検索結果 105 件中 1 件 〜 50 件 "ダブルス"
  1. 2020032311084

    五輪連載企画「五輪ものがたり 1896~2020」(2)1912年ストックホルム~24年パリ大会 メダリストは「海外組」  1920年アントワープ五輪のテニス男子シングルスとダブルスで2位になり、日本選手初のメダルを獲得した熊谷一弥(中央)

  2. 2019092503825

    資料A 14848—7 世界卓球選手権第9日  男子ダブルス2回戦、アンプラッツ、ミュラー組をストレートで破った斉藤清(左)と前原正浩組=1983(昭和58)年5月7日、東京・国立代々木競技場(運動8262) 

  3. 2019092503678

    資料A 14846—22 世界卓球選手権第3日  女子団体Bダブルス、低い球をカットする田村友子(手前)。後方は新保富美子=1983(昭和58)年4月30日、東京・国立代々木競技場(運動8193) 

  4. 2019092503596

    資料A 14846—14 世界卓球選手権第2日  女子団体ダブルス、フィンランドをストレートで破った星野美香(左)のフォア。右は神田絵美子=1983(昭和58)年4月29日、東京・国立代々木競技場(運動8180) 

  5. 2019082002472

    アジア大会 76—12 第9回アジア大会第7日  男子ダブルス決勝で韓国を破り優勝、表彰を受ける阿部博幸(右)小野誠治=1982(昭和57)年11月25日、スポーツホール(共同)(運動7272) 

  6. 2019050700203

    運動 4545 ブリヂストン・ダブルス  テニスの女子ダブルス世界一となり、優勝杯を手に喜びのS・バーカー(左)、清村の両選手=1981(昭和56)年5月10日、東京体育館 

  7. 2019050700185

    資料A 9425 世界卓球選手権第11日  混合ダブルス2回戦 韓国ペアを3—0で破り、ベスト16進出を決めた五藤秀男、和田理枝組=1981(昭和56)年4月24日、ノビサド市スポーツセンター(共同)(運動4483) 

  8. 2019050700181

    資料A 9424 世界卓球選手権第11日  混合ダブルス3回戦 中国ペアにフルセットの末惜しくも敗れ、ベスト8進出を逃した小野誠治(左)、神田絵美子組=1981(昭和56)年4月25日、ノビサド市スポーツセンター(共同)(運動4482) 

  9. 2019050700177

    資料A 9423 世界卓球選手権第10日  男子ダブルス2回戦 ボーガン兄弟ペアを破りベスト16に進出した林(左)海鉾仁組=1981(昭和56)年4月24日、ノビサド市スポーツセンター(共同)(運動4480) 

  10. 2019050700175

    資料A 9422 世界卓球選手権第9日  男子ダブルス1回戦 日本期待の小野誠治(中央)、阿部博幸組はリーク、カリニッチ組に敗れた。右は万歳して喜ぶリーク=1981(昭和56)年4月23日、ノビサド市スポーツセンター(共同)(運動4479) 

  11. 2019050700172

    資料A 9420 世界卓球選手権第9日  混合ダブルス予選2回戦 モラル、アルボイユ組を破った海鉾(左)梅田組=1981(昭和56)年4月23日、ノビサド市スポーツセンター(共同)(運動4475) 

  12. 2019042604255

    吉村真、石川組は「銀」  卓球混合ダブルス 世界選手権最近5大会の日本勢最高成績

  13. 2019032800400

    人物 24093 全日本卓球選手権第1日  女子ダブルス1回戦に出場し健闘する伊藤麗子(右)、優子の姉妹選手=1980(昭和55)年12月3日、東京体育館(運動3836) 

  14. 2018122420101

    「バドミントンの大型話題」 激戦必至の女子ダブルス  バドミントン女子ダブルス世界ランキング

  15. 2018060900662

    「全仏オープンテニスの話題」 沢松、杉山に次ぐ快挙へ  テニスの四大大会女子ダブルス優勝の日本勢

  16. 2018021000061

    「平昌五輪」「数字は語る」 生かせず不振に直結も  カーリング混合ダブルスでのパワープレーの得点

  17. 2018020900385

    驚きのビッグプレー  カーリング混合ダブルス スイスのパワープレー

  18. 2018020700986

    「平昌五輪」「大型見どころ」 大量得点でスリリング  カーリング混合ダブルス

  19. 2017060901244

    東京五輪で柔道混合団体  卓球混合ダブルス 世界選手権過去5大会の成績

  20. 2017042000301

    「カーリング混合ダブルス世界選手権展望」 小笠原ら五輪切符に挑む  カーリング混合ダブルス 平昌冬季五輪出場枠争い

  21. 2017030800189

    運動 2266 バドミントンW杯最終日  女子ダブルス決勝、全英チャンピオンのベラワティ、イメルダ(インドネシア)組を破り初優勝した米倉(左)、徳田組=1980(昭和55)年1月20日、京都府立体育館

  22. 2016121300483

    五輪企画「リオの勝因」6回続きの(2) 流れを変えた松友の1打  リオ五輪バドミントン女子ダブルス決勝 タカマツ組の大逆転劇

  23. 2016092000184

    人物 15642 全日本卓球選手権第2日  男子ダブルス決勝、村上、今福組にストレート勝ちし2連覇を達成した小野誠治(左手前)、福江組=1979(昭和54)年12月6日、東京体育館(昭和54年運動2011)

  24. 2016081901640

    「リオ五輪第14日」 タカマツ執念でわずかな差  バドミントン女子ダブルス決勝第3ゲーム 16―16からの得点の流れ

  25. 2016081901394

    「リオ五輪」企画「数字は語る」 力抜けていたタカマツ  バドミントン女子ダブルス4強の比較

  26. 2016081900570

    「リオ五輪第14日」 お家芸の女子ダブルス  バドミントン女子ダブルス 日本の五輪、世界選手権メダリスト

  27. 2016081900194

    「リオ五輪第14日」 タカマツが金メダル  バドミントン女子ダブルス トーナメント(準々決勝以降)

  28. 2016081900191

    「12段用」「リオ五輪第14日」 高橋・松友のプロフィル  バドミントン女子ダブルス 高橋礼華・松友美佐紀のプロフィル(似顔・中村 剛)

  29. 2016081900189

    「リオ五輪第14日」 高橋・松友のプロフィル  バドミントン女子ダブルス 高橋礼華・松友美佐紀のプロフィル(似顔・中村 剛)

  30. 2016081700987

    「リオ五輪」 吉田が4連覇に挑戦  バドミントン女子ダブルス 高橋礼華・松友美佐紀のプロフィル(似顔・中村 剛)

  31. 2016081700048

    「リオ五輪第12日」 タカマツは「銀」以上  バドミントン女子ダブルス トーナメント(準々決勝以降)

  32. 2016081601102

    「リオ五輪第12日」 タカマツは「銀」以上  バドミントン女子ダブルス トーナメント(準々決勝以降)

  33. 2016081400587

    「リオ五輪」 タカマツが準々決勝  バドミントン女子ダブルス 高橋礼華、松友美佐紀のプロフィル(似顔・中村 剛)

  34. 2015112000290

    SK58-36 日本電報通信社資料  全日本選手権男子ダブルスペアで優勝した西村秀雄(左)、山岸二郎(右)の両選手=1933(昭和8)年5月7日(日本電報通信社撮影)

  35. 2015101900747

    資料 10063 全英テニス選手権  混合ダブルス優勝のドロシー・ラウンド嬢(英)と三木龍喜氏=整理1934(昭和9)年7月(番号なし)

  36. 2015101900739

    資料 10124 デ杯欧州ゾーン決勝  日本ダブルスの阿部民雄選手(右)と原田武一選手=1930(昭和5)年7月12日、イタリア・ゼノア(ジェノバ)((番号なし)

  37. 2015062500460

    「野球」「ON資料76」 B 19880 阪神ー巨人11  1回表巨人2死一二塁、打者土井のとき、一塁走者淡口とのダブルスチールが成功、三塁走者王が生還、2点目を挙げる。捕手・田淵=1976(昭和51)年6月20日、甲子園球場                           

  38. 2015062500308

    「レトロ写真―あのころ」 沢松和子、四大大会初V  1975(昭和50)年7月5日、沢松和子(左)がウィンブルドン女子ダブルスで、日系米国人のアン・キヨムラとペアを組んで優勝。日本人女子選手として史上初の四大大会タイトルを獲得した。姉の順子、その娘の奈生子まで、一家は「テニス界のサラブレッド」といわれるほどの活躍ぶり。(UPI=共同)

  39. 2015022400155

    「ザ・クロニクル」  沢松和子が四大大会初V  沢松和子選手(左)が英ウィンブルドンで行われた全英オープンテニス選手権女子ダブルスで、日系米国人のアン清村選手(右)とペアを組み優勝、日本人女子選手として史上初の四大大会タイトルを獲得した=1975(昭和50)年7月5日(UPI) 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第7巻使用画像(P48)

  40. 2015020900196

    別KA 98119 全日本室内オープンテニス  現役最後の試合(女子ダブルス・エキシビジョン)を終え、観客に笑顔で手を振る沢松和子(現姓・吉田)=1975(昭和50)年12月21日、東京体育館(昭和50年運動18274)

  41. 2015012100227

    運動 17702 沢松和子選手が帰国  全英テニス選手権の女子ダブルスで優勝を飾り帰国、記者会見で「つきに恵まれした」と笑顔で語る沢松(現姓・吉田)和子=1975(昭和50)年7月13日、大阪国際空港

  42. 2014122200549

    別KA 98118 活躍した日本女性  「ウィンブルドンで勝ったことが一番嬉しい、私個人としても忘れられない年になった」と語る沢松和子(現姓・吉田和子)さん。沢松はウィンブルドン女子ダブルスで、日系のアン清村とペアを組んで優勝した=1975(昭和50)年12月3日出稿、撮影場所不明(昭和50年運動18205)

  43. 2014062700836

    運動 16910 全日本バドミントン第4日  女子ダブルス決勝 前年度チャンピオンの相沢、竹中組(手前)を破り初優勝、抱き合って喜ぶ湯木(中央右)、池田のペア=1974(昭和49)年12月14日、代々木第2体育館

  44. 2014062700762

    運動 16764 全日本卓球選手権第3日  女子ダブルス決勝 小野、葛巻組―小野文、鎌倉組、第1セット、小野智恵子(右)のスマッシュが決まる。左は葛巻まゆみ=1974(昭和49)年11月15日、駒沢屋内球技場

  45. 2014062700761

    運動 16763 全日本卓球選手権第3日  男子ダブルス決勝 今野、田阪組―阿部兄弟組、第1セット、今野裕二郎(右)の強烈なスマッシュが決まる。左は田阪登紀夫=1974(昭和49)年11月15日、駒沢屋内球技場

  46. 2014062700383

    運動 16068 アジア卓球選手権第6日  女子団体ダブルスで中国を破り、川井監督(右)から祝福される大活躍の大関行江(中央)と横田(左)=1974(昭和49)年4月7日、横浜文化体育館

  47. 2014012700138

    運動 15455 ジャパンOP庭球第3日  男子ダブルス2回戦 第3セット、神和住純がスマッシュを決める。右はドライスデール、手前はスチュアート=1973(昭和48)年10月11日、田園コート

  48. 2014011500239

    SK37-157 全日本女子庭球選手権大会  ダブルスで優勝した瀧口(右)と小林の両選手=1931(昭和6)年8月28日、お茶の水コート(日本電報通信社撮影)

  49. 2013100200257

    SK35-6 関東庭球(テニス)選手権大会  関東庭球(テニス)選手権大会。(右から)女子ダブルスの妹愛子、姉知子の小林姉妹、女子シングルスの林、ミックストダブルスの岡本、秋本、男子ダブルスの山田、村上、男子シングルスの辻の各優勝選手たち=1931(昭和6)年5月26日(日本電報通信社撮影)

  50. 2013061300273

    別KA 98859 テニスの女王沢松が結婚式  記者会見で新郎の吉田宗弘さんの手を取りニッコリする沢松和子さん。沢松さんは、昨年のウインブルドン全英オープン庭球選手権女子ダブルスで優勝。新郎は柏ローンテニスクラブ代表=1976(昭和51)年2月14日、東京都千代田区の東京会館(51年内地 1102)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像