検索結果 13 件中 1 件 〜 13 件 "中国国際輸入"
  1. 2019110500361

    「新華社」 【輸入博】空から見た上海国家会展中心  1日、空から見た上海国家会展中心の南広場。(小型無人機から)第2回中国国際輸入博覧会が5日から10日まで、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催される。会場では既に世界各地からのゲストを迎える準備が整っている。(上海=新華社記者/凡軍)=2019(令和元)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019110500436

    「新華社」 【輸入博】空から見た上海国家会展中心  1日、空から見た上海国家会展中心。(小型無人機から)第2回中国国際輸入博覧会が5日から10日まで、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催される。会場では既に世界各地からのゲストを迎える準備が整っている。(上海=新華社記者/凡軍)=2019(令和元)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019110500488

    「新華社」 【輸入博】空から見た上海国家会展中心  1日、空から見た上海国家会展中心。(小型無人機から)第2回中国国際輸入博覧会が5日から10日まで、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催される。会場では既に世界各地からのゲストを迎える準備が整っている。(上海=新華社記者/凡軍)=2019(令和元)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019110500464

    「新華社」 【輸入博】空から見た上海国家会展中心  1日、空から見た上海国家会展中心。(小型無人機から)第2回中国国際輸入博覧会が5日から10日まで、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催される。会場では既に世界各地からのゲストを迎える準備が整っている。(上海=新華社記者/凡軍)=2019(令和元)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019090200887

    「新華社」 中欧(南昌ーミンスク)食品輸送特別列車、双方向運行を実現  8月28日、南昌(向塘)鉄道通関地に入るベラルーシから来た食品輸入列車(右)。南昌(向塘)鉄道通関地を離れるベラルーシ行きの食品輸入列車(左)。(小型無人機から)中国国際輸入博覧会「江西号」食品専用列車の双方向運行式が8月28日、江西省南昌(向塘)鉄道通関地(鉄路口岸)で開かれた。食品輸入列車は41個のコンテナに約2千万元(1元=約15円)相当の粉ミルク、乳製品を満載し、エレンホト(二連浩特)から入国して南昌(向塘)鉄道通関地に到着した。食品輸出列車は41個のコンテナに約3千万元相当の茶葉およびコーヒーなどの食品を満載し、エレンホトから出国してベラルーシ・ミンスクに向かう。南昌―ミンスクの間を運行する双方向の列車は、モンゴルとロシアを経由し、全長は約1万キロ。15日かけて目的地に到着する。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019090200962

    「新華社」 中欧(南昌ーミンスク)食品輸送特別列車、双方向運行を実現  8月28日、南昌(向塘)鉄道通関地に入るベラルーシから来た食品輸入列車(下)。南昌(向塘)鉄道通関地を離れるベラルーシ行きの食品輸入列車(上)。(小型無人機から)中国国際輸入博覧会「江西号」食品専用列車の双方向運行式が8月28日、江西省南昌(向塘)鉄道通関地(鉄路口岸)で開かれた。食品輸入列車は41個のコンテナに約2千万元(1元=約15円)相当の粉ミルク、乳製品を満載し、エレンホト(二連浩特)から入国して南昌(向塘)鉄道通関地に到着した。食品輸出列車は41個のコンテナに約3千万元相当の茶葉およびコーヒーなどの食品を満載し、エレンホトから出国してベラルーシ・ミンスクに向かう。南昌―ミンスクの間を運行する双方向の列車は、モンゴルとロシアを経由し、全長は約1万キロ。15日かけて目的地に到着する。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2018110617866

    「新華社」 最善の選択輸入博開催の地「上海」  1日、空から見たコンテナ埠頭「上海洋山深水港」。(小型無人機から)第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は5日、上海で開幕する。輸入博は世界初の輸入をテーマにした博覧会として全世界の注目を浴びている。中国共産党の誕生地である「中国共産党第一次全国代表大会会址記念館」、中国が独自に開発を進めた国産大型旅客機「C919」、世界最大の自動化コンテナ埠頭「上海洋山深水港」、アジア最大の浚渫(しゅんせつ)船「天鯤号」などはすべてこの都市で生み出された。上海は今まさに「輸入博の時間」を迎えている。オリエンタルの「魅力の都」はその無上の美しさで中国国際輸入博覧会を包み込み、世界各地の賓客を喜びのうちに迎え入れる。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2018110618287

    「新華社」 世界が上海に集結中国国際輸入博覧会開幕  1日、海外からの輸入博展示品も陸揚げされる上海洋山港のコンテナ埠頭。(小型無人機から)第1回中国国際輸入博覧会は5日、中国上海市の黄浦江のほとりで開幕した。輸入をテーマに、中国は積極的に開放という扉をますます大きく開いている。中国は意気高く前進する姿勢をより強めて発展と進歩を求め、互恵・ウィンウィンを図り、かつてない大きな自信で世界を包み込み、共に未来を創造する。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018110618075

    「新華社」 最善の選択輸入博開催の地「上海」  空から見た第1回中国国際輸入博覧会の会場、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)の夜景。(10月21日撮影、小型無人機から)第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は5日、上海で開幕する。輸入博は世界初の輸入をテーマにした博覧会として全世界の注目を浴びている。中国共産党の誕生地である「中国共産党第一次全国代表大会会址記念館」、中国が独自に開発を進めた国産大型旅客機「C919」、世界最大の自動化コンテナ埠頭「上海洋山深水港」、アジア最大の浚渫(しゅんせつ)船「天鯤号」などはすべてこの都市で生み出された。上海は今まさに「輸入博の時間」を迎えている。オリエンタルの「魅力の都」はその無上の美しさで中国国際輸入博覧会を包み込み、世界各地の賓客を喜びのうちに迎え入れる。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2018110618124

    「新華社」 最善の選択輸入博開催の地「上海」  空から見た第1回中国国際輸入博覧会の会場、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)。(10月19日撮影、小型無人機から)第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は5日、上海で開幕する。輸入博は世界初の輸入をテーマにした博覧会として全世界の注目を浴びている。中国共産党の誕生地である「中国共産党第一次全国代表大会会址記念館」、中国が独自に開発を進めた国産大型旅客機「C919」、世界最大の自動化コンテナ埠頭「上海洋山深水港」、アジア最大の浚渫(しゅんせつ)船「天鯤号」などはすべてこの都市で生み出された。上海は今まさに「輸入博の時間」を迎えている。オリエンタルの「魅力の都」はその無上の美しさで中国国際輸入博覧会を包み込み、世界各地の賓客を喜びのうちに迎え入れる。(上海=新華社記者/凡軍)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2018110618242

    「新華社」 最善の選択輸入博開催の地「上海」  空から見た第1回中国国際輸入博覧会の会場、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)。(10月19日撮影、小型無人機から)第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は5日、上海で開幕する。輸入博は世界初の輸入をテーマにした博覧会として全世界の注目を浴びている。中国共産党の誕生地である「中国共産党第一次全国代表大会会址記念館」、中国が独自に開発を進めた国産大型旅客機「C919」、世界最大の自動化コンテナ埠頭「上海洋山深水港」、アジア最大の浚渫(しゅんせつ)船「天鯤号」などはすべてこの都市で生み出された。上海は今まさに「輸入博の時間」を迎えている。オリエンタルの「魅力の都」はその無上の美しさで中国国際輸入博覧会を包み込み、世界各地の賓客を喜びのうちに迎え入れる。(上海=新華社記者/凡軍)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2018110617887

    「新華社」 最善の選択輸入博開催の地「上海」  空から見た上海陸家嘴(りくかすい)の夜景。(10月17日撮影、小型無人機から)第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は5日、上海で開幕する。輸入博は世界初の輸入をテーマにした博覧会として全世界の注目を浴びている。中国共産党の誕生地である「中国共産党第一次全国代表大会会址記念館」、中国が独自に開発を進めた国産大型旅客機「C919」、世界最大の自動化コンテナ埠頭「上海洋山深水港」、アジア最大の浚渫(しゅんせつ)船「天鯤号」などはすべてこの都市で生み出された。上海は今まさに「輸入博の時間」を迎えている。オリエンタルの「魅力の都」はその無上の美しさで中国国際輸入博覧会を包み込み、世界各地の賓客を喜びのうちに迎え入れる。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2018110617959

    「新華社」 最善の選択輸入博開催の地「上海」  空から見た上海黄浦江(こうほこう)両岸の夜景。(2017年4月15日撮影、小型無人機から)第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は5日、上海で開幕する。輸入博は世界初の輸入をテーマにした博覧会として全世界の注目を浴びている。中国共産党の誕生地である「中国共産党第一次全国代表大会会址記念館」、中国が独自に開発を進めた国産大型旅客機「C919」、世界最大の自動化コンテナ埠頭「上海洋山深水港」、アジア最大の浚渫(しゅんせつ)船「天鯤号」などはすべてこの都市で生み出された。上海は今まさに「輸入博の時間」を迎えている。オリエンタルの「魅力の都」はその無上の美しさで中国国際輸入博覧会を包み込み、世界各地の賓客を喜びのうちに迎え入れる。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像