検索結果 63 件中 1 件 〜 50 件 "Architecture"
  1. 2019082800407

    「新華社」 旧県政府所在地が人気スポットに甘粛省アクサイ・カザフ族自治県  23日、甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮の景色。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮は、アルチン山脈の麓に位置しており、かつては県城(県政府所在地)が置かれた。しかし、標高の高さや天候の厳しさ、水質の悪さなどを理由に同県は1998年、20キロ余り離れた紅柳湾鎮に県城を移転。全住民が立ち去り、20世紀の建築物だけが残された博羅転井鎮はその後、映画のロケ地となり、次第に多くの観光客を引き付ける人気スポットとなった。(アクサイ=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019082800369

    「新華社」 旧県政府所在地が人気スポットに甘粛省アクサイ・カザフ族自治県  23日、甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮に設置された映画のオープンセットを撮影する観光客。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮は、アルチン山脈の麓に位置しており、かつては県城(県政府所在地)が置かれた。しかし、標高の高さや天候の厳しさ、水質の悪さなどを理由に同県は1998年、20キロ余り離れた紅柳湾鎮に県城を移転。全住民が立ち去り、20世紀の建築物だけが残された博羅転井鎮はその後、映画のロケ地となり、次第に多くの観光客を引き付ける人気スポットとなった。(アクサイ=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019061001379

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019061001241

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019061001251

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019061001411

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019052400222

    「新華社」 朝日に輝く宏村景勝地安徽省黟県  22日、朝日に照らされた安徽省黄山市黟県の宏村景勝地。(小型無人機から)初夏に入り、中国安徽省黄山市黟(い)県の宏村景勝地では、朝日に照らされた伝統的な建築物が、ひときわ美しい風景を生み出している。(黟県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019052400232

    「新華社」 朝日に輝く宏村景勝地安徽省黟県  22日、朝日に照らされた安徽省黄山市黟県の宏村景勝地。(小型無人機から)初夏に入り、中国安徽省黄山市黟(い)県の宏村景勝地では、朝日に照らされた伝統的な建築物が、ひときわ美しい風景を生み出している。(黟県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019052400204

    「新華社」 朝日に輝く宏村景勝地安徽省黟県  22日、朝日に照らされた安徽省黄山市黟県の宏村景勝地。(小型無人機から)初夏に入り、中国安徽省黄山市黟(い)県の宏村景勝地では、朝日に照らされた伝統的な建築物が、ひときわ美しい風景を生み出している。(黟県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019052400177

    「新華社」 朝日に輝く宏村景勝地安徽省黟県  22日、朝日に照らされた安徽省黄山市黟県の宏村景勝地。(小型無人機から)初夏に入り、中国安徽省黄山市黟(い)県の宏村景勝地では、朝日に照らされた伝統的な建築物が、ひときわ美しい風景を生み出している。(黟県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019052400179

    「新華社」 朝日に輝く宏村景勝地安徽省黟県  22日、朝日に照らされた安徽省黄山市黟県宏村景勝地にある観光名所の一つ、月沼。(小型無人機から)初夏に入り、中国安徽省黄山市黟(い)県の宏村景勝地では、朝日に照らされた伝統的な建築物が、ひときわ美しい風景を生み出している。(黟県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019052400249

    「新華社」 朝日に輝く宏村景勝地安徽省黟県  22日、朝日に照らされた安徽省黄山市黟県の宏村景勝地。(小型無人機から)初夏に入り、中国安徽省黄山市黟(い)県の宏村景勝地では、朝日に照らされた伝統的な建築物が、ひときわ美しい風景を生み出している。(黟県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019052200330

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、重慶市銅梁区の安居古城。(小型無人機から)中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019052200367

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、重慶市銅梁区の安居古城。(小型無人機から)中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019052200310

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、重慶市銅梁区の安居古城。(小型無人機から)中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019052200312

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、重慶市銅梁区の安居古城。(小型無人機から)中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019052200364

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、重慶市銅梁区の安居古城。(小型無人機から)中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019052200309

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、重慶市銅梁区の安居古城。(小型無人機から)中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019052200289

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、重慶市銅梁区の安居古城。(小型無人機から)中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019051703280

    「新華社」 郊外の公園が天然の「酸素バー」に変身天津市  空から見た西青郊野公園の木造建築物。(4月26日撮影、小型無人機から)中国天津市はここ数年、都市周辺部に10カ所余りの郊野公園(カントリーパーク)を建設し、天然の「酸素バー」とした。相次いで開園した武清郊野公園、北辰郊野公園、西青郊野公園、東麗郊野公園は、都市近郊のレジャー観光地となっている。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019040500778

    「新華社」 千年の歴史持つ「石の村」山東省上九山村  3月31日、鄒城市石牆鎮上九山村の上空からの景色。(小型無人機から)中国山東省鄒城(すうじょう)市石牆(せきしょう)鎮上九山村は宋代に建設が始まった、石造りの家が山に寄り添って立ち並ぶ村。明・清代の建築様式の古い民家が300軒以上あり、古風で質朴、伝統的な村の姿は多くの観光客を魅了している。村は今年1月、第7陣で中国歴史文化名村に登録された。(鄒城=新華社記者/王凱)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019040500781

    「新華社」 千年の歴史持つ「石の村」山東省上九山村  3月31日、鄒城市石牆鎮上九山村の上空からの景色。(小型無人機から)中国山東省鄒城(すうじょう)市石牆(せきしょう)鎮上九山村は宋代に建設が始まった、石造りの家が山に寄り添って立ち並ぶ村。明・清代の建築様式の古い民家が300軒以上あり、古風で質朴、伝統的な村の姿は多くの観光客を魅了している。村は今年1月、第7陣で中国歴史文化名村に登録された。(鄒城=新華社記者/王凱)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019040200287

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019040200266

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/馬暁冬)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019040200295

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日に撮影した北京国際園芸博会場の夜景。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019040200298

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/王建華)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019040200294

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/馬暁冬)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019040200291

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019040200285

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日に撮影した北京国際園芸博会場の全天球画像(パソコンによる合成画像)。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/王建華)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019040200350

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた国際館の夜景。中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019040200336

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日に撮影した北京国際園芸博会場の夜景。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019031403976

    「DPA」 Volkswagen Annual Press Conference 2019. The brand building of VW, Volkswagen, corporate headquarters, exterior view, feature, architecture, annual press conference of Volkswagen AG, public limited company in Wolfsburg on 12.03.2019. | Usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  33. 2019031404086

    「DPA」 Volkswagen Annual Press Conference 2019. The brand building of VW, Volkswagen, corporate headquarters, exterior view, feature, architecture, annual press conference of Volkswagen AG, public limited company in Wolfsburg on 12.03.2019. | Usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  34. 2019012500708

    「新華社」 修繕進む福建大田土堡  17日、福建省大田県安良堡で修繕と保守整備を行う作業員。(小型無人機から)中国福建省三明市大田県には明、清時代に建造された土堡が数多く残る。石を積んだ基礎と土壁で造られたこれらの郷土色の濃い建築物は、防御、居住、貯蔵など多くの機能を兼ね備え、建築様式もさまざまで、文化財としての高い価値を有する。同県は2018年9月、土堡の保護・修繕プロジェクトを開始した。440万元(1元=約16円)を投入して安良堡、泰安堡、広崇堂など3カ所の土堡の修繕と保守整備を実施し、土堡が持つ独特な文化を再び輝かせた。(大田=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019012500560

    「新華社」 修繕進む福建大田土堡  17日、福建省大田県安良堡で修繕と保守整備を行う作業員。(小型無人機から)中国福建省三明市大田県には明、清時代に建造された土堡が数多く残る。石を積んだ基礎と土壁で造られたこれらの郷土色の濃い建築物は、防御、居住、貯蔵など多くの機能を兼ね備え、建築様式もさまざまで、文化財としての高い価値を有する。同県は2018年9月、土堡の保護・修繕プロジェクトを開始した。440万元(1元=約16円)を投入して安良堡、泰安堡、広崇堂など3カ所の土堡の修繕と保守整備を実施し、土堡が持つ独特な文化を再び輝かせた。(大田=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018122820485

    「新華社」 鮮やかな冬景色雲南省昆明市  25日、昆明市の滇池(てんち)周辺の道路と建築物。(小型無人機から)中国雲南省昆明市ではここ数日、暖かい陽気となり、咲き誇る花々が冬景色を彩っている。(昆明=新華社記者/胡超)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018122820544

    「新華社」 鮮やかな冬景色雲南省昆明市  25日、昆明市の滇池(てんち)周辺の建築物。(小型無人機から)中国雲南省昆明市ではここ数日、暖かい陽気となり、咲き誇る花々が冬景色を彩っている。(昆明=新華社記者/藺以光)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018120506557

    「新華社」 中国で最も海抜の低い寺、東明寺  11月29日、空から見た東門嶼の北側、仏澳の全景。(小型無人機から)中国福建省漳州市東山(とうざん)県の観光地、東門嶼の北側にある仏澳に位置する東明寺は、明代に建立された。同寺の敷地面積は200ムー(約13・3ヘクタール)で、山門、仏室、宝殿、玉仏壇、蔵経閣、鐘楼など30余りの建築物がある。寺の前殿は「天王殿」で、弥勒菩薩と四天王を祭っている。天王殿の前は海で、中国で最も海抜の低い寺という同寺の大きな特色となっている。海抜はわずか60センチ余り、海との距離も1メートル余りで、海面とほぼ同じ高さだ。東明寺は元々、小さな祠にすぎなかった。住職の道裕法師が1987年、僧侶と共に海を渡り、荒れた山を開拓して東明寺を拡張したことで、建築面積は6千平方メートルを超え、現在の壮大な仏教建築群が形成された。(漳州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018112615921

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村にある円形土楼、懐遠楼。(小型無人機から)福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018112615942

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村で撮影した懐遠楼(円形)と福源楼(方形)。(小型無人機から)福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018112615896

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村で撮影した懐遠楼。(小型無人機から)福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018111616112

    「新華社」 福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に  11日、空から見た愛荊荘。(小型無人機から)国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018111616104

    「新華社」 福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に  11日、空から見た愛荊荘。(小型無人機から)国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018100120046

    「新華社」 貴州平塘特大橋の主塔建設、最終段階迎える  25日、建設が進む貴州平塘特大橋の主塔。(小型無人機から)中国貴州省の余慶-安竜高速道路の平塘(へいとう)-羅甸(らでん)区間で建設が進められている平塘特大橋でこのほど、主塔の工事が最終段階を迎えた。高さ328メートルの主塔が完成すると、コンクリート製としては世界一の高さとなる。貴州橋梁集団と中国交通建設集団傘下の第二公路工程局が共同で建設する同橋は幅30・2メートルで全長は2135メートル。2019年の完成を見込んでおり、同高速道路の建設で要となるプロジェクトとされる。完成後は貴州のランドマーク的建築物となり、省内の分断された道路網をつなぎ合わせる役目を担う。また、滇黔桂(てんけんけい、雲南省、貴州省、広西チワン族自治区)石漠化地域の貧困脱却攻略戦を進める上でも重要な意義を持つ。(平塘=新華社配信)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019020519559

    「新華社」 重慶藺市遺址で宋代の町と宿場の遺構見つかる  小型無人機で撮影した重慶市涪陵区の藺市遺跡。(資料写真)中国重慶市文化遺産研究院はこのほど、2018年度学術報告会で、涪陵(ふりょう)区の藺市(りんし)遺跡の天坪丘(てんへいきゅう)で建築物の基礎遺構が新たに発見されたことを明らかにした。宋代の四川・重慶地区における町と宿場の研究で重要な意義を持つ。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018091816267

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、複雑な地形に建てられたチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018091815980

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、切り立った崖にそびえるチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018091816327

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、複雑な地形に建てられた建造物が残るチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018091815864

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、切り立った崖にそびえるチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018091021200

    「新華社」 古い歴史を持つ流坑村江西省楽安県  5日、小型無人機から撮影した江西省楽安県にある流坑村の風景。江西省撫州市楽安県の南西部に位置する面積3・61平方キロメートルの流坑村には、約260の伝統的建築物が保存されている。建築物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。流坑村は2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(楽安=新華社記者/潘思危)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像