検索結果 6 件中 1 件 〜 6 件 "重点保護動物"
  1. 2020080602143

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、村民の龐風莉(ほう・ふうり)さんの家の前で休むキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080602182

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、道路脇で、何度も自宅に「招待」してくれた村民の龐風莉(ほう・ふうり)さんを一目で見つける野生のキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080602063

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、慣れた様子で村民の龐風莉(ほう・ふうり)さん宅の玄関を探し当てるキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080602139

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、漢中市洋県茅坪鎮茅坪村の村民と一緒に写真に収まる野生のキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019120900706

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  4日、世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」。中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019120900658

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  4日、世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」。中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像