検索結果 10 件中 1 件 〜 10 件 "貧困脱却"
  1. 2019041223624

    「新華社」 お茶で貧困脱却支援福建省·寧徳原子力発電所  3日、寧徳原子力発電所で行われたイベントで披露された書道作品。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所は2日から3日にかけて、発電所や同所が貧困脱却に向け支援する村落で、発電所内で生産している白茶「和茶」をテーマに「和茶の魅力の旅」と題するイベントを開催した。インターネットで応募し招待されたネットユーザー20人余りが参加し、漢服や地元のショオ族の伝統的衣装に身を包み、2チームに分かれて茶摘み競技や朗読、お茶の品評、茶芸などのプログラムを通じて「和茶大使」の称号を争った。同発電所は建設当時、地元の特徴的な基幹産業を守るために約200ムー(約13・3ヘクタール)の茶畑を残し、地元住民を雇用することで住民と良好で和やかな関係を築いてきた。(深圳=新華社配信/中国広核集団提供)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:中国広核集団/新華社/共同通信イメージズ

  2. 2018101606723

    「新華社」 観光産業振興で貧困脱却四川省興文県  14日、興文石海世界地質公園で、遠来の客を迎えるため園内に設けられた長テーブルの宴席「長卓宴」。中国四川省宜賓市興文県はここ数年、観光産業を県全体の的確な貧困扶助および経済発展のための基軸産業としてきた。多くの民族が居住し、国家級、省級の無形文化遺産が多く、民族的情緒が色濃い同県では2018年の1~9月、76億2300万元(1元=約16円)の観光総合収入を実現、3万7500人が貧困から抜け出し、ゆとりある生活を送れるようになった。(興文=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2018101111634

    「新華社」 寝床の上のひょうたん芸術家山西省沁源県  8日、王英傑さん(左)にひょうたんの販売状況を尋ねる沁源県人民法院の官軍村駐在幹部、温瑞(おん・ずい)氏。中国山西省沁源(しんげん)県の官軍村に住む王英傑(おう・えいけつ)さんは、先天性の二分脊椎症による半身不随で寝床の上での生活を余儀なくされている。2015年末には貧困世帯としての認定を受けた。王さんは幼少時から重ねた苦労と天性の素質により絵画の技術を習得し、彫刻や切り紙の技能も身に着けた。貧困扶助を行う地元政府や村に駐留する作業チームは、この貧困青年が生きるすべを得られるように、現状を踏まえ、彼が長所を積極的に発揮できる環境を作り上げた。起業を勧め、彼のために「ひょうたん烙画(焼き絵)スタジオ」やネットショップを開設した。王さんが手作りするひょうたん烙画は地元の誰もが知る存在となり、多くのコレクターから愛されている。2017年末には自らの手で貧困脱却を達成し、地元の障がい者が強く生き、貧困者が志を抱き貧困を克服していく上での手本となった。(沁源=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2018101111642

    「新華社」 寝床の上のひょうたん芸術家山西省沁源県  8日、王英傑さんの父親(左)にひょうたんの生産状況を尋ねる沁源県人民法院の官軍村駐在幹部、温瑞(おん・ずい)氏。王英傑さんが作品制作に用いるひょうたんを確保するため、地元政府は栽培用のビニールハウスを設置した。中国山西省沁源(しんげん)県の官軍村に住む王英傑(おう・えいけつ)さんは、先天性の二分脊椎症による半身不随で寝床の上での生活を余儀なくされている。2015年末には貧困世帯としての認定を受けた。王さんは幼少時から重ねた苦労と天性の素質により絵画の技術を習得し、彫刻や切り紙の技能も身に着けた。貧困扶助を行う地元政府や村に駐留する作業チームは、この貧困青年が生きるすべを得られるように、現状を踏まえ、彼が長所を積極的に発揮できる環境を作り上げた。起業を勧め、彼のために「ひょうたん烙画(焼き絵)スタジオ」やネットショップを開設した。王さんが手作りするひょうたん烙画は地元の誰もが知る存在となり、多くのコレクターから愛されている。2017年末には自らの手で貧困脱却を達成し、地元の障がい者が強く生き、貧困者が志を抱き貧困を克服していく上での手本となった。(沁源=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2018092825776

    「新華社」 ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  24日、花轎の隊列とともに十八洞村の婚礼会場へ向かう施六金さん。ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞(じゅうはちどう)村は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2018092825712

    「新華社」 ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  24日、花轎から出てきた花嫁の呉春霞(ご・しゅんか)さんを背負う施六金さん。ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞(じゅうはちどう)村は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2018092825722

    「新華社」 ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  24日、婚礼の席で出席者にあいさつし、感謝の言葉を述べる施六金さん。ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞(じゅうはちどう)村は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2018092825770

    「新華社」 ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  第2回「湘西トゥチャ族ミャオ族自治州十八洞村ミャオ年大型お見合いパーティー」の終了後、「結婚紹介所」でパーティーに参加した女性ゲストの情報が記載された張り紙を見つめる施六金さん。(2月4日撮影)ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞村(じゅうはちどうむら)は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018092825729

    「新華社」 ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  十八洞村に新たに建設された湧水工場で働く施六金さん。(2月3日撮影)ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞(じゅうはちどう)村は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2018022101220

    「新華社」 安徽省、150万人以上の児童に給食を無料支給  12日、安徽省舒城県暁天中心小学校で栄養バランスの取れた給食を食べる児童たち。大別山の山岳地帯に位置する暁天中心小学校は、2017年度の秋から、小学生たちに栄養バランスの取れた給食の提供を始めた。ここ数年、安徽省では、児童の栄養状態の改善は貧困脱却の重点業務とされ、33項目の国民の生活改善プロジェクトの一環として力を入れている。モデル県は21カ所、対象児童152万4000人、省内すべての国家指定の貧困県をカバーしている。(新華社記者/劉軍喜) =2018(平成30)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像