検索結果 14 件中 1 件 〜 14 件 "ランタンフェス"
  1. 2020012100622

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、ランタンで再現された300メートルにわたる古い町並み。(小型無人機から)中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020012001092

    西安城壁新春灯会開催陝西省  17日、きらびやかな明かりがともった西安城壁新春灯会。(小型無人機から)中国陝西省西安市で17日夜、第33回西安城壁新春灯会(ランタンフェスティバル)が正式に開幕した。今回の灯会では全てのランタンにLEDランプを使用することで消費電力を約80%節約し、一層の環境保護につなげている。城壁新春灯会は1984年からこれまでに計32回開催され、西安市の文化観光イベントとしてよく知られている。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020012001094

    西安城壁新春灯会開催陝西省  17日、きらびやかな明かりがともった西安城壁新春灯会。(小型無人機から)中国陝西省西安市で17日夜、第33回西安城壁新春灯会(ランタンフェスティバル)が正式に開幕した。今回の灯会では全てのランタンにLEDランプを使用することで消費電力を約80%節約し、一層の環境保護につなげている。城壁新春灯会は1984年からこれまでに計32回開催され、西安市の文化観光イベントとしてよく知られている。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020012001178

    西安城壁新春灯会開催陝西省  17日、きらびやかな明かりがともった西安城壁新春灯会。(小型無人機から)中国陝西省西安市で17日夜、第33回西安城壁新春灯会(ランタンフェスティバル)が正式に開幕した。今回の灯会では全てのランタンにLEDランプを使用することで消費電力を約80%節約し、一層の環境保護につなげている。城壁新春灯会は1984年からこれまでに計32回開催され、西安市の文化観光イベントとしてよく知られている。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019020411556

    古城の夜を彩る春節イルミネーション陝西省西安市  1月29日に撮影した西安市永寧門の夜景。(小型無人機から)春節(旧正月)を間近に控え、中国陝西省西安市では各地に飾り付けられたイルミネーションが点灯し、祝賀ムードに包まれた。(西安=新華社配信/唐振江)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019012821654

    輝くランタンで新年を迎える河南省三門峡市  25日、2019年陝州地坑院文化ランタンフェスティバルの会場。(小型無人機から)中国河南省三門峡(さんもんきょう)市で25日夜、2019年陝州地坑院(ちこういん)文化ランタンフェスティバルが開幕した。地坑院は地面を四角く掘り下げ、その壁面を洞窟住居としたもので、同省山間部に多く見られる。メイン会場となった陝州(せんしゅう)区の地坑院には、96組のランタンが飾られた。伝統的なランタンと現代的なイルミネーションが、地坑院の持つ独特な民俗文化と組み合わさり、観光客の目を楽しませている。(三門峡=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019012821653

    輝くランタンで新年を迎える河南省三門峡市  25日、2019年陝州地坑院文化ランタンフェスティバルの会場。(小型無人機から)中国河南省三門峡(さんもんきょう)市で25日夜、2019年陝州地坑院(ちこういん)文化ランタンフェスティバルが開幕した。地坑院は地面を四角く掘り下げ、その壁面を洞窟住居としたもので、同省山間部に多く見られる。メイン会場となった陝州(せんしゅう)区の地坑院には、96組のランタンが飾られた。伝統的なランタンと現代的なイルミネーションが、地坑院の持つ独特な民俗文化と組み合わさり、観光客の目を楽しませている。(三門峡=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019012301330

    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市  中国の伝統的なちょうちんを模した高さ25メートル、直径19メートルのランタン。(小型無人機から)春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社配信/自貢ランタンフェスティバル提供)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:自貢ランタンフェスティバル/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019012500754

    ユニークな恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省自貢市  21日、国際恐竜灯会が行われている自貢市の彩灯公園の一角。(小型無人機から)「第25回四川自貢国際恐竜灯会(ランタンフェスティバル)」が21日夜、大山鋪恐竜化石群遺跡で知られる中国四川省自貢(じこう)市の彩灯公園で開幕した。「美しい中華、多彩な自貢」をテーマとした今回の灯会では、空間の配置を調整し、新たなアイデアと新たな工芸手法を取り入れ、130組余りのランタンを製作、来場した市民や観光客にランタン芸術の競演を送り届けている。同灯会は3月末まで行われる。(自貢=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019012200327

    春節迎えるランタンフェスティバルが開幕安徽省合肥市  18日夜、空から見た竜の形の大型ランタン。(小型無人機から)中国安徽省合肥市にある合肥無形文化遺産園で18日、春節(旧正月)を迎えるランタンフェスティバルが開幕した。色とりどりのランタンが多くの観光客を魅了した。(合肥=新華社記者/郭晨)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019012301132

    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市  古代中国の打楽器「編鐘」をモチーフとして、20万点以上の大皿やさじ、カップ、酒杯などの磁器を結び合わせて制作したランタン。(小型無人機から)春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社配信/自貢ランタンフェスティバル提供)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:自貢ランタンフェスティバル/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019120200526

    冬暖かく夏涼しい地下住居「地坑院」を訪ねて河南省  ライトアップされ、きらびやかに輝く地坑院。(2018年2月3日撮影、小型無人機から)中国河南省三門峡市陜州(せんしゅう)区の「陝州地坑院」は同地方に古くから伝わる地下住居。頑丈な造りで、冬暖かく夏涼しく、防風・防音効果や耐震・免震性に優れている。毎年新年を迎える頃にはランタンフェスティバルが開かれ、夜空に色鮮やかなランタンが輝く幻想的な風景を楽しむことができる。院内には地元の文化や風俗習慣を紹介する陜州澄泥硯院や泥人形院、織物・刺しゅう院、結婚風習展示院などがあり、豊かな歴史文化の魅力を展示している。(三門峡=新華社記者/李安)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019120200400

    冬暖かく夏涼しい地下住居「地坑院」を訪ねて河南省  ライトアップされて輝く陜州地坑院。(2018年2月3日撮影、小型無人機から)中国河南省三門峡市陜州(せんしゅう)区の「陝州地坑院」は同地方に古くから伝わる地下住居。頑丈な造りで、冬暖かく夏涼しく、防風・防音効果や耐震・免震性に優れている。毎年新年を迎える頃にはランタンフェスティバルが開かれ、夜空に色鮮やかなランタンが輝く幻想的な風景を楽しむことができる。院内には地元の文化や風俗習慣を紹介する陜州澄泥硯院や泥人形院、織物・刺しゅう院、結婚風習展示院などがあり、豊かな歴史文化の魅力を展示している。(三門峡=新華社記者/李安)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019120200357

    冬暖かく夏涼しい地下住居「地坑院」を訪ねて河南省  三門峡市陜州区に古くから残る地坑院。(2018年2月3日撮影、小型無人機から)中国河南省三門峡市陜州(せんしゅう)区の「陝州地坑院」は同地方に古くから伝わる地下住居。頑丈な造りで、冬暖かく夏涼しく、防風・防音効果や耐震・免震性に優れている。毎年新年を迎える頃にはランタンフェスティバルが開かれ、夜空に色鮮やかなランタンが輝く幻想的な風景を楽しむことができる。院内には地元の文化や風俗習慣を紹介する陜州澄泥硯院や泥人形院、織物・刺しゅう院、結婚風習展示院などがあり、豊かな歴史文化の魅力を展示している。(三門峡=新華社記者/李安)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像