検索結果 744 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2019070500729

    早稲田大学・資料  早稲田大学の大隈講堂=2018年5月31日、東京都新宿区(共同通信社ヘリから)

  2. 2019070402457

    「2019参院選」 参院選がスタート  参院選が公示され、蒲田駅前の街頭演説会場に集まった有権者ら=4日午後、東京都大田区(共同通信社ヘリから、候補者名などを画像加工しています)

  3. 2019062624164

    「G20大阪サミット」 きょうから大規模交通規制  G20サミットを目前に控えた大阪市の咲洲。中央は主会場の国際展示場「インテックス大阪」=26日(共同通信社ヘリから)

  4. 2019062402640

    「G20大阪サミット」 G20玄関口ピリピリムード  G20大阪サミット会場付近の大阪湾に停泊する海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「かが」=24日午後(共同通信社ヘリから)

  5. 2019070100703

    「新華社」 第13回夏季ダボス会議会場を訪ねて遼寧省大連市  大連国際会議センターと音楽噴水広場の夜景。(6月14日撮影、小型無人機から)世界経済フォーラム(WEF)が主催する第13回夏季ダボス会議が7月1~3日の日程で、中国遼寧省大連市で開催される。メイン会場となる大連国際会議センター周辺はゲストを歓迎する景観づくりが完了し、多くの観光客と市民の注目を集めている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019070100693

    「新華社」 第13回夏季ダボス会議会場を訪ねて遼寧省大連市  大連国際会議センターと音楽噴水広場の夜景。(6月14日撮影、小型無人機から)世界経済フォーラム(WEF)が主催する第13回夏季ダボス会議が7月1~3日の日程で、中国遼寧省大連市で開催される。メイン会場となる大連国際会議センター周辺はゲストを歓迎する景観づくりが完了し、多くの観光客と市民の注目を集めている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019062003915

    「新華社」 北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて  13日、空から見た江西省贛州(かんしゅう)市于都県段屋郷寒信村。(小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(贛州=新華社記者/周密)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019070100674

    「新華社」 第13回夏季ダボス会議会場を訪ねて遼寧省大連市  大連国際会議センター周辺の様子。(6月11日撮影、小型無人機から)世界経済フォーラム(WEF)が主催する第13回夏季ダボス会議が7月1~3日の日程で、中国遼寧省大連市で開催される。メイン会場となる大連国際会議センター周辺はゲストを歓迎する景観づくりが完了し、多くの観光客と市民の注目を集めている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019070100709

    「新華社」 第13回夏季ダボス会議会場を訪ねて遼寧省大連市  大連国際会議センター周辺の様子。(6月7日撮影、小型無人機から)世界経済フォーラム(WEF)が主催する第13回夏季ダボス会議が7月1~3日の日程で、中国遼寧省大連市で開催される。メイン会場となる大連国際会議センター周辺はゲストを歓迎する景観づくりが完了し、多くの観光客と市民の注目を集めている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019070100702

    「新華社」 第13回夏季ダボス会議会場を訪ねて遼寧省大連市  大連国際会議センター周辺の様子。(6月7日撮影、小型無人機から)世界経済フォーラム(WEF)が主催する第13回夏季ダボス会議が7月1~3日の日程で、中国遼寧省大連市で開催される。メイン会場となる大連国際会議センター周辺はゲストを歓迎する景観づくりが完了し、多くの観光客と市民の注目を集めている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019052002184

    「新華社」 媽祖関連の展示物が豊富莆田市博物館を訪ねて福建省  15日、空から見た莆田市博物館の全景。(小型無人機から)中国福建省莆田(ほでん)市の綬渓公園の東側にある莆田博物館は、敷地面積23・3ムー(約1万5500平方メートル)、建築面積2万8800平方メートル、展示ホール面積1万3千平方メートル。同館には文化財1万点余りが所蔵され、その内容は陶磁器や青銅器、石器、書画など、さまざまな分野におよぶ。うち3級以上の貴重な文化財は1378点。同館が所蔵する媽祖(まそ、航海と漁業の女神)文化にまつわる文化財200点余りは、莆田市が世界規模の媽祖文化の中心地を建設するための資料となっている。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019051403023

    「新華社」 冬季五輪に向けたイベントが始動河北省崇礼  11日、開始式典でステージを披露する出演者。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪の開幕まで千日となった11日、スキー競技の会場となる中国河北省張家口市崇礼(すうれい)区で「冬季五輪は私のそばにある」をテーマとしたイベントの開始式典が行われた。(崇礼=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019051403046

    「新華社」 冬季五輪に向けたイベントが始動河北省崇礼  11日、開始式典で竜舞や獅子舞を披露する出演者。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪の開幕まで千日となった11日、スキー競技の会場となる中国河北省張家口市崇礼(すうれい)区で「冬季五輪は私のそばにある」をテーマとしたイベントの開始式典が行われた。(崇礼=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019051403091

    「新華社」 爽やかな初夏の景色遼寧省瀋陽市  6日、2006年に開かれた世界園芸博覧会で会場となった瀋陽市植物園。(小型無人機から)5月に入り、中国遼寧省瀋陽市では、新緑映える初夏の景色が至る所で見られるようになった。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019051402980

    「新華社」 爽やかな初夏の景色遼寧省瀋陽市  6日、2006年に開かれた世界園芸博覧会で会場となった瀋陽市植物園。(小型無人機から)5月に入り、中国遼寧省瀋陽市では、新緑映える初夏の景色が至る所で見られるようになった。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019051702486

    「新華社」 天坑の底で見つけた春たけなわの植物たち湖北省恩施  3日、空から見た宣恩県鑼圈岩村にある天坑。(小型無人機から)中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩(せんおん)県の鑼圏岩(らけんがん)村には、深さ290メートルにおよぶ天坑(陥没穴、シンクホール)がある。ここでは、春の息吹が満ちあふれる風景を見ることができる。(宣恩=新華社配信/宋文)=2019(令和元)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019051100313

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月30日、小型無人機から撮影した北京市延慶区にある竜慶峡。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019051100451

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月30日、小型無人機から撮影した北京市延慶区にある竜慶峡。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019042202258

    「新華社」 空から見る2019北京園芸博  19日、完成した中国館。(小型無人機から)2019北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開幕が近づき、会場の主な建設工事が全面的に完了した。山裾の水辺に位置し、昼から夜にかけてさまざまな表情を見せる博覧会会場は、まるで色とりどりの美しい絵巻のように、世界の人々に向けて広がっている。(北京=新華社記者/侯東涛)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019042202199

    「新華社」 空から見る2019北京園芸博  19日、完成した永寧閣。(小型無人機から)2019北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開幕が近づき、会場の主な建設工事が全面的に完了した。山裾の水辺に位置し、昼から夜にかけてさまざまな表情を見せる博覧会会場は、まるで色とりどりの美しい絵巻のように、世界の人々に向けて広がっている。(北京=新華社記者/侯東涛)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019042202202

    「新華社」 空から見る2019北京園芸博  19日、北京園芸博会場の夜景。(小型無人機から)2019北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開幕が近づき、会場の主な建設工事が全面的に完了した。山裾の水辺に位置し、昼から夜にかけてさまざまな表情を見せる博覧会会場は、まるで色とりどりの美しい絵巻のように、世界の人々に向けて広がっている。(北京=新華社記者/侯東涛)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019042202156

    「新華社」 空から見る2019北京園芸博  19日、完成した中国館。(小型無人機から)2019北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開幕が近づき、会場の主な建設工事が全面的に完了した。山裾の水辺に位置し、昼から夜にかけてさまざまな表情を見せる博覧会会場は、まるで色とりどりの美しい絵巻のように、世界の人々に向けて広がっている。(北京=新華社記者/侯東涛)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019042202141

    「新華社」 空から見る2019北京園芸博  19日、北京園芸博の会場。(小型無人機から)2019北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開幕が近づき、会場の主な建設工事が全面的に完了した。山裾の水辺に位置し、昼から夜にかけてさまざまな表情を見せる博覧会会場は、まるで色とりどりの美しい絵巻のように、世界の人々に向けて広がっている。(北京=新華社記者/侯東涛)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019042202177

    「新華社」 空から見る2019北京園芸博  19日、北京園芸博会場の夜景。(小型無人機から)2019北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開幕が近づき、会場の主な建設工事が全面的に完了した。山裾の水辺に位置し、昼から夜にかけてさまざまな表情を見せる博覧会会場は、まるで色とりどりの美しい絵巻のように、世界の人々に向けて広がっている。(北京=新華社記者/侯東涛)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019042202159

    「新華社」 空から見る2019北京園芸博  19日、完成した永寧閣。(小型無人機から)2019北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開幕が近づき、会場の主な建設工事が全面的に完了した。山裾の水辺に位置し、昼から夜にかけてさまざまな表情を見せる博覧会会場は、まるで色とりどりの美しい絵巻のように、世界の人々に向けて広がっている。(北京=新華社記者/侯東涛)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019042202154

    「新華社」 空から見る2019北京園芸博  19日、空から見た中国館。(小型無人機から)2019北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開幕が近づき、会場の主な建設工事が全面的に完了した。山裾の水辺に位置し、昼から夜にかけてさまざまな表情を見せる博覧会会場は、まるで色とりどりの美しい絵巻のように、世界の人々に向けて広がっている。(北京=新華社記者/侯東涛)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019051100307

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月18日、小型無人機から撮影した北京園芸博の会場。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/陳曄華)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019041220550

    パラ、共生へ道筋示せるか  2020年東京パラリンピックでボッチャの会場となる有明体操競技場=12日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

  29. 2019051100311

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月2日、小型無人機から撮影した八達嶺長城の麓にある100年の歴史を持つ青竜橋駅。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019051100450

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月2日、小型無人機から撮影した花が満開になった八達嶺長城。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019040103321

    「新華社」 北京国際園芸博、現代中国の「緑の代名詞」に  27日、空から見た中国館。中国北京市延慶区の2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の会場では、作業員による各会場や屋外庭園エリアなどの工事が仕上げ段階に入った。1999年の昆明園芸博に続き、「園芸界の五輪」と呼ばれる世界トップクラスの園芸博が約1カ月後に再び中国で開幕し、世界の注目を集めることになる。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019040200287

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019040200266

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/馬暁冬)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019040200295

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日に撮影した北京国際園芸博会場の夜景。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019040200298

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/王建華)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019040200294

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/馬暁冬)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019040200291

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019040200285

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日に撮影した北京国際園芸博会場の全天球画像(パソコンによる合成画像)。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/王建華)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019040200350

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた国際館の夜景。中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019040200336

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日に撮影した北京国際園芸博会場の夜景。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019032800801

    「新華社」 巻き貝料理に舌鼓江蘇省淮安市  23日、江蘇省淮安市洪沢区の蒋壩鎮で行われた巻き貝フェスティバルの会場。(小型無人機から)中国江蘇省淮安(わいあん)市洪沢(こうたく)区の蒋壩(しょうは)鎮で23日、「2019洪沢巻き貝フェスティバル」が開催された。多くの観光客が集まり、巻き貝を使ったさまざまな料理を味わった。(淮安=新華社配信/万震)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019062003960

    「新華社」 北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて  江西省南昌市南昌県にある鳳凰溝景勝区の茶園に咲くハクモクレンと桜。(3月19日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019051100309

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  3月18日、小型無人機から撮影した九眼楼長城。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019051100422

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  3月17日、小型無人機から撮影した太陽に照らされる北京市延慶区の野鴨湖。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019051100380

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  3月17日、小型無人機から撮影した北京市延慶区の野鴨湖。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019031502114

    「新華社」 早春の博鰲を訪ねて海南省  13日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地の波止場で遊覧船に乗り込む観光客。(小型無人機から)中国海南省瓊海市博鰲(ボアオ)鎮にあるボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地に13日、多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして春の景色を楽しんでいた。(博鰲=新華社記者/魯鵬)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019031502162

    「新華社」 早春の博鰲を訪ねて海南省  13日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地付近の玉帯灘のビーチ。(小型無人機から)中国海南省瓊海市博鰲(ボアオ)鎮にあるボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地に13日、多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして春の景色を楽しんでいた。(博鰲=新華社記者/楊冠宇)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019031502211

    「新華社」 早春の博鰲を訪ねて海南省  13日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地周辺を周遊する遊覧船。(小型無人機から)中国海南省瓊海市博鰲(ボアオ)鎮にあるボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地に13日、多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして春の景色を楽しんでいた。(博鰲=新華社記者/楊冠宇)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019031502209

    「新華社」 早春の博鰲を訪ねて海南省  13日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地付近の玉帯灘のビーチ。(小型無人機から)中国海南省瓊海市博鰲(ボアオ)鎮にあるボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地に13日、多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして春の景色を楽しんでいた。(博鰲=新華社記者/楊冠宇)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019032800788

    「新華社」 【ボアオ·アジアフォーラム】年次総会開催へ準備万端  ボアオ・アジアフォーラムの会場エリアを巡航する清瀾海事局の船舶。(3月13日撮影、小型無人機から)「共同運命、共同行動、共同発展」をテーマとするボアオ・アジアフォーラム2019年年次総会が26日から29日まで中国海南省博鰲(ボアオ)鎮で開催される。(博鰲=新華社記者/楊冠宇)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像