検索結果 18,909 件中 1 件 〜 50
  1. 2020040204217

    「けいざいフォーカス」 農業の複数拠点化広がる  収穫したダイコンを手にする西牟田農園代表の西牟田峰男さん夫妻=2019年11月、鹿児島県南九州市

  2. 2020040204206

    「けいざいフォーカス」 農業の複数拠点化広がる  収穫したキャベツを手にする「野菜くらぶ」の沢浦彰治社長=1月、群馬県昭和村

  3. 2020040302531

    「新華社」 感染予防に万全を期しての茶摘み湖北省十堰市  3月31日、十堰市茅箭区茅塔郷康家村の茶畑で茶摘みをする農家。中国の秦巴山区に位置する湖北省十堰市は、中国農業部から「中国道茶文化の里」「中国高香型生態緑茶の里」「中国有機緑茶の里」などの称号を受ける茶の産地として知られる。地元特産の「武当道茶」は、武当山や丹江口ダムなどと並ぶ同市の代名詞とされており、今では60を超える系列製品がある。地元では現在、新型コロナウイルスの感染状況の好転を受け、茶農家が一定の距離を保ちながら春の茶摘みを行っている。(武漢=新華社配信/秦芸凡)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020040302593

    「新華社」 感染予防に万全を期しての茶摘み湖北省十堰市  3月31日、十堰市房県窯淮鎮三岔村で自宅前の茶畑の茶摘みをする村民。中国の秦巴山区に位置する湖北省十堰市は、中国農業部から「中国道茶文化の里」「中国高香型生態緑茶の里」「中国有機緑茶の里」などの称号を受ける茶の産地として知られる。地元特産の「武当道茶」は、武当山や丹江口ダムなどと並ぶ同市の代名詞とされており、今では60を超える系列製品がある。地元では現在、新型コロナウイルスの感染状況の好転を受け、茶農家が一定の距離を保ちながら春の茶摘みを行っている。(武漢=新華社配信/杜達巍)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020040302614

    「新華社」 感染予防に万全を期しての茶摘み湖北省十堰市  3月31日、十堰市茅箭区茅塔郷大溝村の茶葉栽培基地で茶摘みをする農家。中国の秦巴山区に位置する湖北省十堰市は、中国農業部から「中国道茶文化の里」「中国高香型生態緑茶の里」「中国有機緑茶の里」などの称号を受ける茶の産地として知られる。地元特産の「武当道茶」は、武当山や丹江口ダムなどと並ぶ同市の代名詞とされており、今では60を超える系列製品がある。地元では現在、新型コロナウイルスの感染状況の好転を受け、茶農家が一定の距離を保ちながら春の茶摘みを行っている。(武漢=新華社配信/秦芸凡)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020040302637

    「新華社」 感染予防に万全を期しての茶摘み湖北省十堰市  3月31日、十堰市房県窯淮鎮三岔村の茶葉栽培基地。(小型無人機から)中国の秦巴山区に位置する湖北省十堰市は、中国農業部から「中国道茶文化の里」「中国高香型生態緑茶の里」「中国有機緑茶の里」などの称号を受ける茶の産地として知られる。地元特産の「武当道茶」は、武当山や丹江口ダムなどと並ぶ同市の代名詞とされており、今では60を超える系列製品がある。地元では現在、新型コロナウイルスの感染状況の好転を受け、茶農家が一定の距離を保ちながら春の茶摘みを行っている。(武漢=新華社配信/趙愛平)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020033000005

    「NEWSパーク」 無農薬米を子どもの給食に  無農薬で育てたニンジンを持つ、くりのみ園の理事長の島津隆雄さん(左端)ら=17日、長野県小布施町

  8. 2020040104189

    「新華社」 ブドウ栽培やスイカ苗の植え替え始まる新疆ウイグル自治区  28日、新疆ウイグル自治区鄯善県吐峪溝郷の村で畑にスイカの苗を植える農家。中国新疆ウイグル自治区鄯善県吐峪溝郷は3月中旬から農繁期に入った。地元の農家は冬の間地下に埋められていたブドウのつるを次々に掘り起こし、ブドウ棚に掛ける「開墩(かいとん)」と呼ばれる作業を行ったり、スイカの苗を温室から畑に植え替えたりする忙しい日々を送っている。(ウルムチ=新華社記者/許晟)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020040104190

    「新華社」 ブドウ栽培やスイカ苗の植え替え始まる新疆ウイグル自治区  28日、新疆ウイグル自治区鄯善県吐峪溝郷の村でブドウのつるをブドウ棚に掛ける農家。中国新疆ウイグル自治区鄯善県吐峪溝郷は3月中旬から農繁期に入った。地元の農家は冬の間地下に埋められていたブドウのつるを次々に掘り起こし、ブドウ棚に掛ける「開墩(かいとん)」と呼ばれる作業を行ったり、スイカの苗を温室から畑に植え替えたりする忙しい日々を送っている。(ウルムチ=新華社記者/許晟)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020040104279

    「新華社」 ブドウ栽培やスイカ苗の植え替え始まる新疆ウイグル自治区  28日、新疆ウイグル自治区鄯善県吐峪溝郷の村でブドウのつるをブドウ棚に掛ける農家。中国新疆ウイグル自治区鄯善県吐峪溝郷は3月中旬から農繁期に入った。地元の農家は冬の間地下に埋められていたブドウのつるを次々に掘り起こし、ブドウ棚に掛ける「開墩(かいとん)」と呼ばれる作業を行ったり、スイカの苗を温室から畑に植え替えたりする忙しい日々を送っている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020040302590

    「新華社」 茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、茶葉の水分を取り除く作業「萎凋(いちょう)」の作業場で、茶葉の状態をチェックする茶の輸出入業者「福建福鼎東南白茶進出口(輸出入)」の従業員。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020040104258

    「新華社」 ブドウ栽培やスイカ苗の植え替え始まる新疆ウイグル自治区  28日、新疆ウイグル自治区鄯善県吐峪溝郷の村で栽培されているスイカの苗。中国新疆ウイグル自治区鄯善県吐峪溝郷は3月中旬から農繁期に入った。地元の農家は冬の間地下に埋められていたブドウのつるを次々に掘り起こし、ブドウ棚に掛ける「開墩(かいとん)」と呼ばれる作業を行ったり、スイカの苗を温室から畑に植え替えたりする忙しい日々を送っている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020040302581

    「新華社」 茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、白茶を炭火で焙煎する福建省福鼎市の無形文化遺産「白茶の伝統制作技術」伝承者、張鄭庫(ちょう・ていこ)さん。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020040302573

    「新華社」 茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、福鼎市貫嶺鎮西山村の東南白茶有機茶基地で、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」を摘む茶農家。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020040302623

    「新華社」 茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、弟子の夏孝同(か・こうどう)さん(左端)に茶葉の炭火焙煎のやり方を教える福建省福鼎市の無形文化遺産「白茶の伝統制作技術」の伝承者、張鄭庫(ちょう・ていこ)さん(奥中央)。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020040302670

    「新華社」 茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、白茶の日陰干し作業をする茶の輸出入業者「福建福鼎東南白茶進出口(輸出入)」の従業員。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020040302631

    「新華社」 茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、従業員に製茶の技術を指導する福建省福鼎市の無形文化遺産「白茶の伝統制作技術」の伝承者、張鄭庫(ちょう・ていこ)さん(左端)。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020040104180

    「新華社」 ブドウ栽培やスイカ苗の植え替え始まる新疆ウイグル自治区  28日、新疆ウイグル自治区鄯善県吐峪溝郷の村で畑にスイカの苗を植える農家。中国新疆ウイグル自治区鄯善県吐峪溝郷は3月中旬から農繁期に入った。地元の農家は冬の間地下に埋められていたブドウのつるを次々に掘り起こし、ブドウ棚に掛ける「開墩(かいとん)」と呼ばれる作業を行ったり、スイカの苗を温室から畑に植え替えたりする忙しい日々を送っている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020040104259

    「新華社」 ブドウ栽培やスイカ苗の植え替え始まる新疆ウイグル自治区  28日、新疆ウイグル自治区鄯善県吐峪溝郷の村で、ブドウ棚の上のつるを手入れする農家。中国新疆ウイグル自治区鄯善県吐峪溝郷は3月中旬から農繁期に入った。地元の農家は冬の間地下に埋められていたブドウのつるを次々に掘り起こし、ブドウ棚に掛ける「開墩(かいとん)」と呼ばれる作業を行ったり、スイカの苗を温室から畑に植え替えたりする忙しい日々を送っている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020040302676

    「新華社」 茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、福鼎市貫嶺鎮西山村の東南白茶有機茶基地で、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」を摘む茶農家。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020033004526

    「新華社」 パイナップルの収穫が本格化広東省  27日、広東省湛江市徐聞県曲界鎮韓宅村でパイナップルを収穫する村民。中国広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場が収穫期を迎えた。同県はパイナップルの主要産地で、作付面積は約35万ムー(約233平方キロ)。2020年の総生産量は全国の約3分の1を占める60万トンに達する見通しだ。(湛江=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020033004610

    「新華社」 パイナップルの収穫が本格化広東省  27日、広東省湛江市徐聞県曲界鎮韓宅村でパイナップルを収穫する村民。中国広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場が収穫期を迎えた。同県はパイナップルの主要産地で、作付面積は約35万ムー(約233平方キロ)。2020年の総生産量は全国の約3分の1を占める60万トンに達する見通しだ。(湛江=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020033004492

    「新華社」 パイナップルの収穫が本格化広東省  27日、広東省湛江市徐聞県曲界鎮韓宅村でパイナップルを収穫する村民。(小型無人機から)中国広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場が収穫期を迎えた。同県はパイナップルの主要産地で、作付面積は約35万ムー(約233平方キロ)。2020年の総生産量は全国の約3分の1を占める60万トンに達する見通しだ。(湛江=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020033004543

    「新華社」 パイナップルの収穫が本格化広東省  27日、広東省湛江市徐聞県曲界鎮韓宅村でトラックの荷台に満載されたパイナップル。(小型無人機から)中国広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場が収穫期を迎えた。同県はパイナップルの主要産地で、作付面積は約35万ムー(約233平方キロ)。2020年の総生産量は全国の約3分の1を占める60万トンに達する見通しだ。(湛江=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020033004504

    「新華社」 パイナップルの収穫が本格化広東省  27日、広東省湛江市徐聞県曲界鎮韓宅村で、収穫したばかりのパイナップルを見せる村民。中国広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場が収穫期を迎えた。同県はパイナップルの主要産地で、作付面積は約35万ムー(約233平方キロ)。2020年の総生産量は全国の約3分の1を占める60万トンに達する見通しだ。(湛江=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020033004523

    「新華社」 パイナップルの収穫が本格化広東省  27日、広東省湛江市徐聞県曲界鎮韓宅村でパイナップルを収穫する村民。中国広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場が収穫期を迎えた。同県はパイナップルの主要産地で、作付面積は約35万ムー(約233平方キロ)。2020年の総生産量は全国の約3分の1を占める60万トンに達する見通しだ。(湛江=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020033004535

    「新華社」 パイナップルの収穫が本格化広東省  27日、広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場。(小型無人機から)中国広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場が収穫期を迎えた。同県はパイナップルの主要産地で、作付面積は約35万ムー(約233平方キロ)。2020年の総生産量は全国の約3分の1を占める60万トンに達する見通しだ。(湛江=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020032609382

    1㌻特集シリーズ「地域の脈動」第17回「関係人口」 旅行気分で魅力堪能  地元農業法人の従業員の指導を受けながらサンチュの収穫を手伝う学生(右)=18日、宮城県栗原市

  29. 2020033004617

    「新華社」 パイナップルの収穫が本格化広東省  26日、広東省湛江市徐聞県にあるパイナップルの電子商取引(EC)直送拠点で仕分け作業をする従業員。中国広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場が収穫期を迎えた。同県はパイナップルの主要産地で、作付面積は約35万ムー(約233平方キロ)。2020年の総生産量は全国の約3分の1を占める60万トンに達する見通しだ。(湛江=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020032900398

    「新華社」 中国の農家、「ライブコマース」での直販に乗り出す  掘り出したばかりのタケノコを持ちながらライブ配信でファンとやり取りする農民ライブ配信者の葉軍生(よう・ぐんせい)さん。中国江西省上饒(じょうじょう)市万年県の山奥にある大源鎮大源村に住む葉さんは、広さ約100ムー(約6・7ヘクタール)の竹林を所有する。(資料写真)中国では、農家はこれまで生産に従事するだけだったが、サプライチェーンの川下に当たる販売にも進出するようになった。各地の政府は電子商取引(EC)の運営ノウハウを教える講座を開き、農家が新たな扉を開く手助けをしている。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020040300560

    「新華社」 春の茶摘み始まる陝西省紫陽県  3月25日、紫陽県向陽鎮営梁村の茶園で子どもと一緒に茶を摘む茶農家。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020033004366

    「新華社」 イリ河谷で春の耕作始まる新疆ウイグル自治区  25日、チャプチャル・シベ自治県堆斉牛録郷で作業する衛星ナビゲーション自動運転播種機。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のイリ河谷ではこのところ、気温の上昇に伴い、地元の栽培農家が春の耕作に取り組んでいる。(チャプチャル=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020033004508

    「新華社」 イリ河谷で春の耕作始まる新疆ウイグル自治区  25日、チャプチャル・シベ自治県堆斉牛録郷で肥料を準備する農家。中国新疆ウイグル自治区のイリ河谷ではこのところ、気温の上昇に伴い、地元の栽培農家が春の耕作に取り組んでいる。(チャプチャル=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020040300577

    「新華社」 春の茶摘み始まる陝西省紫陽県  3月25日、紫陽県向陽鎮営梁村の茶園で茶を摘む農家。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020040300549

    「新華社」 春の茶摘み始まる陝西省紫陽県  3月25日、紫陽県向陽鎮営梁村の茶園で茶を摘む農家。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020033004420

    「新華社」 イリ河谷で春の耕作始まる新疆ウイグル自治区  25日、チャプチャル・シベ自治県堆斉牛録郷でテンサイの種をまく衛星ナビゲーション自動運転播種機。中国新疆ウイグル自治区のイリ河谷ではこのところ、気温の上昇に伴い、地元の栽培農家が春の耕作に取り組んでいる。(チャプチャル=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020033004393

    「新華社」 イリ河谷で春の耕作始まる新疆ウイグル自治区  25日、チャプチャル・シベ自治県堆斉牛録郷でテンサイの種をまく衛星ナビゲーション自動運転播種機。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のイリ河谷ではこのところ、気温の上昇に伴い、地元の栽培農家が春の耕作に取り組んでいる。(チャプチャル=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020040300580

    「新華社」 春の茶摘み始まる陝西省紫陽県  3月25日、紫陽県向陽鎮営梁村の茶園で茶を摘む農家。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020033004464

    「新華社」 春の風物詩、ブドウのつるの掘り出し始まる寧夏回族自治区  24日、寧夏回族自治区銀川市の西夏王優良ブドウモデルパークで農機を使ってブドウのつるを掘り出す農民。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓では気温の上昇に伴い、良質なブドウを生産している各栽培拠点で、ブドウのつるを土から掘り出す作業が始まった。同地では毎年冬につるを土に埋め、春に掘り出す栽培方法を取っており、掘り出し作業はブドウの1年間の成長が始まったことを意味する。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020033004471

    「新華社」 春の風物詩、ブドウのつるの掘り出し始まる寧夏回族自治区  24日、寧夏回族自治区銀川市の西夏王優良ブドウモデルパークでブドウ棚の下からつるを掘り出す農民。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓では気温の上昇に伴い、良質なブドウを生産している各栽培拠点で、ブドウのつるを土から掘り出す作業が始まった。同地では毎年冬につるを土に埋め、春に掘り出す栽培方法を取っており、掘り出し作業はブドウの1年間の成長が始まったことを意味する。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020033004395

    「新華社」 春の風物詩、ブドウのつるの掘り出し始まる寧夏回族自治区  24日、寧夏回族自治区銀川市の西夏王優良ブドウモデルパークでブドウ棚の下からつるを掘り出す農民。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓では気温の上昇に伴い、良質なブドウを生産している各栽培拠点で、ブドウのつるを土から掘り出す作業が始まった。同地では毎年冬につるを土に埋め、春に掘り出す栽培方法を取っており、掘り出し作業はブドウの1年間の成長が始まったことを意味する。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020033004401

    「新華社」 春の風物詩、ブドウのつるの掘り出し始まる寧夏回族自治区  24日、寧夏回族自治区銀川市の西夏王優良ブドウモデルパークでブドウ棚の下からつるを掘り出す農民。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓では気温の上昇に伴い、良質なブドウを生産している各栽培拠点で、ブドウのつるを土から掘り出す作業が始まった。同地では毎年冬につるを土に埋め、春に掘り出す栽培方法を取っており、掘り出し作業はブドウの1年間の成長が始まったことを意味する。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020033004388

    「新華社」 春の風物詩、ブドウのつるの掘り出し始まる寧夏回族自治区  24日、寧夏回族自治区銀川市の西夏王優良ブドウモデルパークで農機を使ってブドウのつるを掘り出す農民。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓では気温の上昇に伴い、良質なブドウを生産している各栽培拠点で、ブドウのつるを土から掘り出す作業が始まった。同地では毎年冬につるを土に埋め、春に掘り出す栽培方法を取っており、掘り出し作業はブドウの1年間の成長が始まったことを意味する。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020033004466

    「新華社」 春の風物詩、ブドウのつるの掘り出し始まる寧夏回族自治区  24日、寧夏回族自治区銀川市の西夏王優良ブドウモデルパークで農機を使ってブドウのつるを掘り出す農民。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓では気温の上昇に伴い、良質なブドウを生産している各栽培拠点で、ブドウのつるを土から掘り出す作業が始まった。同地では毎年冬につるを土に埋め、春に掘り出す栽培方法を取っており、掘り出し作業はブドウの1年間の成長が始まったことを意味する。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020032609083

    「新華社」 中国、ミャンマーの発展に特別基金670万ドル提供  23日、ミャンマーの首都ネピドーで、2020年瀾滄江・メコン川協力特別基金ミャンマープロジェクト協力協定の調印式であいさつするミャンマーのソー・ハン外務次官。2020年瀾滄江・メコン川協力特別基金ミャンマープロジェクト協力協定の調印式が23日、ミャンマーの首都ネピドーで行われた。協定によると、中国はミャンマーに670万ドル(1ドル=約111円)余りの瀾滄江・メコン川協力特別基金を提供し、農業、教育、情報技術など多分野にわたる民衆に恩恵をもたらす22のプロジェクトの発展を後押しする。(ネピドー=新華社記者/張東強)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020032900382

    「新華社」 ラベンダー畑で農作業をする人々新疆ウイグル自治区  23日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城県芦草溝鎮四宮村の畑で作業する農家。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県のラベンダー畑では現在、多くの農家が慌ただしく作業をしている。イリ河谷は「中国のラベンダーの里」と呼ばれ、中でも霍城県のラベンダー栽培面積は5万6千ムー(約3733ヘクタール)以上に達し、イリ河谷の栽培面積全体の8割以上を占めている。(霍城=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020033004533

    「新華社」 スイミツトウの里で桃の花が満開江蘇省無錫市  23日、中国の「スイミツトウ(水蜜桃)の里」江蘇省無錫市恵山区陽山鎮の夕景色。中国江蘇省無錫市恵山区の陽山鎮では春を迎え、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の桃の花が満開となってピンクの花の海が広がり、夢のような幻想的風景を見せている。同鎮は中国で有名な「スイミツトウ(水蜜桃)の里」で、スイミツトウ栽培に700年以上の歴史を持つ。昨年の総生産量は2万トン余り、生産額は6億3千万元(1元=約16円)に達している。(南京=新華社配信/周海青)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020032609058

    「新華社」 活気取り戻した温室観光客が果物狩り満喫雲南省昆明市  23日、イチゴ狩りを楽しむ観光客。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれて、中国雲南省昆明市富民県にある雲南省農業科学院の温室「高級温室果物・野菜の高効率・優良栽培技術モデル基地」ではこのところ、以前の活気を取り戻しつつあり、果物狩り体験を楽しむ観光客の姿が見られた。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020032609062

    「新華社」 活気取り戻した温室観光客が果物狩り満喫雲南省昆明市  23日、イチゴを間引きする温室の管理スタッフ。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれて、中国雲南省昆明市富民県にある雲南省農業科学院の温室「高級温室果物・野菜の高効率・優良栽培技術モデル基地」ではこのところ、以前の活気を取り戻しつつあり、果物狩り体験を楽しむ観光客の姿が見られた。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020032609050

    「新華社」 中国、ミャンマーの発展に特別基金670万ドル提供  23日、ミャンマーの首都ネピドーで、2020年瀾滄江・メコン川協力特別基金ミャンマープロジェクト協力協定の調印後、記念撮影に応じる中国とミャンマーの代表。2020年瀾滄江・メコン川協力特別基金ミャンマープロジェクト協力協定の調印式が23日、ミャンマーの首都ネピドーで行われた。協定によると、中国はミャンマーに670万ドル(1ドル=約111円)余りの瀾滄江・メコン川協力特別基金を提供し、農業、教育、情報技術など多分野にわたる民衆に恩恵をもたらす22のプロジェクトの発展を後押しする。(ネピドー=新華社記者/張東強)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像