検索結果 32 件中 1 件 〜 32 件 "大衆芸能"
  1. 2020021409911

    無形文化遺産の伝承人、感染対策を応援する作品を制作天津市  11日、天津無形文化遺産「面人趙」による作品「盼君早凱旋」(一日も早く勝利して戻りますように)。中国天津市無形文化遺産保護センターはこのほど、市内の関連機関と無形文化遺産の伝承人を対象に、新型コロナウイルスによる肺炎感染と闘う様子を無形文化遺産で表現した作品の募集を開始した。これまでに快板(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)、評劇(ひょうげき、中国の地方劇の一つ)、面塑(しん粉細工)、剪紙(切り絵)などの作品が集まった。これらの作品は感染予防・抑制に関する知識を普及させるだけではなく、感染予防・抑制の過程で現れた模範的人物と感動的な出来事などを賞讃し、感染に打ち勝つよう励ましている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  2. 2020021409954

    無形文化遺産の伝承人、感染対策を応援する作品を制作天津市  11日、天津無形文化遺産の「大港剪紙」で感染予防・抑制を表現した作品。中国天津市無形文化遺産保護センターはこのほど、市内の関連機関と無形文化遺産の伝承人を対象に、新型コロナウイルスによる肺炎感染と闘う様子を無形文化遺産で表現した作品の募集を開始した。これまでに快板(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)、評劇(ひょうげき、中国の地方劇の一つ)、面塑(しん粉細工)、剪紙(切り絵)などの作品が集まった。これらの作品は感染予防・抑制に関する知識を普及させるだけではなく、感染予防・抑制の過程で現れた模範的人物と感動的な出来事などを賞讃し、感染に打ち勝つよう励ましている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020021409957

    無形文化遺産の伝承人、感染対策を応援する作品を制作天津市  11日、天津無形文化遺産「津派面塑」伝承者の作品「中国頑張れ!」中国天津市無形文化遺産保護センターはこのほど、市内の関連機関と無形文化遺産の伝承人を対象に、新型コロナウイルスによる肺炎感染と闘う様子を無形文化遺産で表現した作品の募集を開始した。これまでに快板(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)、評劇(ひょうげき、中国の地方劇の一つ)、面塑(しん粉細工)、剪紙(切り絵)などの作品が集まった。これらの作品は感染予防・抑制に関する知識を普及させるだけではなく、感染予防・抑制の過程で現れた模範的人物と感動的な出来事などを賞讃し、感染に打ち勝つよう励ましている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020021409987

    無形文化遺産の伝承人、感染対策を応援する作品を制作天津市  11日、天津無形文化遺産「面人趙」による作品「白衣の天使」。中国天津市無形文化遺産保護センターはこのほど、市内の関連機関と無形文化遺産の伝承人を対象に、新型コロナウイルスによる肺炎感染と闘う様子を無形文化遺産で表現した作品の募集を開始した。これまでに快板(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)、評劇(ひょうげき、中国の地方劇の一つ)、面塑(しん粉細工)、剪紙(切り絵)などの作品が集まった。これらの作品は感染予防・抑制に関する知識を普及させるだけではなく、感染予防・抑制の過程で現れた模範的人物と感動的な出来事などを賞讃し、感染に打ち勝つよう励ましている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  5. 2020021409968

    無形文化遺産の伝承人、感染対策を応援する作品を制作天津市  11日、天津無形文化遺産の「大港剪紙」で感染予防・抑制を表現した作品。中国天津市無形文化遺産保護センターはこのほど、市内の関連機関と無形文化遺産の伝承人を対象に、新型コロナウイルスによる肺炎感染と闘う様子を無形文化遺産で表現した作品の募集を開始した。これまでに快板(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)、評劇(ひょうげき、中国の地方劇の一つ)、面塑(しん粉細工)、剪紙(切り絵)などの作品が集まった。これらの作品は感染予防・抑制に関する知識を普及させるだけではなく、感染予防・抑制の過程で現れた模範的人物と感動的な出来事などを賞讃し、感染に打ち勝つよう励ましている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019101003190

    老いてなお活き活き高齢者が歌や踊りで重陽節祝う湖南省  7日、重陽節を迎えた長沙市の南郊公園で写真を撮る人たち。中国湖南省長沙市の南郊公園では7日、SNSを通じて集まった高齢者200人余りが、歌や踊り、「腰鼓」(ようこ、腰につけた小太鼓を打ちながら踊る民間舞踊)、「快板」(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)などを楽しみながら、重陽節(今年は10月7日)を祝った。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019101003165

    老いてなお活き活き高齢者が歌や踊りで重陽節祝う湖南省  7日、重陽節を迎えた長沙市の南郊公園で、歌や踊りを楽しむ高齢者たち。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の南郊公園では7日、SNSを通じて集まった高齢者200人余りが、歌や踊り、「腰鼓」(ようこ、腰につけた小太鼓を打ちながら踊る民間舞踊)、「快板」(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)などを楽しみながら、重陽節(今年は10月7日)を祝った。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019101003162

    老いてなお活き活き高齢者が歌や踊りで重陽節祝う湖南省  7日、重陽節を迎えた長沙市の南郊公園で、歌や踊りを楽しむ高齢者たち。中国湖南省長沙市の南郊公園では7日、SNSを通じて集まった高齢者200人余りが、歌や踊り、「腰鼓」(ようこ、腰につけた小太鼓を打ちながら踊る民間舞踊)、「快板」(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)などを楽しみながら、重陽節(今年は10月7日)を祝った。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019101003163

    老いてなお活き活き高齢者が歌や踊りで重陽節祝う湖南省  7日、重陽節を迎えた長沙市の南郊公園で、踊りを楽しむ高齢者たち。中国湖南省長沙市の南郊公園では7日、SNSを通じて集まった高齢者200人余りが、歌や踊り、「腰鼓」(ようこ、腰につけた小太鼓を打ちながら踊る民間舞踊)、「快板」(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)などを楽しみながら、重陽節(今年は10月7日)を祝った。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019101003174

    老いてなお活き活き高齢者が歌や踊りで重陽節祝う湖南省  7日、重陽節を迎えた長沙市の南郊公園で、踊りを楽しむ高齢者たち。中国湖南省長沙市の南郊公園では7日、SNSを通じて集まった高齢者200人余りが、歌や踊り、「腰鼓」(ようこ、腰につけた小太鼓を打ちながら踊る民間舞踊)、「快板」(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)などを楽しみながら、重陽節(今年は10月7日)を祝った。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019071006062

    中国伝統芸能の「快板」に魅せられた日本青年、小松洋大さん  「快板」を披露する小松洋大さん(左端)とパートナー。(資料写真)日本の神奈川県横浜市出身の小松洋大さん(28)は、2010年、北京外国語大学に入学し、中国語を専攻した。本科(4年制学部)を卒業後は、引き続き大学に残り、修士課程で中国語の国際教育を専攻した。ある時、小松さんは中国のテレビ番組で伝統芸能の「快板」(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)を見て、そのとりこになった。2015年に、小松さんは快板の名人、姚富山(よう・ふざん)氏に弟子入りした。小松さんは「お客さんの喝采は私にとって最高の励みであり、上演を続ける原動力となっている」と語った。また「もっと多くの日本人が中国を訪れ、両国の人々がお互いの理解を深めることを望む」と期待を示した。(北京=新華社配信/小松洋大さん提供)=撮影日不明、クレジット:小松洋大さん/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019071005905

    中国伝統芸能の「快板」に魅せられた日本青年、小松洋大さん  「快板」を披露する小松洋大さん(左)とドイツ人のパートナー。(資料写真)日本の神奈川県横浜市出身の小松洋大さん(28)は、2010年、北京外国語大学に入学し、中国語を専攻した。本科(4年制学部)を卒業後は、引き続き大学に残り、修士課程で中国語の国際教育を専攻した。ある時、小松さんは中国のテレビ番組で伝統芸能の「快板」(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)を見て、そのとりこになった。2015年に、小松さんは快板の名人、姚富山(よう・ふざん)氏に弟子入りした。小松さんは「お客さんの喝采は私にとって最高の励みであり、上演を続ける原動力となっている」と語った。また「もっと多くの日本人が中国を訪れ、両国の人々がお互いの理解を深めることを望む」と期待を示した。(北京=新華社配信/小松洋大さん提供)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:小松洋大さん/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2016020800788

    大衆芸能の聖地に外国人 雷門  浅草寺の雷門前には海外からの観光客が集まり、さまざまな外国語が飛び交う=東京都台東区 「東京おでかけ日和」(58)

  14. 2016020800786

    大衆芸能の聖地に外国人 人力車  人力車の「えびす屋浅草」の藤原保誠さん=東京都台東区 「東京おでかけ日和」(58)

  15. 2016020800785

    大衆芸能の聖地に外国人 黄金甘藷  「まるごとにっぽん」に出店する「黄金甘藷」=東京都台東区 「東京おでかけ日和」(58)

  16. 2016020800782

    大衆芸能の聖地に外国人 浅草演芸ホール  浅草演芸ホール=東京都台東区 「東京おでかけ日和」(58)

  17. 2016020800781

    大衆芸能の聖地に外国人 スターの手型  浅草公会堂の入り口前床面に並べられた芸能人の手型に自分の手を合わせる人も=東京都台東区 「東京おでかけ日和」(58)

  18. 2016020800744

    大衆芸能の聖地に外国人  浅草かいわい 「東京おでかけ日和」(58)

  19. 2007050200038

    上方落語の姿生き生きと 土居郁雄さん 「この辺りは元禄時代以降、大衆芸能のるつぼでした」と説明をする土居郁雄さん=大阪市天王寺区の生国魂神社 【】 

  20. 2002112700086

    若者が受け継ぐ大衆芸能 演奏する生徒たち  中学校の体育館で開かれた郷土芸能の発表会で、琴や三線(さんしん)を演奏する生徒たち=沖縄県・与那国島 「新年XY40」 沖縄特集「世代こえて芸能の島」【】 

  21. 2002112700085

    若者が受け継ぐ大衆芸能 ウチナー口の勉強会  唄三線奏者の比嘉光龍(バイロン)さんが開くウチナー口の勉強会=沖縄県東風平町 「新年XY40」 沖縄特集「世代こえて芸能の島」【】 

  22. 2002112700083

    若者が受け継ぐ大衆芸能 演奏するバイロンさん  「ユシリティ チャービタン(参上いたしました)」と神々へ一礼し、知念城跡で演奏する唄三線奏者の比嘉光龍(バイロン)さん=沖縄県知念村 「新年XY40」 沖縄特集「世代こえて芸能の島」【】 

  23. 2002112700082

    若者が受け継ぐ大衆芸能 祖母と舞台に立つ正江さん  祖母の仲田幸子さん(左)と舞台に立つ仲田正江さん=那覇市久茂地 「新年XY40」 沖縄特集「世代こえて芸能の島」【】 

  24. 2002041300035

    横浜にぎわい座が開館 横浜にぎわい座 開館した大衆芸能の興行施設「横浜にぎわい座」=13日午前、横浜市中区野毛町 【】 

  25. 2001071300146

    小泉さんは芸達者 伊勢万歳の村田清光さん  三重県に伝わる大衆芸能、伊勢万歳の村田清光さん  連載企画「私たちの政治学―地域の目から」5回続きの(2) 

  26. 2001030700003

    大衆芸能の活気再び 横浜にぎわい座完成予想図  横浜市が建設中の「横浜にぎわい座」内部の完成予想図  

  27. 2000031700100

    大島渚さんらに文部大臣賞 タイムファイブ  タイムファイブ(大衆芸能)  

  28. 1985112000011

    鳳蘭  鳳蘭、芸能、おおとり・らん、ミュージカル女優、宝塚歌劇団、元国籍は中華民国、本名・荘芝蘭・現在は荘田蘭、菊田一夫演劇大賞受賞、文化庁芸術祭賞受賞、芸術選奨文部大臣賞(大衆芸能部門)受賞、読売演劇大賞最優秀女優賞受賞、岩谷時子賞特別賞受賞、紫綬褒章受章、旭日小綬章受章=1985(昭和60)年9月30日 カラー通信 13241

  29. 1985022600036

    芸術選奨決まる 文部大臣賞の幸田さん  芸術選奨・大衆芸能部門で文部大臣賞の受賞が決まった幸田弘子さん=1985(昭和60)年2月26日、東京・新宿の文化放送 60年カラーニュース 436-1

  30. 1983022500005

    57年度芸術選奨決まる  大衆芸能部門で受賞した内海桂子(右)好江の漫才コンビ=1983(昭和58)年2月24日、東京・国立演芸場 58年国内 1888

  31. 1982062000020

    獅子てんや  獅子てんや、芸能、しし・てんや、本名・佐々木久雄、漫才、瀬戸わんやとコンビ、NHK新人漫才コンクール優勝、日本放送作家協会大衆芸能賞受賞、芸術祭優秀賞=1982(昭和57)年1月26日 カラー通信 10777

  32. 1982062000022

    瀬戸わんや  瀬戸わんや、せと・わんや、死去・1993年2月10日、本名・妹尾重夫(せのお・しげお)、漫才、獅子てんやとコンビ、NHK新人漫才コンクール優勝、日本放送作家協会大衆芸能賞受賞、芸術祭優秀賞受賞=1982(昭和57)年1月26日 カラー通信 10778

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像