検索結果 510 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2019071700003

    パラ兼ね実施、共生意識  アーチェリーの五輪テスト大会で会場を移動するパラ女子の重定知佳(中央)=15日、東京都江東区の夢の島公園アーチェリー場

  2. 2019062900547

    G20大阪サミット  G20サミット主会場のインテックス大阪を見学し、聖火トーチを持つIOCのバッハ会長(右)と東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相=29日、大阪市

  3. 2019062900546

    G20大阪サミット  G20サミット主会場のインテックス大阪を見学後、握手するIOCのバッハ会長(右)と東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相=29日、大阪市

  4. 2019061500583

    海の森水上競技場資料  東京五輪・パラリンピックでボートなどの会場となる海の森水上競技場=2019年6月14日撮影、東京都臨海部

  5. 2019061500581

    海の森水上競技場資料  東京五輪・パラリンピックでボートなどの会場となる海の森水上競技場=2019年6月14日撮影、東京都臨海部

  6. 2019053106784

    五輪ボラ、ノウハウ共有  東京五輪・パラリンピックの競技会場がある自治体の担当者に、共生社会について説明するパラパワーリフティング選手の山本恵理さん=31日午後、東京都港区

  7. 2019051403060

    「新華社」 2022年北京冬季五輪開幕千日前カウントダウンイベント開催  10日、イベント会場で「2022年北京冬季五輪・パラリンピックボランティアサービス行動計画」を発表する北京市副市長で2022年北京冬季五輪組織委員会執行副主席の張建東(ちょう・けんとう)氏。中国の北京オリンピック公園で10日夜、2022年の北京冬季五輪に向けた千日前カウントダウンイベントが開催された。(北京=新華社記者/徐子鑑)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019051100379

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  1日に撮影した北京園芸博の北京園。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019051100288

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  1日に撮影した北京園芸博の北京園。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019051100449

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月30日、媯水河のほとりにある自然生態展示区を散策する行楽客。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019051100313

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月30日、小型無人機から撮影した北京市延慶区にある竜慶峡。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019051100310

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月30日に撮影した北京市延慶区にある竜慶峡に咲く花。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019051100308

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月30日に撮影した媯水河のほとりにある自然生態展示区の上空を飛ぶ水鳥。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019051100451

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月30日、小型無人機から撮影した北京市延慶区にある竜慶峡。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019051100299

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月25日に撮影した北京市延慶区の媯水河。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社配信/劉桂福)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019051100420

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  北京園芸博会場の永寧閣と遠方に見える海坨山。(4月25日撮影)中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社配信/劉桂福)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019051100260

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  北京市延慶区の媯水河と海坨山。(4月25日撮影)中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社配信/劉桂福)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019042202388

    東京五輪・パラリンピック特集「未来につなぐ 東京2020」 近年最も厳しい禁煙五輪  2020年東京五輪・パラリンピック会場周辺の主な喫煙規制

  19. 2019042202385

    東京五輪・パラリンピック特集「未来につなぐ 東京2020」 近年最も厳しい禁煙五輪  2020年東京五輪・パラリンピック会場周辺の主な喫煙規制

  20. 2019051100307

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月18日、小型無人機から撮影した北京園芸博の会場。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/陳曄華)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019041220550

    パラ、共生へ道筋示せるか  2020年東京パラリンピックでボッチャの会場となる有明体操競技場=12日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

  22. 2019041101734

    連載企画「皇室クロニクル」10回続きの第4回 戦争の傷に向き合い  長野冬季パラリンピックの競技会場で、観客のウエーブに参加される皇后さまと笑顔の天皇陛下=1998年3月、長野市のエムウエーブ

  23. 2019040301957

    1㌻特集「東京パラリンピックまで500日」 東京パラへ500日  2020年東京パラリンピックの競技会場

  24. 2019040301953

    1㌻特集「東京パラリンピックまで500日」 東京パラへ500日  2020年東京パラリンピックの競技会場

  25. 2019051100311

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月2日、小型無人機から撮影した八達嶺長城の麓にある100年の歴史を持つ青竜橋駅。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019051100450

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月2日、小型無人機から撮影した花が満開になった八達嶺長城。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019051100309

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  3月18日、小型無人機から撮影した九眼楼長城。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019051100422

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  3月17日、小型無人機から撮影した太陽に照らされる北京市延慶区の野鴨湖。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019051100380

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  3月17日、小型無人機から撮影した北京市延慶区の野鴨湖。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019030800711

    ボッチャ日本代表が視察  東京パラリンピックでボッチャの会場となる、建設中の有明体操競技場の内部=8日午前、東京都江東区

  31. 2019030800692

    ボッチャ日本代表が視察  東京パラリンピックでボッチャの会場となる有明体操競技場。建設中の会場をボッチャ日本代表選手が視察した=8日午前、東京都江東区

  32. 2019022500568

    「新華社」 冬季五輪テスト大会の開催要件クリア急ぐ河北省張家口  21日、建設中のクロスカントリースキーコース。中国河北省張家口(ちょうかこう)市は今年、質と量の双方を確保しながら、2022年北京冬季五輪・パラリンピック会場や付帯インフラの整備を進める。着工、竣工検収、試用・確認の重要な3段階を厳格に行い、雲頂スキー公園、スキージャンプ台、クロスカントリースキー場、バイアスロンセンターが大会の開催要件を満たすよう取り組む。(石家荘=新華社記者/白林)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019022500573

    「新華社」 冬季五輪テスト大会の開催要件クリア急ぐ河北省張家口  21日、建設中のバイアスロンセンター。中国河北省張家口(ちょうかこう)市は今年、質と量の双方を確保しながら、2022年北京冬季五輪・パラリンピック会場や付帯インフラの整備を進める。着工、竣工検収、試用・確認の重要な3段階を厳格に行い、雲頂スキー公園、スキージャンプ台、クロスカントリースキー場、バイアスロンセンターが大会の開催要件を満たすよう取り組む。(石家荘=新華社記者/白林)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019022500612

    「新華社」 冬季五輪テスト大会の開催要件クリア急ぐ河北省張家口  21日、建設中のスキージャンプ台。中国河北省張家口(ちょうかこう)市は今年、質と量の双方を確保しながら、2022年北京冬季五輪・パラリンピック会場や付帯インフラの整備を進める。着工、竣工検収、試用・確認の重要な3段階を厳格に行い、雲頂スキー公園、スキージャンプ台、クロスカントリースキー場、バイアスロンセンターが大会の開催要件を満たすよう取り組む。(石家荘=新華社記者/白林)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019022500590

    「新華社」 冬季五輪テスト大会の開催要件クリア急ぐ河北省張家口  21日、建設中のバイアスロンセンター。中国河北省張家口(ちょうかこう)市は今年、質と量の双方を確保しながら、2022年北京冬季五輪・パラリンピック会場や付帯インフラの整備を進める。着工、竣工検収、試用・確認の重要な3段階を厳格に行い、雲頂スキー公園、スキージャンプ台、クロスカントリースキー場、バイアスロンセンターが大会の開催要件を満たすよう取り組む。(石家荘=新華社記者/白林)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019022500613

    「新華社」 冬季五輪テスト大会の開催要件クリア急ぐ河北省張家口  21日、建設中の雲頂スキー公園。中国河北省張家口(ちょうかこう)市は今年、質と量の双方を確保しながら、2022年北京冬季五輪・パラリンピック会場や付帯インフラの整備を進める。着工、竣工検収、試用・確認の重要な3段階を厳格に行い、雲頂スキー公園、スキージャンプ台、クロスカントリースキー場、バイアスロンセンターが大会の開催要件を満たすよう取り組む。(石家荘=新華社記者/白林)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019022500606

    「新華社」 冬季五輪テスト大会の開催要件クリア急ぐ河北省張家口  21日、雲頂スキー公園のスキーコース案内パネル。中国河北省張家口(ちょうかこう)市は今年、質と量の双方を確保しながら、2022年北京冬季五輪・パラリンピック会場や付帯インフラの整備を進める。着工、竣工検収、試用・確認の重要な3段階を厳格に行い、雲頂スキー公園、スキージャンプ台、クロスカントリースキー場、バイアスロンセンターが大会の開催要件を満たすよう取り組む。(石家荘=新華社記者/白林)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019022500615

    「新華社」 冬季五輪テスト大会の開催要件クリア急ぐ河北省張家口  21日、建設中のスキージャンプ台。中国河北省張家口(ちょうかこう)市は今年、質と量の双方を確保しながら、2022年北京冬季五輪・パラリンピック会場や付帯インフラの整備を進める。着工、竣工検収、試用・確認の重要な3段階を厳格に行い、雲頂スキー公園、スキージャンプ台、クロスカントリースキー場、バイアスロンセンターが大会の開催要件を満たすよう取り組む。(石家荘=新華社記者/白林)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019022500469

    「新華社」 冬季五輪テスト大会の開催要件クリア急ぐ河北省張家口  21日、建設中のオリンピック選手村。中国河北省張家口(ちょうかこう)市は今年、質と量の双方を確保しながら、2022年北京冬季五輪・パラリンピック会場や付帯インフラの整備を進める。着工、竣工検収、試用・確認の重要な3段階を厳格に行い、雲頂スキー公園、スキージャンプ台、クロスカントリースキー場、バイアスロンセンターが大会の開催要件を満たすよう取り組む。(石家荘=新華社記者/白林)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019022500564

    「新華社」 冬季五輪テスト大会の開催要件クリア急ぐ河北省張家口  21日、建設中のクロスカントリースキーコース。中国河北省張家口(ちょうかこう)市は今年、質と量の双方を確保しながら、2022年北京冬季五輪・パラリンピック会場や付帯インフラの整備を進める。着工、竣工検収、試用・確認の重要な3段階を厳格に行い、雲頂スキー公園、スキージャンプ台、クロスカントリースキー場、バイアスロンセンターが大会の開催要件を満たすよう取り組む。(石家荘=新華社記者/白林)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019022500494

    「新華社」 冬季五輪テスト大会の開催要件クリア急ぐ河北省張家口  21日、建設中の雲頂スキー公園。中国河北省張家口(ちょうかこう)市は今年、質と量の双方を確保しながら、2022年北京冬季五輪・パラリンピック会場や付帯インフラの整備を進める。着工、竣工検収、試用・確認の重要な3段階を厳格に行い、雲頂スキー公園、スキージャンプ台、クロスカントリースキー場、バイアスロンセンターが大会の開催要件を満たすよう取り組む。(石家荘=新華社記者/白林)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019022003250

    「ニュースアラカルト」(社会)「五輪の競技会場を公開」 五輪の競技会場を公開  東京五輪・パラリンピックに向けて建設が進む五輪水泳センター=2月12日、東京都江東区

  43. 2019022003102

    「新華社」 北京冬季五輪·パラ、レガシー戦略計画の記者会見開催  19日、北京冬季五輪組織委員会で行われた記者会見。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのレガシー(遺産)戦略計画の記者会見が19日、北京冬季五輪組織委員会のプレスホールで開かれた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019022003141

    「新華社」 北京冬季五輪·パラ、レガシー戦略計画の記者会見開催  19日、北京冬季五輪組織委員会で行われた記者会見。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのレガシー(遺産)戦略計画の記者会見が19日、北京冬季五輪組織委員会のプレスホールで開かれた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019021224339

    建物並ぶ選手村、7割完成  東京五輪・パラリンピックに向けて建設が進む、バレーボールなどの会場となる有明アリーナ=12日午後、東京都江東区

  46. 2019021224336

    建物並ぶ選手村、7割完成  東京五輪・パラリンピックに向けて建設が進む、ボートなどの会場となる海の森水上競技場=12日、東京都臨海部

  47. 2019021800326

    「新華社」 東京五輪の新設会場に見る新技術とこだわり  12日、東京都中央区で建設中の選手村。東京都は12日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて新設中の競技会場6カ所を報道陣に公開した。ほとんどの会場で工事進捗率は5割を超えている。大会は東京を中心に日本全国43会場で行われる。施設の一部は新規に建設され、工事は順調に進んでいる。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019021409646

    「新華社」 東京五輪の新設会場に見る新技術とこだわり  12日、東京都江戸川区の葛西臨海公園の隣接エリアで建設中のカヌー・スラローム会場。東京都は12日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて新設中の競技会場6カ所を報道陣に公開した。ほとんどの会場で工事進捗率は5割を超えている。大会は東京を中心に日本全国43会場で行われる。施設の一部は新規に建設され、工事は順調に進んでいる。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019021409673

    「新華社」 東京五輪の新設会場に見る新技術とこだわり  12日、東京都江戸川区の葛西臨海公園の隣接エリアで建設中のカヌー・スラローム会場。東京都は12日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて新設中の競技会場6カ所を報道陣に公開した。ほとんどの会場で工事進捗率は5割を超えている。大会は東京を中心に日本全国43会場で行われる。施設の一部は新規に建設され、工事は順調に進んでいる。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019021800322

    「新華社」 東京五輪の新設会場に見る新技術とこだわり  12日、東京都江東区で建設中の東京アクアティクスセンター。東京都は12日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて新設中の競技会場6カ所を報道陣に公開した。ほとんどの会場で工事進捗率は5割を超えている。大会は東京を中心に日本全国43会場で行われる。施設の一部は新規に建設され、工事は順調に進んでいる。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像