検索結果 277 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2018032000264

    人物 16752 瀬古選手がSB食品に入社  SB食品に入社、山崎達光副社長(左)から辞令を受け取るマラソンの瀬古利彦選手=1980(昭和55)年4月1日、東京都中央区茅場町の鉄鋼会館(55年内地3020)

  2. 2018022200600

    「沖縄タイムス」「沖縄ボクシング列伝」 友利正  WBCJ・フライ級新王者に ウルスアに判定勝ちし、ファンに手をあげてこたえる友利正=1982(昭和57)年4月13日、東京・後楽園ホール、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

  3. 2017120100732

    「12段用」 日本の対戦相手が決定  2018年W杯ロシア大会の会場

  4. 2017120100730

    日本の対戦相手が決定  2018年W杯ロシア大会の会場

  5. 2017030800261

    人物 17722 今週のインタビュー  全英バドミントン選手権で6度目のタイトルを目指す湯木博恵さん=1980(昭和55)年2月28日、東京・駒込の勤労福祉会館(昭和55年運動2679)

  6. 2017030800214

    資料A 6315—3 WBA世界Jフライ級TM  WBA世界Jフライ級タイトルマッチ、金竜鉉を判定で破りV11達成、認定書を高々と掲げる具志堅用高=1980(昭和55)年1月27日、大阪府立体育会館(昭和55年運動2308)

  7. 2017030800212

    資料A 6315—2 WBA世界Jフライ級TM  WBA世界Jフライ級タイトルマッチ3回、具志堅用高の左ストレートが金竜鉉の顔面に決まる=1980(昭和55)年1月27日、大阪府立体育会館(昭和55年運動2306)

  8. 2017030800210

    資料A 6315—1 WBA世界Jフライ級TM  WBA世界Jフライ級タイトルマッチの15回、金竜鉉を右ストレートから左アッパーとコンビネーションで攻める具志堅用高=1980(昭和55)年1月27日、大阪府立体育会館(昭和55年運動2305)

  9. 2017030800194

    資料A 6313 WBA世界フェザー級TM  WBA世界フェザー級タイトルマッチ チャンピオンのエウセビオ・ペドロサ(右)に判定負けしたスパイダー根本。ペドロサは7度目の防衛=1980(昭和55)年1月22日、後楽園ホール(昭和55年運動2278)

  10. 2016092000226

    資料A 6311—3 WBC世界Jフライ級TM  WBC世界Jフライ級タイトルマッチの13回、中島成雄(左)の右アッパーが金性俊のあごに決まる=1980(昭和55)年1月3日、後楽園ホール(昭和55年運動2160)

  11. 2016092000225

    資料A 6311—2 WBC世界Jフライ級TM  金性俊を判定で破りタイトルを奪取、川島トレーラーの肩車でファンの声援に応える新チャンピオンの中島成雄=1980(昭和55)年1月3日、後楽園ホール(昭和55年運動2159)

  12. 2016092000223

    資料A 6311—1 WBC世界Jフライ級TM  WBC世界Jフライ級タイトルマッチの3回、中島成雄(左)が左フックで金の顔面を攻める=1980(昭和55)年1月3日、後楽園ホール(昭和55年運動2158)

  13. 2016092000216

    運動 2117 全日本学生バスケット  拓大を破り12年ぶり2度目の優勝を飾り、抱き合って喜ぶ中大の選手たち=1979(昭和54)年12月24日、大阪府立体育会館

  14. 2016081801148

    運動 1687 全日本学生柔道選手権  無差別級決勝、期待の新人・斉藤を上四方固めで破り3度目の優勝を飾った山下泰裕=1979(昭和54)年10月14日、大阪府立体育会館

  15. 2016081801139

    資料 98579—3 WBC世界Jウエルター級  WBC世界Jウエルター級タイトルマッチ、用皆政弘にKO勝ちし2度目の防衛を果たした金相賢=1979(昭和54)年10月4日、後楽園ホール(昭和54年運動1649)

  16. 2016081801137

    資料 98579—2 WBC世界Jウエルター級  WBC世界Jウエルター級タイトルマッチの11回、金相賢の左右の連打で用皆政弘がダウン=1979(昭和54)年10月4日、後楽園ホール(昭和54年運動1648)

  17. 2016081801136

    資料 98579—1 WBC世界Jウエルター級  WBC世界Jウエルター級タイトルマッチの3回、金相賢の右ストレートが用皆政弘のボディーに決まる=1979(昭和54)年10月4日、後楽園ホール(昭和54年運動1647)

  18. 2016070500165

    資料 96798 石井がデビュー戦飾る  フライ級8回戦、プロ転向第1戦で、滝真二(右)に強烈な右フックを浴びせ、のけぞらせる石井幸喜。石井はアジア大会の金メダリストでプロデビュー戦をKO勝ちで飾った=1979(昭和54)年2月20日、後楽園ホール(昭和54年運動615)

  19. 2016070500152

    人物 8821 金メダルの石井がプロへ  プロボクサーとしてデビューを前にインタビューに答える石井幸喜。石井はアジア大会フライ級の金メダリスト=1979(昭和54)年1月23日、後楽園ホール(昭和54年運動496)

  20. 2016070500148

    人物 10589 最優秀ボクサー表彰式  1978年度最優秀ボクサーに選ばれたジュニアフライ級チャンピオンの具志堅用高=1979(昭和54)年1月19日、後楽園ホール(昭和54年運動470)

  21. 2016070500132

    資料 96788—2 WBA世界フェザー級TM  世界フェザー級タイトルマッチ、ロイヤル小林にKO勝ちし3度目の防衛を果たしたユーセビオ・ペドロサ=1979(昭和54)年1月9日、後楽園ホール(昭和54年運動417)

  22. 2016070500131

    資料 96788—1 WBA世界フェザー級TM  世界フェザー級タイトルマッチの6回、ユーセビオ・ペドロサの左フックがロイヤル小林の顔面に決まる=1979(昭和54)年1月9日、後楽園ホール(昭和54年運動415)

  23. 2016062400530

    18_09_129 スポーツ関連  ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われたボクシングの世界フェザー級タイトルマッチで、関光徳選手(右)のパンチを顔面に受ける英国のハワード・ウィンストン選手。9回TKOでウィンストン選手が勝利した=1968年1月23日(UPI=共同)(了) 19680123\n

  24. 2015110200361

    スポーツ企画「戦後日本スポーツ 勝者と敗者のはざま」(21) 「炎の男」ひた向きに  世界スーパーウエルター級タイトルマッチ、柳済斗にKO勝ちしタイトルを奪回、喜ぶ輪島功一=1976年2月17日、東京・両国の日大講堂

  25. 2015110200358

    スポーツ企画「戦後日本スポーツ 勝者と敗者のはざま」(21) 「炎の男」ひた向きに  プロボクシング世界スーパーウエルター級タイトルマッチで輪島功一がカルメロ・ボッシを判定で下し王座を奪取。第3ラウンドに左を放つ輪島(左)=1971年10月31日、東京・両国の日大講堂

  26. 2015061100378

    「ザ・クロニクル」「世界卓球で南北統一チーム」 「コリア」が歴史的快挙  注目の女子団体決勝戦が中国とコリアになり、満員になった幕張メッセの世界卓球選手権会場=1991(平成3)年4月29日、千葉市 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第10巻使用画像(P73)

  27. 2014111000415

    プロレス世界タッグ選手権  プロレス世界タッグ選手権、力道山組対シャープ兄弟=1956年5月4日、大阪府立体育会館

  28. 2014111000412

    別KA 82061-28 プロレス世界タッグ選手権  プロレス世界タッグ選手権、力道山組対シャープ兄弟。左から遠藤幸吉、力道山、シャープ兄弟=1956年5月4日、大阪府立体育会館

  29. 2014042800378

    運動 34496 世界卓球選手権第6日  注目の女子団体決勝戦が中国とコリアになり、満席になった幕張メッセの世界卓球選手権会場=1991(平成3)年4月29日

  30. 2014040300409

    「レトロ写真―あのころ」 ガッツ石松が世界王者  1974(昭和49)年4月11日、ボクシングWBC世界ライト級タイトル戦でガッツ石松が事前の予想を覆し王者R・ゴンザレス(メキシコ)に8回KO勝ち。ライト級王座は日本人で初めてで、東京・両国の日大講堂のファンにこぶしを突き上げる「ガッツポーズ」を見せた。

  31. 2014021400510

    運動 15688 東洋Jミドル級TM  東洋ジュニアミドル級タイトルマッチの11回、金沢英雄(右)のアッパーがドミー・コタクテのあごに決まる。金沢は7度目の防衛に成功=1973(昭和48)年12月20日、大阪府立体育会館

  32. 2014021400509

    運動 15687 東洋Jミドル級TM  東洋ジュニアミドル級タイトルマッチの4回、金沢英雄(右)の左ストレートがドミー・コタクテの顔面に決まる=1973(昭和48)年12月20日、大阪府立体育会館

  33. 2014021400484

    別KA 90731 体操国際選抜東京大会  女子個人種目別 平均台で9・55をマークしたエルビラ・サージ(ソ連)の演技=1973(昭和48)年12月1日、東京・両国の日大講堂(昭和48年運動15615)

  34. 2014021400447

    運動 15517 全日本学生柔道選手権  無差別級決勝 白瀬英春(右)が大外刈りで吉永を破り初優勝=1973(昭和48)年11月3日、大阪府立体育会館

  35. 2013121200236

    資料 86970―2 世界Jライト級TM  世界Jライト級タイトルマッチ、ビクトル・エチェガライ(左から2人目)を判定で破り初防衛、手を上げて声援に応える柴田国明=1973(昭和48)年6月19日、東京・両国の日大講堂(昭和48年運動15103)

  36. 2013121200235

    資料 86970―1 世界Jライト級TM  世界Jライト級タイトルマッチの15回、柴田国明の左フックをかわしたビクトル・エチェガライはしりもちをつきカウント8をとられる=1973(昭和48)年6月19日、東京・両国の日大講堂(昭和48年運動15102)

  37. 2013121200234

    運動 15099 東洋ウエルター級TM  東洋ウエルター級タイトルマッチの3回、竜反町の右アッパーががクリス・パスミルの顔面に決まる=1973(昭和48)年6月18日、後楽園ホール

  38. 2013102800281

    運動 14888 世界Jミドル級TM  世界ジュニアミドル級タイトルマッチ、輪島功一が竜反町を判定で破り4度目の防衛に成功=1973(昭和48)年4月20日、大阪府立体育会館

  39. 2013102800280

    運動 14887 世界Jミドル級TM  世界ジュニアミドル級タイトルマッチの6回、輪島功一の左フックが竜反町の顔面に決まる=1973(昭和48)年4月20日、大阪府立体育会館

  40. 2013102800279

    運動 14886 世界Jミドル級TM  世界ジュニアミドル級タイトルマッチの1回、輪島功一の左フックが竜反町のボディーに決まる=1973(昭和48)年4月20日、大阪府立体育会館

  41. 2013102800278

    運動 14885 東洋Jミドル級TM  東洋ジュニアミドル級タイトルマッチの3回、金沢英雄の右ストレートがサムソン・ベルナレスに決まりKO勝ち、6度目の防衛に成功=1973(昭和48)年4月20日、大阪府立体育会館

  42. 2013090400536

    資料 27162 日米親善レスリング  ピーターソン(手前)を攻める霜島=1951(昭和26)年7月28日、東京・両国のメモリアルホール(ウ9978)

  43. 2013090400534

    資料 27163 日米親善レスリング  前半のスタンドで、早くもデルガド(後ろ)が攻勢に出て、巧みに北野の後ろに回り、フォールに決めようとする。北野懸命にこれを防ぐ=1951(昭和26)年8月1日、東京・両国のメモリアルホール(ウ10003)

  44. 2013082000628

    運動 14382 チャンピオンカーニバル  プロボクシングの「夢のチャンピオンカーニバル」で対戦する元世界フライ級チャンピオンの海老原博幸(左)と元世界フライ、バンタム級チャンピオンのファイティング原田=1972(昭和47)年12月22日、後楽園ホール

  45. 2013080600497

    51年内地 2544 ユニバ日本代表は双子の妹  76年度ミス・ユニバースに選出された岩国美弥子さん(中央)。左は準ミス佐藤はるみさん、右は準ミス林田典子さん。日本代表に選ばれた岩国さんは、大学2年の19歳。剣道部に所属、姉の久美子さんと双子の姉妹。香港で開催の世界大会に出場する=1976(昭和51)年4月7日、大阪・ABCホール

  46. 2013080600255

    運動 14186 全日本学生柔道選手権  無差別級決勝 上村春樹(手前)が払い巻き込みで藤猪を下し初優勝=1972(昭和47)年11月4日、大阪府立体育会館

  47. 2013080600253

    運動 14167 トリプル日本タイトル戦  日本ボクシング史上2度目のトリプル日本タイトルマッチ 試合を終え記念撮影に納まる(左から)ジュニア・ウエルター級のライオン古山、ウエルター級の辻本章次、ジュニア・ライト級の野畑寿美男の3人のチャンピオン=1972(昭和47)年10月30日、後楽園ホール

  48. 2013080600234

    資料 85125―2 世界Jミドル級TM  世界Jミドル級タイトルマッチの3回、マット・ドノバン(手前)に強烈な左右のフックでKO勝ちし、2度目の防衛に成功した輪島功一=1972(昭和47)年10月3日、東京・両国の日大講堂(昭和47年運動14056)

  49. 2013070300106

    資料 85125-1 世界Jミドル級TM  世界Jミドル級タイトルマッチの3回、マット・ドノバンをKOで破り、2度目の防衛に成功し喜ぶ輪島功一=1972(昭和47)年10月3日、東京・両国の日大講堂(昭和47年運動14057)

  50. 2013070300096

    別KA 86131-2 WBC世界Jライト級TM  WBC世界Jライト級タイトルマッチ 岡部進をKOで破り3度目の防衛に成功したリカルド・アルレドンド=1972(昭和47)年9月15日、東京・両国の日大講堂(昭和47年運動13990)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像