検索結果 12 件中 1 件 〜 12 件 "陝西省漢中市"
  1. 2019101703450

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯墓。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019101703525

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019101703531

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019101703502

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019071005815

    諸葛孔明が眠る「武侯墓」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県にある武侯墓の入口。(資料写真)中国の歴史上で傑出した政治家、軍事戦略家として知られる三国時代の蜀漢(しょくかん)の宰相、諸葛亮(孔明)の墓「武侯(ぶこう)墓」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から南へ4キロの地点にある定軍山の麓に位置する。全国重点文物保護単位と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されており、面積は360ムー(24ヘクタール)余り。山林部分と墓地部分からなる。墓園内には明・清時代の古建築が墓塚を中心軸として多数配置されている。石碑や壁画、塑像、扁額(へんがく)や対聯(ついれん)など貴重な文化財も多く保存されており、特に漢代の柏22本は大変珍しく、墓地に素朴で気品ある静けさを添えている。諸葛亮は生前、劉備を補佐して蜀漢政権を樹立。官職は最高位の丞相(じょうしょう)に至り、武郷侯に封じられた。死後に忠武侯の称号が贈られたため、その墓は長きにわたり人々から「武侯墓」と呼ばれてきた。諸葛亮は234年、曹魏に対する5回目の北伐の最中に病に倒れ、五丈原(陝西省宝鶏市岐山県)で陣没した。臨終の際に「漢中の定軍山に葬るように」と遺言したことからこの地に埋葬された。(漢中=新華社配信/宋楽)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019071005809

    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城の武侯祠に立つ牌楼。(資料写真)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019071005826

    三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城にある馬超墓祠の前院に立つ正殿。(2018年4月28日撮影)中国三国時代の蜀漢(しょくかん)五虎大将軍の一人、馬超(ば・ちょう)の墓「馬超墓祠」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から西へ2キロの国道108号線沿いある。省の重点文物保護単位に指定されており、西は同じく蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る武侯祠(ぶこうし)に接している。馬超の字(あざな)は孟起(もうき)といい、蜀漢を興した劉備に投じる前は「征西将軍」を称し、涼州(現在の甘粛省、寧夏回族自治区一帯)を拠点に曹操に敵対した。曹操配下の武将の中では許褚(きょ・ちょ)以外に匹敵する者がいなかったため「三国の英雄に馬超あり」と言われた。蜀漢の章武元年(221年)に陽平関(現在の陝西省漢中市勉県)の守備を任されたが、翌年47歳で病没し、同地に埋葬された。贈り名は「威侯」。墓前には年代不詳の祠(ほこら)が建てられている。清代までは広大な規模を誇った馬超墓祠だが、清代の嘉慶年間(1796~1820年)と太平天国(1851~1864年)期に破壊を受けた。現在の墓祠の面積は40ムー(約2・7ヘクタール)。山門、大殿、東西廂房、配殿などの建物が、幾度の修復を経て今日に至っている。(西安=新華社配信/宋楽)=2018(平成30)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019071005828

    三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城の馬超墓祠。(2018年4月28日撮影)中国三国時代の蜀漢(しょくかん)五虎大将軍の一人、馬超(ば・ちょう)の墓「馬超墓祠」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から西へ2キロの国道108号線沿いある。省の重点文物保護単位に指定されており、西は同じく蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る武侯祠(ぶこうし)に接している。馬超の字(あざな)は孟起(もうき)といい、蜀漢を興した劉備に投じる前は「征西将軍」を称し、涼州(現在の甘粛省、寧夏回族自治区一帯)を拠点に曹操に敵対した。曹操配下の武将の中では許褚(きょ・ちょ)以外に匹敵する者がいなかったため「三国の英雄に馬超あり」と言われた。蜀漢の章武元年(221年)に陽平関(現在の陝西省漢中市勉県)の守備を任されたが、翌年47歳で病没し、同地に埋葬された。贈り名は「威侯」。墓前には年代不詳の祠(ほこら)が建てられている。清代までは広大な規模を誇った馬超墓祠だが、清代の嘉慶年間(1796~1820年)と太平天国(1851~1864年)期に破壊を受けた。現在の墓祠の面積は40ムー(約2・7ヘクタール)。山門、大殿、東西廂房、配殿などの建物が、幾度の修復を経て今日に至っている。(西安=新華社配信/宋楽)。=2018(平成30)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019071005879

    三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城にある馬超墓祠の墓塚の前に立つ碑亭。(2018年4月28日撮影)中国三国時代の蜀漢(しょくかん)五虎大将軍の一人、馬超(ば・ちょう)の墓「馬超墓祠」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から西へ2キロの国道108号線沿いある。省の重点文物保護単位に指定されており、西は同じく蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る武侯祠(ぶこうし)に接している。馬超の字(あざな)は孟起(もうき)といい、蜀漢を興した劉備に投じる前は「征西将軍」を称し、涼州(現在の甘粛省、寧夏回族自治区一帯)を拠点に曹操に敵対した。曹操配下の武将の中では許褚(きょ・ちょ)以外に匹敵する者がいなかったため「三国の英雄に馬超あり」と言われた。蜀漢の章武元年(221年)に陽平関(現在の陝西省漢中市勉県)の守備を任されたが、翌年47歳で病没し、同地に埋葬された。贈り名は「威侯」。墓前には年代不詳の祠(ほこら)が建てられている。清代までは広大な規模を誇った馬超墓祠だが、清代の嘉慶年間(1796~1820年)と太平天国(1851~1864年)期に破壊を受けた。現在の墓祠の面積は40ムー(約2・7ヘクタール)。山門、大殿、東西廂房、配殿などの建物が、幾度の修復を経て今日に至っている。(西安=新華社配信/宋楽)=2018(平成30)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019071005810

    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城にある武侯祠の拝殿前広場。(2016年1月17日撮影)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019071005811

    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城の武侯祠。(2016年1月17日撮影)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019071005841

    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城にある武侯祠の戟門(げきもん)。(2016年1月17日撮影)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像