検索結果 237 件中 1 件 〜 50 件 "sports"
  1. 2019091901198

    「新華社」 第11回全国少数民族伝統体育運動会が閉幕河南省鄭州市  16日に閉幕式が行われた鄭州オリンピックセンター。(小型無人機から)中国河南省鄭州市で16日、第11回全国少数民族伝統体育運動会の閉幕式が行われた。(鄭州=新華社記者/李嘉南)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019081504061

    「新華社」 薄霧立ち込める新安江の朝浙江省建徳市  14日、新安江のほとりにある緑道で運動を楽しむ市民。(小型無人機から)中国浙江省建徳市を流れる新安江では14日朝、薄い霧が立ち込め、幻想的な風景が広がった。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019081504062

    「新華社」 薄霧立ち込める新安江の朝浙江省建徳市  14日、新安江のほとりにある緑道で運動を楽しむ市民。(小型無人機から)中国浙江省建徳市を流れる新安江では14日朝、薄い霧が立ち込め、幻想的な風景が広がった。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019081504064

    「新華社」 薄霧立ち込める新安江の朝浙江省建徳市  14日、新安江のほとりにある緑道で運動を楽しむ市民。(小型無人機から)中国浙江省建徳市を流れる新安江では14日朝、薄い霧が立ち込め、幻想的な風景が広がった。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019081504078

    「新華社」 薄霧立ち込める新安江の朝浙江省建徳市  14日、新安江のほとりで運動を楽しむ市民。(小型無人機から)中国浙江省建徳市を流れる新安江では14日朝、薄い霧が立ち込め、幻想的な風景が広がった。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019081607977

    「新華社」 エコツーリズム、牧畜民の富裕化を後押し甘粛省  13日、ルチュ県尕海鎮尕秀村の観光テント村。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州はここ数年、少数民族の風情や独特な生態資源を利用した観光産業を大いに発展させてきた。「全エリアごみゼロ」運動により観光の質を高め、尕秀(ガシュウ)や香告(シャンガオ)、扎尕那(ザガナ)などチベット族文化を色濃く残す100以上の観光モデル村を整備し、農牧民が農村観光などの文化・観光産業への参加を通じ「グリーン(環境配慮型)」な富裕化を実現できるよう導いている。(甘南チベット族自治州=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019081607944

    「新華社」 エコツーリズム、牧畜民の富裕化を後押し甘粛省  13日、ルチュ県尕海鎮尕秀村の観光テント村。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州はここ数年、少数民族の風情や独特な生態資源を利用した観光産業を大いに発展させてきた。「全エリアごみゼロ」運動により観光の質を高め、尕秀(ガシュウ)や香告(シャンガオ)、扎尕那(ザガナ)などチベット族文化を色濃く残す100以上の観光モデル村を整備し、農牧民が農村観光などの文化・観光産業への参加を通じ「グリーン(環境配慮型)」な富裕化を実現できるよう導いている。(甘南チベット族自治州=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019073103422

    「新華社」 オリジナル国際サーカス劇「竜秀」、広東省珠海市で初上演  26日、「竜秀」が上演された珠海長隆劇院。同劇場は珠海市の横琴島に建設され、総建築面積7万1千平方メートル、6700席を備えている。(小型無人機から)中国広東省珠海市に伝わる漁女の神話を改編したオリジナル国際サーカス「竜秀」が26日、同市の珠海長隆劇院で初上演された。「竜秀」は、国際的なサーカス芸術と中国の伝統的な演目を融合し、物語を中心に、雑技やマジック、エクストリームスポーツ、喜劇、ダンス、歌のほか、アーティスティックスイミングなどさまざまな表現形式を巧みに取り入れた作品で、アジアや欧米、アフリカの22カ国のサーカスパフォーマー300人以上が共同で演技を繰り広げた。公演は国際サーカス芸術の革新的な発展の有益な試みとなったほか、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)の文化観光の新たな目玉ともなっている。(珠海=新華社記者/劉大偉)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019072000991

    「南海トラフ巨大地震」 定点・静岡県空撮資料  静岡県掛川市国安の大東総合運動場付近=2019年6月17日(共同通信社ヘリから)

  10. 2019071706513

    「新華社」 2019年大連ビーチアルティメット選手権大会開催  13日、フライングディスクを奪い合う選手。(小型無人機から)中国遼寧省大連市にある金石灘国家観光リゾート区の黄金海岸で13日、フライングディスク(フリスビー)競技の一種「ビーチアルティメット」の国際大会、「2019年大連ビーチアルティメット選手権大会」が開かれた。2日間にわたる同大会には、多くの選手が参加し、熱戦を繰り広げた。アルティメットは、近年注目されてきた新しいスポーツで、その斬新な遊び方が若者の人気を集めている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019070405383

    「新華社」 空から見た大連の美しい広場  空から見た大連市の友好広場。市内で最もにぎやかな商業地区と最も慌ただしい中心業務地区(CBD)が交わる場所にある。(6月19日撮影、小型無人機から)中国遼寧省大連市は有名な観光都市で、市内には多くの広場がある。これらの広場は都市イメージ向上や市民の文化・スポーツイベント開催、観光関連分野で重要な役割を果たしている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019070405395

    「新華社」 空から見た大連の美しい広場  空から見た大連市の友好広場。市内で最もにぎやかな商業地区と最も慌ただしい中心業務地区(CBD)が交わる場所にある。(6月19日撮影、小型無人機から)中国遼寧省大連市は有名な観光都市で、市内には多くの広場がある。これらの広場は都市イメージ向上や市民の文化・スポーツイベント開催、観光関連分野で重要な役割を果たしている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019070405387

    「新華社」 空から見た大連の美しい広場  空から見た大連市の中山広場。建設から100年以上の歴史を持つ同広場は、中国東北部で最も面積が大きい円形広場で、放射状に広がっている。(6月19日撮影、小型無人機から)中国遼寧省大連市は有名な観光都市で、市内には多くの広場がある。これらの広場は都市イメージ向上や市民の文化・スポーツイベント開催、観光関連分野で重要な役割を果たしている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019070405370

    「新華社」 空から見た大連の美しい広場  空から見た大連市の人民広場。市の行政機関が集中する中心部にある広場で、主要幹線道路の中山路が広場を貫いている。(6月19日撮影、小型無人機から)中国遼寧省大連市は有名な観光都市で、市内には多くの広場がある。これらの広場は都市イメージ向上や市民の文化・スポーツイベント開催、観光関連分野で重要な役割を果たしている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019070405372

    「新華社」 空から見た大連の美しい広場  空から見た大連市の人民広場。市の行政機関が集中する中心部にある広場で、主要幹線道路の中山路が広場を貫いている。(6月19日撮影、小型無人機から)中国遼寧省大連市は有名な観光都市で、市内には多くの広場がある。これらの広場は都市イメージ向上や市民の文化・スポーツイベント開催、観光関連分野で重要な役割を果たしている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019070405373

    「新華社」 空から見た大連の美しい広場  空から見た大連市の中山広場と周辺の建物。建設から100年以上の歴史を持つ同広場は、中国東北部で最も面積が大きい円形広場で、放射状に広がっている。(6月19日撮影、小型無人機から)中国遼寧省大連市は有名な観光都市で、市内には多くの広場がある。これらの広場は都市イメージ向上や市民の文化・スポーツイベント開催、観光関連分野で重要な役割を果たしている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019070405382

    「新華社」 空から見た大連の美しい広場  空から見た大連市の友好広場。市内で最もにぎやかな商業地区と最も慌ただしい中心業務地区(CBD)が交わる場所にある。(6月19日撮影、小型無人機から)中国遼寧省大連市は有名な観光都市で、市内には多くの広場がある。これらの広場は都市イメージ向上や市民の文化・スポーツイベント開催、観光関連分野で重要な役割を果たしている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019070405440

    「新華社」 空から見た大連の美しい広場  空から見た大連市の中山広場と周辺の建物。建設から100年以上の歴史を持つ同広場は、中国東北部で最も面積が大きい円形広場で、放射状に広がっている。(6月12日撮影、小型無人機から)中国遼寧省大連市は有名な観光都市で、市内には多くの広場がある。これらの広場は都市イメージ向上や市民の文化・スポーツイベント開催、観光関連分野で重要な役割を果たしている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019070405449

    「新華社」 空から見た大連の美しい広場  空から見た大連市の中山広場と周辺の建物。建設から100年以上の歴史を持つ同広場は、中国東北部で最も面積が大きい円形広場で、放射状に広がっている。(6月12日撮影、小型無人機から)中国遼寧省大連市は有名な観光都市で、市内には多くの広場がある。これらの広場は都市イメージ向上や市民の文化・スポーツイベント開催、観光関連分野で重要な役割を果たしている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019071202413

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県の洗車河鎮で「擺手舞」(明朝末期から清朝初期にかけて発祥したとされる歌と一体になった踊り)を踊るトゥチャ族の人々。(6月6日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019071202447

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  湖南省永州市道県の瀟水(しょうすい)河で、レースを待つドラゴンボート。(6月3日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(長沙=新華社配信/何紅福)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019071202458

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  張家界市の観光スポット、武陵源景勝地にある宝峰湖。(6月1日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(張家界=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019071202417

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  張家界市の人気観光スポット、武陵源景勝地の絶壁に造られた「百龍天梯」(エレベーター)。(6月1日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(張家界=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019071202474

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  張家界市の観光スポット、武陵源景勝地の「九十九道弯」。(5月31日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(張家界=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019071202419

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  張家界市の人気観光スポット、武陵源景勝地の「十里画廊」。(5月26日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2019(令和元)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019051100313

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月30日、小型無人機から撮影した北京市延慶区にある竜慶峡。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019051100451

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月30日、小型無人機から撮影した北京市延慶区にある竜慶峡。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019042401092

    「新華社」 空から見た南京  19日、南京オリンピック・スポーツセンターの競技場。(小型無人機から)南京市は中国江蘇省南西部、長江下流に位置する中国東部の中心都市で、全国的に重要な科学研究教育基地であり、また総合的な交通の要衝でもある。第一期の国家歴史文化名城と全国重点風景観光都市に指定されている。(南京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019051100307

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月18日、小型無人機から撮影した北京園芸博の会場。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/陳曄華)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019071202408

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  湖南省永州市道県濂渓河畔に広がる田園景色。(4月16日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(長沙=新華社配信/何紅福)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019041700427

    「新華社」 空から見た建設中の上海天文館  3日、建設中の上海天文館本体部分。(小型無人機から)中国上海市浦東新区に建設中の上海天文館は、建築総面積約3万8千平方メートルで、本体部分、太陽タワー、青少年観測基地、一般向け天文台などの付属施設で構成される。天文館の建築デザインには「天体」と「軌道運動」というコンセプトが採用され、建物の構造は極めて複雑で、大型のカンチレバー(片持ち梁)構造は特に珍しい。2層の双方向トラス構造で構成され、スパンは約61メートル、カンチレバーの平面部分最大スパンは約36メートルとなっている。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019041700426

    「新華社」 空から見た建設中の上海天文館  3日、建設中の上海天文館本体部分。(小型無人機から)中国上海市浦東新区に建設中の上海天文館は、建築総面積約3万8千平方メートルで、本体部分、太陽タワー、青少年観測基地、一般向け天文台などの付属施設で構成される。天文館の建築デザインには「天体」と「軌道運動」というコンセプトが採用され、建物の構造は極めて複雑で、大型のカンチレバー(片持ち梁)構造は特に珍しい。2層の双方向トラス構造で構成され、スパンは約61メートル、カンチレバーの平面部分最大スパンは約36メートルとなっている。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019041700507

    「新華社」 空から見た建設中の上海天文館  3日、建設中の上海天文館本体部分。(小型無人機から)中国上海市浦東新区に建設中の上海天文館は、建築総面積約3万8千平方メートルで、本体部分、太陽タワー、青少年観測基地、一般向け天文台などの付属施設で構成される。天文館の建築デザインには「天体」と「軌道運動」というコンセプトが採用され、建物の構造は極めて複雑で、大型のカンチレバー(片持ち梁)構造は特に珍しい。2層の双方向トラス構造で構成され、スパンは約61メートル、カンチレバーの平面部分最大スパンは約36メートルとなっている。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019051100311

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月2日、小型無人機から撮影した八達嶺長城の麓にある100年の歴史を持つ青竜橋駅。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019051100450

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  4月2日、小型無人機から撮影した花が満開になった八達嶺長城。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019051100309

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  3月18日、小型無人機から撮影した九眼楼長城。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019051100422

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  3月17日、小型無人機から撮影した太陽に照らされる北京市延慶区の野鴨湖。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019051100380

    「新華社」 北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて  3月17日、小型無人機から撮影した北京市延慶区の野鴨湖。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019030400869

    2㌻特集「東京五輪まで500日」 テスト大会控え急ピッチ  臨海地区で建設が進む(手前から)有明アリーナ、有明体操競技場、有明アーバンスポーツパーク(奥の空き地)=2日、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

  40. 2019031800542

    「新華社」 中国の最高標高地点で活動する車いすバスケチーム  3日、試合に臨む車いすバスケチームの選手たち。(小型無人機から)初春を迎えた週末、海抜3700メートルの高原に位置する中国チベット自治区ラサ市の北部郊外にあるバスケットボール場で、障害を持つ人たちがバスケの試合を行っていた。彼らは車いすを操ってパスやカット、シュート、リバウンドなどのパフォーマンスを繰り広げ、急なストップや方向転換、前進の動作をしながら相手のマークを外していた。ラサ市のこのアマチュア車いすバスケチームには現在、25人のメンバーが所属し、うち6人は女性だ。ほとんどのメンバーは自分の仕事を持ち、コックや政府機関の秘書、同市にある著名な巡礼道、八廓街で商売を営むビジネスマンおよび伝統的唐卡(タンカ、チベット仏教の宗教画を描いた掛け軸)の絵師などの職に就いている。彼らはバスケという共通の趣味を持った人同士で集まり、チームを組んだ。このチームは2016年11月、同市で開かれた第1回ラサ市障害者スポーツ大会で、人々の前に初めて姿を現した。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019031800529

    「新華社」 中国の最高標高地点で活動する車いすバスケチーム  3日、試合に臨む車いすバスケチームの選手たち。(小型無人機から)初春を迎えた週末、海抜3700メートルの高原に位置する中国チベット自治区ラサ市の北部郊外にあるバスケットボール場で、障害を持つ人たちがバスケの試合を行っていた。彼らは車いすを操ってパスやカット、シュート、リバウンドなどのパフォーマンスを繰り広げ、急なストップや方向転換、前進の動作をしながら相手のマークを外していた。ラサ市のこのアマチュア車いすバスケチームには現在、25人のメンバーが所属し、うち6人は女性だ。ほとんどのメンバーは自分の仕事を持ち、コックや政府機関の秘書、同市にある著名な巡礼道、八廓街で商売を営むビジネスマンおよび伝統的唐卡(タンカ、チベット仏教の宗教画を描いた掛け軸)の絵師などの職に就いている。彼らはバスケという共通の趣味を持った人同士で集まり、チームを組んだ。このチームは2016年11月、同市で開かれた第1回ラサ市障害者スポーツ大会で、人々の前に初めて姿を現した。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019012919146

    「新華社」 浙江省杭州市でオオクログワイ収穫·皮むき大会開催  27日、三星村で開かれたオオクログワイ掘り大会。(小型無人機から)中華料理の食材として知られるオオクログワイの収穫と皮むきのスピードを競う運動会が27日、浙江省杭州市余杭(よこう)区の三星村で開かれた。村民がオオクログワイ掘りと塊茎(かいけい)の皮むきのスピードを競い、訪れた多くの観光客が声援を送った。(杭州=新華社配信/李忠)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019012918362

    「新華社」 浙江省杭州市でオオクログワイ収穫·皮むき大会開催  27日、三星村で開かれたオオクログワイの皮むき大会。(小型無人機から)中華料理の食材として知られるオオクログワイの収穫と皮むきのスピードを競う運動会が27日、浙江省杭州市余杭(よこう)区の三星村で開かれた。村民がオオクログワイ掘りと塊茎(かいけい)の皮むきのスピードを競い、訪れた多くの観光客が声援を送った。(杭州=新華社配信/李忠)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019012820406

    「新華社」 氷上ドラゴンボートレース開催内モンゴル自治区  25日、氷上ドラゴンボートレースに参加する各代表チーム。(小型無人機から)2019年「ドロンノール杯」中国第14回冬季運動会、氷上ドラゴンボート競技のテストマッチが24、25日の2日間、内モンゴル自治区ドロンノール県で行われた。全国から集まった30余チーム、500人以上の選手がレースに参加した。(ドロンノール=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019012821441

    「新華社」 氷上ドラゴンボートレース開催内モンゴル自治区  25日、氷上ドラゴンボートレースに参加する各代表チーム。(小型無人機から)2019年「ドロンノール杯」中国第14回冬季運動会、氷上ドラゴンボート競技のテストマッチが24、25日の2日間、内モンゴル自治区ドロンノール県で行われた。全国から集まった30余チーム、500人以上の選手がレースに参加した。(ドロンノール=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019012821498

    「新華社」 氷上ドラゴンボートレース開催内モンゴル自治区  25日、氷上ドラゴンボートレースに参加する各代表チーム。(小型無人機から)2019年「ドロンノール杯」中国第14回冬季運動会、氷上ドラゴンボート競技のテストマッチが24、25日の2日間、内モンゴル自治区ドロンノール県で行われた。全国から集まった30余チーム、500人以上の選手がレースに参加した。(ドロンノール=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019012820420

    「新華社」 寒さに負けずスポーツを楽しむ寧夏回族自治区銀川市  20日、氷上で行われたドラゴンボートレース。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市で20日、「2018-2019全国大衆冬季スポーツ普及活動」寧夏会場の開会式が行われ、「冬季健康チャレンジデー」が始まった。今回は、氷上ドラゴンボートレース、雪上での綱引きやサッカーなどの集団競技と、雪投げ、ボール転がし、スノーラフティングなど会場で応募できる個人競技が行われる。(銀川=新華社配信/馮開華)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019013010499

    「新華社」 雪原でウインタースポーツを楽しもう吉林省吉林市  19日、レースに臨む選手。(小型無人機から)中国体育場館協会と中国スキー協会が共催する国際スキーオリエンテーリング大会(internationalopeninalpineskiorienteering)2019の開幕戦が19日、中国吉林省の北大壺(ほくたいこ)スキー場で行われた。国内外の選手300人余りが雪原を走り抜け、白銀の大自然を楽しんだ。(吉林=新華社記者/許暢)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019012202907

    「新華社」 きらびやかな雪と氷の季節黒竜江省ハルビン市  15日に撮影したハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)「氷雪の冠に輝く真珠-ハルビン」をテーマとする第35回中国・ハルビン国際氷雪祭りは5日の開幕以来、各地から訪れる多くの観光客を引き付けている。黒竜江省ハルビン市は氷と雪の季節に、氷雪観光、氷雪文化、氷雪ファッション、氷雪経済貿易、氷雪スポーツの5ジャンルのイベントを100以上行う。さまざまなイベントを開催することで、観光客に豪華な「氷雪の宴」を体験してもらう。(ハルビン=新華社記者/王松)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019012202881

    「新華社」 きらびやかな雪と氷の季節黒竜江省ハルビン市  15日に撮影したハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)「氷雪の冠に輝く真珠-ハルビン」をテーマとする第35回中国・ハルビン国際氷雪祭りは5日の開幕以来、各地から訪れる多くの観光客を引き付けている。黒竜江省ハルビン市は氷と雪の季節に、氷雪観光、氷雪文化、氷雪ファッション、氷雪経済貿易、氷雪スポーツの5ジャンルのイベントを100以上行う。さまざまなイベントを開催することで、観光客に豪華な「氷雪の宴」を体験してもらう。(ハルビン=新華社記者/王松)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像