検索結果 4,246 件中 1 件 〜 50
  1. 2020011701991

    「緊急ルポ」肺炎発症者相次ぐ武漢 海鮮市場に人影なし  閉鎖された中国湖北省武漢市の海鮮市場=17日(共同)

  2. 2020012000940

    「新華社」 催し物が目白押し!古城で春節イベントスタート山東省青島市  17日、青島大学の留学生と写真を撮るパフォーマー。中国山東省青島市即墨区で17日、春節(旧正月)を盛り上げるイベント「2020即墨古城で年越しを迎えよう」が始まり、正月用品や各地の特色ある小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)の販売、無形文化遺産の工芸品の展示および民俗文化の展示・ショーなどが行われた。地元ならではの魅力を備えたこのイベントは、2月9日まで開催される。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020012000929

    「新華社」 催し物が目白押し!古城で春節イベントスタート山東省青島市  17日、青島市即墨古城の南門でパフォーマンスを披露する竜舞チーム。中国山東省青島市即墨区で17日、春節(旧正月)を盛り上げるイベント「2020即墨古城で年越しを迎えよう」が始まり、正月用品や各地の特色ある小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)の販売、無形文化遺産の工芸品の展示および民俗文化の展示・ショーなどが行われた。地元ならではの魅力を備えたこのイベントは、2月9日まで開催される。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020012001026

    「新華社」 催し物が目白押し!古城で春節イベントスタート山東省青島市  17日、青島市即墨古城の南門でパフォーマンスを披露する竜舞チーム。中国山東省青島市即墨区で17日、春節(旧正月)を盛り上げるイベント「2020即墨古城で年越しを迎えよう」が始まり、正月用品や各地の特色ある小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)の販売、無形文化遺産の工芸品の展示および民俗文化の展示・ショーなどが行われた。地元ならではの魅力を備えたこのイベントは、2月9日まで開催される。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020011002138

    「歩みはともに」 原発避難者の思い出を絵に  料理人をしていた荒井覚さん(左)の思い出の一場面を描いた福島百華さん=2019年12月、福島県会津若松市

  6. 2020010902025

    「医療新世紀」本記 がんでも食べられる工夫を  がん患者とその家族向けの「柏の葉料理教室」で、管理栄養士(左、右)と共に調理する参加者=2019年12月、千葉県柏市

  7. 2020010801900

    「魚食系」漁師が魅力発信  札幌市の居酒屋で開かれたイベントで、北海道北見市常呂町産の海産物を使った料理を楽しむ参加者ら=2019年11月

  8. 2020010602486

    返礼品配送中止で市長謝罪  ふるさと納税返礼品のおせち料理の配送取りやめについて、記者会見する茨城県筑西市の須藤茂市長=6日午後、筑西市役所

  9. 2020010602446

    返礼品配送中止で市長謝罪  ふるさと納税返礼品のおせち料理の配送取りやめについて、謝罪する茨城県筑西市の須藤茂市長=6日午後、筑西市役所

  10. 2020011005686

    「新華社」 地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省  6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、紅燉(煮込み料理)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020011005669

    「新華社」 地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省  6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、無刺烤魚(小骨の少ない魚を使った料理)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020011005656

    「新華社」 地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省  6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、鹵竹鼠(タケネズミの照り焼き)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020011005641

    「新華社」 地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省  6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、烤乳猪(子豚の丸焼きの切り身)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020011005647

    「新華社」 地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省  6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、糯米鴨(アヒルのもち米詰め)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020011005668

    「新華社」 地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省  6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、七郷象牙排骨(スペアリブ料理)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020010300110

    和食のユネスコ登録で弾み  さまざまな皿がならぶ和食の料理

  17. 2020010100243

    サッカー天皇杯祝勝会  祝勝会でビールをかける神戸のイニエスタ(左端)とビジャ(右端)ら=1日、東京都内のホテル(代表撮影)

  18. 2020010100231

    「南の大地から」 ペンギン、年越しの行進  南極観測船「しらせ」の船上で、おせち料理を味わう第61次南極観測隊の落合哲さん(手前)=1日、南極海(共同)

  19. 2020010901699

    「新華社」 村落のアップグレードで「未来コミュニティ」を構築浙江省  27日、瓜山新苑「未来コミュニティ」にあるマンション内の共用キッチンで料理を作る人たち。今年10月に登場した中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の瓜山新苑にある「未来コミュニティ」。かつては急速な都市発展が生んだ都市の中の村「城中村」だったが、政府による新たな拡張・改造プランにより、特色ある住宅団地およびパブリックスペースにアップグレードされた。第1期の瓜山新苑4号団地は10月の賃貸開始以来、若者の間で人気があり、現在375軒あるマンションの入居率はすでに100%に達しているという。共有スペース、15分間の生活圏、スマート技術の幅広い応用といった特色をもつ同団地は、杭州で起業や発展を図る若者たちに居住空間を提供している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019122603085

    小型ブリ急増、頭悩ます  函館短大付設調理製菓専門学校で市内の高校生にブリ料理を教える北川陸雄さん(左端)=6日、北海道函館市

  21. 2019122500320

    「九州沖縄なう」 西鉄で日本酒楽しむ列車  日本酒と合わせて提供される予定の料理=16日、福岡県筑紫野市

  22. 2019122401111

    格安カレーで食品ロス削減  「J&T AIGAKE CURRY」店頭のレトルトカレーを格安で販売する自販機=広島市

  23. 2019122401110

    格安カレーで食品ロス削減  「J&T AIGAKE CURRY」店頭のレトルトカレーを格安で販売する自販機=広島市

  24. 2019122401103

    「大型サイド」香港小売業、デモで明暗 「黄色経済圏」商機拡大  デモ支持者の攻撃の的となった香港・新界地区の点心料理店で接客する王莉莉さん=6日(共同)

  25. 2019122400008

    ビール造りのノウハウ伝授  クラフトビール講習会に夫婦で参加した佐々木真人さんと真理さん。中央は講師を務める山田隆司さん=大阪府摂津市

  26. 2019122200141

    カボチャ料理振る舞う  大神神社でカボチャ入りぜんざいを受け取る参拝者=22日、奈良県桜井市

  27. 2019122603165

    「新華社」 千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県  22日、祁店村郷村大舞台で民俗芸能の演目を演じる地元の人々。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/黄沢民)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019122603178

    「新華社」 千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県  22日、「牛娃子飯」を調理するための食材を準備する作業スタッフ。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/黄沢民)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019122603121

    「新華社」 千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県  22日、祁店村郷村大舞台で民俗芸能の演目を演じる地元の人々。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/黄沢民)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019122603099

    「新華社」 千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県  22日、「牛娃子飯」を受け取る食事客。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/黄沢民)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019122603105

    「新華社」 千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県  22日、「牛娃子飯」を受け取る食事客。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/黄沢民)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019122603107

    「新華社」 千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県  22日、祁店村郷村大舞台で民俗芸能の演目を演じる地元の人々。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/黄沢民)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019122603103

    「新華社」 千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県  22日、出来上がったばかりの「牛娃子飯」を運ぶ作業スタッフ。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/胡偉傑)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019122603146

    「新華社」 千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県  22日、鍋から「牛娃子飯」を取り分ける料理人。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/黄沢民)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019122603179

    「新華社」 千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県  22日、「牛娃子飯」を調理する料理人。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/胡偉傑)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019122603108

    「新華社」 千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県  22日、「牛娃子飯」を調理する料理人。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/黄沢民)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019122000178

    甲乙A「学芸=年始評論」(ア) おせち料理から始める  行く手に何が?

  38. 2019122000175

    甲乙A「学芸=年始評論」(ア) おせち料理から始める  斎藤幸平さん

  39. 2019121902115

    料理写真でファン層拡大  料理する「高知ユナイテッドSC」の松本翔選手=高知市

  40. 2019121902101

    料理写真でファン層拡大  社会人サッカークラブ「高知ユナイテッドSC」の松本翔選手=高知市

  41. 2019121901662

    大正のザリガニスープ再現  ザリガニのポタージュを盛り付ける中禅寺金谷ホテルの料理長増子陽さん=栃木県日光市

  42. 2019121503262

    ワイン衣の天ぷら公開  「現代の名工」に選ばれた近藤文夫さん(左)の手さばきに見入る山梨県の若林一紀副知事(右端)ら=15日、山梨県甲州市

  43. 2019120700112

    益城町に等身大「サンジ」  熊本県益城町に設置された、漫画「ONE PIECE」に登場する料理人「サンジ」の銅像=7日午前

  44. 2019120700111

    益城町に等身大「サンジ」  熊本県益城町に設置された、漫画「ONE PIECE」に登場する料理人「サンジ」の銅像=7日午前

  45. 2019120900503

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019120900647

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019120900614

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019120900625

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019120604220

    「新華社」 千年古鎮の冬の味覚「臘味」で新年を迎えよう浙江省紹興市  3日、安昌古鎮にある伝統的な臘味作業場の敷地内で、臘味を運ぶ作業員。手前の甕に入っているのは、醤油や味噌などで味付けされた伝統的な臘味を作るための調味料。初冬を迎えた中国浙江省紹興市柯橋区にある古い街並み、安昌古鎮では、伝統的な肉や魚の「臘味(ラーウェイ、塩や醤油に漬けた魚・肉類を干したもの)」の製造・出回りの時期に入った。地元の人々が伝統的な醤油、黄酒、香辛料などを使って、ソーセージやアヒル、スペアリブの醤油漬けといった紹興市の特色ある臘味を手作りしており、冬の日差しの下で香ばしい香りを放つ天日干しされた臘味が、同地の独特な風景を作り出している。安昌古鎮は千年余りの歴史を持つ同省の歴史文化名鎮の一つで、古代中国の呉越地方に古くから伝わる民俗風情を残している。(紹興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019120900611

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像