検索結果 1,016 件中 1 件 〜 50
  1. 2019101604796

    「新華社」 都市部・農村部の全路線でEVバスを導入浙江省長興県  10日、空から見た長興県の画渓バスターミナル。(小型無人機から)中国浙江省長興県の都市部・農村部をカバーする公共バスの始発駅、画渓バスターミナルに設置された充電スタンド22基のすべてが10日、検収・通電を終え、正式に稼働を始めた。今回新たに設置された充電スタンドはいずれも直流急速充電方式を採用。35台の電動バス(EV)に同時に充電でき、1台あたりの充電時間はわずか30分だという。同県のEVバスの導入は、10月初旬までにすべて完了しており、各バス停に新たに設置された充電スタンドの調整・検収作業が最終段階に入っている。(長興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019101604832

    「新華社」 都市部・農村部の全路線でEVバスを導入浙江省長興県  10日、空から見た長興県の画渓バスターミナル。(小型無人機から)中国浙江省長興県の都市部・農村部をカバーする公共バスの始発駅、画渓バスターミナルに設置された充電スタンド22基のすべてが10日、検収・通電を終え、正式に稼働を始めた。今回新たに設置された充電スタンドはいずれも直流急速充電方式を採用。35台の電動バス(EV)に同時に充電でき、1台あたりの充電時間はわずか30分だという。同県のEVバスの導入は、10月初旬までにすべて完了しており、各バス停に新たに設置された充電スタンドの調整・検収作業が最終段階に入っている。(長興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019091204962

    「新華社」 世界コンピューター大会開幕湖南省長沙市  10日、世界コンピューター大会が開幕した湖南省長沙梅渓湖国際文化芸術センター。(小型無人機から)中国湖南省の長沙梅渓湖国際文化芸術センターで10日、湖南省人民政府、工業・情報化部が主催し、電子情報産業発展研究院、湖南省工業・情報化庁、長沙市人民政府が実施する2019世界コンピューター大会が盛大に開幕した。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019091205014

    「新華社」 世界コンピューター大会開幕湖南省長沙市  10日、世界コンピューター大会が開幕した湖南省長沙梅渓湖国際文化芸術センター。(小型無人機から)中国湖南省の長沙梅渓湖国際文化芸術センターで10日、湖南省人民政府、工業・情報化部が主催し、電子情報産業発展研究院、湖南省工業・情報化庁、長沙市人民政府が実施する2019世界コンピューター大会が盛大に開幕した。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019091204994

    「新華社」 世界コンピューター大会開幕湖南省長沙市  10日、世界コンピューター大会が開幕した湖南省長沙梅渓湖国際文化芸術センター。(小型無人機から)中国湖南省の長沙梅渓湖国際文化芸術センターで10日、湖南省人民政府、工業・情報化部が主催し、電子情報産業発展研究院、湖南省工業・情報化庁、長沙市人民政府が実施する2019世界コンピューター大会が盛大に開幕した。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019091205010

    「新華社」 世界コンピューター大会開幕湖南省長沙市  10日、世界コンピューター大会が開幕した湖南省長沙梅渓湖国際文化芸術センター。(小型無人機から)中国湖南省の長沙梅渓湖国際文化芸術センターで10日、湖南省人民政府、工業・情報化部が主催し、電子情報産業発展研究院、湖南省工業・情報化庁、長沙市人民政府が実施する2019世界コンピューター大会が盛大に開幕した。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019091205035

    「新華社」 世界コンピューター大会開幕湖南省長沙市  10日、世界コンピューター大会が開幕した湖南省長沙梅渓湖国際文化芸術センター。(小型無人機から)中国湖南省の長沙梅渓湖国際文化芸術センターで10日、湖南省人民政府、工業・情報化部が主催し、電子情報産業発展研究院、湖南省工業・情報化庁、長沙市人民政府が実施する2019世界コンピューター大会が盛大に開幕した。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019091204963

    「新華社」 世界コンピューター大会開幕湖南省長沙市  10日、世界コンピューター大会が開幕した湖南省長沙梅渓湖国際文化芸術センター。(小型無人機から)中国湖南省の長沙梅渓湖国際文化芸術センターで10日、湖南省人民政府、工業・情報化部が主催し、電子情報産業発展研究院、湖南省工業・情報化庁、長沙市人民政府が実施する2019世界コンピューター大会が盛大に開幕した。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019102104007

    「新華社」 上海のテスラ・ギガファクトリー、全面稼働へ最終段階  上海市臨港産業区にあるテスラ・ギガファクトリー(9月2日撮影、小型無人機から)中国上海市で最大の外資系製造業プロジェクトとなるテスラ・ギガファクトリーの建設工事が17日、また一つ重要な段階を迎えた。同工場の生産や運営に電気エネルギーを供給する220キロボルト電力プロジェクトの最初の回線が、正式に送電された。これにより同ファクトリーは全面稼働に向け最終段階に入った。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019072903101

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時4分、共同通信社ヘリから

  11. 2019072903086

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時3分、共同通信社ヘリから

  12. 2019072903066

    国立感染症研究所村山庁舎 国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時5分、共同通信社ヘリから

  13. 2019072903023

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時5分、共同通信社ヘリから

  14. 2019072902957

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時5分、共同通信社ヘリから

  15. 2019072408613

    「新華社」 建設進む上海のテスラ・ギガファクトリー  23日、上海で建設が進むテスラ・ギガファクトリー。(小型無人機から)中国上海市臨港産業区にあるテスラ・ギガファクトリーは現在、工場の建物部分の工事がほぼ完了し、生産設備の設置段階に入っている。同工場は研究開発や製造、販売などの機能を一体化したもので、全体が完成すると、年間生産能力は電気自動車(EV)50万台に達する。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019072408623

    「新華社」 建設進む上海のテスラ・ギガファクトリー  23日、上海で建設が進むテスラ・ギガファクトリー。(小型無人機から)中国上海市臨港産業区にあるテスラ・ギガファクトリーは現在、工場の建物部分の工事がほぼ完了し、生産設備の設置段階に入っている。同工場は研究開発や製造、販売などの機能を一体化したもので、全体が完成すると、年間生産能力は電気自動車(EV)50万台に達する。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019072408569

    「新華社」 建設進む上海のテスラ・ギガファクトリー  23日、上海で建設が進むテスラ・ギガファクトリー。(小型無人機から)中国上海市臨港産業区にあるテスラ・ギガファクトリーは現在、工場の建物部分の工事がほぼ完了し、生産設備の設置段階に入っている。同工場は研究開発や製造、販売などの機能を一体化したもので、全体が完成すると、年間生産能力は電気自動車(EV)50万台に達する。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019072408561

    「新華社」 建設進む上海のテスラ・ギガファクトリー  23日、上海で建設が進むテスラ・ギガファクトリー。(小型無人機から)中国上海市臨港産業区にあるテスラ・ギガファクトリーは現在、工場の建物部分の工事がほぼ完了し、生産設備の設置段階に入っている。同工場は研究開発や製造、販売などの機能を一体化したもので、全体が完成すると、年間生産能力は電気自動車(EV)50万台に達する。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019072408595

    「新華社」 建設進む上海のテスラ・ギガファクトリー  23日、上海で建設が進むテスラ・ギガファクトリー。(小型無人機から)中国上海市臨港産業区にあるテスラ・ギガファクトリーは現在、工場の建物部分の工事がほぼ完了し、生産設備の設置段階に入っている。同工場は研究開発や製造、販売などの機能を一体化したもので、全体が完成すると、年間生産能力は電気自動車(EV)50万台に達する。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019072408576

    「新華社」 建設進む上海のテスラ・ギガファクトリー  23日、上海で建設が進むテスラ・ギガファクトリー。(小型無人機から)中国上海市臨港産業区にあるテスラ・ギガファクトリーは現在、工場の建物部分の工事がほぼ完了し、生産設備の設置段階に入っている。同工場は研究開発や製造、販売などの機能を一体化したもので、全体が完成すると、年間生産能力は電気自動車(EV)50万台に達する。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019071202445

    「新華社」 中国の自動車販売台数、上半期前年同期比12・4%減  9日、吉林省長春市の一汽大衆倉庫で出荷を待つ自動車。(小型無人機から)中国汽車(自動車)工業協会(CAAM)によると、今年1~6月の中国の自動車生産台数は、1213万2千台で前年同期比13・7%減。販売台数は、1232万3千台で前年同期比12・4%減となり、下げ幅は1~5月と比べやや縮小したという。(長春=新華社記者/許暢)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019071005752

    「新華社」 遠洋宇宙観測船「遠望3号」、海上での観測・制御任務終え帰港  5日、長江の河口に無事到着した「遠望3号」。(小型無人機から)中国の遠洋宇宙観測船「遠望3号」は8日、北斗ナビゲーションシステム(BDS)46基目の衛星を海上で観測・制御する任務を終え、中国衛星海上測控(観測・制御)部のふ頭に帰港した。航行距離1万5千キロに達した1カ月にわたる今回の航程も順調に終わりを告げた。同船は中国の第2世代遠洋宇宙観測船で、主に衛星や宇宙船などの宇宙機に対し、海上から観測や制御の任務を担っている。これまで52回出航し、有人宇宙船「神舟」や月面探査機「嫦娥」、BDSなどに対して83回に及ぶ海上での観測・制御任務を成功させてきた。(南京=新華社記者/李雨沢)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019071005736

    「新華社」 遠洋宇宙観測船「遠望3号」、海上での観測・制御任務終え帰港  5日、長江河口の停泊地に停泊する「遠望3号」。(小型無人機から)中国の遠洋宇宙観測船「遠望3号」は8日、北斗ナビゲーションシステム(BDS)46基目の衛星を海上で観測・制御する任務を終え、中国衛星海上測控(観測・制御)部のふ頭に帰港した。航行距離1万5千キロに達した1カ月にわたる今回の航程も順調に終わりを告げた。同船は中国の第2世代遠洋宇宙観測船で、主に衛星や宇宙船などの宇宙機に対し、海上から観測や制御の任務を担っている。これまで52回出航し、有人宇宙船「神舟」や月面探査機「嫦娥」、BDSなどに対して83回に及ぶ海上での観測・制御任務を成功させてきた。(南京=新華社記者/李雨沢)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019070103025

    「スプートニク」 Russia Railways 30.06.2019 An aerial view of a newly built part of North Caucasian railway, in Krasnodar region, Russia. The new Kozyrki-Grechanaya section is a fully electrified double-track railway line which connects the Volga region with ports on the shores of the Azov and Black Seas. It will enable the transit freight that previously passed through Krasnodar to bypass the city.、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  25. 2019070103024

    「スプートニク」 Russia Railways 30.06.2019 An aerial view of a newly built part of North Caucasian railway, in Krasnodar region, Russia. The new Kozyrki-Grechanaya section is a fully electrified double-track railway line which connects the Volga region with ports on the shores of the Azov and Black Seas. It will enable the transit freight that previously passed through Krasnodar to bypass the city.、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  26. 2019070102990

    「スプートニク」 Russia Railways 30.06.2019 An aerial view of a newly built part of North Caucasian railway, in Krasnodar region, Russia. The new Kozyrki-Grechanaya section is a fully electrified double-track railway line which connects the Volga region with ports on the shores of the Azov and Black Seas. It will enable the transit freight that previously passed through Krasnodar to bypass the city.、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  27. 2019070102923

    「スプートニク」 Russia Railways 30.06.2019 An aerial view of a newly built part of North Caucasian railway, in Krasnodar region, Russia. The new Kozyrki-Grechanaya section is a fully electrified double-track railway line which connects the Volga region with ports on the shores of the Azov and Black Seas. It will enable the transit freight that previously passed through Krasnodar to bypass the city.、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  28. 2019070102936

    「スプートニク」 Russia Railways 30.06.2019 An aerial view of a newly built part of North Caucasian railway, in Krasnodar region, Russia. The new Kozyrki-Grechanaya section is a fully electrified double-track railway line which connects the Volga region with ports on the shores of the Azov and Black Seas. It will enable the transit freight that previously passed through Krasnodar to bypass the city.、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  29. 2019070102994

    「スプートニク」 Russia Railways 30.06.2019 An aerial view of a newly built part of North Caucasian railway, in Krasnodar region, Russia. The new Kozyrki-Grechanaya section is a fully electrified double-track railway line which connects the Volga region with ports on the shores of the Azov and Black Seas. It will enable the transit freight that previously passed through Krasnodar to bypass the city.、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  30. 2019070103022

    「スプートニク」 Russia Railways 30.06.2019 A train moves along a newly built part of North Caucasian railway near the Kozyrki station, in Krasnodar region, Russia. The new Kozyrki-Grechanaya section is a fully electrified double-track railway line which connects the Volga region with ports on the shores of the Azov and Black Seas. It will enable the transit freight that previously passed through Krasnodar to bypass the city.、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  31. 2019070102932

    「スプートニク」 Russia Railways 30.06.2019 An aerial view of a newly built part of North Caucasian railway, in Krasnodar region, Russia. The new Kozyrki-Grechanaya section is a fully electrified double-track railway line which connects the Volga region with ports on the shores of the Azov and Black Seas. It will enable the transit freight that previously passed through Krasnodar to bypass the city.、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  32. 2019070102925

    「スプートニク」 Russia Railways 30.06.2019 An aerial view of a newly built part of North Caucasian railway, in Krasnodar region, Russia. The new Kozyrki-Grechanaya section is a fully electrified double-track railway line which connects the Volga region with ports on the shores of the Azov and Black Seas. It will enable the transit freight that previously passed through Krasnodar to bypass the city.、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  33. 2019070102952

    「スプートニク」 Russia Railways 30.06.2019 An aerial view of a newly built part of North Caucasian railway, in Krasnodar region, Russia. The new Kozyrki-Grechanaya section is a fully electrified double-track railway line which connects the Volga region with ports on the shores of the Azov and Black Seas. It will enable the transit freight that previously passed through Krasnodar to bypass the city.、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  34. 2019080800938

    「新華社」 新たな開放の歩み上海自由貿易試験区臨港新エリアが発足  上海市臨港地区の南港埠頭で船積みを待つ自動車。(6月27日、小型無人機から)中国国務院はこのほど「中国(上海)自由貿易試験区臨港新エリア全体プラン」を発表した。臨港新エリアが正式に発足した。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019071005798

    「新華社」 遠洋宇宙観測船「遠望3号」、海上での観測・制御任務終え帰港  母港に向かう「遠望3号」。(6月26日撮影、小型無人機から)中国の遠洋宇宙観測船「遠望3号」は8日、北斗ナビゲーションシステム(BDS)46基目の衛星を海上で観測・制御する任務を終え、中国衛星海上測控(観測・制御)部のふ頭に帰港した。航行距離1万5千キロに達した1カ月にわたる今回の航程も順調に終わりを告げた。同船は中国の第2世代遠洋宇宙観測船で、主に衛星や宇宙船などの宇宙機に対し、海上から観測や制御の任務を担っている。これまで52回出航し、有人宇宙船「神舟」や月面探査機「嫦娥」、BDSなどに対して83回に及ぶ海上での観測・制御任務を成功させてきた。(南京=新華社記者/李雨沢)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019070304588

    「新華社」 北京大興国際空港、西管制塔が竣工引き渡し  25日にドローンで撮影した北京大興国際空港の西管制塔とターミナルビル。中国北京市で建設中の北京大興国際空港で25日、西管制塔が竣工検収に合格し、引渡された。西管制塔は将来、同空港で離着陸する7割以上の航空機への管制業務を担う。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019070304591

    「新華社」 北京大興国際空港、西管制塔が竣工引き渡し  25日にドローンで撮影した北京大興国際空港の西管制塔とターミナルビル。中国北京市で建設中の北京大興国際空港で25日、西管制塔が竣工検収に合格し、引渡された。西管制塔は将来、同空港で離着陸する7割以上の航空機への管制業務を担う。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019071100301

    「新華社」 江門ニュートリノ実験施設の掘削工事始まる広東省  広東省開平市の実験施設建設現場。(6月23日撮影、小型無人機から)中国が主導する大型国際科学協力プロジェクト、江門地下ニュートリノ実験(JUNO)は広東省開平市で施設建設工事を進めており、このほど、地下実験室建設のための掘削作業に入った。施設全体の完成は2021年を見込む。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019071005774

    「新華社」 遠洋宇宙観測船「遠望3号」、海上での観測・制御任務終え帰港  南太平洋で任務を遂行する「遠望3号」。(6月21日撮影、小型無人機から)中国の遠洋宇宙観測船「遠望3号」は8日、北斗ナビゲーションシステム(BDS)46基目の衛星を海上で観測・制御する任務を終え、中国衛星海上測控(観測・制御)部のふ頭に帰港した。航行距離1万5千キロに達した1カ月にわたる今回の航程も順調に終わりを告げた。同船は中国の第2世代遠洋宇宙観測船で、主に衛星や宇宙船などの宇宙機に対し、海上から観測や制御の任務を担っている。これまで52回出航し、有人宇宙船「神舟」や月面探査機「嫦娥」、BDSなどに対して83回に及ぶ海上での観測・制御任務を成功させてきた。(南京=新華社記者/李雨沢)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019071005870

    「新華社」 遠洋宇宙観測船「遠望3号」、海上での観測・制御任務終え帰港  太平洋海域を航行する「遠望3号」。(6月21日撮影、小型無人機から)中国の遠洋宇宙観測船「遠望3号」は8日、北斗ナビゲーションシステム(BDS)46基目の衛星を海上で観測・制御する任務を終え、中国衛星海上測控(観測・制御)部のふ頭に帰港した。航行距離1万5千キロに達した1カ月にわたる今回の航程も順調に終わりを告げた。同船は中国の第2世代遠洋宇宙観測船で、主に衛星や宇宙船などの宇宙機に対し、海上から観測や制御の任務を担っている。これまで52回出航し、有人宇宙船「神舟」や月面探査機「嫦娥」、BDSなどに対して83回に及ぶ海上での観測・制御任務を成功させてきた。(南京=新華社記者/李雨沢)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019062003834

    「新華社」 空から見た瀋陽金融商業貿易開発区遼寧省  14日、空から見た瀋陽金融商業貿易開発区。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市の恵工広場一帯にある瀋陽金融商業貿易開発区は、1990年代に建設開始。現在は市の中心業務地区(CBD)や東北地域金融センターの所在地となっている。開発区内には高級オフィスビルが建設中を含めて100棟以上あり、その中には高さ200メートル以上のランドマークビル17棟が含まれている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019062004052

    「新華社」 空から見た瀋陽金融商業貿易開発区遼寧省  14日、空から見た瀋陽金融商業貿易開発区。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市の恵工広場一帯にある瀋陽金融商業貿易開発区は、1990年代に建設開始。現在は市の中心業務地区(CBD)や東北地域金融センターの所在地となっている。開発区内には高級オフィスビルが建設中を含めて100棟以上あり、その中には高さ200メートル以上のランドマークビル17棟が含まれている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019062004012

    「新華社」 空から見た瀋陽金融商業貿易開発区遼寧省  14日、瀋陽金融商業貿易開発区にある恵工広場とビル群。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市の恵工広場一帯にある瀋陽金融商業貿易開発区は、1990年代に建設開始。現在は市の中心業務地区(CBD)や東北地域金融センターの所在地となっている。開発区内には高級オフィスビルが建設中を含めて100棟以上あり、その中には高さ200メートル以上のランドマークビル17棟が含まれている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019062003891

    「新華社」 空から見た瀋陽金融商業貿易開発区遼寧省  14日、夕暮れ時の瀋陽金融商業貿易開発区。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市の恵工広場一帯にある瀋陽金融商業貿易開発区は、1990年代に建設開始。現在は市の中心業務地区(CBD)や東北地域金融センターの所在地となっている。開発区内には高級オフィスビルが建設中を含めて100棟以上あり、その中には高さ200メートル以上のランドマークビル17棟が含まれている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  45. 2019062003827

    「新華社」 空から見た瀋陽金融商業貿易開発区遼寧省  14日、瀋陽金融商業貿易開発区にある恵工広場。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市の恵工広場一帯にある瀋陽金融商業貿易開発区は、1990年代に建設開始。現在は市の中心業務地区(CBD)や東北地域金融センターの所在地となっている。開発区内には高級オフィスビルが建設中を含めて100棟以上あり、その中には高さ200メートル以上のランドマークビル17棟が含まれている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019062003918

    「新華社」 空から見た瀋陽金融商業貿易開発区遼寧省  14日、夕暮れ時の瀋陽金融商業貿易開発区。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市の恵工広場一帯にある瀋陽金融商業貿易開発区は、1990年代に建設開始。現在は市の中心業務地区(CBD)や東北地域金融センターの所在地となっている。開発区内には高級オフィスビルが建設中を含めて100棟以上あり、その中には高さ200メートル以上のランドマークビル17棟が含まれている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  47. 2019062004125

    「新華社」 空から見た瀋陽金融商業貿易開発区遼寧省  14日、夕暮れ時の瀋陽金融商業貿易開発区。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市の恵工広場一帯にある瀋陽金融商業貿易開発区は、1990年代に建設開始。現在は市の中心業務地区(CBD)や東北地域金融センターの所在地となっている。開発区内には高級オフィスビルが建設中を含めて100棟以上あり、その中には高さ200メートル以上のランドマークビル17棟が含まれている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019071902770

    「新華社」 東北地区の養豚場、AI技術で豚の顔認証  精気神有機農業「山黒豚」長白山養豚場の全景。(6月13日撮影、小型無人機から)中国吉林省白山市撫松(ぶしょう)県の長白山奥地にある吉林精気神有機農業の「山黒豚」飼育場では、靴箱ほどの大きさのロボットが天井から養豚場の状況を監視しており、数百キロ離れた省都、長春で豚の活動状況や養豚場の温度と湿度、アンモニアやPM10の濃度などをリアルタイムに把握することができる。同社は2017年、EC大手の京東集団(JDドットコム)傘下の京東数字科技(JDDigits)と提携し、人工知能(AI)技術を養豚事業に導入した。「豚の顔認証」もそのうちの一つ。これにより給餌ロボットはそれぞれの豚の状況に基づきいて餌を与えることができるようになった。生産量が20万頭であれば年間1200万元(1元=約16円)が節約できる。AIは豚舎内のアンモニア濃度を自動測定し清掃が必要かどうかも教えてくれる。飼育員の無駄な作業が減り、人件費も削減できたという。以前は飼育員1人で200頭の豚を管理していたが、AIの導入で800頭の管理が可能になった。(撫松=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019061805554

    「新華社」 中国の新エネ車生産・販売台数、5月も堅調な伸び  12日、比亜迪(BYD)西安工場の完成車保管場所に並ぶ新エネ車。(小型無人機から)中国自動車工業協会(CAAM)が12日発表した中国の5月の新エネルギー車(NEV)生産台数は前年同月比16・9%増の11万2100台だった。販売台数は同1・8%増の10万4400台と、いずれも堅調な伸びを維持した。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019062103563

    「新華社」 エチオピアの軽工業団地を訪ねて中国企業が建設・運営  12日、エチオピアの首都アディスアベバで撮影した華堅軽工業団地。(航空写真)中国の華堅集団が建設と運営を請け負ったエチオピアの華堅軽工業団地事業は敷地面積130ヘクタール余りで、2020年の完成予定。一部の工場は既に稼働している。軽工業団地の完成は、現地で3万人以上の雇用の提供を可能にするとともに、中国の軽工業企業の海外進出をけん引し、アフリカでの産業クラスターの発展を実現する役割も果たす。(アディスアベバ=新華社記者/王騰)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像