検索結果 1,447 件中 1 件 〜 50 件 "中国貴州省"
  1. 2019101003222

    「新華社」 国慶節連休に昆虫や爬虫類を見学貴州省貴陽市  7日、爬虫類を観察する子ども。中国貴州省貴陽市の閲山湖(えつざんこ)公園で7日、昆虫と爬虫(はちゅう)類の展示イベントが開かれた。多くの子どもが約100種の昆虫や爬虫類の見学に訪れ、理解を深めた。(貴陽=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019101003228

    「新華社」 国慶節連休に昆虫や爬虫類を見学貴州省貴陽市  7日、貴陽市の閲山湖公園で展示された爬虫類。中国貴州省貴陽市の閲山湖(えつざんこ)公園で7日、昆虫と爬虫(はちゅう)類の展示イベントが開かれた。多くの子どもが約100種の昆虫や爬虫類の見学に訪れ、理解を深めた。(貴陽=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019101003201

    「新華社」 国慶節連休に昆虫や爬虫類を見学貴州省貴陽市  7日、貴陽市の閲山湖公園で展示された爬虫類。中国貴州省貴陽市の閲山湖(えつざんこ)公園で7日、昆虫と爬虫(はちゅう)類の展示イベントが開かれた。多くの子どもが約100種の昆虫や爬虫類の見学に訪れ、理解を深めた。(貴陽=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019101003203

    「新華社」 国慶節連休に昆虫や爬虫類を見学貴州省貴陽市  7日、貴陽市の閲山湖公園で展示されたチョウ。中国貴州省貴陽市の閲山湖(えつざんこ)公園で7日、昆虫と爬虫(はちゅう)類の展示イベントが開かれた。多くの子どもが約100種の昆虫や爬虫類の見学に訪れ、理解を深めた。(貴陽=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019101003249

    「新華社」 国慶節連休に昆虫や爬虫類を見学貴州省貴陽市  7日、爬虫類を観察する子ども。中国貴州省貴陽市の閲山湖(えつざんこ)公園で7日、昆虫と爬虫(はちゅう)類の展示イベントが開かれた。多くの子どもが約100種の昆虫や爬虫類の見学に訪れ、理解を深めた。(貴陽=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019100700369

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、「大河堡・涼都花海」の敷地内を散策する観光客。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019100700494

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、大河鎮の農村風景。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019100700405

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、大河鎮の農村風景。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019100700541

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、「大河堡・涼都花海」の敷地内で記念写真を撮る観光客。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019101604931

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区にある朱砂古鎮観光エリアの桟道を訪れた観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019101604799

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区の朱砂古鎮を散策する観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019101604798

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区朱砂古鎮の観光エリアで、廃棄された鉱洞を生かして開発されたトンネルを散策する観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019101604790

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区にある朱砂古鎮観光エリアのガラスの桟道を訪れた観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019100700588

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」の一角。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019100700413

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、大河鎮の農村風景。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019100700518

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、「大河堡・涼都花海」の敷地内を散策する観光客。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019100700496

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、「大河堡・涼都花海」の敷地内で、民族衣装を着て記念写真を撮る観光客。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019101604873

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区朱砂古鎮の観光エリアで、廃棄された鉱洞を生かして開発されたトンネルを散策する観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019101604887

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区にある朱砂古鎮観光エリアの桟道を訪れた観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019100300526

    「新華社」 貴州省、観光業発展をけん引3年で90万人が貧困脱却  9月28日、貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県新仁ミャオ族郷化屋村の道路。交通インフラの整備による恩恵を受け、同村は観光業発展の好機を迎えている。中国貴州省でこのほど、第14回貴州観光産業発展大会が開かれた。大会では、同省が2017年に観光業発展による貧困脱却支援3カ年行動を立ち上げて以降、観光プロジェクトの制定や観光地のけん引、農村観光などの貧困脱却支援事業を推し進め、観光業により現在までに98万6400人の雇用と89万7千人の貧困脱却と増収を実現したことが明らかになった。今年上半期、同省の農村観光総収入は前年同期比33・8%増の1381億9800万元(1元=約15円)で、同省の観光収入全体の24・1%を占めた。省外からの観光客数は30・1%増、観光総収入は31・0%増となった。(貴陽=新華社記者/李凡)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019092501129

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  23日、古い家屋の解体で出た廃材を再利用し作られた花瓶に花を生けるスタッフ。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019092501161

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  23日、貴州省都匀市の螺螄殻茶山で紅茶の茶葉を摘み取るプイ族の村民。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019092501106

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  23日、貴州省都匀市の螺螄殻茶山で紅茶の茶葉を摘み取るプイ族の村民。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019092501071

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  22日、貴州省都匀市の青々とした茶園。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019092501128

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  22日、古い家屋の解体で出た廃材を再利用し作られた花瓶。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019092501159

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  22日、古い家屋の解体で出た廃材を再利用し作られた花瓶。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019092501130

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  22日、貴州省都匀市の青々とした茶園。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019092501102

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  22日、古い家屋の解体で出た廃材を再利用し作られたテーブルと花瓶。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019092501158

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  22日、貴州省都匀市の青々とした茶園。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019092501160

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  22日、貴州省都匀市の青々とした茶園。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019092501103

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  22日、古い家屋の解体で出た廃材を再利用し作られた花瓶。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019092501080

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  22日、古い家屋の解体で出た廃材を再利用し作られたドアと花瓶。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019091205095

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、座談会で発言するゼンショーホールディングス・グローバル事業推進本部の山本俊和シニアアドバイザー。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019091205094

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、貴州省貴陽市で開かれた「日本貴州友の会」代表団特別座談会。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019091205120

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、座談会に参加した来賓による記念撮影。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019091205128

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、座談会で発言する「日本貴州友の会」発起人の靳飛(きん・ひ)氏。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019091205116

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、貴州省貴陽市で開かれた「日本貴州友の会」代表団特別座談会。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019091204960

    「新華社」 山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県  貴州省湄潭県中心部にそびえる巨大「急須」。(8月31日撮影、小型無人機から)中国貴州省にあるお茶の名産地、湄潭(びたん)県に「世界一の急須」と呼ばれる急須型の巨大な建物がある。鉄筋コンクリートで建てられた「急須」は県中心部の火焔山山頂にそびえたつ。1999年に建設が始まり、2006年に完成した。高さ25・6メートルの土台の上に48・2メートルの巨大「急須」が立つ。合計の高さは73・8メートルに達し、体積は2万8千立方メートルを超える。傍らにある「茶碗」は高さ16・8メートル、体積300立方メートル。巨大「急須」の内部はエレベーターが設置され、お茶などの売り場と陳列館に分かれ、陳列館には主にお茶の貿易と文化に関する品物が並ぶ。現在では地元のランドマークとなり、観光客が必ず訪れる新名所の一つになった。(貴陽=新華社記者/楊焱彬)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019091205022

    「新華社」 山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県  貴州省湄潭県中心部にそびえる巨大「急須」。(8月31日撮影、小型無人機から)中国貴州省にあるお茶の名産地、湄潭(びたん)県に「世界一の急須」と呼ばれる急須型の巨大な建物がある。鉄筋コンクリートで建てられた「急須」は県中心部の火焔山山頂にそびえたつ。1999年に建設が始まり、2006年に完成した。高さ25・6メートルの土台の上に48・2メートルの巨大「急須」が立つ。合計の高さは73・8メートルに達し、体積は2万8千立方メートルを超える。傍らにある「茶碗」は高さ16・8メートル、体積300立方メートル。巨大「急須」の内部はエレベーターが設置され、お茶などの売り場と陳列館に分かれ、陳列館には主にお茶の貿易と文化に関する品物が並ぶ。現在では地元のランドマークとなり、観光客が必ず訪れる新名所の一つになった。(貴陽=新華社記者/楊焱彬)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019091205033

    「新華社」 山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県  貴州省湄潭県中心部にそびえる巨大「急須」。(8月31日撮影、小型無人機から)中国貴州省にあるお茶の名産地、湄潭(びたん)県に「世界一の急須」と呼ばれる急須型の巨大な建物がある。鉄筋コンクリートで建てられた「急須」は県中心部の火焔山山頂にそびえたつ。1999年に建設が始まり、2006年に完成した。高さ25・6メートルの土台の上に48・2メートルの巨大「急須」が立つ。合計の高さは73・8メートルに達し、体積は2万8千立方メートルを超える。傍らにある「茶碗」は高さ16・8メートル、体積300立方メートル。巨大「急須」の内部はエレベーターが設置され、お茶などの売り場と陳列館に分かれ、陳列館には主にお茶の貿易と文化に関する品物が並ぶ。現在では地元のランドマークとなり、観光客が必ず訪れる新名所の一つになった。(貴陽=新華社記者/楊焱彬)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019091205012

    「新華社」 山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県  貴州省湄潭県中心部にそびえる巨大「急須」。(8月31日撮影、小型無人機から)中国貴州省にあるお茶の名産地、湄潭(びたん)県に「世界一の急須」と呼ばれる急須型の巨大な建物がある。鉄筋コンクリートで建てられた「急須」は県中心部の火焔山山頂にそびえたつ。1999年に建設が始まり、2006年に完成した。高さ25・6メートルの土台の上に48・2メートルの巨大「急須」が立つ。合計の高さは73・8メートルに達し、体積は2万8千立方メートルを超える。傍らにある「茶碗」は高さ16・8メートル、体積300立方メートル。巨大「急須」の内部はエレベーターが設置され、お茶などの売り場と陳列館に分かれ、陳列館には主にお茶の貿易と文化に関する品物が並ぶ。現在では地元のランドマークとなり、観光客が必ず訪れる新名所の一つになった。(貴陽=新華社記者/楊焱彬)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019091204966

    「新華社」 山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県  貴州省湄潭県中心部にそびえる巨大「急須」。(8月31日撮影、小型無人機から)中国貴州省にあるお茶の名産地、湄潭(びたん)県に「世界一の急須」と呼ばれる急須型の巨大な建物がある。鉄筋コンクリートで建てられた「急須」は県中心部の火焔山山頂にそびえたつ。1999年に建設が始まり、2006年に完成した。高さ25・6メートルの土台の上に48・2メートルの巨大「急須」が立つ。合計の高さは73・8メートルに達し、体積は2万8千立方メートルを超える。傍らにある「茶碗」は高さ16・8メートル、体積300立方メートル。巨大「急須」の内部はエレベーターが設置され、お茶などの売り場と陳列館に分かれ、陳列館には主にお茶の貿易と文化に関する品物が並ぶ。現在では地元のランドマークとなり、観光客が必ず訪れる新名所の一つになった。(貴陽=新華社記者/楊焱彬)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019091204992

    「新華社」 山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県  貴州省湄潭県中心部にそびえる巨大「急須」。(8月31日撮影、小型無人機から)中国貴州省にあるお茶の名産地、湄潭(びたん)県に「世界一の急須」と呼ばれる急須型の巨大な建物がある。鉄筋コンクリートで建てられた「急須」は県中心部の火焔山山頂にそびえたつ。1999年に建設が始まり、2006年に完成した。高さ25・6メートルの土台の上に48・2メートルの巨大「急須」が立つ。合計の高さは73・8メートルに達し、体積は2万8千立方メートルを超える。傍らにある「茶碗」は高さ16・8メートル、体積300立方メートル。巨大「急須」の内部はエレベーターが設置され、お茶などの売り場と陳列館に分かれ、陳列館には主にお茶の貿易と文化に関する品物が並ぶ。現在では地元のランドマークとなり、観光客が必ず訪れる新名所の一つになった。(貴陽=新華社記者/楊焱彬)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019090402547

    「新華社」 巨大電波望遠鏡「天眼」にパネル点検作業員登場風船使い重量軽減  8月30日、初の巡回検査テストの準備をする作業員。中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」の調整を手掛けるチームは、2017年末から反射パネル4450枚を点検するための方法を研究開発してきた。直径7・6メートルのヘリウム風船を使って作業員の体重を反射パネルが耐えられる重量にまで減らし、作業員が反射面のあらゆる箇所を巡回し、検査やメンテナンスを実施できるようにする点検方法で、このほどテスト段階に入り、担当作業員は8月30日、初めてテスト作業を行った。(平塘=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019090402602

    「新華社」 巨大電波望遠鏡「天眼」にパネル点検作業員登場風船使い重量軽減  8月30日、トランシーバーのチェックをする作業員。中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」の調整を手掛けるチームは、2017年末から反射パネル4450枚を点検するための方法を研究開発してきた。直径7・6メートルのヘリウム風船を使って作業員の体重を反射パネルが耐えられる重量にまで減らし、作業員が反射面のあらゆる箇所を巡回し、検査やメンテナンスを実施できるようにする点検方法で、このほどテスト段階に入り、担当作業員は8月30日、初めてテスト作業を行った。(平塘=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019090402608

    「新華社」 巨大電波望遠鏡「天眼」にパネル点検作業員登場風船使い重量軽減  8月30日、反射パネルの上で初の巡回検査テストを実施する作業員。中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」の調整を手掛けるチームは、2017年末から反射パネル4450枚を点検するための方法を研究開発してきた。直径7・6メートルのヘリウム風船を使って作業員の体重を反射パネルが耐えられる重量にまで減らし、作業員が反射面のあらゆる箇所を巡回し、検査やメンテナンスを実施できるようにする点検方法で、このほどテスト段階に入り、担当作業員は8月30日、初めてテスト作業を行った。(平塘=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019090200885

    「新華社」 中国巨大電波望遠鏡「天眼」稼働3年弱で93個のパルサー発見  30日未明、500メートル球面電波望遠鏡のコントロールルームで作業するスタッフ。中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」は稼働開始から3年近く経過し、現在は追跡やドリフトスキャン、モーションスキャンなどの観測モードが利用可能になっている。これまでに発見したパルサー候補天体は132個に達し、うち93個は新たなパルサーであることがすでに確認されている。(平塘=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019090402599

    「新華社」 巨大電波望遠鏡「天眼」にパネル点検作業員登場風船使い重量軽減  8月30日、作業員が指定の場所に到着し、初の巡回検査テストの成功を拍手で祝うスタッフ。中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」の調整を手掛けるチームは、2017年末から反射パネル4450枚を点検するための方法を研究開発してきた。直径7・6メートルのヘリウム風船を使って作業員の体重を反射パネルが耐えられる重量にまで減らし、作業員が反射面のあらゆる箇所を巡回し、検査やメンテナンスを実施できるようにする点検方法で、このほどテスト段階に入り、担当作業員は8月30日、初めてテスト作業を行った。(平塘=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019090402604

    「新華社」 巨大電波望遠鏡「天眼」にパネル点検作業員登場風船使い重量軽減  8月30日、ヘリウム風船を設置するスタッフ。中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」の調整を手掛けるチームは、2017年末から反射パネル4450枚を点検するための方法を研究開発してきた。直径7・6メートルのヘリウム風船を使って作業員の体重を反射パネルが耐えられる重量にまで減らし、作業員が反射面のあらゆる箇所を巡回し、検査やメンテナンスを実施できるようにする点検方法で、このほどテスト段階に入り、担当作業員は8月30日、初めてテスト作業を行った。(平塘=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019090402673

    「新華社」 巨大電波望遠鏡「天眼」にパネル点検作業員登場風船使い重量軽減  8月30日、反射パネルの上で初の巡回検査テストを実施する作業員。中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」の調整を手掛けるチームは、2017年末から反射パネル4450枚を点検するための方法を研究開発してきた。直径7・6メートルのヘリウム風船を使って作業員の体重を反射パネルが耐えられる重量にまで減らし、作業員が反射面のあらゆる箇所を巡回し、検査やメンテナンスを実施できるようにする点検方法で、このほどテスト段階に入り、担当作業員は8月30日、初めてテスト作業を行った。(平塘=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像