検索結果 530 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2019121125178

    金総書記故郷、市に格上げ  10日、白頭山に登頂する朝鮮労働党の宣伝活動家ら。11日付の労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)

  2. 2019121125163

    金総書記故郷、市に格上げ  10日、白頭山に登頂する朝鮮労働党の宣伝活動家ら。11日付の労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)

  3. 2020011005905

    「新華社」 金正恩氏、三池淵郡邑地区建設プロジェクトの完工式に出席  2日、朝鮮(北朝鮮)の両江道三池淵郡で開かれた完工式でテープカットする金正恩氏(右から2人目)。朝鮮は2日、両江道三池淵郡で進めてきた三池淵郡邑地区の建設プロジェクトの完工式を開いた。同国がここ数年力を入れ進めてきた現代化都市の建設モデルプロジェクトで、完工式では最高指導者の金正恩(キム・ジョンウン)氏がテープカットした。(平壌=新華社配信/朝鮮中央通信提供)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:朝鮮中央通信/新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019112006549

    「時の人」 ダリオ・ディソンさん  特攻隊員の遺品を自宅で保管し「カミカゼ史料室」として開放するフィリピン人、ダリオ・ディソンさん

  5. 2019100303474

    奇襲能力高め、脅威増大  北朝鮮が新たに建造した潜水艦。7月23日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)

  6. 2019100700296

    「新華社」 香港各界が暴力行為を非難「覆面禁止法」の早期制定呼び掛け  3日、香港特区の立法会で「覆面禁止法の早期制定を」と書かれたプラカードを掲げる出席者。中国香港特別行政区で最近、暴徒が公然と破壊行為を行い、社会の安定を深刻に乱していることに対し、香港社会各界が強烈な憤りを示し、「覆面禁止法」の早期制定を呼び掛ける声も上がっている。(香港=新華社記者/王申)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019100700306

    「新華社」 香港各界が暴力行為を非難「覆面禁止法」の早期制定呼び掛け  3日、香港特区の立法会で「覆面禁止法の早期制定を」と書かれたプラカードを掲げる出席者。中国香港特別行政区で最近、暴徒が公然と破壊行為を行い、社会の安定を深刻に乱していることに対し、香港社会各界が強烈な憤りを示し、「覆面禁止法」の早期制定を呼び掛ける声も上がっている。(香港=新華社記者/王申)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019100700440

    「新華社」 香港各界が暴力行為を非難「覆面禁止法」の早期制定呼び掛け  3日、「特区政府に覆面禁止法制定のための緊急法発動を強く求める」と書かれたスローガンを手に、香港特別行政区政府庁舎前で請願活動をする民間団体。中国香港特別行政区で最近、暴徒が公然と破壊行為を行い、社会の安定を深刻に乱していることに対し、香港社会各界が強烈な憤りを示し、「覆面禁止法」の早期制定を呼び掛ける声も上がっている。(香港=新華社記者/呉暁初)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019100700383

    「新華社」 香港各界が暴力行為を非難「覆面禁止法」の早期制定呼び掛け  3日、「特区政府に覆面禁止法制定のための緊急法発動を強く求める」と書かれたスローガンを手に、香港特別行政区政府庁舎前で請願活動をする民間団体。中国香港特別行政区で最近、暴徒が公然と破壊行為を行い、社会の安定を深刻に乱していることに対し、香港社会各界が強烈な憤りを示し、「覆面禁止法」の早期制定を呼び掛ける声も上がっている。(香港=新華社記者/呉暁初)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019100700378

    「新華社」 香港各界が暴力行為を非難「覆面禁止法」の早期制定呼び掛け  3日、香港特区の立法会で開かれた覆面禁止法の立法を推進する記者会見で発言する出席者。中国香港特別行政区で最近、暴徒が公然と破壊行為を行い、社会の安定を深刻に乱していることに対し、香港社会各界が強烈な憤りを示し、「覆面禁止法」の早期制定を呼び掛ける声も上がっている。(香港=新華社記者/王申)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019101101906

    「新華社」 満洲里駅経由の「中欧班列」が5千本に内モンゴル自治区  25日、ロシア・エカテリンブルクへの出発を待つ満洲里駅を経由する5千本目の中欧班列。日用品を満載した42両編成のコンテナ専用貨物列車が25日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市が管轄する県級市、満洲里市の満洲里駅を出発し、ロシアのエカテリンブルクに向かった。中国鉄路ハルビン局集団によると、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が2013年に運行を開始して以来、これが同駅を経由して出入境する5千本目の列車だという。(ハルビン=新華社配信/中国鉄路ハルビン局集団提供)=2019(令和元)年9月25日、クレジット:中国鉄路ハルビン局集団/新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019092708651

    「新華社」 著名歴史学者の濱下武志氏、「世界中国学貢献賞」を受賞上海市  11日、フォーラム期間中にメディアの取材に応じる濱下武志氏。第8回世界中国学フォーラムが10、11両日、中国上海市で開催され、日本の著名な歴史学者で漢学者の濱下武志氏が「世界中国学貢献賞」を受賞した。(上海=新華社配信/上海市政府新聞弁公室提供)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:上海市政府新聞弁公室/新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019080800962

    「新華社」 広島、原爆投下から74年平和記念式典開催  6日、原爆死没者名簿を慰霊碑に納める松井一実広島市長(右)と遺族代表。広島市は原爆投下から74年を迎えた6日、平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)を行った。雨の中、犠牲者の遺族や市民ら約5万人が参列した。(広島=新華社配信/広島市提供)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:広島市/新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019080800972

    「新華社」 広島、原爆投下から74年平和記念式典開催  6日、平和記念公園にある原爆死没者慰霊碑。広島市は原爆投下から74年を迎えた6日、平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)を行った。雨の中、犠牲者の遺族や市民ら約5万人が参列した。(広島=新華社配信/広島市提供)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:広島市/新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019072300598

    北朝鮮が新型潜水艦  北朝鮮が新たに建造した潜水艦。23日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)

  16. 2019072600310

    「新華社」 金正恩氏、新たに建造した潜水艦を視察  23日、朝鮮(北朝鮮)が新たに建造した潜水艦を視察する金正恩氏。朝鮮中央通信は23日、同国の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)氏がこのほど、新たに建造した潜水艦を視察したと報じた。金正恩氏は視察した際、朝鮮(北朝鮮)は潜水艦を含む海軍装備の開発に大いに注力し、国防力を高めなければならないと強調した。(平壌=新華社配信/朝鮮中央通信提供)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:朝鮮中央通信/新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019072600309

    「新華社」 金正恩氏、新たに建造した潜水艦を視察  23日、朝鮮(北朝鮮)が新たに建造した潜水艦を視察する金正恩氏。朝鮮中央通信は23日、同国の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)氏がこのほど、新たに建造した潜水艦を視察したと報じた。金正恩氏は視察した際、朝鮮(北朝鮮)は潜水艦を含む海軍装備の開発に大いに注力し、国防力を高めなければならないと強調した。(平壌=新華社配信/朝鮮中央通信提供)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:朝鮮中央通信/新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019072600232

    「新華社」 雲南省富寧県の親子、4年かけ刺繍で名画「清明上河図」完成  4日、雲南省富寧県の富州広場で披露されたクロスステッチ作品「清明上河図」。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州富寧県の刺しゅう職人、陳美雲(ちん・びうん)さんは娘と4年かけて、長さ22・88メートル、高さ70センチのクロスステッチ作品「清明上河図」を作り上げた。同作品はこのほど、同県の富州広場で披露された。(富寧=新華社配信/富寧県複合メディアセンター提供)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:富寧県複合メディアセンター/新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019072600305

    「新華社」 雲南省富寧県の親子、4年かけ刺繍で名画「清明上河図」完成  4日、雲南省富寧県の富州広場で披露されたクロスステッチ作品「清明上河図」の一部分。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州富寧県の刺しゅう職人、陳美雲(ちん・びうん)さんは娘と4年かけて、長さ22・88メートル、高さ70センチのクロスステッチ作品「清明上河図」を作り上げた。同作品はこのほど、同県の富州広場で披露された。(富寧=新華社配信/富寧県複合メディアセンター提供)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:富寧県複合メディアセンター/新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019072600274

    「新華社」 雲南省富寧県の親子、4年かけ刺繍で名画「清明上河図」完成  4日、雲南省富寧県の富州広場で披露されたクロスステッチ作品「清明上河図」の一部分。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州富寧県の刺しゅう職人、陳美雲(ちん・びうん)さんは娘と4年かけて、長さ22・88メートル、高さ70センチのクロスステッチ作品「清明上河図」を作り上げた。同作品はこのほど、同県の富州広場で披露された。(富寧=新華社配信/富寧県複合メディアセンター提供)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:富寧県複合メディアセンター/新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019072600273

    「新華社」 雲南省富寧県の親子、4年かけ刺繍で名画「清明上河図」完成  4日、雲南省富寧県の富州広場で披露されたクロスステッチ作品「清明上河図」。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州富寧県の刺しゅう職人、陳美雲(ちん・びうん)さんは娘と4年かけて、長さ22・88メートル、高さ70センチのクロスステッチ作品「清明上河図」を作り上げた。同作品はこのほど、同県の富州広場で披露された。(富寧=新華社配信/富寧県複合メディアセンター提供)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:富寧県複合メディアセンター/新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019070205163

    「新華社」 人民解放軍香港駐屯部隊、海軍基地を開放市民と返還日祝う  6月30日、人民解放軍香港駐屯部隊の護衛艦を見学する香港市民。中国人民解放軍香港駐屯部隊は6月30日から2日間の日程で、海軍基地の昂船洲軍営を開放した。7月1日の香港返還22周年に合わせて開かれたこのイベントには、2日間で計約3万人の香港市民や若者、学生が見学に訪れ、軍隊や軍営、軍人の魅力を身近に感じていた。(香港=新華社配信/易定)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019070205170

    「新華社」 人民解放軍香港駐屯部隊、海軍基地を開放市民と返還日祝う  6月30日、オートバイによるスタントを披露する香港駐屯部隊の女性特殊兵。中国人民解放軍香港駐屯部隊は6月30日から2日間の日程で、海軍基地の昂船洲軍営を開放した。7月1日の香港返還22周年に合わせて開かれたこのイベントには、2日間で計約3万人の香港市民や若者、学生が見学に訪れ、軍隊や軍営、軍人の魅力を身近に感じていた。(香港=新華社配信/易定)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019070205131

    「新華社」 人民解放軍香港駐屯部隊、海軍基地を開放市民と返還日祝う  6月30日、昂船洲軍営で分列式を行う人民解放軍香港駐屯部隊三軍儀仗隊。中国人民解放軍香港駐屯部隊は6月30日から2日間の日程で、海軍基地の昂船洲軍営を開放した。7月1日の香港返還22周年に合わせて開かれたこのイベントには、2日間で計約3万人の香港市民や若者、学生が見学に訪れ、軍隊や軍営、軍人の魅力を身近に感じていた。(香港=新華社配信/易定)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019070205096

    「新華社」 人民解放軍香港駐屯部隊、海軍基地を開放市民と返還日祝う  6月30日、昂船洲軍営で行われた人民解放軍香港駐屯部隊による国旗掲揚式。中国人民解放軍香港駐屯部隊は6月30日から2日間の日程で、海軍基地の昂船洲軍営を開放した。7月1日の香港返還22周年に合わせて開かれたこのイベントには、2日間で計約3万人の香港市民や若者、学生が見学に訪れ、軍隊や軍営、軍人の魅力を身近に感じていた。(香港=新華社配信/原俊敏)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019070205169

    「新華社」 人民解放軍香港駐屯部隊、海軍基地を開放市民と返還日祝う  6月30日、戦場での応急処置を体験する香港の子ども。中国人民解放軍香港駐屯部隊は6月30日から2日間の日程で、海軍基地の昂船洲軍営を開放した。7月1日の香港返還22周年に合わせて開かれたこのイベントには、2日間で計約3万人の香港市民や若者、学生が見学に訪れ、軍隊や軍営、軍人の魅力を身近に感じていた。(香港=新華社配信/原俊敏)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019070205166

    「新華社」 人民解放軍香港駐屯部隊、海軍基地を開放市民と返還日祝う  6月30日、基地の見学に来た香港市民に解説する香港駐屯部隊の兵士。中国人民解放軍香港駐屯部隊は6月30日から2日間の日程で、海軍基地の昂船洲軍営を開放した。7月1日の香港返還22周年に合わせて開かれたこのイベントには、2日間で計約3万人の香港市民や若者、学生が見学に訪れ、軍隊や軍営、軍人の魅力を身近に感じていた。(香港=新華社配信/易定)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019070205128

    「新華社」 人民解放軍香港駐屯部隊、海軍基地を開放市民と返還日祝う  6月30日、オフロード車「猛士」によるスタントを披露する香港駐屯部隊の将兵。中国人民解放軍香港駐屯部隊は6月30日から2日間の日程で、海軍基地の昂船洲軍営を開放した。7月1日の香港返還22周年に合わせて開かれたこのイベントには、2日間で計約3万人の香港市民や若者、学生が見学に訪れ、軍隊や軍営、軍人の魅力を身近に感じていた。(香港=新華社配信/原俊敏)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019062625814

    「新華社」 第83回メコン川合同パトロール法執行活動、順調に終了  21日、メコン川でパトロールを行う法執行隊。中国、ラオス、ミャンマー、タイの4カ国による第83回メコン川合同パトロール法執行活動はこのほど、順調に終了した。同活動に参加した中国の法執行船3隻が21日午後、雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の関累港に帰港した。(昆明=新華社配信/雲南省公安庁新聞弁公室提供)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:雲南省公安庁新聞弁公室/新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019062625633

    「新華社」 第83回メコン川合同パトロール法執行活動、順調に終了  20日、村で家々を訪問し、麻薬撲滅の啓発活動をする法執行隊。中国、ラオス、ミャンマー、タイの4カ国による第83回メコン川合同パトロール法執行活動はこのほど、順調に終了した。同活動に参加した中国の法執行船3隻が21日午後、雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の関累港に帰港した。(昆明=新華社配信/雲南省公安庁新聞弁公室提供)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:雲南省公安庁新聞弁公室/新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019062625901

    「新華社」 第83回メコン川合同パトロール法執行活動、順調に終了  20日、村で家々を訪問し、麻薬撲滅の啓発活動をする法執行隊。中国、ラオス、ミャンマー、タイの4カ国による第83回メコン川合同パトロール法執行活動はこのほど、順調に終了した。同活動に参加した中国の法執行船3隻が21日午後、雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の関累港に帰港した。(昆明=新華社配信/雲南省公安庁新聞弁公室提供)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:雲南省公安庁新聞弁公室/新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019070100507

    「新華社」 「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  19日、武官の帽子のような形をした張飛廟の屋根。「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019062625762

    「新華社」 第83回メコン川合同パトロール法執行活動、順調に終了  18日に撮影したメコン川合同パトロールに参加した4カ国の法執行船の寄港地。中国、ラオス、ミャンマー、タイの4カ国による第83回メコン川合同パトロール法執行活動はこのほど、順調に終了した。同活動に参加した中国の法執行船3隻が21日午後、雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の関累港に帰港した。(昆明=新華社配信/雲南省公安庁新聞弁公室提供)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:雲南省公安庁新聞弁公室/新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019062625778

    「新華社」 第83回メコン川合同パトロール法執行活動、順調に終了  20日、メコン川合同パトロールに参加した中国の法執行隊。中国、ラオス、ミャンマー、タイの4カ国による第83回メコン川合同パトロール法執行活動はこのほど、順調に終了した。同活動に参加した中国の法執行船3隻が21日午後、雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の関累港に帰港した。(昆明=新華社配信/雲南省公安庁新聞弁公室提供)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:雲南省公安庁新聞弁公室/新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019061805372

    「新華社」 韓国と朝鮮の非武装地帯の散策路「平和の道」を行く  14日、韓国高城郡の「DMZ平和の道」の金剛山展望台から見た景色。記者は14日、韓国北東部の江原道(カンウォンド)高城(コソン)郡の非武装地帯(DMZ)を通る散策路「DMZ平和の道」を訪ねた。記者が参加したのは、統一展望台を出発し、DMZ内の金剛山(クムガンサン)展望台の入り口、金剛通門まで海岸の鉄柵沿いに2・7キロ歩き、その後は車で5・2キロ移動し戻るという全行程約2時間半のAコースだった。韓国政府は同散策路を4月27日から一般市民に開放している。(高城=新華社記者/王婧嬙)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019062625867

    「新華社」 新空港で試験飛行実施四川省カンゼ・チベット族自治州  13日、カンゼ・チベット族自治州のケサル空港。中国四川省カンゼ・チベット族自治州のケサル空港に13日午前6時53分、A319旅客機が無事着陸した。同自治州で検証と試験飛行の段階に入った高原空港はこれで3カ所目となった。(カンゼ=新華社配信/カンゼ・チベット族自治州政府提供)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:カンゼ・チベット族自治州政府/新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019062625822

    「新華社」 新空港で試験飛行実施四川省カンゼ・チベット族自治州  13日、カンゼ・チベット族自治州のケサル空港。中国四川省カンゼ・チベット族自治州のケサル空港に13日午前6時53分、A319旅客機が無事着陸した。同自治州で検証と試験飛行の段階に入った高原空港はこれで3カ所目となった。(カンゼ=新華社配信/カンゼ・チベット族自治州政府提供)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:カンゼ・チベット族自治州政府/新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019071006011

    「新華社」 蘇州市相城区、日本で投資誘致説明会開催へ  蘇州市相城区市街の鳥瞰図。(資料写真、東京=新華社配信/蘇州市相城区政府提供)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:蘇州市相城区政府/新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019060601000

    「新華社」 「諸葛亮文化」書画展、子孫が開催四川省成都市  1日、出展作品を静かに眺める若い女性。中国広西チワン族自治区桂林市陽朔県で設立された諸葛亮文化研究会による「蜀の宰相の子孫・成都の夢」書画展が1日、四川省成都市で開かれた。三国時代の蜀漢の政治家・軍師、諸葛亮(しょかつ・りょう)は、アジアの英知の最高峰として、中国国内だけでなく、アジア太平洋地域、ひいては世界にその名を知られている。一方で、その子孫は、戦乱のあおりを受けて各地に離散した。統計によると、現在10万人以上が主に山東省や浙江省、広西チワン族自治区および江蘇省、江西省などで暮らしているという。中でも中国南部最大の居住地、広西チワン族自治区桂林市陽朔県では、その数が約1万6千人に上ると見られている。同県で設立された諸葛亮文化研究会は、「諸葛亮文化」の振興を図ることを目的としている。(成都=新華社配信/諸葛亮文化研究会提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:諸葛亮文化研究会/新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019060601004

    「新華社」 「諸葛亮文化」書画展、子孫が開催四川省成都市  1日に撮影した李春毅(り·しゅんき)氏の草書作品、「諸葛亮伝略」。中国広西チワン族自治区桂林市陽朔県で設立された諸葛亮文化研究会による「蜀の宰相の子孫·成都の夢」書画展が1日、四川省成都市で開かれた。三国時代の蜀漢の政治家·軍師、諸葛亮(しょかつ·りょう)は、アジアの英知の最高峰として、中国国内だけでなく、アジア太平洋地域、ひいては世界にその名を知られている。一方で、その子孫は、戦乱のあおりを受けて各地に離散した。統計によると、現在10万人以上が主に山東省や浙江省、広西チワン族自治区および江蘇省、江西省などで暮らしているという。中でも中国南部最大の居住地、広西チワン族自治区桂林市陽朔県では、その数が約1万6千人に上ると見られている。同県で設立された諸葛亮文化研究会は、「諸葛亮文化」の振興を図ることを目的としている。(成都=新華社配信/諸葛亮文化研究会提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:諸葛亮文化研究会/新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019060601001

    「新華社」 「諸葛亮文化」書画展、子孫が開催四川省成都市  1日に撮影した韋氷山(い·ひょうざん)氏の書道作品、「諸葛」。中国広西チワン族自治区桂林市陽朔県で設立された諸葛亮文化研究会による「蜀の宰相の子孫·成都の夢」書画展が1日、四川省成都市で開かれた。三国時代の蜀漢の政治家·軍師、諸葛亮(しょかつ·りょう)は、アジアの英知の最高峰として、中国国内だけでなく、アジア太平洋地域、ひいては世界にその名を知られている。一方で、その子孫は、戦乱のあおりを受けて各地に離散した。統計によると、現在10万人以上が主に山東省や浙江省、広西チワン族自治区および江蘇省、江西省などで暮らしているという。中でも中国南部最大の居住地、広西チワン族自治区桂林市陽朔県では、その数が約1万6千人に上ると見られている。同県で設立された諸葛亮文化研究会は、「諸葛亮文化」の振興を図ることを目的としている。(成都=新華社配信/諸葛亮文化研究会提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:諸葛亮文化研究会/新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019060600987

    「新華社」 「諸葛亮文化」書画展、子孫が開催四川省成都市  1日に撮影した書画展の会場、伝統文化の愛好者でにぎわいを見せていた。中国広西チワン族自治区桂林市陽朔県で設立された諸葛亮文化研究会による「蜀の宰相の子孫・成都の夢」書画展が1日、四川省成都市で開かれた。三国時代の蜀漢の政治家・軍師、諸葛亮(しょかつ・りょう)は、アジアの英知の最高峰として、中国国内だけでなく、アジア太平洋地域、ひいては世界にその名を知られている。一方で、その子孫は、戦乱のあおりを受けて各地に離散した。統計によると、現在10万人以上が主に山東省や浙江省、広西チワン族自治区および江蘇省、江西省などで暮らしているという。中でも中国南部最大の居住地、広西チワン族自治区桂林市陽朔県では、その数が約1万6千人に上ると見られている。同県で設立された諸葛亮文化研究会は、「諸葛亮文化」の振興を図ることを目的としている。(成都=新華社配信/諸葛亮文化研究会提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:諸葛亮文化研究会/新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019060601002

    「新華社」 「諸葛亮文化」書画展、子孫が開催四川省成都市  1日、成都雲端美術館で記念撮影する出展書画家たち。中国広西チワン族自治区桂林市陽朔県で設立された諸葛亮文化研究会による「蜀の宰相の子孫·成都の夢」書画展が1日、四川省成都市で開かれた。三国時代の蜀漢の政治家·軍師、諸葛亮(しょかつ·りょう)は、アジアの英知の最高峰として、中国国内だけでなく、アジア太平洋地域、ひいては世界にその名を知られている。一方で、その子孫は、戦乱のあおりを受けて各地に離散した。統計によると、現在10万人以上が主に山東省や浙江省、広西チワン族自治区および江蘇省、江西省などで暮らしているという。中でも中国南部最大の居住地、広西チワン族自治区桂林市陽朔県では、その数が約1万6千人に上ると見られている。同県で設立された諸葛亮文化研究会は、「諸葛亮文化」の振興を図ることを目的としている。(成都=新華社配信/諸葛亮文化研究会提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:諸葛亮文化研究会/新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019060402939

    「新華社」 第二次世界大戦時の日本軍の銃弾、大量に見つかる雲南省  22日、竜陵県で見つかった第二次世界大戦時の日本軍の銃弾。中国雲南省保山市竜陵県の村民がこのほど、自身の畑で銃弾1500発を掘り出した。地元の文物管理部門の調査により、これらの銃弾は第二次世界大戦で日本軍が使用したものだとわかった。文物管理部門が既に処理を引き継いでいる。(昆明=新華社配信/竜陵県文物管理所提供)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:竜陵県文物管理所/新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019060402904

    「新華社」 第二次世界大戦時の日本軍の銃弾、大量に見つかる雲南省  22日、竜陵県で見つかった第二次世界大戦時の日本軍の銃弾。中国雲南省保山市竜陵県の村民がこのほど、自身の畑で銃弾1500発を掘り出した。地元の文物管理部門の調査により、これらの銃弾は第二次世界大戦で日本軍が使用したものだとわかった。文物管理部門が既に処理を引き継いでいる。(昆明=新華社配信/竜陵県文物管理所提供)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:竜陵県文物管理所/新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019060402963

    「新華社」 第二次世界大戦時の日本軍の銃弾、大量に見つかる雲南省  22日、竜陵県で見つかった第二次世界大戦時の日本軍の銃弾。中国雲南省保山市竜陵県の村民がこのほど、自身の畑で銃弾1500発を掘り出した。地元の文物管理部門の調査により、これらの銃弾は第二次世界大戦で日本軍が使用したものだとわかった。文物管理部門が既に処理を引き継いでいる。(昆明=新華社配信/竜陵県文物管理所提供)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:竜陵県文物管理所/新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019060402990

    「新華社」 第二次世界大戦時の日本軍の銃弾、大量に見つかる雲南省  22日、銃弾を整理する竜陵県の文物管理係員(左)と銃弾の発見者。中国雲南省保山市竜陵県の村民がこのほど、自身の畑で銃弾1500発を掘り出した。地元の文物管理部門の調査により、これらの銃弾は第二次世界大戦で日本軍が使用したものだとわかった。文物管理部門が既に処理を引き継いでいる。(昆明=新華社配信/竜陵県文物管理所提供)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:竜陵県文物管理所/新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019060402961

    「新華社」 第二次世界大戦時の日本軍の銃弾、大量に見つかる雲南省  22日、竜陵県で見つかった第二次世界大戦時の日本軍の銃弾。中国雲南省保山市竜陵県の村民がこのほど、自身の畑で銃弾1500発を掘り出した。地元の文物管理部門の調査により、これらの銃弾は第二次世界大戦で日本軍が使用したものだとわかった。文物管理部門が既に処理を引き継いでいる。(昆明=新華社配信/竜陵県文物管理所提供)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:竜陵県文物管理所/新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019052400624

    「新華社」 四川省チベット族居住区、高原ハーフマラソン開催  20日、四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴県で開かれたハーフマラソン大会で、記念撮影に応じる入賞者と地元住民。中国青海チベット高原の南東に位置する四川省カンゼ・チベット族自治州で20日、ハーフマラソン大会が行われた。「美人谷」と称される同自治州丹巴(たんは)県に世界各国から2千人以上のランナーが集結。美しい高原の中を走ることで、スポーツと健康生活の大切さをアピールした。(カンゼ=新華社配信/カンゼ・チベット族自治州政府提供)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:カンゼ・チベット族自治州政府/新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019052400629

    「新華社」 四川省チベット族居住区、高原ハーフマラソン開催  20日、四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴県で開かれたハーフマラソン大会の参加者。中国青海チベット高原の南東に位置する四川省カンゼ・チベット族自治州で20日、ハーフマラソン大会が行われた。「美人谷」と称される同自治州丹巴(たんは)県に世界各国から2千人以上のランナーが集結。美しい高原の中を走ることで、スポーツと健康生活の大切さをアピールした。(カンゼ=新華社配信/カンゼ・チベット族自治州政府提供)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:カンゼ・チベット族自治州政府/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像