検索結果 8 件中 1 件 〜 8 件 "貧困世帯"
  1. 2020042003211

    新疆カザフ族の牧畜民、家畜預けて工場勤め新天地の豊かな生活  12日、チンギル県アグダラ鎮の貧困世帯向けの家畜飼育施設で牛に餌をやる飼育員。中国新疆ウイグル自治区に住むカザフ族の牧畜民、ボラティヌル・フアンドホさんは、地元政府が設立した家畜の飼育牧場に自らが所有する牛7頭を預けるようになってから、四六時中の家畜の世話から解放され、工場勤めを始めた。(青河=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020042003212

    新疆カザフ族の牧畜民、家畜預けて工場勤め新天地の豊かな生活  12日、チンギル県アグダラ鎮の貧困世帯向けの家畜飼育施設で飼い葉を運ぶ飼育員。中国新疆ウイグル自治区に住むカザフ族の牧畜民、ボラティヌル・フアンドホさんは、地元政府が設立した家畜の飼育牧場に自らが所有する牛7頭を預けるようになってから、四六時中の家畜の世話から解放され、工場勤めを始めた。(青河=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020042709095

    新疆カザフ族の牧畜民、家畜預けて工場勤め新天地の豊かな生活  12日、チンギル県アグダラ鎮の貧困世帯向けの家畜飼育施設で家畜に餌をやる飼育員。中国新疆ウイグル自治区に住むカザフ族の牧畜民、ボラティヌル・フアンドホさんは、地元政府が設立した家畜の飼育牧場に自らが所有する牛7頭を預けるようになってから、四六時中の家畜の世話から解放され、工場勤めを始めた。(青河=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020042003097

    新疆カザフ族の牧畜民、家畜預けて工場勤め新天地の豊かな生活  12日、チンギル県アグダラ鎮の貧困世帯向けの家畜飼育施設で畜舎の掃除をする飼育員。中国新疆ウイグル自治区に住むカザフ族の牧畜民、ボラティヌル・フアンドホさんは、地元政府が設立した家畜の飼育牧場に自らが所有する牛7頭を預けるようになってから、四六時中の家畜の世話から解放され、工場勤めを始めた。(青河=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019041701157

    習近平氏、重慶市を視察  15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県中益郷華渓村の貧困世帯、譚登周(たん・とうしゅう)さんの家を訪れた習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/劉彬)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019020412440

    李克強氏、内モンゴル自治区のウランチャブ市を視察  1日、チャハル右翼前旗にある三岔口郷十二洲村の貧困世帯をねぎらう李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員兼国務院総理は1、2両日、内モンゴル自治区のウランチャブ(烏蘭察布)市を視察した。(ウランチャブ=新華社記者/姚大偉)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2018110516753

    新疆マラルベシ県、住民移転による貧困脱却を推進  10月27日、新疆ウイグル自治区マラルベシ県マラルベシ鎮幸福園社区にあるサテライト工場で働く女性従業員。このアパレル工場では、従業員として貧困世帯の115人を受け入れている。中国新疆ウイグル自治区マラルベシ(巴楚)県では、的確な貧困者支援を実施する中で、僻地やインフラ未整備、土地不足、収穫量が少ないなど、問題がある地域に住む村民を統一的に県城(県政府所在地)の近くに移転させ、貧困世帯に住宅、医療、教育の保障を提供している。また、サテライト工場を誘致し、貧困者への技能訓練を拡大するなど、貧困者の都市部での就労や自主起業をリードし、人々が着実に貧困脱却できるよう保障している。同県では2017年4月から、10の郷・鎮の貧困世帯を数回に分けてマラルベシ鎮幸福園社区(地域コミュニティー)に移転させた。これまでに765世帯が入居している。(マラルベシ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2018110517200

    新疆マラルベシ県、住民移転による貧困脱却を推進  10月27日、新疆ウイグル自治区マラルベシ県マラルベシ鎮幸福園社区の商業エリアで、串焼きを焼く貧困世帯の男性。中国新疆ウイグル自治区マラルベシ(巴楚)県では、的確な貧困者支援を実施する中で、僻地やインフラ未整備、土地不足、収穫量が少ないなど、問題がある地域に住む村民を統一的に県城(県政府所在地)の近くに移転させ、貧困世帯に住宅、医療、教育の保障を提供している。また、サテライト工場を誘致し、貧困者への技能訓練を拡大するなど、貧困者の都市部での就労や自主起業をリードし、人々が着実に貧困脱却できるよう保障している。同県では2017年4月から、10の郷・鎮の貧困世帯を数回に分けてマラルベシ鎮幸福園社区(地域コミュニティー)に移転させた。これまでに765世帯が入居している。(マラルベシ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像