検索結果 28 件中 1 件 〜 28 件 "保護動物"
  1. 2020061503750

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  10日、大豊シフゾウ国家級保護区のシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020061503761

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  10日、大豊シフゾウ国家級保護区のシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020061503534

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区に生息するシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020061503748

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区に生息するシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020061503619

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区に生息するシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060908548

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  ウンナンシシバナザル国家公園。(小型無人機から、5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020061112134

    アルバス山で「妖精」守る「バーラルのお父さん」内モンゴル自治区  山頂でバーラルを探す阿日并さん。(5月11日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮の北部に位置するアルバス(阿爾巴斯)山は、切り立った岩壁が特徴で、険しい山として知られる。モンゴル族の阿日并(アリビン)さん(68)は、山の中に身を隠す「山の妖精」バーラルに水を与えるため、太陽が照りつける青空の下でバイクを走らせて10年になる。現地の人々は親しみを込めて彼を「バーラルのお父さん」と呼ぶ。中国の国家2級保護動物に指定されているバーラルは、標高2100~6300メートルの裸岩地帯に生息している。阿日并さんの世話の下で、バーラルの数は増え続け、最初は4~5頭だったが、今では17~18頭になったという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020042003242

    電力会社、鉄塔の上に営巣したコウノトリのふ化を助ける江西省南昌市  ボートに乗って鄱陽湖畔に立つ送電鉄塔と送電回路の巡回検査を行う国家電網南昌供電公司の職員。(小型無人機から、3月18日撮影)中国江西省の国家電網南昌供電公司の職員がこのほど、国家1級保護動物のコウノトリのつがいが営巣しているのを発見した。ズームレンズ付き小型無人機で送電線の巡回検査を行っていた際、鄱陽(はよう)湖畔に立つ送電用鉄塔の上で確認した。コウノトリを保護するため、職員は鉄塔の地上60メートル余りの高さに設置された懸垂碍子(がいし)に絶縁スリーブを装着した。心を込めて世話をしたところ、幼鳥5羽が無事巣の内でふ化した。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020042003235

    電力会社、鉄塔の上に営巣したコウノトリのふ化を助ける江西省南昌市  国家電網南昌供電公司の職員が撮影した、コウノトリのつがいと幼鳥。(小型無人機から、3月18日撮影)中国江西省の国家電網南昌供電公司の職員がこのほど、国家1級保護動物のコウノトリのつがいが営巣しているのを発見した。ズームレンズ付き小型無人機で送電線の巡回検査を行っていた際、鄱陽(はよう)湖畔に立つ送電用鉄塔の上で確認した。コウノトリを保護するため、職員は鉄塔の地上60メートル余りの高さに設置された懸垂碍子(がいし)に絶縁スリーブを装着した。心を込めて世話をしたところ、幼鳥5羽が無事巣の内でふ化した。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020042003266

    電力会社、鉄塔の上に営巣したコウノトリのふ化を助ける江西省南昌市  コウノトリを保護するため、懸垂碍子に絶縁スリーブを装着する国家電網南昌供電公司の職員。(小型無人機から、3月18日撮影)中国江西省の国家電網南昌供電公司の職員がこのほど、国家1級保護動物のコウノトリのつがいが営巣しているのを発見した。ズームレンズ付き小型無人機で送電線の巡回検査を行っていた際、鄱陽(はよう)湖畔に立つ送電用鉄塔の上で確認した。コウノトリを保護するため、職員は鉄塔の地上60メートル余りの高さに設置された懸垂碍子(がいし)に絶縁スリーブを装着した。心を込めて世話をしたところ、幼鳥5羽が無事巣の内でふ化した。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020042003236

    電力会社、鉄塔の上に営巣したコウノトリのふ化を助ける江西省南昌市  国家電網南昌供電公司の職員が撮影したコウノトリと送電鉄塔に作った巣。(小型無人機から、3月18日撮影)中国江西省の国家電網南昌供電公司の職員がこのほど、国家1級保護動物のコウノトリのつがいが営巣しているのを発見した。ズームレンズ付き小型無人機で送電線の巡回検査を行っていた際、鄱陽(はよう)湖畔に立つ送電用鉄塔の上で確認した。コウノトリを保護するため、職員は鉄塔の地上60メートル余りの高さに設置された懸垂碍子(がいし)に絶縁スリーブを装着した。心を込めて世話をしたところ、幼鳥5羽が無事巣の内でふ化した。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019072503317

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。(小型無人機から)中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019072503202

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。(小型無人機から)中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019072503325

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。(小型無人機から)中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019070405367

    シフゾウの個体数、5千頭を超える江蘇省大豊自然保護区  6月28日、江蘇省塩城市の大豊麋鹿国家級自然保護区内を走るシフゾウの群れ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区ではここ数年、生態環境の改善と動物保護の強化に伴い、保護区内のシフゾウが繁殖・生息するのに適した環境が整ってきており、現在、群れの個体数は5016頭に達している。同保護区では今年繁殖に成功したシフゾウが800頭を超え、群れに新たな活力が吹き込まれている。「四不像」とも呼ばれるシフゾウは中国の国家1級保護動物に指定されており、中国に生息する個体数は現在、6千頭余りに達し、世界全体の90%近くを占めている。(塩城=新華社記者/李響)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019070405381

    シフゾウの個体数、5千頭を超える江蘇省大豊自然保護区  6月28日、江蘇省塩城市大豊麋鹿国家級自然保護区の浅瀬を渡るシフゾウの群れ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区でここ数年、生態環境の改善と動物保護の強化に伴い、保護区内のシフゾウは繁殖・生息の優れた外部環境に恵まれ、現在、群れの個体数が5016頭に達した。同保護区で2019年、繁殖に成功したシフゾウが800頭以上で、群れに新たな活力を吹き込む。「四不像」とも呼ばれるシフゾウは国家1級保護動物に指定されている。中国のシフゾウの数は現在、6千頭余りに達し、世界全体の約90%を占めている。(塩城=新華社記者/王毓国)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019070405394

    シフゾウの個体数、5千頭を超える江蘇省大豊自然保護区  6月28日、江蘇省塩城市の大豊麋鹿国家級自然保護区で生息するシフゾウの群れ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区ではここ数年、生態環境の改善と動物保護の強化に伴い、保護区内のシフゾウが繁殖・生息するのに適した環境が整ってきており、現在、群れの個体数は5016頭に達している。同保護区では今年繁殖に成功したシフゾウが800頭を超え、群れに新たな活力が吹き込まれている。「四不像」とも呼ばれるシフゾウは中国の国家1級保護動物に指定されており、中国に生息する個体数は現在、6千頭余りに達し、世界全体の90%近くを占めている。(塩城=新華社記者/李博)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019070405369

    シフゾウの個体数、5千頭を超える江蘇省大豊自然保護区  6月28日、江蘇省塩城市の大豊麋鹿国家級自然保護区の溝を渡るシフゾウの群れ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区ではここ数年、生態環境の改善と動物保護の強化に伴い、保護区内のシフゾウが繁殖・生息するのに適した環境が整ってきており、現在、群れの個体数は5016頭に達している。同保護区では今年繁殖に成功したシフゾウが800頭を超え、群れに新たな活力が吹き込まれている。「四不像」とも呼ばれるシフゾウは中国の国家1級保護動物に指定されており、中国に生息する個体数は現在、6千頭余りに達し、世界全体の90%近くを占めている。(塩城=新華社記者/李博)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019070405378

    シフゾウの個体数、5千頭を超える江蘇省大豊自然保護区  6月27日、江蘇省塩城市の大豊麋鹿国家級自然保護区で生息するシフゾウの群れ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区ではここ数年、生態環境の改善と動物保護の強化に伴い、保護区内のシフゾウが繁殖・生息するのに適した環境が整ってきており、現在、群れの個体数は5016頭に達している。同保護区では今年繁殖に成功したシフゾウが800頭を超え、群れに新たな活力が吹き込まれている。「四不像」とも呼ばれるシフゾウは中国の国家1級保護動物に指定されており、中国に生息する個体数は現在、6千頭余りに達し、世界全体の90%近くを占めている。(塩城=新華社記者/李響)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019070405310

    シフゾウの個体数、5千頭を超える江蘇省大豊自然保護区  6月27日、江蘇省塩城市の大豊麋鹿国家級自然保護区で生息するシフゾウの群れ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区ではここ数年、生態環境の改善と動物保護の強化に伴い、保護区内のシフゾウが繁殖・生息するのに適した環境が整ってきており、現在、群れの個体数は5016頭に達している。同保護区では今年繁殖に成功したシフゾウが800頭を超え、群れに新たな活力が吹き込まれている。「四不像」とも呼ばれるシフゾウは中国の国家1級保護動物に指定されており、中国に生息する個体数は現在、6千頭余りに達し、世界全体の90%近くを占めている。(塩城=新華社記者/李響)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2018091924919

    保護されたコウノトリ放鳥へ河北省曹妃甸湿地公園  15日、河北省唐山市曹妃甸湿地公園の省立鳥類自然保護区。(小型無人機から)中国河北省唐山市曹妃甸(そうひてん)区湿地公園の省立鳥類自然保護区管理事務所は、2017年10月に2羽の負傷したコウノトリを保護した。1年にわたる心を込めた治療によって2羽のコウノトリは回復し、まもなく旅立ちの時を迎える。コウノトリは国家1級保護動物であり「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界での生存数はわずか3千羽程度となっている。(曹妃甸=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2018051800674

    絵画のような風景が広がる初夏の寛闊水貴州省  15日、空から見た寛闊水国家級自然保護区の様子。(ドローンで撮影)中国貴州省綏陽県の寛闊水国家級自然保護区は敷地総面積26231ヘクタール、森林率85・42%の自然保護区で、国家重点保護動物のフランソワルトンやキンケイ(錦鶏)個体群など希少動物の重要な生息地だ。(貴州・綏陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2018051800691

    絵画のような風景が広がる初夏の寛闊水貴州省  15日、空から見た寛闊水国家級自然保護区の様子。(ドローンで撮影)中国貴州省綏陽県の寛闊水国家級自然保護区は敷地総面積26231ヘクタール、森林率85・42%の自然保護区で、国家重点保護動物のフランソワルトンやキンケイ(錦鶏)個体群など希少動物の重要な生息地だ。(貴州・綏陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2018051800632

    絵画のような風景が広がる初夏の寛闊水貴州省  15日、空から見た寛闊水国家級自然保護区の様子。(ドローンで撮影)中国貴州省綏陽県の寛闊水国家級自然保護区は敷地総面積26231ヘクタール、森林率85・42%の自然保護区で、国家重点保護動物のフランソワルトンやキンケイ(錦鶏)個体群など希少動物の重要な生息地だ。(貴州・綏陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018051800672

    絵画のような風景が広がる初夏の寛闊水貴州省  15日、空から見た寛闊水国家級自然保護区の様子。(ドローンで撮影)中国貴州省綏陽県の寛闊水国家級自然保護区は敷地総面積26231ヘクタール、森林率85・42%の自然保護区で、国家重点保護動物のフランソワルトンやキンケイ(錦鶏)個体群など希少動物の重要な生息地だ。(貴州・綏陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018051800631

    絵画のような風景が広がる初夏の寛闊水貴州省  15日、空から見た寛闊水国家級自然保護区の様子。(ドローンで撮影)中国貴州省綏陽県の寛闊水国家級自然保護区は敷地総面積26231ヘクタール、森林率85・42%の自然保護区で、国家重点保護動物のフランソワルトンやキンケイ(錦鶏)個体群など希少動物の重要な生息地だ。(貴州・綏陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018051800684

    絵画のような風景が広がる初夏の寛闊水貴州省  15日、空から見た寛闊水国家級自然保護区の様子。(ドローンで撮影)中国貴州省綏陽県の寛闊水国家級自然保護区は敷地総面積26231ヘクタール、森林率85・42%の自然保護区で、国家重点保護動物のフランソワルトンやキンケイ(錦鶏)個体群など希少動物の重要な生息地だ。(貴州・綏陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018041900208

    新疆霍城県、絶滅危惧種ヨツユビリクガメの保護を強化  15日、新疆ウイグル自治区霍城ヨツユビリクガメ国家級自然保護区の一部。(ドローンで撮影)ヨツユビリクガメは中国の国家一級重点保護動物であり、中国では新疆ウイグル自治区霍城県にしか生息していない。同自治区霍城ヨツユビリクガメ国家級自然保護区管理局によると、保護区の実地調査を行った2017年以降、保護区内にある人類活動地点60カ所以上を整理改善し、ヨツユビリクガメや他の希少種の生存環境を積極的に回復した。さらに保護区の見回りを強化し、牧草地開墾など保護区内の生態環境を破壊する違法行為を厳しく取り締まり、ヨツユビリクガメの人工飼育への取り組みにも力を入れているという。(霍城=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像