検索結果 72 件中 1 件 〜 50 件 "貧困脱却"
  1. 2020052701276

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮水頭村の果樹園で働く村民の廖義才(りょう・ぎさい)さん。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052701327

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮の木材加工工場で働く女性。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052701335

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮水頭村の畑を歩く村民の潘正坤(はん・せいこん)さん。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052602095

    民間手工芸品の制作で貧困脱却を後押し雲南省  18日、出来上がったワ族の象脚鼓を見せる岩恩さん(左)。中国雲南省普洱(ふじ)市西盟ワ族自治県翁嘎科鎮英力下村の民族文化継承者、岩恩(がん・おん)さんは、16年にわたって手工芸品を作り続けている。岩さんは村内の身体障害者や退役軍人を指導し、象脚鼓や木鼓などのワ族の民間に伝わる楽器を作っており、楽器製品はタイや周辺地域でよく売れており、集落の人々の貧困脱却と増収をけん引している。(昆明=新華社記者/楊宗友)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052602139

    民間手工芸品の制作で貧困脱却を後押し雲南省  18日、出来上がったワ族の象脚鼓を見せる岩恩さん。中国雲南省普洱(ふじ)市西盟ワ族自治県翁嘎科鎮英力下村の民族文化継承者、岩恩(がん・おん)さんは、16年にわたって手工芸品を作り続けている。岩さんは村内の身体障害者や退役軍人を指導し、象脚鼓や木鼓などのワ族の民間に伝わる楽器を作っており、楽器製品はタイや周辺地域でよく売れており、集落の人々の貧困脱却と増収をけん引している。(昆明=新華社記者/楊宗友)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052602130

    民間手工芸品の制作で貧困脱却を後押し雲南省  18日、ワ族の象脚鼓を制作する岩恩さん(左)。中国雲南省普洱(ふじ)市西盟ワ族自治県翁嘎科鎮英力下村の民族文化継承者、岩恩(がん・おん)さんは、16年にわたって手工芸品を作り続けている。岩さんは村内の身体障害者や退役軍人を指導し、象脚鼓や木鼓などのワ族の民間に伝わる楽器を作っており、楽器製品はタイや周辺地域でよく売れており、集落の人々の貧困脱却と増収をけん引している。(昆明=新華社記者/楊宗友)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052602063

    民間手工芸品の制作で貧困脱却を後押し雲南省  18日、ワ族の象脚鼓を制作する村民を指導する岩恩さん(左)。中国雲南省普洱(ふじ)市西盟ワ族自治県翁嘎科鎮英力下村の民族文化継承者、岩恩(がん・おん)さんは、16年にわたって手工芸品を作り続けている。岩さんは村内の身体障害者や退役軍人を指導し、象脚鼓や木鼓などのワ族の民間に伝わる楽器を作っており、楽器製品はタイや周辺地域でよく売れており、集落の人々の貧困脱却と増収をけん引している。(昆明=新華社記者/楊宗友)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052602094

    民間手工芸品の制作で貧困脱却を後押し雲南省  18日、ワ族の象脚鼓を制作する岩恩さん。中国雲南省普洱(ふじ)市西盟ワ族自治県翁嘎科鎮英力下村の民族文化継承者、岩恩(がん・おん)さんは、16年にわたって手工芸品を作り続けている。岩さんは村内の身体障害者や退役軍人を指導し、象脚鼓や木鼓などのワ族の民間に伝わる楽器を作っており、楽器製品はタイや周辺地域でよく売れており、集落の人々の貧困脱却と増収をけん引している。(昆明=新華社記者/楊宗友)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052602136

    民間手工芸品の制作で貧困脱却を後押し雲南省  18日、ワ族の象脚鼓を制作する岩恩さん。中国雲南省普洱(ふじ)市西盟ワ族自治県翁嘎科鎮英力下村の民族文化継承者、岩恩(がん・おん)さんは、16年にわたって手工芸品を作り続けている。岩さんは村内の身体障害者や退役軍人を指導し、象脚鼓や木鼓などのワ族の民間に伝わる楽器を作っており、楽器製品はタイや周辺地域でよく売れており、集落の人々の貧困脱却と増収をけん引している。(昆明=新華社記者/楊宗友)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052602112

    民間手工芸品の制作で貧困脱却を後押し雲南省  18日、ワ族の象脚鼓を制作する岩恩さん。中国雲南省普洱(ふじ)市西盟ワ族自治県翁嘎科鎮英力下村の民族文化継承者、岩恩(がん・おん)さんは、16年にわたって手工芸品を作り続けている。岩さんは村内の身体障害者や退役軍人を指導し、象脚鼓や木鼓などのワ族の民間に伝わる楽器を作っており、楽器製品はタイや周辺地域でよく売れており、集落の人々の貧困脱却と増収をけん引している。(昆明=新華社記者/楊宗友)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052602108

    民間手工芸品の制作で貧困脱却を後押し雲南省  18日、ワ族の象脚鼓を制作する岩恩さん(左)。中国雲南省普洱(ふじ)市西盟ワ族自治県翁嘎科鎮英力下村の民族文化継承者、岩恩(がん・おん)さんは、16年にわたって手工芸品を作り続けている。岩さんは村内の身体障害者や退役軍人を指導し、象脚鼓や木鼓などのワ族の民間に伝わる楽器を作っており、楽器製品はタイや周辺地域でよく売れており、集落の人々の貧困脱却と増収をけん引している。(昆明=新華社記者/楊宗友)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052602143

    民間手工芸品の制作で貧困脱却を後押し雲南省  18日、ワ族の象脚鼓を制作する岩恩さん。中国雲南省普洱(ふじ)市西盟ワ族自治県翁嘎科鎮英力下村の民族文化継承者、岩恩(がん・おん)さんは、16年にわたって手工芸品を作り続けている。岩さんは村内の身体障害者や退役軍人を指導し、象脚鼓や木鼓などのワ族の民間に伝わる楽器を作っており、楽器製品はタイや周辺地域でよく売れており、集落の人々の貧困脱却と増収をけん引している。(昆明=新華社記者/楊宗友)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052300823

    南部の茶を北部に移植、貧困脱却を後押し河北省  17日、茶摘みが最盛期を迎えた河北省臨城県の東籬(とうり)茶園で、茶葉を天日干しする茶園の主人、曲保民(きょく・ほうみん)さん。中国北部を走る太行山脈の山間に位置する河北省臨城県ではここ数年、中国南部で生産される竜井(ロンジン)茶の木を、温暖で湿度の高い浙江省杭州市から乾燥して雨の少ない趙荘郷桐花村に移植し、「南茶北移(南方地域の茶の木を北方地域に移植)」を実現、数百世帯の農民の貧困脱却を後押ししている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052300730

    南部の茶を北部に移植、貧困脱却を後押し河北省  17日、茶摘みが最盛期を迎えた河北省臨城県の東籬(とうり)茶園で、茶葉を摘む農民。中国北部を走る太行山脈の山間に位置する河北省臨城県ではここ数年、中国南部で生産される竜井(ロンジン)茶の木を、温暖で湿度の高い浙江省杭州市から乾燥して雨の少ない趙荘郷桐花村に移植し、「南茶北移(南方地域の茶の木を北方地域に移植)」を実現、数百世帯の農民の貧困脱却を後押ししている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052300772

    南部の茶を北部に移植、貧困脱却を後押し河北省  17日、河北省臨城県の東籬(とうり)茶園で、除草作業をする趙荘郷桐花村の貧困脱却農民、鞏根成(きょう・こんせい)さん。中国北部を走る太行山脈の山間に位置する河北省臨城県ではここ数年、中国南部で生産される竜井(ロンジン)茶の木を、温暖で湿度の高い浙江省杭州市から乾燥して雨の少ない趙荘郷桐花村に移植し、「南茶北移(南方地域の茶の木を北方地域に移植)」を実現、数百世帯の農民の貧困脱却を後押ししている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052300751

    南部の茶を北部に移植、貧困脱却を後押し河北省  17日、茶摘みが最盛期を迎えた河北省臨城県の東籬(とうり)茶園で、茶葉を摘む農民。中国北部を走る太行山脈の山間に位置する河北省臨城県ではここ数年、中国南部で生産される竜井(ロンジン)茶の木を、温暖で湿度の高い浙江省杭州市から乾燥して雨の少ない趙荘郷桐花村に移植し、「南茶北移(南方地域の茶の木を北方地域に移植)」を実現、数百世帯の農民の貧困脱却を後押ししている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052104831

    貧困者支援工場、貧困脱却の成果定着を後押し山西省  15日、呂梁市臨県の移住・転居による貧困救済事業居住区、湫水柏林苑社区の貧困者支援工場で、マスクの仕上げをする労働者。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052104819

    貧困者支援工場、貧困脱却の成果定着を後押し山西省  15日、山西省呂梁市臨県の移住・転居による貧困救済事業居住区、湫水柏林苑社区の貧困者支援工場で、マスクの仕上げをする労働者。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052104833

    貧困者支援工場、貧困脱却の成果定着を後押し山西省  14日、楡社県の山西森宏服装の貧困者支援作業場で衣服の縫製作業を行う労働者。中国山西省晋中市の楡社(ゆしゃ)県政府は2016年から、李艶霞(り・えんか)さんのような山の奥深くで生活する住民9614人を対象に、移住・転居による貧困救済事業を実施してきた。転居後間もなく居住区の近くに「貧困者支援作業場」が完成、従業員募集の知らせが広く伝わり、李さんは進んで応募した。山西森宏服装の貧困者支援作業場で第1陣の従業員となった李さんは、際立った仕事ぶりが買われ縫製チームのリーダーとなり、現在の年収は2万4千元(1元=約15円)を超えた。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  20. 2020052104721

    貧困者支援工場、貧困脱却の成果定着を後押し山西省  14日、楡社県の山西森宏服装の貧困者支援作業場で衣服の縫製作業を行う労働者。中国山西省晋中市の楡社(ゆしゃ)県政府は2016年から、李艶霞(り・えんか)さんのような山の奥深くで生活する住民9614人を対象に、移住・転居による貧困救済事業を実施してきた。転居後間もなく居住区の近くに「貧困者支援作業場」が完成、従業員募集の知らせが広く伝わり、李さんは進んで応募した。山西森宏服装の貧困者支援作業場で第1陣の従業員となった李さんは、際立った仕事ぶりが買われ縫製チームのリーダーとなり、現在の年収は2万4千元(1元=約15円)を超えた。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  21. 2020052701291

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  14日、ジムサル県小分子村の自宅で絵を描く住民。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052701251

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、芸術的な雰囲気のある民宿で、掃除をして宿泊客の到着を待つオーナー。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052701310

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、ジムサル県小分子村の彫刻美術館を見学する観光客。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020052701300

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、羊小屋を改造したバーで忙しく立ち働く村民の李文芬(り・ぶんふん)さん。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020052104804

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村の養殖農家が飼育しているガチョウ。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020052104773

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村で、農家から買い取ったガチョウの卵を運搬する鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052104823

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村の養殖場で飼育されているガチョウのヒナ。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052104828

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村で、ガチョウの幼鳥に飼料をやる鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052701299

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、写生をするためジムサル県小分子村を訪れた地元新疆の画家ら。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020052701290

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、ジムサル県小分子村で画家のアトリエを見学する観光客。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020052701248

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、ジムサル県小分子村で写生をする地元新疆の画家。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020052701252

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、友人と絵画制作について語り合う新疆の画家、蔡永生(さい・えいせい)さん(右)。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020052104705

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村で、かえったばかりのガチョウのひなを世話する鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052104755

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村で、かえったばかりのガチョウのヒナを世話する鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020052104761

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村の鴻潤ガチョウ養殖専門合作社で飼育しているガチョウの幼鳥。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020051301098

    習近平氏、山西省を視察  11日、大同市雲州区のオーガニック・ウコンカンゾウ標準化栽培基地を訪れ、貧困脱却難関攻略の成果を強固にするための活動状況を視察する習近平氏(中央)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は11日、山西省を視察した。(大同=新華社記者/李学仁)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020051301104

    習近平氏、山西省を視察  11日、大同市雲州区西坪鎮坊城新村を訪れ、貧困脱却難関攻略の成果を強固にするための活動状況を視察する習近平氏(中央)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は11日、山西省を視察した。(大同=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020051301087

    習近平氏、山西省を視察  11日、大同市雲州区のオーガニック・ウコンカンゾウ標準化栽培基地を訪れ、貧困脱却難関攻略の成果を強固にするための活動状況を視察する習近平氏(奥左から2人目)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は11日、山西省を視察した。(大同=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020051301102

    習近平氏、山西省を視察  11日、大同市雲州区のオーガニック・ウコンカンゾウ標準化栽培基地を訪れ、貧困脱却難関攻略の成果を強固にするための活動状況を視察する習近平氏(左手前)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は11日、山西省を視察した。(大同=新華社記者/李学仁)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020051301106

    習近平氏、山西省を視察  11日、大同市雲州区西坪鎮坊城新村を訪れ、貧困脱却難関攻略の成果を強固にするための活動状況を視察する習近平氏(右から2人目)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は11日、山西省を視察した。(大同=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020051301108

    習近平氏、山西省を視察  11日、大同市雲州区西坪鎮坊城新村を訪れ、貧困脱却難関攻略の成果を強固にするための活動状況を視察する習近平氏(中央)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は11日、山西省を視察した。(大同=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020052701293

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  広西チワン族自治区柳州市鹿寨県寨沙鎮古木村でアブラツバキの苗を手入れする村民。(5月10日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051402398

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  8日、娘に髪をすいてもらう張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051402363

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  8日、アトリエのブランコで遊ぶ娘。外出が不便な張さんはアトリエに娘の遊び場を作った。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020052700997

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮にある畜産企業の飼育場で飼われている牛。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020052701085

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮玉泉村の牛舎で、牛に餌をやる人。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/陳嫱)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020051402391

    農村の車椅子ママ、特技を生かして貧困脱却  8日、アトリエで娘に果物を食べさせる張さん。張海晶(ちょう・かいしょう)さん(30)は、娘が生まれてから今まで、時折娘の絵を描いては成長過程のさまざまな事柄を記録してきた。張さんは幼少期から絵を学んできた訳ではない。浙江省麗水市で育った張さんは2008年、誤って6階のベランダから転落し、車いすの生活を送るようになった。その後、偶然に絵を描く機会に接し、夢中になった。絵を描くことで、けがによる精神的苦痛を克服した。14年に同じく障害者の但誉超(たん・よちょう)さんと知り合うと、翌年には結婚し、但さんの実家のある江西省都昌県大港鎮に居を移した。ただ、障害者夫婦が年老いた親の面倒を見つつ生計を立てるのは難しく、16年には地元政府から貧困世帯の登録を受けた。張さんは生活を改善するため、得意な絵を生かし、作品を売って収入を増やした。地元政府の支援を受けてアトリエを開き、留守児童(親が出稼ぎに出て、祖父母や親せきに預けられている子供)に絵を教える傍ら、自身の作品のネット販売も始めた。夫も同じく支援を受けて自分の仕事を持つことができた。一家は18年、貧困指定を解除された。張さんは「自分の特技を生かして農村で美術教育を普及させたい。より多くの子どもに絵画の知識を教え、絵画の世界の扉を開いてあげることで、かれらの生活に可能性を一つ増やすことができればと思う」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020052700993

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮にある畜産企業の飼育場で飼われている牛。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020052701047

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮にある畜産企業の飼育場で飼われている牛。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020052701010

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮にある畜産企業の飼育場で飼われている同地原産の黄牛。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像