019020411556

    「新華社」 古城の夜を彩る春節イルミネーション陝西省西安市  1月29日に撮影した西安市永寧門の夜景。(小型無人機から)春節(旧正月)を間近に控え、中国陝西省西安市では各地に飾り付けられたイルミネーションが点灯し、祝賀ムードに包まれた。(西安=新華社配信/唐振江)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019010812053

    「新華社」 新疆の牧畜民、毛皮スキーで300キロの旅へ  5日、新疆ウイグル自治区ガナス景勝地の雪原を進む毛皮スキーの牧畜民。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区で5日、牧畜民9人が松の木や馬の毛、牛の革で作った伝統的な毛皮スキーを着けバイハバ村を出発。一路アルタイ山の奥地へと向かった。すべて順調に進めば、一行は10日後にアルタイ市に到着し、300キロに及ぶ氷雪の旅を完了させるという。9人の牧畜民はいずれも新疆北部のアルタイ地区に住む熟練した毛皮スキー愛好家で、年齢は中国で「70後」(1970年代生まれ)と「80後」(1980年代生まれ)、「90後」(1990年代生まれ)と呼ばれる各世代をカバーしており、平均経験年数は20年を超えている。(アルタイ=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019010700618

    「新華社」 温泉につかり雪山を愛でる冬のチベット  3日、空から見たヤンパチェン鎮にある「藍色天国温泉」。(小型無人機から)第1回ヤンパチェン温泉観光シーズンがこのほど、中国チベット自治区ダムシュン県ヤンパチェン(羊八井)鎮で幕を開けた。同県は近年、「冬のチベットを楽しもう」キャンペーンをきっかけに、温泉旅行のハード・ソフト面のレベルを全面的に向上させ、観光サービス全般を改善し、「温泉に浸かり、雪山を楽しみ、聖湖を眺める」といった冬観光の新たな魅力を作り出そうと全力で取り組んでいる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019010700604

    「新華社」 雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区  2日、カナス景勝地に広がる森林地帯。(小型無人機から)寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019010700806

    「新華社」 雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区  2日、カナス景勝地を貫く道路。(小型無人機から)寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018122025429

    「新華社」 トン族の人々が「薩瑪節」を祝う貴州省榕江県  18日、榕江県三宝トン族村で、「薩瑪節」に参加した地元の人々。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江(ようこう)県三宝トン族村で18日、トン族の伝統行事「薩瑪節」が行われ、数千人のトン族の人々が祭事や、わらで作った竜による竜舞、歌や踊りなどに参加した。「薩瑪」とはトン族の言葉で「大祖母」を意味し、トン族に共通する祖先の魂の化身とされる。「薩瑪節」は千年以上の歴史を持ち、2006年に第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。(榕江=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像