検索結果 68,804 件中 1 件 〜 50
  1. 2020011800760

    新下水処理システム全国へ  産官学で開発した新しい下水処理システムを説明する高知大の藤原拓教授

  2. 2020011800363

    「佐賀県は早く決断を」  九州新幹線長崎ルートの未着工区間について、フル規格での整備を目指す意見交換会に参加した佐賀県内関係者ら=18日、佐賀市

  3. 2020011800362

    「佐賀県は早く決断を」  九州新幹線長崎ルートの未着工区間についてフル規格での整備を目指す佐賀県内関係者の意見交換会で、あいさつする今村雅弘衆院議員=18日、佐賀市

  4. 2020011800361

    脱炭素社会へ環境省シンポ  環境省と持続可能な地域社会の形成に向け連携協定を結んだ九州4地銀の頭取ら=18日午後、熊本市

  5. 2020011800349

    脱炭素社会へ環境省シンポ  脱炭素社会の実現を目指すシンポジウムで、ビデオメッセージを寄せた小泉環境相=18日午後、熊本市

  6. 2020011701712

    工事検証の有識者会議提案  静岡県の難波喬司副知事と面談する国交省の江口秀二技術審議官=17日午後、静岡県庁

  7. 2020011700557

    エレベーター設置を要望  水俣市の高岡利治市長(左)に署名を渡す胎児性水俣病患者の松永幸一郎さん=17日午前、熊本県水俣市

  8. 2020011700482

    小泉環境相に男児誕生  記者会見する小泉環境相=17日午前、環境省

  9. 2020011606402

    「時の人」 斉藤実さん  警視庁の第96代警視総監に就任した斉藤実(さいとう・みのる)さん

  10. 2020011606264

    週末と来週のお天気  週末と来週のお天気

  11. 2020011606263

    週末と来週のお天気  週末と来週のお天気

  12. 2020011605615

    「アジア発」 サモアに気候変動対策拠点  サモア・アピアにオープンした「太平洋気候変動センター」=2019年10月(共同)

  13. 2020011605612

    「アジア発」 サモアに気候変動対策拠点  取材に応じる太平洋地域環境計画事務局のタガロア・クーパー氏=2019年10月、サモア・アピア(共同)

  14. 2020011605610

    流氷、網走北80㌔に到達  オホーツク海上空から流氷観測する第1管区海上保安本部の観測員=16日(第1管区海上保安本部の航空機から)

  15. 2020011605584

    「12段用」「アジア発」 サモアに気候変動対策拠点  サモア、オーストラリア

  16. 2020011605581

    「12段用」「アジア発」 サモアに気候変動対策拠点  サモア、オーストラリア

  17. 2020011605577

    「アジア発」 サモアに気候変動対策拠点  サモア、オーストラリア

  18. 2020011605575

    「アジア発」 サモアに気候変動対策拠点  サモア、オーストラリア

  19. 2020011601711

    気象予報士が特殊詐欺警報  イベントに登場した気象予報士塩見泰子さん=大阪市

  20. 2020011504059

    二酸化硫黄、沖縄周辺にも  15日、フィリピン・マニラ南方のタール火山から上がる噴煙(ゲッティ=共同)

  21. 2020011501706

    小泉環境相「育休」取得へ  環境省内で開かれる会合に臨む小泉環境相=15日午前

  22. 2020011401822

    「南の大地から」 360度、雪と空だけ  無人磁力計の保守のため、雪を掘り起こす南極観測隊員=8日、南極大陸(共同)

  23. 2020011401736

    半導体素材、大口争奪戦も  半導体素材の国内生産に向けた韓国の動き

  24. 2020011401735

    半導体素材、大口争奪戦も  半導体素材の国内生産に向けた韓国の動き

  25. 2020011400365

    燃料搬出先「今年中に」  福井県の桜本宏副知事との面会後、取材に応じる関電の松村孝夫原子力事業本部長=14日午前、福井県庁

  26. 2020011400364

    燃料搬出先提示「全力で」   福井県の桜本宏副知事(手前)と面会する関電の松村孝夫原子力事業本部長=14日午前、福井県庁

  27. 2020011603431

    「新華社」 中国海警艦艇、初のフィリピン訪問  14日、フィリピン・マニラ港15号ふ頭で、タール火山噴火の被災者に寄付する備蓄食糧を運ぶ中国海警艦5204号の海警隊員。中国・フィリピン海警海上協力連合委員会第3回会議と第2回ハイレベル会合の一連の友好交流活動に参加する中国海警艦5204号は14日午前、フィリピン・マニラ港の15号ふ頭に接岸した。中国の海警艦がフィリピンを訪問するのは今回が初めて。(マニラ=新華社配信/ウマリ)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020011603438

    「新華社」 河北省気象局の報告、19年は高温少雨  14日、河北省気象局「2019年河北省気候公報」発表会場。中国の河北省気象局が14日に発表した「2019年河北省気候公報」によると、同省は昨年、気温が高く、同期比で観測史上2番目の暖かさとなった。平均気温は12・9度で、例年を1・1度上回った。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020011300458

    進む対策、不良事業者排除  検討委員会がまとめた85の再発防止策の一部

  30. 2020011300457

    進む対策、不良事業者排除  検討委員会がまとめた85の再発防止策の一部

  31. 2020011200671

    泊村長に元村課長初当選  北海道・泊村、泊原発

  32. 2020011200670

    「12段用」 泊村長に元村課長初当選  北海道・泊村、泊原発

  33. 2020011200669

    泊村長に元村課長初当選  北海道・泊村、泊原発

  34. 2020011200668

    「12段用」 泊村長に元村課長初当選  北海道・泊村、泊原発

  35. 2020011200169

    「12段用」 漁業者の減収対策ピンチ  積立ぷらすの基金(国負担分)の状況

  36. 2020011200168

    漁業者の減収対策ピンチ  積立ぷらすの基金(国負担分)の状況

  37. 2020011200167

    漁業者の減収対策ピンチ  積立ぷらすの基金(国負担分)の状況

  38. 2020011200166

    「12段用」 漁業者の減収対策ピンチ  積立ぷらすの基金(国負担分)の状況

  39. 2020011603150

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、大衆5キロ体験部に参加した屋外スポーツ愛好家。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020011603167

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、氷の上を歩く大衆5キロ体験部の参加者ら。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020011603175

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、氷の上を歩く大衆5キロ体験部の参加者ら。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020011603147

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、氷の上を歩く大衆5キロ体験部の参加者ら。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020011603226

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、氷の上を歩く大衆5キロ体験部の参加者ら。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020011100579

    マグロの刺身  マグロの刺身、まぐろ、2019年12月31日撮影

  45. 2020011100438

    全国的少雪、蔵王を直撃  山形市蔵王のジャンプ台で斜面に雪を搬入する重機=11日午後

  46. 2020011100437

    全国的少雪、蔵王を直撃  山形市蔵王のジャンプ台で斜面に雪を搬入する重機=11日午後

  47. 2020011100270

    会社辞め参加の隊員も  第61次南極観測隊の環境保全担当として越冬する佐藤貴一さん=2019年12月、昭和基地(共同)

  48. 2020011100263

    「南の大地から」 会社辞め参加の隊員も  第61次南極観測隊員の佐藤貴一さん=2019年12月、南極観測船「しらせ」の船上(共同)

  49. 2020011100008

    全国で雪不足、競技に影響  札幌市の白旗山距離競技場。スキーコースの一部から土が露出している=10日

  50. 2020011603392

    「新華社」 優雅な冬の使者、オオハクチョウの群れが飛来山東省栄成市  11日、栄成大天鵝国家級自然保護区内の湖でエサを探すオオハクチョウの群れ。中国山東省栄成市には毎年10月から翌年3月にかけて、数千羽のオオハクチョウがシベリアなどから越冬のために次々と飛来する。同市は近年、オオハクチョウの生息地の環境を保護するため、湿地生態系の質的向上に取り組み続けてきた。今では中国におけるオオハクチョウの重要な越冬地および生息地となり、人と自然が調和的に共存する都市生態系を作り出している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像