検索結果 14 件中 1 件 〜 14 件 "感染防止"
  1. 2020080602225

    中国のネットで人気の古鎮、芙蓉鎮が観光客でにぎわう  2日、湘西トゥチャ族ミャオ族自治州芙蓉鎮の滝の周囲に建てられた住宅。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県の芙蓉鎮は夏を迎え、新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底しながら観光客を迎え入れている。ここ1カ月ほどは1日平均約4千人が訪れており、観光客数は引き続き回復傾向にあるという。芙蓉鎮はもともと王村という名の2千年以上の歴史を持つ古鎮で、至る所に滝があるため、「滝の上に掛かる千年の古鎮」とも呼ばれている。1987年に公開された映画『芙蓉鎮』のロケ地として有名になったことから、「芙蓉鎮」と改名された。(永順=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052701240

    相次ぐ規模拡大、日本企業の中国投資意欲に陰りなし  20日、日本電気硝子の中国法人、電気硝子(アモイ)の全景。(小型無人機から)中国で新型コロナウイルスの感染が速やかに抑制され、企業活動の再開が全面的に進むにつれ、外資系企業の生産と経営も正常化に向かいつつある。福建省アモイ市の日系企業でも感染防止の取り組みが後半戦を迎え、多くの企業が生産を全面的に再開しただけでなく、計画に基づき規模を拡大し、投資を増加させている。対中投資の意欲に陰りは見えない。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020042709189

    長沙で重要プロジェクト徐々に再開湖南省  17日、長沙市の管轄下にある瀏陽市(県級市)の長沙恵科8・6世代超高解像度ディスプレイ生産ラインプロジェクト主工場建屋の建設現場。(小型無人機から)中国湖南省長沙市では、新型コロナウイルスの感染防止を徹底した上で一部の重要プロジェクトの建設が開始または再開された。3月末時点の新規着工は369件、再開は860件となっている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020042709235

    長沙で重要プロジェクト徐々に再開湖南省  17日、長沙市の管轄下にある瀏陽市(県級市)の長沙恵科8・6世代超高解像度ディスプレイ生産ラインプロジェクト主工場建屋の建設現場。(小型無人機から)中国湖南省長沙市では、新型コロナウイルスの感染防止を徹底した上で一部の重要プロジェクトの建設が開始または再開された。3月末時点の新規着工は369件、再開は860件となっている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020042709201

    長沙で重要プロジェクト徐々に再開湖南省  17日、長沙市の管轄下にある瀏陽市(県級市)の長沙恵科8・6世代超高解像度ディスプレイ生産ラインプロジェクト主工場建屋の建設現場。(小型無人機から)中国湖南省長沙市では、新型コロナウイルスの感染防止を徹底した上で一部の重要プロジェクトの建設が開始または再開された。3月末時点の新規着工は369件、再開は860件となっている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020042709259

    長沙で重要プロジェクト徐々に再開湖南省  17日、長沙市の管轄下にある瀏陽市(県級市)の長沙恵科8・6世代超高解像度ディスプレイ生産ラインプロジェクト主工場建屋の建設現場で働く作業員。(小型無人機から)中国湖南省長沙市では、新型コロナウイルスの感染防止を徹底した上で一部の重要プロジェクトの建設が開始または再開された。3月末時点の新規着工は369件、再開は860件となっている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020041501243

    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設  10日、上空から見た上海天文館の建物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020041501248

    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設  10日、上空から見た上海天文館の建物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020041501176

    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設  10日、上空から見た上海天文館の建物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020041501170

    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設  10日、上空から見た上海天文館の建設現場。天文館の主要部分、青少年観測基地、大衆天文台、魔力太陽塔などの付属建築物はすでに完成している。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020032425911

    南京市のプレキャスト道路橋建設、部材製造を再開  20日、中建安装集団のプレキャスト部材製造基地。(小型無人機から)中国の中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団(江蘇省南京市)南京分公司などが施工を請け負う国道312号線の南京繞越高速道路棲霞インターチェンジから仙隠北路区間の拡張プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大で中止していたSG5区間と呼ばれる高架区間の建設を、感染防止に万全を期した上で再開した。プロジェクトは、江蘇省のプレキャスト道路橋建設試行プロジェクトに指定されており、従来の道路の上に国道312号線の本線高架橋などからなる長さ約5キロの空中回廊を建設する。同社のプロジェクト部は現場での工事に先立ち、4カ月かけてスマート化、機械化された15万平方メートルのプレキャスト部材製造基地を建設した。橋台や枕梁、箱桁などの部材を基地内であらかじめまとめて製造し、施工現場に輸送してクレーンで組立・接合するため、施工用地をとらず、騒音や建設廃棄物も減らせる。工期は3割程度短縮でき、今回の橋梁主体工事も今年の完了を見込んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020032425863

    南京市のプレキャスト道路橋建設、部材製造を再開  20日、中建安装集団のプレキャスト部材製造基地で作業する作業員。(小型無人機から)中国の中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団(江蘇省南京市)南京分公司などが施工を請け負う国道312号線の南京繞越高速道路棲霞インターチェンジから仙隠北路区間の拡張プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大で中止していたSG5区間と呼ばれる高架区間の建設を、感染防止に万全を期した上で再開した。プロジェクトは、江蘇省のプレキャスト道路橋建設試行プロジェクトに指定されており、従来の道路の上に国道312号線の本線高架橋などからなる長さ約5キロの空中回廊を建設する。同社のプロジェクト部は現場での工事に先立ち、4カ月かけてスマート化、機械化された15万平方メートルのプレキャスト部材製造基地を建設した。橋台や枕梁、箱桁などの部材を基地内であらかじめまとめて製造し、施工現場に輸送してクレーンで組立・接合するため、施工用地をとらず、騒音や建設廃棄物も減らせる。工期は3割程度短縮でき、今回の橋梁主体工事も今年の完了を見込んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020032425877

    南京市のプレキャスト道路橋建設、部材製造を再開  20日、中建安装集団のプレキャスト部材製造基地。(小型無人機から)中国の中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団(江蘇省南京市)南京分公司などが施工を請け負う国道312号線の南京繞越高速道路棲霞インターチェンジから仙隠北路区間の拡張プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大で中止していたSG5区間と呼ばれる高架区間の建設を、感染防止に万全を期した上で再開した。プロジェクトは、江蘇省のプレキャスト道路橋建設試行プロジェクトに指定されており、従来の道路の上に国道312号線の本線高架橋などからなる長さ約5キロの空中回廊を建設する。同社のプロジェクト部は現場での工事に先立ち、4カ月かけてスマート化、機械化された15万平方メートルのプレキャスト部材製造基地を建設した。橋台や枕梁、箱桁などの部材を基地内であらかじめまとめて製造し、施工現場に輸送してクレーンで組立・接合するため、施工用地をとらず、騒音や建設廃棄物も減らせる。工期は3割程度短縮でき、今回の橋梁主体工事も今年の完了を見込んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020032425864

    南京市のプレキャスト道路橋建設、部材製造を再開  20日、中建安装集団のプレキャスト部材製造基地。(小型無人機から)中国の中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団(江蘇省南京市)南京分公司などが施工を請け負う国道312号線の南京繞越高速道路棲霞インターチェンジから仙隠北路区間の拡張プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大で中止していたSG5区間と呼ばれる高架区間の建設を、感染防止に万全を期した上で再開した。プロジェクトは、江蘇省のプレキャスト道路橋建設試行プロジェクトに指定されており、従来の道路の上に国道312号線の本線高架橋などからなる長さ約5キロの空中回廊を建設する。同社のプロジェクト部は現場での工事に先立ち、4カ月かけてスマート化、機械化された15万平方メートルのプレキャスト部材製造基地を建設した。橋台や枕梁、箱桁などの部材を基地内であらかじめまとめて製造し、施工現場に輸送してクレーンで組立・接合するため、施工用地をとらず、騒音や建設廃棄物も減らせる。工期は3割程度短縮でき、今回の橋梁主体工事も今年の完了を見込んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像