検索結果 109 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2019042800590

    仲邑初段、非公式で初勝利  囲碁の若竹杯1回戦を終え、会場を出る仲邑菫初段。奥は種村小百合二段=28日、大阪市内

  2. 2019050901301

    「新華社」 上野愛咲美二段が8強入り第2回呉清源杯世界女流囲碁選手権  28日、第2回呉清源杯世界女流囲碁選手権2回戦の会場。第2回呉清源杯世界女流囲碁選手権は28日、中国福建省福州市で2回戦が行われ、中国棋士5人、韓国棋士2人、日本棋士の上野愛咲美二段が8強に進んだ。対局前に注目を集めていた韓国の金彩瑛(キム・チェヨン)五段、中国の於之瑩(お・しえい)六段は敗退した。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019050901234

    「新華社」 第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権·2019博思杯世界囲碁AI大会が福州で開催  27日、第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権1回戦の会場。中国福建省福州市で開催中の第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権と2019博思杯世界囲碁AI大会が27日、2日目を迎えた。今大会は、中国囲棋協会、中国棋院、福州市人民政府が主催し、日本棋院と韓国棋院が協賛する。中国、日本、韓国などの国・地域の女流棋士28人のほか、中国の「星陣(Golaxy)」「弈小天(YXT)」「棋精霊(GoGenius)」、日本の「Raynz」、韓国の「DolBaram」「BADUKi」など8台の囲碁AI(人工知能)が参加した。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019050901228

    「新華社」 第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権、棋士28人が出場  26日、第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権の予選会場。第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権と2019博思杯世界囲碁AI大会が26日夜、中国福建省福州市で開幕した。大会は中国囲棋協会、中国棋院、福州市人民政府が主催し、日本棋院と韓国棋院が協賛する。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019050901210

    「新華社」 第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権、棋士28人が出場  26日、第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権の予選会場。第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権と2019博思杯世界囲碁AI大会が26日夜、中国福建省福州市で開幕した。大会は中国囲棋協会、中国棋院、福州市人民政府が主催し、日本棋院と韓国棋院が協賛する。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019031903260

    人物 19990 大竹、碁聖位を奪回  第5期碁聖戦5番勝負第4局で趙治勲を破り、タイトルを奪還、碁聖に返り咲いた大竹英雄名人=1980(昭和55)年8月27日、東京・市谷の日本棋院会館(運動3372) 

  7. 2018121109573

    「新華社」 テンセント、産業インターネット時代で先を争う  3日、深圳の騰訊浜海大厦の展示ホールで撮影した、テンセントAILab(人工知能実験室)グループが研究開発した囲碁AI「絶芸(FineArt)」と対戦する来場者。中国インターネットサービス大手のテンセント(騰訊控股)は、次なるインターネット産業発展の方向性について「モバイルインターネットの前半戦は消費のインターネットだったが、後半戦の主戦場は産業のインターネットに向けて発展していく」と総合的に判断した。同社は1998年創業、当時わずか数人規模のベンチャー企業から、一気にインターネット産業における巨大企業の一つに成長し、中国経済の構造転換に活力を注ぎ続けてきた。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2018092120354

    「新華社」 2018杭州·雲栖大会が開幕  19日、雲栖大会の展示ホールで、囲碁ロボット「天壌」の対局を見学する参加者。「中国のデジタル化を主導する」をテーマにした2018杭州·雲栖(うんせい)大会が19日、浙江省杭州市雲栖小鎮で開幕した。今大会はメインフォーラム、先端サミット、サブフォーラム、生態科学技術展、雲栖蝦米音楽祭、雲栖スマート運動会などのイベントを開催予定。先端サミットとサブフォーラムのテーマはフィンテック、IoI(InternetofIntelligences)、ブロックチェーン、機械知能などの先端イノベーション分野を網羅している。同大会の前身は「阿里雲(アリクラウド)開発者大会」で、2015年から「杭州·雲栖大会」と名称を変えた。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018072700397

    「新華社」 韓国の金彩瑛四段、第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権で優勝  25日、対局中の韓国の金彩瑛(キム・チェヨン)四段(左)と崔精(チェ・ジョン)九段。第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権決勝三番勝負の第2回戦が25日、中国福建省福州市鼓楼区の呉清源囲碁会館で行われた。韓国の金彩瑛四段は再び同国の崔精九段に勝ち、2対0で優勝した。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2018072700386

    「新華社」 呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市  福建省福州市にある呉清源囲碁会館の内部。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2018072700357

    「新華社」 呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市  福建省福州市にある呉清源囲碁会館の壁に描かれている、呉清源が名人相手に「三々、星、天元」と打ち囲碁界を驚かせた布石。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2018072700353

    「新華社」 呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市  福建省福州市にある呉清源囲碁会館に展示されている呉清源の早期の棋譜。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2018072700343

    「新華社」 呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市  福建省福州市にある呉清源囲碁会館の内部。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2018072700344

    「新華社」 呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市  福建省福州市にある呉清源囲碁会館の展示の一部。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018072700347

    「新華社」 呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市  福建省福州市にある呉清源囲碁会館に収蔵されている呉清源の棋譜。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018072700363

    「新華社」 呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市  福建省福州市にある呉清源囲碁会館。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018072700364

    「新華社」 呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市  福建省福州市にある呉清源囲碁会館の内部。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2018072700368

    「新華社」 韓国の金彩瑛四段、第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権で優勝  25日、対戦に臨んだ韓国の崔精(チェ・ジョン)九段(右)。第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権決勝三番勝負の第2回戦が25日、中国福建省福州市鼓楼区の呉清源囲碁会館で行われた。韓国の金彩瑛(キム・チェヨン)四段は再び同国の崔精九段に勝ち、2対0で優勝した。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018072700355

    「新華社」 韓国の金彩瑛四段、第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権で優勝  25日、対戦中の韓国の金彩瑛(キム・チェヨン)選手。第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権決勝三番勝負の第2回戦が25日、中国福建省福州市鼓楼区の呉清源囲碁会館で行われた。韓国の金彩瑛四段は再び同国の崔精(チェ・ジョン)九段に勝ち、2対0で優勝した。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018072500275

    「新華社」 第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権、決勝戦始まる  23日、福州市で開催の決勝三番勝負に臨んだ金彩瑛四段。第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権の決勝戦が23日、中国福建省福州市鼓楼区の呉清源会館で開幕した。初代チャンピオンは、23日、25日、26日に行われる三番勝負で決まる。同大会は第1回デジタル中国建設サミットの関連重要活動として行われているもの。10カ国・地域の28人のトップ棋士を集め、4月26日から福州市で予選、本戦が行われ、4回戦の激しい戦いを経て、崔精九段と金彩瑛四段の韓国勢2人が決勝に残った。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018072500288

    「新華社」 第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権、決勝戦始まる  23日、福州市で開催の決勝三番勝負に臨んだ崔精九段(左)と金彩瑛四段。第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権の決勝戦が23日、中国福建省福州市鼓楼区の呉清源会館で開幕した。初代チャンピオンは、23日、25日、26日に行われる三番勝負で決まる。同大会は第1回デジタル中国建設サミットの関連重要活動として行われているもの。10カ国・地域の28人のトップ棋士を集め、4月26日から福州市で予選、本戦が行われ、4回戦の激しい戦いを経て、崔精九段と金彩瑛四段の韓国勢2人が決勝に残った。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018072500267

    「新華社」 第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権、決勝戦始まる  23日、福州市で開催の決勝三番勝負に臨んだ崔精九段。第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権の決勝戦が23日、中国福建省福州市鼓楼区の呉清源会館で開幕した。初代チャンピオンは、23日、25日、26日に行われる三番勝負で決まる。同大会は第1回デジタル中国建設サミットの関連重要活動として行われているもの。10カ国・地域の28人のトップ棋士を集め、4月26日から福州市で予選、本戦が行われ、4回戦の激しい戦いを経て、崔精九段と金彩瑛四段の韓国勢2人が決勝に残った。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018072500279

    「新華社」 第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権、決勝戦始まる  23日、福州市で開催の決勝三番勝負に臨んだ崔精九段(左)と金彩瑛四段。第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権の決勝戦が23日、中国福建省福州市鼓楼区の呉清源会館で開幕した。初代チャンピオンは、23日、25日、26日に行われる三番勝負で決まる。同大会は第1回デジタル中国建設サミットの関連重要活動として行われているもの。10カ国・地域の28人のトップ棋士を集め、4月26日から福州市で予選、本戦が行われ、4回戦の激しい戦いを経て、崔精九段と金彩瑛四段の韓国勢2人が決勝に残った。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018062300879

    囲碁の碁聖戦第1局  第1局で井山裕太碁聖(左)を破った許家元七段=23日夜、金沢市の北國新聞会館

  25. 2018062300869

    囲碁の碁聖戦第1局  第1局を振り返る、先勝した許家元七段(右)と敗れた井山裕太碁聖=23日夜、金沢市の北國新聞会館

  26. 2018062300860

    囲碁の碁聖戦第1局  第1局で井山裕太碁聖を破った許家元七段=23日夜、金沢市の北國新聞会館

  27. 2018062300859

    囲碁の碁聖戦第1局  第1局で許家元七段(手前)に敗れた井山裕太碁聖=23日夜、金沢市の北國新聞会館

  28. 2016071800346

    囲碁の碁聖戦第2局  第2局で村川大介八段に勝利した井山裕太碁聖=18日、金沢市の北國新聞会館

  29. 2016071800345

    囲碁の碁聖戦第2局  第2局で井山裕太碁聖に敗れた村川大介八段=18日、金沢市の北國新聞会館

  30. 2016071800333

    囲碁の碁聖戦第2局  第2局で村川大介八段(右)を破った井山裕太碁聖=18日、金沢市の北國新聞会館

  31. 2016041400108

    囲碁の十段戦第3局  第54期十段戦5番勝負の第3局の会場に入る井山裕太碁聖=14日、長野県大町市

  32. 2016031900091

    囲碁ソフトの世界大会開幕  コンピューター囲碁大会の会場で、パソコンをつないでソフトを対戦させる研究者ら=19日午前、東京都調布市の電気通信大

  33. 2016031500713

    囲碁ソフト4勝1敗  囲碁ソフト「アルファ碁」との最終戦に敗れ、会場を出る李世〓(石の下に乙)九段=15日、ソウル(共同)

  34. 2016030900762

    人工知能、トップ棋士破る  囲碁ソフト「アルファ碁」との第1戦で敗れ、会場を出る李世〓(石の下に乙)九段=9日、ソウル(共同)

  35. 2015072000510

    囲碁の碁聖戦第2局  第2局で井山裕太碁聖(左)を破った山下敬吾九段=20日、金沢市の北國新聞会館

  36. 2015072000450

    囲碁の碁聖戦第2局  山下敬吾九段との第2局で敗れた井山裕太碁聖=20日、金沢市の北國新聞会館

  37. 2015072000448

    囲碁の碁聖戦第2局  井山裕太碁聖との第2局で勝ち、タイに持ち込んだ山下敬吾九段=20日、金沢市の北國新聞会館

  38. 2015060800407

    人物 14414 第1期碁聖戦決勝5番  加藤正夫八段(左)が大竹英雄名人を破り初の碁聖のタイトルを獲得=1976(昭和51)年5月18日、東京・市谷の日本棋院会館(昭和51年運動19022)

  39. 2015040500140

    献石で呉清源さんしのぶ  呉清源さんを送る会で、献石する林海峰名誉天元=5日、東京都千代田区の日本棋院会館

  40. 2015010600191

    井山裕太  囲碁棋士=2014年11月14日、東京都千代田区の如水会館

  41. 2014111400623

    今期はいい波に乗れた  第39期碁聖就位式で、カップを手に笑顔を見せる井山裕太碁聖=14日、東京都千代田区の如水会館

  42. 2014111400621

    今期はいい波に乗れた  第39期碁聖就位式で、授与された賞杯を手に笑顔を見せる井山裕太碁聖(右)と河北新報社の一力雅彦社長=14日、東京都千代田区の如水会館

  43. 2014072000448

    囲碁の碁聖戦第2局  碁聖戦第2局で河野臨九段(右)に勝った井山裕太碁聖=20日、金沢市の北國新聞会館

  44. 2014072000447

    囲碁の碁聖戦第2局  碁聖戦第2局で河野臨九段に勝った井山裕太碁聖=20日、金沢市の北國新聞会館

  45. 2014031600309

    渡辺が3連勝で初防衛  三浦弘行九段を退け、初防衛に成功した渡辺明棋王(右)=富山県黒部市の宇奈月国際会館セレネ

  46. 2014031600301

    渡辺が3連勝で初防衛  三浦弘行九段に3連勝し、初防衛に成功した渡辺明棋王=富山県黒部市の宇奈月国際会館セレネ

  47. 2013070600503

    囲碁の碁聖戦第1局  第1局で、井山裕太碁聖(左)を破った河野臨九段=6日、金沢市の北國新聞会館

  48. 2013070600502

    囲碁の碁聖戦第1局  第1局で、河野臨九段に敗れた井山裕太碁聖=6日、金沢市の北國新聞会館

  49. 2013070600501

    囲碁の碁聖戦第1局  井山裕太碁聖を破り、第1局を制した河野臨九段=6日、金沢市の北國新聞会館

  50. 2011072900607

    囲碁の碁聖戦第3局  坂井秀至碁聖(左)を破り初勝利を挙げた羽根直樹九段=29日午後、金沢市の北國新聞会館

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像