検索結果 152 件中 1 件 〜 50
  1. 2019100600583

    関電子会社役員にも商品券  福井県高浜町の建設会社「吉田開発」=6日午後(共同通信社ヘリから)

  2. 2019091909147

    「新華社」 モンゴル国最大の立体交差橋の本線橋が開通中国企業が建設  16日、モンゴル国の首都ウランバートルで撮影した同国最大の立体交差橋。(小型無人機から)モンゴル国の首都ウランバートルで16日、中国の中鉄二十局集団が建設を請け負ったモンゴル最大の立体交差橋――交通警察署付近相互連結式立体交差橋の本線橋が開通した。(ウランバートル=新華社配信/徐彬)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019091909210

    「新華社」 モンゴル国最大の立体交差橋の本線橋が開通中国企業が建設  16日、モンゴル国の首都ウランバートルで撮影した同国最大の立体交差橋。(小型無人機から)モンゴル国の首都ウランバートルで16日、中国の中鉄二十局集団が建設を請け負ったモンゴル最大の立体交差橋――交通警察署付近相互連結式立体交差橋の本線橋が開通した。(ウランバートル=新華社配信/徐彬)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019091909120

    「新華社」 モンゴル国最大の立体交差橋の本線橋が開通中国企業が建設  15日、モンゴル国の首都ウランバートルで撮影した同国最大の立体交差橋。(小型無人機から)モンゴル国の首都ウランバートルで16日、中国の中鉄二十局集団が建設を請け負ったモンゴル最大の立体交差橋――交通警察署付近相互連結式立体交差橋の本線橋が開通した。(ウランバートル=新華社配信/徐彬)=2019(令和元)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019082203377

    「新華社」 青波が戻ったロプノール新疆ウイグル自治区  15日、空から見た塩湖。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区にあるロプノールは、中国で2番目に大きな塩湖で、1970年代に干上がったが、この厳しい環境の土地には、希少な鉱物資源であるカリ岩塩が豊富に存在している。その採掘が進むにつれ、地下の天然塩水がくみ上げられ、塩水路を通って塩湖に流れ込み、ロプノールは再び「青い波が揺れる」風景が見られるようになった。中国国家開発投資集団の傘下企業、国投新疆羅布泊(ロプノール)鉀塩は2000年からこの地でカリ岩塩資源の開発を開始。20年近くにわたって建設と発展を続け、年産160万トンの硫酸カリウム生産施設と年産10万トンの硫酸カリウムマグネシウム肥料の生産施設を完成させた。世界最大の硫酸カリウム生産施設が誕生したことで、深刻だった中国のカリ肥料自給率不足の問題を解決へと導いた。(チャルクリク=新華社記者/趙戈)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019082203448

    「新華社」 青波が戻ったロプノール新疆ウイグル自治区  14日、空から見た塩湖。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区にあるロプノールは、中国で2番目に大きな塩湖で、1970年代に干上がったが、この厳しい環境の土地には、希少な鉱物資源であるカリ岩塩が豊富に存在している。その採掘が進むにつれ、地下の天然塩水がくみ上げられ、塩水路を通って塩湖に流れ込み、ロプノールは再び「青い波が揺れる」風景が見られるようになった。中国国家開発投資集団の傘下企業、国投新疆羅布泊(ロプノール)鉀塩は2000年からこの地でカリ岩塩資源の開発を開始。20年近くにわたって建設と発展を続け、年産160万トンの硫酸カリウム生産施設と年産10万トンの硫酸カリウムマグネシウム肥料の生産施設を完成させた。世界最大の硫酸カリウム生産施設が誕生したことで、深刻だった中国のカリ肥料自給率不足の問題を解決へと導いた。(チャルクリク=新華社記者/趙戈)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019082203424

    「新華社」 青波が戻ったロプノール新疆ウイグル自治区  14日、空から見た塩湖。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区にあるロプノールは、中国で2番目に大きな塩湖で、1970年代に干上がったが、この厳しい環境の土地には、希少な鉱物資源であるカリ岩塩が豊富に存在している。その採掘が進むにつれ、地下の天然塩水がくみ上げられ、塩水路を通って塩湖に流れ込み、ロプノールは再び「青い波が揺れる」風景が見られるようになった。中国国家開発投資集団の傘下企業、国投新疆羅布泊(ロプノール)鉀塩は2000年からこの地でカリ岩塩資源の開発を開始。20年近くにわたって建設と発展を続け、年産160万トンの硫酸カリウム生産施設と年産10万トンの硫酸カリウムマグネシウム肥料の生産施設を完成させた。世界最大の硫酸カリウム生産施設が誕生したことで、深刻だった中国のカリ肥料自給率不足の問題を解決へと導いた。(チャルクリク=新華社記者/趙戈)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019082203376

    「新華社」 青波が戻ったロプノール新疆ウイグル自治区  13日、空から見た塩湖。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区にあるロプノールは、中国で2番目に大きな塩湖で、1970年代に干上がったが、この厳しい環境の土地には、希少な鉱物資源であるカリ岩塩が豊富に存在している。その採掘が進むにつれ、地下の天然塩水がくみ上げられ、塩水路を通って塩湖に流れ込み、ロプノールは再び「青い波が揺れる」風景が見られるようになった。中国国家開発投資集団の傘下企業、国投新疆羅布泊(ロプノール)鉀塩は2000年からこの地でカリ岩塩資源の開発を開始。20年近くにわたって建設と発展を続け、年産160万トンの硫酸カリウム生産施設と年産10万トンの硫酸カリウムマグネシウム肥料の生産施設を完成させた。世界最大の硫酸カリウム生産施設が誕生したことで、深刻だった中国のカリ肥料自給率不足の問題を解決へと導いた。(チャルクリク=新華社記者/趙戈)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019072601759

    「新華社」 中国と共同開発のコロンボ・ポートシティー、スリランカの開放型経済建設を後押し  コロンボ・ポートシティー。(小型無人機から、7月12日撮影)中国とスリランカが「一帯一路」構想に基づき共同開発を進めるコロンボ・ポートシティーの埋め立て工事が完了し、公共施設の建設が相次いで開始されたことに伴い、この南アジアにある新たな都市は発展の新段階に入った。中国とスリランカは現在、手を携えコロンボ・ポートシティーへの企業誘致を進めている。双方の計画によると、コロンボ・ポートシティーは世界中の投資家を集めるため、一連の企業優遇措置を推し進め、スリランカに開放経済の新たな高みを作り上げる。(コロンボ=新華社配信)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019071202526

    「新華社」 ブルーベリー産業で農村振興を後押し重慶市南川区  10日、重慶市南川区興隆鎮金花村のブルーベリー栽培基地。(小型無人機から)中国重慶市南川区はこの数年、ブルーベリー産業の発展を推進し、研究とインフラ整備に力を入れ、栽培面積を拡大し、品質を向上させ、ブルーベリー産業チェーンを開拓してきた。また、「企業+基地+農家」のモデルを模索することで、現地の人々の就業を促進し、農家が土地出資などの形で産業の利益分配を得ることを奨励している。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019061103225

    平5国内 3063「金丸脱税事件」 金丸金脈の有力企業  東京地検の家宅捜索を受けた丸金コーポレーション東京支店のあるビル=1993(平成5)年3月19日午後、東京・六番町(共同通信社ヘリから)

  12. 2019072301172

    「新華社」 広西チワン族自治区の上半期貿易額24・8%増対香港・EUが急拡大  広西チワン族自治区凭祥(鉄道)通関地。(4月17日撮影、小型無人機から)中国広西チワン族自治区の南寧税関はこのほど、2019年上半期(1~6月)の同自治区の輸出入額は前年同期比24・8%増の2269億5千万元(1元=約16円)だったことを明らかにした。東南アジア諸国連合(ASEAN)が最大の貿易相手で、中国香港地区および欧州連合(EU)との輸出入額も急拡大している。ASEANとの輸出入額が12・4%増の1095億8千万元で、総輸出入額の48・3%を占めた。香港との輸出入額は71・5%増の236億9千万元で、EUとの輸出入額は2・3倍となる137億9千万元で、米国との輸出入額は81・6%増の112億9千万元だった。ジネス環境の向上、中国とシンガポールを結ぶ国際陸海貿易新ルート「陸海新ルート」整備の推進、民営企業の成長、一般貿易による輸出の加速が、同自治区の貿易急拡大の主な要因だという。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019022701813

    「大型サイド」「東日本大震災8年」集団移転後の課題 跡地の企業誘致、地域で差  岩手県大槌町の集団移転跡地。グラウンドとして活用されている土地もあるが、空き地が目立つ=19日(共同通信社ヘリから)

  14. 2019022701812

    「大型サイド」「東日本大震災8年」集団移転後の課題 跡地の企業誘致、地域で差  岩手県大槌町の集団移転跡地。グラウンドとして活用されている土地もあるが、空き地も目立つ=19日(共同通信社ヘリから)

  15. 2019022701811

    「大型サイド」「東日本大震災8年」集団移転後の課題 跡地の企業誘致、地域で差  岩手県陸前高田市の集団移転跡地=27日(小型無人機から)

  16. 2019022701810

    「大型サイド」「東日本大震災8年」集団移転後の課題 跡地の企業誘致、地域で差  岩手県陸前高田市の集団移転跡地=27日(小型無人機から)

  17. 2019022105608

    日経新聞東京本社  日本経済新聞社東京本社=2019年2月21日午後2時1分、東京都千代田区(共同通信社ヘリから)

  18. 2019022003006

    「新華社」 注目集める伝統食品「紅酸湯」貴州省  13日、黔東南ミャオ族トン族自治州麻江(まこう)県の紅酸湯製造企業で、発酵中の紅酸湯をかき混ぜる従業員。(小型無人機から)紅酸湯(こうさんとう)は、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州で長く人々から愛されてきた伝統食品。生のトウガラシ、トマト、ショウガを主な原料とし、洗浄、かめ入れ、発酵などいくつもの工程を経て製造される。近年、地元政府は紅酸湯の伝統的な製造技術の保護、伝承、革新に力を入れ、紅酸湯の量産化、現代化、標準化を進め、外部市場を積極的に開拓しており、製品は消費者から人気を集めている。(黔東南=新華社配信/蔡興文)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019022003008

    「新華社」 注目集める伝統食品「紅酸湯」貴州省  13日、黔東南ミャオ族トン族自治州麻江(まこう)県の紅酸湯製造企業で、発酵中の紅酸湯をかき混ぜる従業員。(小型無人機から)紅酸湯(こうさんとう)は、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州で長く人々から愛されてきた伝統食品。生のトウガラシ、トマト、ショウガを主な原料とし、洗浄、かめ入れ、発酵などいくつもの工程を経て製造される。近年、地元政府は紅酸湯の伝統的な製造技術の保護、伝承、革新に力を入れ、紅酸湯の量産化、現代化、標準化を進め、外部市場を積極的に開拓しており、製品は消費者から人気を集めている。(黔東南=新華社配信/蔡興文)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018122521260

    「新華社」 ダイコンの収穫シーズンが到来貴州省畢節市  22日、畢節市七星関区長春堡鎮の合桩村で撮影したダイコンの栽培拠点。(小型無人機から)中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関(しちせいかん)区長春堡鎮の合桩村でこのほど、ダイコンが収穫期を迎え、豊かに実ったダイコンの収穫作業が行われている。2017年以降、同村では農業の構造調整が積極的に行われ、企業、合作社(協同組合)、農家が連携した新しい一体型モデルを採用。500ムー(約33ヘクタール)余りのダイコンを栽培し、地元の人々に増収をもたらしている。(畢節=新華社配信/韓賢普)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018122521193

    「新華社」 ダイコンの収穫シーズンが到来貴州省畢節市  22日、畢節市七星関区にある農業会社で、ダイコンの箱詰めをする作業員。(小型無人機から)中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関(しちせいかん)区長春堡鎮の合桩村でこのほど、ダイコンが収穫期を迎え、豊かに実ったダイコンの収穫作業が行われている。2017年以降、同村では農業の構造調整が積極的に行われ、企業、合作社(協同組合)、農家が連携した新しい一体型モデルを採用。500ムー(約33ヘクタール)余りのダイコンを栽培し、地元の人々に増収をもたらしている。(畢節=新華社配信/羅大富)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018122121428

    取締役会経ず損失付け替え  特別背任容疑で再逮捕された日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が勾留されている東京拘置所=21日午後、東京都葛飾区小菅(共同通信社ヘリから)

  23. 2018122120928

    取締役会経ず損失付け替え  特別背任容疑で再逮捕された日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が勾留されている東京拘置所=21日午後、東京都葛飾区小菅(共同通信社ヘリから)

  24. 2018112118977

    「新華社」 新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県  16日、空から見た浙江省安吉県魯家村。(小型無人機から)中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018112118956

    「新華社」 新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県  16日、空から見た浙江省安吉県魯家村の農場。(小型無人機から)中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018112119421

    「新華社」 新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県  16日、空から見た浙江省安吉県魯家村に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018112734333

    「新華社」 福建省泉州のC9流出事故、企業が流出量隠ぺい市政府が発表  6日、C9流出事故を起こした福建東港石油化工実業の工場。奥には流出事故が発生したふ頭が見える。(小型無人機から)中国福建省泉州市政府は25日午後に開いた記者会見で、泉港区で4日に起こった化学物質C9芳香族の流出事故の処置と事故調査に関する最新の状況を発表した。王永礼(おう・えいれい)市長は会見で、流出事故を起こした企業が生産作業で深刻な安全上の問題を抱えており、事故発生時には規則に違反する作業を行っていたことが調査チームの調べで明らかになったと述べた。同企業は事故発生後に中間管理職以上の職員に口裏合わせを要求し、流出量を隠ぺいしたほか、ふ頭に停泊する船舶に対しても口をそろえるよう求めたという。事故に関わった福建東港石油化工実業の法定代表者を含む7人は、現時点ですでに強制措置が取られている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018112734341

    「新華社」 福建省泉州のC9流出事故、企業が流出量隠ぺい市政府が発表  6日、泉州市泉港区南埔鎮肖厝村付近の海域で発生したC9流出事故の影響を減らすため、いけすの中に多くの白い長方形の油吸着マットが設置された。(小型無人機から)中国福建省泉州市政府は25日午後に開いた記者会見で、泉港区で4日に起こった化学物質C9芳香族の流出事故の処置と事故調査に関する最新の状況を発表した。王永礼(おう・えいれい)市長は会見で、流出事故を起こした企業が生産作業で深刻な安全上の問題を抱えており、事故発生時には規則に違反する作業を行っていたことが調査チームの調べで明らかになったと述べた。同企業は事故発生後に中間管理職以上の職員に口裏合わせを要求し、流出量を隠ぺいしたほか、ふ頭に停泊する船舶に対しても口をそろえるよう求めたという。事故に関わった福建東港石油化工実業の法定代表者を含む7人は、現時点ですでに強制措置が取られている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018111429047

    「新華社」 民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区  空から見た蘇州市呉江区の同里古鎮(古い町)。(10月31日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元(1元=約16円)を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/李博)=2018(平成30)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2018111428998

    「新華社」 民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区  空から見た蘇州市呉江区の同里古鎮(古い町)。(10月31日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元(1元=約16円)を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/李博)=2018(平成30)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018111429219

    「新華社」 民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区  空から見た蘇州市呉江区の太湖新城。(10月30日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元(1元=約16円)を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/李博)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018110116682

    「新華社」 香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区  30日、空から見た安太郷元宝村の香糯栽培拠点。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/呉建路)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018111428994

    「新華社」 民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区  蘇州市呉江区で建設中の太湖新城。(10月30日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元(1元=約16円)を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/李博)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018111428955

    「新華社」 民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区  空から見た蘇州市呉江区七都鎮開弦弓(かいげんきゅう)村(10月23日撮影、小型無人機から)。同村はここ数年、化繊紡績、ニットシャツ生産、水産物養殖の三大産業構造を作り上げ、2017年の村全体の収入は268万元(1元=約16円)で、農民1人あたりの可処分所得は3万元を超えた。中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018102407091

    「新華社」 「メディア·アーツ都市」湖南省長沙市のクリエイティブセンター  11日、空から見た「P8星球」。(小型無人機から)中国湖南省長沙市は2017年、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)に中国初の世界「メディア・アーツ都市」として認定された。長沙経済技術開発区には「P8星球」というクリエイティブ芸術センターがある。「P8星球」では2015年の設立からこれまでに30を超える企業や個人が事業を開始しており、その分野は教育、インターネット、芸術・イノベーションなどに及んでいる。(長沙=新華社記者/張笑宇)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018101517758

    「新華社」 総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン  10日、空から見た福建省福州市の海峡文化芸術センター。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018101517183

    「新華社」 中国企業が建設支援の学校中国·タジキスタン友情の象徴に  10日、タジキスタンの首都ドゥシャンベで空撮したドゥシャンベ101学校。中国の変圧器大手、特変電工(TBEA)社が出資し建設を支援したタジキスタンに四つある「中国・タジキスタン友好学校」の一つ、ドゥシャンベ101学校。同校は2015年8月3日に施工を開始し、2016年8月30日に竣工した。総建築面積は1万平方メートル、敷地面積は3万8千平方メートルで、1200人を収容できる。現在タジキスタンで最も先進的で現代的な学校の一つで、メイン講義棟や一般教室、専門科目教室、体育館、大型イベントホール、屋外サッカー場やバスケットボール場などの施設を備えている。敷地は樹木に囲まれ、生徒たちにとって快適な学習環境が整えられている。ドゥシャンベ101学校の建設により、タジキスタンが抱える教育資源、教育の場の深刻な不足という問題が解決され、同校は中国とタジキスタンの友情の象徴となっている。(ドゥシャンベ=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018101517142

    「新華社」 中国企業が建設支援の学校中国·タジキスタン友情の象徴に  10日、タジキスタンの首都ドゥシャンベで空撮したドゥシャンベ101学校の建物。中国の変圧器大手、特変電工(TBEA)社が出資し建設を支援したタジキスタンに四つある「中国・タジキスタン友好学校」の一つ、ドゥシャンベ101学校。同校は2015年8月3日に施工を開始し、2016年8月30日に竣工した。総建築面積は1万平方メートル、敷地面積は3万8千平方メートルで、1200人を収容できる。現在タジキスタンで最も先進的で現代的な学校の一つで、メイン講義棟や一般教室、専門科目教室、体育館、大型イベントホール、屋外サッカー場やバスケットボール場などの施設を備えている。敷地は樹木に囲まれ、生徒たちにとって快適な学習環境が整えられている。ドゥシャンベ101学校の建設により、タジキスタンが抱える教育資源、教育の場の深刻な不足という問題が解決され、同校は中国とタジキスタンの友情の象徴となっている。(ドゥシャンベ=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018092825720

    「新華社」 中国企業建設の東アフリカ最長の鉄道トンネル、ケニアで貫通  24日、ナイロビ‐マラバ標準軌鉄道プロジェクト第1期のンウゴングトンネル貫通式の会場。(小型無人機から)中国交通建設股份有限公司が建設を請け負ったケニアのナイロビ‐マラバ標準軌鉄道プロジェクト第1期のンゴング(Ngong)トンネルが24日、貫通した。現時点で東アフリカ最長の鉄道トンネルである全長約4・5キロの同トンネルの完成により同プロジェクトの第1期事業は飛躍的進展を遂げた。(ナイロビ=新華社記者/王騰)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018092825705

    「新華社」 中国企業建設の東アフリカ最長の鉄道トンネル、ケニアで貫通  24日、ナイロビ‐マラバ標準軌鉄道プロジェクト第1期のンウゴングトンネル入り口。(小型無人機から)中国交通建設股份有限公司が建設を請け負ったケニアのナイロビ‐マラバ標準軌鉄道プロジェクト第1期のンゴング(Ngong)トンネルが24日、貫通した。現時点で東アフリカ最長の鉄道トンネルである全長約4・5キロの同トンネルの完成により同プロジェクトの第1期事業は飛躍的進展を遂げた。(ナイロビ=新華社記者/王騰)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018091221925

    「表層深層」北海道地震での行政・企業対応 行政・企業BCP見直しも  地震の影響で停止した苫東厚真火力発電所=12日、北海道厚真町(共同通信社機から)

  42. 2018073100358

    「新華社」 農村観光で地域振興を目指す陝西省洛南県  28日、陝西省洛南県巡検鎮巡検街社区(コミュニティ)で撮影した花畑の木小屋リゾート区。(小型無人機から)中国陝西省洛南県巡検鎮はここ数年、貧困脱却の堅塁攻略事業において、村民が空き家を利用して民宿や「農家楽」(アグリテイメント)を開業し、資源・資産を元手に株式を取得する形で村または企業の農村観光経営に参加することを奨励している。訪れる人の少なかった辺ぴな村が、今や市民のレジャーやレクリエーションの目的地となった。=2018(平成30)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018073100368

    「新華社」 農村観光で地域振興を目指す陝西省洛南県  28日、陝西省洛南県巡検鎮巡検街社区(コミュニティ)で撮影した花畑の木小屋リゾート区。(小型無人機から)中国陝西省洛南県巡検鎮はここ数年、貧困脱却の堅塁攻略事業において、村民が空き家を利用して民宿や「農家楽」(アグリテイメント)を開業し、資源・資産を元手に株式を取得する形で村または企業の農村観光経営に参加することを奨励している。訪れる人の少なかった辺ぴな村が、今や市民のレジャーやレクリエーションの目的地となった。=2018(平成30)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018071200485

    「新華社」 「一村一品」で的確な貧困対策河北省魏県  8日、徳政鎮後西営村の果物と野菜のビニールハウス。(小型無人機から)河北省邯鄲市魏県がここ数年で実施した的確な貧困対策では、「一村一品」を産業発展の理念とし、地元の農業資源を十分に活用してきた。「企業+基地+農家」の経営管理モデルを取り入れ、地域農民がそれぞれの土地に応じて栽培や養殖、加工などの特色産業を発展できるようにした。「一村一品」を持つ村の数は今では100を超え、地元の貧困層の収入を着実に増加へと導く。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018080900495

    「新華社」 クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市  7月5日、寧夏回族自治区中衛市にある「クラウドベース(Cloudbase)」。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018080900537

    「新華社」 クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市  7月5日、寧夏回族自治区中衛市にある「クラウドベース(Cloudbase)」。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018072500269

    「新華社」 中国最大の農業機械企業、「一帯一路」契機に世界進出加速  河南省洛陽市の中国一拖集団有限公司の試験コースで、走行試験を行う東方紅LW4004大型トラクター。(6月27日、小型無人機から)かつて中国で「耕すのに牛を使わない農業」の実現を使命に誕生した中国最大の農業機械企業、中国一拖集団有限公司(本社・河南省洛陽市)は、「一帯一路」(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)イニシアチブの提起後、この新たな経済回廊の発展に乗り、ますます多くの中国製農業機械・装置を世界市場に送り込んでいる。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018070200554

    「新華社」 漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤  河北豊潤27日、丹参(タンジン)畑で農作業に勤しむ豊潤区王官営鎮田各荘村の農家の人たち。(小型無人機で撮影)中国河北省唐山市の豊潤区はここ数年、「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)政策の実施プロセスにおいて、「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、農民に丹参(タンジン)、射干(ヤカン)などの漢方生薬の栽培を発展させるよう指導している。現在、同区の漢方生薬の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、500人を超える農家に増収をもたらした。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018080900496

    「新華社」 クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市  6月27日、寧夏回族自治区中衛市内を流れる黄河。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018080900543

    「新華社」 クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市  6月26日、寧夏回族自治区中衛市内を流れる黄河。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像