検索結果 347 件中 1 件 〜 50 件 "Architecture"
  1. 2019072202045

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019072202028

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019072202173

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019072202109

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019072202065

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂に立つマリア像と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019072202101

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂から望むマカオ・タワー。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019071706534

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  6日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019071706547

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  6日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019071706581

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019071706535

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019071706551

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019071706647

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019071706654

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、馬車に乗り、ミャンマー・バガンの風景を楽しむ観光客。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019071706550

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019071706537

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019070306230

    「DPA」 Ruhr conference. Feature, symbol photo, border motif, the SANAA building, architecture, exterior, panorama, university building in Essen, also known as Zollverein cube, Zollverein School and Sanaa cube. The building was designed by Japanese architect Kazuyo Sejima and her colleague Ryue Nishizawa The Tokyo-based architect‘s office SANAA has been using the building of the Folkwang University of Arts since 2010. [Ruhr-Conference, topic forum “Using the potential of the metropolitan area for health and care“ in the Sanaa building on the grounds of the Zollverein World Heritage Site in Essen, 01.07 .2019. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  17. 2019052400240

    「新華社」 瀋陽故宮の鳳凰楼約30年を経て楼上を再公開  21日に撮影した瀋陽故宮の鳳凰楼。中国遼寧省の瀋陽故宮で21日、10人の観光客が職員に導かれながら鳳凰楼に登った。鳳凰楼の一般公開は1990年に閉鎖されてから約30年ぶりとなる。清代・太宗天聡年間(1627~1635年)に建設された鳳凰楼は、瀋陽故宮中央に位置する中路(中院)建築群の中心軸線上にあり、三層入母屋造の屋根に黄色の瑠璃瓦と緑色の縁瓦を配し、回廊を巡らせた建築物。鳳凰楼は3階建てで、建設当時は瀋陽で最も高い建物だった。楼上から街全体を眺めることができ、日の出は「鳳凰のあかつき」として、名高い「盛京(瀋陽)八景」の一つとされていた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019052700425

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019071706656

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  ミャンマーのバガンで修復作業が進むタビニュ寺院。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019071706578

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  ミャンマーのバガンで滑車を使ってタビニュ寺院にセメントモルタルを運ぶ労働者。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019040800382

    「CTK」 Museum of the Classic Foundation Weimar, Bauhaus Opening of the new building of the new Bauhaus Museum of the ‘Klassik Stiftung Weimar‘ (Classic Foundation Weimar) in Weimar, Germany, April 5, 2019. (CTK Photo/Martin Weiser)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  22. 2019040800384

    「CTK」 Museum of the Classic Foundation Weimar, Bauhaus Opening of the new building of the new Bauhaus Museum of the ‘Klassik Stiftung Weimar‘ (Classic Foundation Weimar) in Weimar, Germany, April 5, 2019. (CTK Photo/Martin Weiser)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  23. 2019040800400

    「CTK」 Museum of the Classic Foundation Weimar, Bauhaus Opening of the new building of the new Bauhaus Museum of the ‘Klassik Stiftung Weimar‘ (Classic Foundation Weimar) in Weimar, Germany, April 5, 2019. (CTK Photo/Martin Weiser)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  24. 2019040100543

    「CTK」 Residence Waltrovka, Aviatica building Penta Real Estate sold five office buildings from the Waltrovka complex in Prague‘s district of Jinonice to South Korea‘s Hanwha Investment & Securities, Penta spokesman Ivo Mravinac told CTK, and according to CTK files, the deal was worth more than EUR250m (about Kc6.3bn). The purchase contract was signed on March 28, 2019, by GLL company, a part of Macquarie Group that manages assets of the South Korean firm. On the photo from March 29, 2019, is seen Aviatica, main building of the complex. (CTK Photo/Katerina Sulova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  25. 2019040100547

    「CTK」 Residence Waltrovka, Walter building Penta Real Estate sold five office buildings from the Waltrovka complex in Prague‘s district of Jinonice to South Korea‘s Hanwha Investment & Securities, Penta spokesman Ivo Mravinac told CTK, and according to CTK files, the deal was worth more than EUR250m (about Kc6.3bn). The purchase contract was signed on March 28, 2019, by GLL company, a part of Macquarie Group that manages assets of the South Korean firm. On the photo from March 29, 2019, is seen Walter, one of buildings of the complex. (CTK Photo/Katerina Sulova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  26. 2019040100561

    「CTK」 Residence Waltrovka, Aviatica building Penta Real Estate sold five office buildings from the Waltrovka complex in Prague‘s district of Jinonice to South Korea‘s Hanwha Investment & Securities, Penta spokesman Ivo Mravinac told CTK, and according to CTK files, the deal was worth more than EUR250m (about Kc6.3bn). The purchase contract was signed on March 28, 2019, by GLL company, a part of Macquarie Group that manages assets of the South Korean firm. On the photo from March 29, 2019, is seen Aviatica, main building of the complex. (CTK Photo/Katerina Sulova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  27. 2019040100562

    「CTK」 Residence Waltrovka Penta Real Estate sold five office buildings from the Waltrovka complex in Prague‘s district of Jinonice to South Korea‘s Hanwha Investment & Securities, Penta spokesman Ivo Mravinac told CTK, and according to CTK files, the deal was worth more than EUR250m (about Kc6.3bn). The purchase contract was signed on March 28, 2019, by GLL company, a part of Macquarie Group that manages assets of the South Korean firm. On the photo from March 29, 2019, is seen Aviatica, main building of the complex. (CTK Photo/Katerina Sulova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  28. 2019040100567

    「CTK」 Residence Waltrovka, Aviatica building Penta Real Estate sold five office buildings from the Waltrovka complex in Prague‘s district of Jinonice to South Korea‘s Hanwha Investment & Securities, Penta spokesman Ivo Mravinac told CTK, and according to CTK files, the deal was worth more than EUR250m (about Kc6.3bn). The purchase contract was signed on March 28, 2019, by GLL company, a part of Macquarie Group that manages assets of the South Korean firm. On the photo from March 29, 2019, is seen Aviatica, main building of the complex. (CTK Photo/Katerina Sulova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  29. 2019040100542

    「CTK」 Residence Waltrovka, Aviatica building Penta Real Estate sold five office buildings from the Waltrovka complex in Prague‘s district of Jinonice to South Korea‘s Hanwha Investment & Securities, Penta spokesman Ivo Mravinac told CTK, and according to CTK files, the deal was worth more than EUR250m (about Kc6.3bn). The purchase contract was signed on March 28, 2019, by GLL company, a part of Macquarie Group that manages assets of the South Korean firm. On the photo from March 29, 2019, is seen Aviatica, main building of the complex. (CTK Photo/Katerina Sulova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  30. 2019040100550

    「CTK」 Residence Waltrovka, Aviatica building Penta Real Estate sold five office buildings from the Waltrovka complex in Prague‘s district of Jinonice to South Korea‘s Hanwha Investment & Securities, Penta spokesman Ivo Mravinac told CTK, and according to CTK files, the deal was worth more than EUR250m (about Kc6.3bn). The purchase contract was signed on March 28, 2019, by GLL company, a part of Macquarie Group that manages assets of the South Korean firm. On the photo from March 29, 2019, is seen Aviatica, main building of the complex. (CTK Photo/Katerina Sulova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  31. 2019040200287

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019040200266

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/馬暁冬)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019040200295

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日に撮影した北京国際園芸博会場の夜景。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019040200298

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/王建華)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019040200294

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/馬暁冬)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019040200291

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018120319350

    昭和の風景・資料  園部城の建築物=1973(昭和48)年7月11日、京都府南丹市

  38. 2018120506459

    「新華社」 中国で最も海抜の低い寺、東明寺  11月29日、東明寺南山門の扁額。広州市仏教協会会長、広州光孝寺住職の新成大和尚による「東海明珠」の文字が金めっきで記されている。中国福建省漳州市東山(とうざん)県の観光地、東門嶼の北側にある仏澳に位置する東明寺は、明代に建立された。同寺の敷地面積は200ムー(約13・3ヘクタール)で、山門、仏室、宝殿、玉仏壇、蔵経閣、鐘楼など30余りの建築物がある。寺の前殿は「天王殿」で、弥勒菩薩と四天王を祭っている。天王殿の前は海で、中国で最も海抜の低い寺という同寺の大きな特色となっている。海抜はわずか60センチ余り、海との距離も1メートル余りで、海面とほぼ同じ高さだ。東明寺は元々、小さな祠にすぎなかった。住職の道裕法師が1987年、僧侶と共に海を渡り、荒れた山を開拓して東明寺を拡張したことで、建築面積は6千平方メートルを超え、現在の壮大な仏教建築群が形成された。(漳州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018110922546

    昭和の風景・資料  建設中の世界貿易センタービル。完成は1970年で、手前は国鉄浜松町駅とモノレール駅。高さ152㍍で霞が関ビル(右)を抜いた。左は1958年に建てられた東京タワー。東京の高層建築物が3つ並んでいる=1969(昭和44)年5月30日

  40. 2019021202353

    「Newscom」 In advance of New York Times earnings call NYPD vehicles and an NBC broadcast van outside the offices of the the New York Times media empire in Midtown in New York on Wednesday, October 24, 2018. A number of explosive devices were received today by various politicians and the media outlet CNN. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  41. 2018092621580

    「DPA」 Special lighting of the ALLIANZ ARENA. Special lighting of the ALLIANZ ARENA. FC Bayern Munich and the Bundesliga support the bid to host UEFA EURO 2024. Football Arena, football stadium, stadium, FC Bayern Munich, aftertaufnahme, evening sky, afterthimmel, illuminated, light, mood, evening mood, overview, long shot, architecture. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  42. 2018092621534

    「DPA」 Special lighting of the ALLIANZ ARENA. Special lighting of the ALLIANZ ARENA. FC Bayern Munich and the Bundesliga support the bid to host UEFA EURO 2024. Football Arena, football stadium, stadium, FC Bayern Munich, aftertaufnahme, evening sky, afterthimmel, illuminated, light, mood, evening mood, overview, long shot, architecture. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  43. 2018092621476

    「DPA」 Special lighting of the ALLIANZ ARENA. Special lighting of the ALLIANZ ARENA. FC Bayern Munich and the Bundesliga support the bid to host UEFA EURO 2024. Football Arena, football stadium, stadium, FC Bayern Munich, aftertaufnahme, evening sky, afterthimmel, illuminated, light, mood, evening mood, overview, long shot, architecture. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  44. 2018092621481

    「DPA」 Special lighting of the ALLIANZ ARENA. Special lighting of the ALLIANZ ARENA. FC Bayern Munich and the Bundesliga support the bid to host UEFA EURO 2024. Football Arena, football stadium, stadium, FC Bayern Munich, aftertaufnahme, evening sky, afterthimmel, illuminated, light, mood, evening mood, overview, long shot, architecture. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  45. 2018092621500

    「DPA」 Special lighting of the ALLIANZ ARENA. Special lighting of the ALLIANZ ARENA. FC Bayern Munich and the Bundesliga support the bid to host UEFA EURO 2024. Football Arena, football stadium, stadium, FC Bayern Munich, aftertaufnahme, evening sky, afterthimmel, illuminated, light, mood, evening mood, overview, long shot, architecture. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  46. 2019101605573

    「新華社」 専門家約100人、邯鄲で鬼谷子の文化と観光の発展について討論  河北省邯鄲市にある鬼谷子文化産業園の牌坊(はいぼう、中国の伝統的建築様式の門の一つ)。(資料写真)中国の諸子百家の一つ、縦横家の始祖、鬼谷子(きこくし)の故郷とされる河北省邯鄲市臨漳県で12~14日、邯鄲鬼谷子文化観光発展シンポジウムが開かれた。中国各地から93人の専門家が集まり、鬼谷子文化と観光の発展、鬼谷子文化連盟の準備などをテーマに研究、討論した。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018082715265

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海大師記念堂の外観。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018082715478

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海大師記念堂の外観。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018082715276

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海大師記念堂の外観。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018051800682

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日、無人機を使って上空からに撮影した「土楼王」として知られる承啓楼。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像