検索結果 235 件中 1 件 〜 50 件 "貧困世帯"
  1. 2020051402363

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  8日、アトリエのブランコで遊ぶ娘。外出が不便な張さんはアトリエに娘の遊び場を作った。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051402398

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  8日、娘に髪をすいてもらう張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051402391

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  8日、アトリエで娘に果物を食べさせる張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051402360

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、アトリエで娘に絵を教える張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051402349

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、台所で昼食の準備をする張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051402310

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、ニワトリの世話をする張さんと娘。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051402312

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、美術教室の壁に張られた張さんの「貧困脱却模範」証書。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051402364

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、自宅近くで写生をする張さんと娘。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051402403

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、張さんが娘の成長を記録した絵の数々。(組み合わせ写真)張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/張浩波)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020051402352

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、就寝前の娘に絵本を読んで聞かせる張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020051402331

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、娘の就寝後にアトリエで作業する張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020051402361

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、美術教室で子どもを指導する張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/張浩波)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020051402336

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、顧客に郵送する作品を包装する張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020051402302

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、アトリエでの張さんと娘。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020051402405

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、アトリエで作品を制作する張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/張浩波)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020051402389

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  7日、自宅前で遊ぶ張海晶さんと娘。後ろの壁の絵はいずれも張さんの作品。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020051103233

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  カーボンシンク森林。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020051103159

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  職員によりに番号が付けられた樹木。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020051103232

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  貴州省のカーボンシンクプロジェクトによる貧困脱却のイメージ図。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020051103130

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  座談会でカーボンシンク森林の番号付けや写真撮影などについて説明を受ける村民。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020051102868

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020051102852

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020051102929

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051102840

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051102968

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051102921

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051102928

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷に広がる茶畑。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020051103175

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  24日、貴陽で行われたカーボンシンク森林の企業団体購入イベントで、購入企業に証明書などを授与する様子。カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020042709491

    地元の縫製工場が貧困脱却・増収を後押し湖南省湘西  23日、湖南十八洞幸安祺服飾の工場で、迷彩服の生産を急ぐ従業員。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県竜潭鎮にある湖南十八洞幸安祺服飾は、貧困脱却支援工場で、同鎮を含む周辺5郷・鎮の住民に雇用の機会を提供している。現在、工場で働いている78人の従業員のうち、35人が貧困世帯に登録されており、従業員1人当たりの平均月収は約2800元(1元=約15円)となっている。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020042709511

    地元の縫製工場が貧困脱却・増収を後押し湖南省湘西  23日、湖南十八洞幸安祺服飾の工場で、迷彩服の生産を急ぐ従業員。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県竜潭鎮にある湖南十八洞幸安祺服飾は、貧困脱却支援工場で、同鎮を含む周辺5郷・鎮の住民に雇用の機会を提供している。現在、工場で働いている78人の従業員のうち、35人が貧困世帯に登録されており、従業員1人当たりの平均月収は約2800元(1元=約15円)となっている。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020042709585

    地元の縫製工場が貧困脱却・増収を後押し湖南省湘西  23日、湖南十八洞幸安祺服飾の工場で、迷彩服の生産を急ぐ従業員。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県竜潭鎮にある湖南十八洞幸安祺服飾は、貧困脱却支援工場で、同鎮を含む周辺5郷・鎮の住民に雇用の機会を提供している。現在、工場で働いている78人の従業員のうち、35人が貧困世帯に登録されており、従業員1人当たりの平均月収は約2800元(1元=約15円)となっている。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020042709569

    地元の縫製工場が貧困脱却・増収を後押し湖南省湘西  23日、湖南十八洞幸安祺服飾の工場で、迷彩服の生産を急ぐ従業員。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県竜潭鎮にある湖南十八洞幸安祺服飾は、貧困脱却支援工場で、同鎮を含む周辺5郷・鎮の住民に雇用の機会を提供している。現在、工場で働いている78人の従業員のうち、35人が貧困世帯に登録されており、従業員1人当たりの平均月収は約2800元(1元=約15円)となっている。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020042709586

    地元の縫製工場が貧困脱却・増収を後押し湖南省湘西  23日、湖南十八洞幸安祺服飾の工場で、迷彩服の生産を急ぐ従業員。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県竜潭鎮にある湖南十八洞幸安祺服飾は、貧困脱却支援工場で、同鎮を含む周辺5郷・鎮の住民に雇用の機会を提供している。現在、工場で働いている78人の従業員のうち、35人が貧困世帯に登録されており、従業員1人当たりの平均月収は約2800元(1元=約15円)となっている。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020042709493

    地元の縫製工場が貧困脱却・増収を後押し湖南省湘西  23日、湖南十八洞幸安祺服飾の工場で、迷彩服の生産を急ぐ従業員。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県竜潭鎮にある湖南十八洞幸安祺服飾は、貧困脱却支援工場で、同鎮を含む周辺5郷・鎮の住民に雇用の機会を提供している。現在、工場で働いている78人の従業員のうち、35人が貧困世帯に登録されており、従業員1人当たりの平均月収は約2800元(1元=約15円)となっている。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020042003201

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上に設置されたソーラーパネルの発電量と収益状況をスマートフォンで確認するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020042003036

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上のソーラーパネルを掃除するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020042003244

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上のソーラーパネルを掃除するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020042003770

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県楊源郷の東源茶園で茶摘みをする農家。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020042003811

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和雲根茶業の茶葉天日干し場。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020042003211

    新疆カザフ族の牧畜民、家畜預けて工場勤め新天地の豊かな生活  12日、チンギル県アグダラ鎮の貧困世帯向けの家畜飼育施設で牛に餌をやる飼育員。中国新疆ウイグル自治区に住むカザフ族の牧畜民、ボラティヌル・フアンドホさんは、地元政府が設立した家畜の飼育牧場に自らが所有する牛7頭を預けるようになってから、四六時中の家畜の世話から解放され、工場勤めを始めた。(青河=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020042003212

    新疆カザフ族の牧畜民、家畜預けて工場勤め新天地の豊かな生活  12日、チンギル県アグダラ鎮の貧困世帯向けの家畜飼育施設で飼い葉を運ぶ飼育員。中国新疆ウイグル自治区に住むカザフ族の牧畜民、ボラティヌル・フアンドホさんは、地元政府が設立した家畜の飼育牧場に自らが所有する牛7頭を預けるようになってから、四六時中の家畜の世話から解放され、工場勤めを始めた。(青河=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020042003879

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、茶葉を天日干しする福建省政和雲根茶業の従業員。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020042003819

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県澄源郷の石仔嶺にある千畝茶園で茶摘みをする農家。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020042003828

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県楊源郷の東源茶園。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020042003848

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、茶葉をより分ける福建省政和雲根茶業の従業員。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020042709095

    新疆カザフ族の牧畜民、家畜預けて工場勤め新天地の豊かな生活  12日、チンギル県アグダラ鎮の貧困世帯向けの家畜飼育施設で家畜に餌をやる飼育員。中国新疆ウイグル自治区に住むカザフ族の牧畜民、ボラティヌル・フアンドホさんは、地元政府が設立した家畜の飼育牧場に自らが所有する牛7頭を預けるようになってから、四六時中の家畜の世話から解放され、工場勤めを始めた。(青河=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020042003097

    新疆カザフ族の牧畜民、家畜預けて工場勤め新天地の豊かな生活  12日、チンギル県アグダラ鎮の貧困世帯向けの家畜飼育施設で畜舎の掃除をする飼育員。中国新疆ウイグル自治区に住むカザフ族の牧畜民、ボラティヌル・フアンドホさんは、地元政府が設立した家畜の飼育牧場に自らが所有する牛7頭を預けるようになってから、四六時中の家畜の世話から解放され、工場勤めを始めた。(青河=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020042003874

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県澄源郷澄源村の茶葉買い取り所。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020042003884

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、白茶餅を作る福建省政和雲根茶業の従業員。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020042003881

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県楊源郷の東源茶園で茶摘みをする農家。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像