検索結果 24 件中 1 件 〜 24 件 "open"
  1. 2018122703259

    「新華社」 古民家がもたらす新たな活気広西チワン族自治区玉林市  20日、広西チワン族自治区玉林市福綿区福綿鎮十丈村に軒を連ねる新しく修繕された古民家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区を流れる車陂江(しゃひこう)のほとりに位置する玉林(ぎょくりん)市福綿(ふくめん)区福綿鎮十丈村には、保存状態が良く伝統的な民家が70棟以上残されている。アグリツーリズムの発展を推進するため、同区は2017年12月末から、専門の農村建設デザイナーチームを招いて同村の修復と改造を行い、2018年9月に正式に一般開放した。(福綿=新華社記者/周華)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2018122703699

    「新華社」 古民家がもたらす新たな活気広西チワン族自治区玉林市  20日、広西チワン族自治区玉林市福綿区福綿鎮十丈村に軒を連ねる新しく修繕された古民家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区を流れる車陂江(しゃひこう)のほとりに位置する玉林(ぎょくりん)市福綿(ふくめん)区福綿鎮十丈村には、保存状態が良く伝統的な民家が70棟以上残されている。アグリツーリズムの発展を推進するため、同区は2017年12月末から、専門の農村建設デザイナーチームを招いて同村の修復と改造を行い、2018年9月に正式に一般開放した。(福綿=新華社記者/周華)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2018122703423

    「新華社」 古民家がもたらす新たな活気広西チワン族自治区玉林市  20日、広西チワン族自治区玉林市福綿区福綿鎮十丈村に軒を連ねる新しく修繕された古民家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区を流れる車陂江(しゃひこう)のほとりに位置する玉林(ぎょくりん)市福綿(ふくめん)区福綿鎮十丈村には、保存状態が良く伝統的な民家が70棟以上残されている。アグリツーリズムの発展を推進するため、同区は2017年12月末から、専門の農村建設デザイナーチームを招いて同村の修復と改造を行い、2018年9月に正式に一般開放した。(福綿=新華社記者/周華)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2018122703426

    「新華社」 古民家がもたらす新たな活気広西チワン族自治区玉林市  20日、広西チワン族自治区玉林市福綿区福綿鎮十丈村に軒を連ねる新しく修繕された古民家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区を流れる車陂江(しゃひこう)のほとりに位置する玉林(ぎょくりん)市福綿(ふくめん)区福綿鎮十丈村には、保存状態が良く伝統的な民家が70棟以上残されている。アグリツーリズムの発展を推進するため、同区は2017年12月末から、専門の農村建設デザイナーチームを招いて同村の修復と改造を行い、2018年9月に正式に一般開放した。(福綿=新華社記者/周華)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2018121420677

    「新華社」 夜景が織りなす幻想的な美しさにうっとり広西南寧  4日、広西チワン族自治区南寧市の五象新区を彩る幻想的な夜景。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市は、中国のASEANに向けての開放・協力の最前線で、中国・ASEAN博覧会(CAEXPO)の定例開催地であり、広西北部湾経済区の中核都市でもある。また、「中国の緑城(緑の都)」と呼ばれ、2007年には国連のハビタット(国連人間居住計画)賞を受賞し、「全国文明都市」にも選ばれている。夜のとばりが降り灯りがともり始める頃、町のネオンがきらびやかに輝きだし、同自治区の区都を彩る幻想的な光景は、人々を魅了してやまない。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2018121420645

    「新華社」 夜景が織りなす幻想的な美しさにうっとり広西南寧  4日、広西チワン族自治区南寧市を彩る美しい夜景。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市は、中国のASEANに向けての開放・協力の最前線で、中国・ASEAN博覧会(CAEXPO)の定例開催地であり、広西北部湾経済区の中核都市でもある。また、「中国の緑城(緑の都)」と呼ばれ、2007年には国連のハビタット(国連人間居住計画)賞を受賞し、「全国文明都市」にも選ばれている。夜のとばりが降り灯りがともり始める頃、町のネオンがきらびやかに輝きだし、同自治区の区都を彩る幻想的な光景は、人々を魅了してやまない。(南寧=新華社記者/周華)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2018121420692

    「新華社」 夜景が織りなす幻想的な美しさにうっとり広西南寧  広西チワン族自治区南寧市の五象大橋とその周辺を彩る夜景。(11月29日、小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市は、中国のASEANに向けての開放・協力の最前線で、中国・ASEAN博覧会(CAEXPO)の定例開催地であり、広西北部湾経済区の中核都市でもある。また、「中国の緑城(緑の都)」と呼ばれ、2007年には国連のハビタット(国連人間居住計画)賞を受賞し、「全国文明都市」にも選ばれている。夜のとばりが降り灯りがともり始める頃、町のネオンがきらびやかに輝きだし、同自治区の区都を彩る幻想的な光景は、人々を魅了してやまない。(南寧=新華社記者/周華)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2018112614837

    「新華社」 グリーン発展で中国の大地に描く美しい物語  福建省武夷山(ぶいざん)市五夫(ごふ)鎮の芸術家小鎮プロジェクト。(10月30日撮影、小型無人機から)改革開放の40年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、人民の素晴らしい生活への憧れを乗せて、中国は果断に行動する勇気と、苦難を経て生まれ変わる決意で、中華民族の永続的発展に関わるグリーン変革を大規模に推進してきた。新しい歴史のスタート地点に立ち、「緑水・青山こそが金山・銀山(宝の山)」の発展理念を指針とするグリーン発展の意識がますます人々の心に浸透し、グリーン発展の道がますます広がっている。人民は今、美しい中国の力強く美しい物語を描き出すため奮闘している。(北京=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018110516724

    「新華社」 新疆マラルベシ県、住民移転による貧困脱却を推進  10月27日、新疆ウイグル自治区マラルベシ県マラルベシ鎮幸福園社区にある野菜のガラス温室。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区マラルベシ(巴楚)県では、的確な貧困者支援を実施する中で、僻地やインフラ未整備、土地不足、収穫量が少ないなど、問題がある地域に住む村民を統一的に県城(県政府所在地)の近くに移転させ、貧困世帯に住宅、医療、教育の保障を提供している。また、サテライト工場を誘致し、貧困者への技能訓練を拡大するなど、貧困者の都市部での就労や自主起業をリードし、人々が着実に貧困脱却できるよう保障している。同県では2017年4月から、10の郷・鎮の貧困世帯を数回に分けてマラルベシ鎮幸福園社区(地域コミュニティー)に移転させた。これまでに765世帯が入居している。(マラルベシ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2018110516991

    「新華社」 新疆マラルベシ県、住民移転による貧困脱却を推進  10月27日、空から見た新疆ウイグル自治区マラルベシ県マラルベシ鎮の幸福園社区。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区マラルベシ(巴楚)県では、的確な貧困者支援を実施する中で、僻地やインフラ未整備、土地不足、収穫量が少ないなど、問題がある地域に住む村民を統一的に県城(県政府所在地)の近くに移転させ、貧困世帯に住宅、医療、教育の保障を提供している。また、サテライト工場を誘致し、貧困者への技能訓練を拡大するなど、貧困者の都市部での就労や自主起業をリードし、人々が着実に貧困脱却できるよう保障している。同県では2017年4月から、10の郷・鎮の貧困世帯を数回に分けてマラルベシ鎮幸福園社区(地域コミュニティー)に移転させた。これまでに765世帯が入居している。(マラルベシ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2018100120733

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  27日、広西チワン族自治区北海市の北海大道と北京路が交わる交差点。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2018100120613

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  26日、広西チワン族自治区北海市の鉄山港。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2018100120618

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  26日、広西チワン族自治区北海市僑港鎮の電建漁港。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2018092120278

    「新華社」 国連世界地理情報大会会場が正式オープン浙江徳清  18日、美しくライトアップされた国連世界地理情報大会の会場。(小型無人機から)中国浙江省徳清(とくせい)県の国連世界地理情報大会会場が19日、正式にオープンした。国連が主催し、中国自然資源部と浙江省人民政府が共同運営する国連世界地理情報大会が、11月19~21日に浙江省徳清県で開催される。テーマは「空間青写真を共に描く美しい世界を共に築く」。(徳清=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019070100494

    「新華社」 「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019070100474

    「新華社」 「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019070100508

    「新華社」 「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019070100477

    「新華社」 「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019070100488

    「新華社」 「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内に建つ張飛像。(2017年11月7日撮影、小型無人機機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019070100500

    「新華社」 「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018121313932

    「新華社」 開放で発展続ける敦煌甘粛省  世界遺産の莫高窟。(2016年9月7日、小型無人機から)中国甘粛省酒泉市敦煌(酒泉市の管轄下にある県級市)は「歴史の証人」といえる。昔から外に向かって開かれていた敦煌は、古代シルクロード上の漢民族と西方民族が交流する都市になった。千年が経ち、改革開放という恵みの春風が中国西北部の内陸に位置する同地に吹き込み、敦煌は再び中国の対外開放の最前線の地となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2016(平成28)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018052100333

    「新華社」 両手を広げ世界を受け入れる中国  福建省自由貿易試験区廈門区の一角(2016年4月13日小型無人機での撮影)。中国は改革開放の40年、両手を大きく広げ、世界を抱き寄せた。閉鎖または半閉鎖の状態から全方位的開放への偉大な転換を実現した。新時代を迎えた中国は、時代の趨勢の先頭に立ち、開放を拡大し、帆をあげて出航する。(北京=新華社記者/姜克紅)=2016(平成28)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2000040100044

      新平和祈念資料館オープン  オープンした沖縄県平和祈念資料館=2月9日、沖縄県糸満市摩文仁で共同通信社ヘリから

  24. 2000032900114

      「沖縄の心を世界に発信」  オープンする沖縄県平和祈念資料館=99(平成11)年11月14日、沖縄県糸満市摩文仁で共同通信社ヘリから

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像