検索結果 19,863 件中 1 件 〜 50
  1. 2020040301848

    日本語教育支援組織を設置  開設式で看板を手にする大村秀章愛知県知事(左)と「総括コーディネーター」の千葉月香さん=3日午前、愛知県庁

  2. 2020040301681

    「核の75年」 ビキニ被ばく次世代に伝え  「第五福竜丸」の元乗組員らを描いた絵本を手にする元高校教員の粕谷たか子さん=静岡県島田市

  3. 2020040301680

    「核の75年」 ビキニ被ばく次世代に伝え  「第五福竜丸」の元乗組員らと交流してきた元高校教員の粕谷たか子さん=静岡県島田市

  4. 2020040204853

    始業式目前、再び休校に  市立小中高校と特別支援学校を17日まで休校にすると決め、報道陣の取材に応じる福岡市の高島宗一郎市長=2日、福岡市役所

  5. 2020040204730

    始業式目前、再び休校に  市立小中高校と特別支援学校を17日まで休校にすると決め、報道陣の取材に応じる福岡市の高島宗一郎市長=2日、福岡市役所

  6. 2020040104516

    「@山陰山陽」 キモかわこんにゃく人気  広島県立湯来南高家庭クラブ顧問の好満裕子教諭(左端)と生徒

  7. 2020040103885

    視標「中学校教科書検定」(オピニオン欄用) 「主体的」強く意識  教育評論家の尾木直樹さん

  8. 2020033103610

    開学20年、国際化けん引  立命館アジア太平洋大学の出口治明学長=2月、大分県別府市

  9. 2020033001888

    教育長「情報確認したい」  記者会見するさいたま市教育委員会の細田真由美教育長=30日午後、さいたま市役所

  10. 2020033001138

    朝鮮学校、多数激励に感謝  さいたま市幹部と面談し「子どもを平等に見て」と訴える埼玉朝鮮初中級学校の鄭勇銖校長=18日、さいたま市役所

  11. 2020033001111

    朝鮮学校、多数激励に感謝  埼玉朝鮮初中級学校に届いた手作りのマスク(手前)など=24日、さいたま市

  12. 2020033001092

    朝鮮学校、多数激励に感謝  埼玉朝鮮初中級学校に届いた手作りのマスクを手にする鄭勇銖校長=24日、さいたま市

  13. 2020033001091

    朝鮮学校、多数激励に感謝  埼玉朝鮮初中級学校に届いた激励の手紙=24日、さいたま市

  14. 2020040302576

    「新華社」 貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、自宅でオンライン授業を受ける一心郷中学の生徒、楊(よう)さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020040302552

    「新華社」 貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、自宅で一心郷中学の生徒に対しオンライン授業を行うハルビン師範大学の大学生、陳(ちん)さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020040302630

    「新華社」 貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、教育座談会を行うハルビン師範大学と一心郷中学の教師。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020040302661

    「新華社」 貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、自宅でオンライン授業を受ける一心郷中学の生徒、楊(よう)さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020040302633

    「新華社」 貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、教室で勉強する一心郷中学の生徒。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020032800723

    IT人材育成へ190校  取材に応じる教育委員会普通教育局の金昌秀局長=25日、平壌(共同)

  20. 2020032702376

    授業中窓開け、休み短縮も  学校再開に向けた文部科学省のQ&A

  21. 2020032702373

    授業中窓開け、休み短縮も  学校再開に向けた文部科学省のQ&A

  22. 2020032701816

    教育長「再発防止誓う」  高校山岳部員ら8人が死亡した雪崩事故から3年となり、献花式に出席した栃木県教育委員会の荒川政利教育長(前列右)と県高体連の塩沢好和会長(同左)=27日午後、栃木県那須町

  23. 2020032701814

    教育長「再発防止誓う」  高校山岳部員ら8人が死亡した雪崩事故から3年となり、献花する栃木県教育委員会の荒川政利教育長(手前)=27日午後、栃木県那須町

  24. 2020032701146

    宝塚音楽学校が合格発表  宝塚音楽学校に合格し、入学説明会のため学校に向かう島見茜さん(手前)=27日午前、兵庫県宝塚市

  25. 2020032701113

    宝塚音楽学校が合格発表  宝塚音楽学校の合格発表後、入学説明会に訪れた合格者=27日午前、兵庫県宝塚市

  26. 2020032701109

    宝塚音楽学校が合格発表  宝塚音楽学校の合格発表後、入学説明会に訪れた合格者ら=27日午前、兵庫県宝塚市

  27. 2020040104021

    「新華社」 登校再開に向け準備進む江西省  27日、江西省南昌市湾里区第一中学校で感染対策物資を確認する職員。中国江西省では4月7日から、高校3年生と中学3年生の登校が再開される。省内の学校は現在、感染対策物資の備蓄や校内各エリアの公共設備の清掃・消毒作業を実施し、授業再開に備えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020040104138

    「新華社」 登校再開に向け準備進む江西省  27日、江西省南昌市湾里区第一中学校の食堂を念入りに清掃する職員。中国江西省では4月7日から、高校3年生と中学3年生の登校が再開される。省内の学校は現在、感染対策物資の備蓄や校内各エリアの公共設備の清掃・消毒作業を実施し、授業再開に備えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020040104076

    「新華社」 登校再開に向け準備進む江西省  27日、江西省南昌市湾里区第一中学校の教室棟で備品を消毒する職員。中国江西省では4月7日から、高校3年生と中学3年生の登校が再開される。省内の学校は現在、感染対策物資の備蓄や校内各エリアの公共設備の清掃・消毒作業を実施し、授業再開に備えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020040104023

    「新華社」 登校再開に向け準備進む江西省  27日、江西省南昌市湾里区第一中学校で、登校時の検温用レーンを校門に設置する職員。中国江西省では4月7日から、高校3年生と中学3年生の登校が再開される。省内の学校は現在、感染対策物資の備蓄や校内各エリアの公共設備の清掃・消毒作業を実施し、授業再開に備えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020040104040

    「新華社」 登校再開に向け準備進む江西省  27日、江西省南昌市湾里区第一中学校で試験点灯された感染対策啓発用の大型スクリーン。登校開始後は毎日情報を表示し、教師や生徒の意識を高める。中国江西省では4月7日から、高校3年生と中学3年生の登校が再開される。省内の学校は現在、感染対策物資の備蓄や校内各エリアの公共設備の清掃・消毒作業を実施し、授業再開に備えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020040104069

    「新華社」 登校再開に向け準備進む江西省  27日、江西省南昌市湾里区第一中学校に設けられた隔離観察室で設備の準備をする職員。中国江西省では4月7日から、高校3年生と中学3年生の登校が再開される。省内の学校は現在、感染対策物資の備蓄や校内各エリアの公共設備の清掃・消毒作業を実施し、授業再開に備えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020040104128

    「新華社」 登校再開に向け準備進む江西省  27日、江西省南昌市湾里区第一中学校の学生寮を消毒する職員。中国江西省では4月7日から、高校3年生と中学3年生の登校が再開される。省内の学校は現在、感染対策物資の備蓄や校内各エリアの公共設備の清掃・消毒作業を実施し、授業再開に備えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020040104139

    「新華社」 登校再開に向け準備進む江西省  27日、江西省南昌市湾里区第一中学校の教室棟の公共エリアを消毒する職員。中国江西省では4月7日から、高校3年生と中学3年生の登校が再開される。省内の学校は現在、感染対策物資の備蓄や校内各エリアの公共設備の清掃・消毒作業を実施し、授業再開に備えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020040104094

    「新華社」 登校再開に向け準備進む江西省  27日、江西省南昌市湾里区第一中学校の教室を消毒する職員。中国江西省では4月7日から、高校3年生と中学3年生の登校が再開される。省内の学校は現在、感染対策物資の備蓄や校内各エリアの公共設備の清掃・消毒作業を実施し、授業再開に備えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020040104070

    「新華社」 登校再開に向け準備進む江西省  27日、江西省南昌市湾里区第一中学校の食堂を念入りに清掃する職員。中国江西省では4月7日から、高校3年生と中学3年生の登校が再開される。省内の学校は現在、感染対策物資の備蓄や校内各エリアの公共設備の清掃・消毒作業を実施し、授業再開に備えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020032600751

    被災の教訓、手作り新聞に  生徒が作った「防災新聞」を見る高橋恵子教諭=2月、岡山県倉敷市立真備中

  38. 2020032512068

    「子どもの日本語不安」  外国人が多く住む名古屋市港区の公園で遊ぶブラジル人の西ジュリアナさん(奥右から2人目)親子ら。長男(手前左)の日本語学習時間減少に不安を感じている=20日

  39. 2020040104043

    「新華社」 大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省  25日、山西省太原市第四十八中学校に貼られた、時間差を設けた食事時間を示す表。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王菲菲)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020040104080

    「新華社」 大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省  25日、山西省忻州(きんしゅう)市静楽県第一中学校が遠方から通う生徒のために用意した送迎車。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020040104052

    「新華社」 大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省  25日、山西省忻州(きんしゅう)市静楽県第一中学校の食堂で時間をずらして食事を取る生徒。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020040104074

    「新華社」 大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省  25日、山西省太原市第四十八中学校に設けられた臨時の隔離観察室。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王菲菲)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020040104119

    「新華社」 大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省  25日、校門通過時に体温測定を受ける生徒。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王菲菲)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020040104153

    「新華社」 大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省  25日、山西省太原市第十二中学校で生徒の健康カードに記録する職員。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王菲菲)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020040300596

    「新華社」 春の茶摘み始まる陝西省紫陽県  3月25日、紫陽県の茶葉メーカー直売店で茶芸を教える同県職業教育センターの王琳(おう・りん)さん(右)。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020040104156

    「新華社」 大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省  25日、山西省太原市第十二中学校の食堂で1メートル間隔に引かれた線。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王菲菲)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020040104088

    「新華社」 大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省  25日、山西省太原市第十二中学校の食堂で、1メートル間隔で並び時間差で食事を取る生徒。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王菲菲)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020032418950

    いじめで不登校、退学に  滋賀県教育委員会の教育長(右)に、調査結果を答申する県立学校いじめ問題調査委員会の山本久子委員長=24日、大津市

  49. 2020040104226

    「新華社」 5Gの推進が経済発展を促す新たな原動力に安徽省合肥市  24日、滑車を使って重さ30キロの5Gアンテナ(AAU)を鉄塔の上へ引き上げる武涛さん(左端)と同僚。中国安徽省合肥市瑶海(ようかい)区の職教城(職業教育基地)で25日、5G基地局施工チームが工事を行った。施工チームのリーダーである武涛(ぶ・とう)さんと同僚が、滑車装置を使って重さ30キロの高性能アクティブアンテナユニット(AAU)を高さ24メートルの鉄塔の上に引き上げ、鉄塔の上にいた別の職員が、トランシーバーで地上と連絡を取りながらアンテナを受け取り、鉄塔の主柱に取り付けた。武涛さんによると「各5G基地局にこうしたアンテナユニットを三つ取り付けることで、確実に電波がカバーされます」という。この職教城は人々が密集し、近くには地下鉄の駅や居住区、病院や大学も多く、5Gの典型的な実用シーンとなっている。(合肥=新華社記者/劉方強)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020040104182

    「新華社」 5Gの推進が経済発展を促す新たな原動力に安徽省合肥市  24日、5G基地局の施工現場でケーブルを配線する武涛(ぶ・とう)さん(右)と同僚。中国安徽省合肥市瑶海(ようかい)区の職教城(職業教育基地)で25日、5G基地局施工チームが工事を行った。施工チームのリーダーである武涛(ぶ・とう)さんと同僚が、滑車装置を使って重さ30キロの高性能アクティブアンテナユニット(AAU)を高さ24メートルの鉄塔の上に引き上げ、鉄塔の上にいた別の職員が、トランシーバーで地上と連絡を取りながらアンテナを受け取り、鉄塔の主柱に取り付けた。武涛さんによると「各5G基地局にこうしたアンテナユニットを三つ取り付けることで、確実に電波がカバーされます」という。この職教城は人々が密集し、近くには地下鉄の駅や居住区、病院や大学も多く、5Gの典型的な実用シーンとなっている。(合肥=新華社記者/劉方強)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像