検索結果 41 件中 1 件 〜 41 件 "中国貴州省"
  1. 2019102104068

    「新華社」 無形文化遺産で活気取り戻したミャオ族銀細工職人の村貴州省  外国人観光客に自身の銀細工作品を見せる貴州省雷山県西江鎮麻料村の銀細工職人、潘仕学さん(手前左)。(資料写真)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村は地域でよく知られた銀細工職人の村で、村民の70%が国の無形文化遺産に指定されている銀細工の鍛造業に従事している。潘仕学(はん・しがく)さんもその一人。村ではこの2年ほど、潘さんらが先頭に立ち、同村が中国伝統村落リストに登録されたことを生かして「アグリツーリズム経済」の発展に力を入れており、かつての過疎化した「空洞の村」が今では「人気の村」へと変わり、再び輝きを放ち活気を取り戻している。(雷山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019102104220

    「新華社」 無形文化遺産で活気取り戻したミャオ族銀細工職人の村貴州省  貴州省雷山県西江鎮麻料村の廃校になった小学校をリフォームした銀細工・刺繍講習館。(資料写真)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村は地域でよく知られた銀細工職人の村で、村民の70%が国の無形文化遺産に指定されている銀細工の鍛造業に従事している。潘仕学(はん・しがく)さんもその一人。村ではこの2年ほど、潘さんらが先頭に立ち、同村が中国伝統村落リストに登録されたことを生かして「アグリツーリズム経済」の発展に力を入れており、かつての過疎化した「空洞の村」が今では「人気の村」へと変わり、再び輝きを放ち活気を取り戻している。(雷山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  3. 2019102104170

    「新華社」 無形文化遺産で活気取り戻したミャオ族銀細工職人の村貴州省  貴州省雷山県西江鎮麻料村の銀細工・刺繍講習館で銀細工製品の加工現場を見学する観光客。(資料写真)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村は地域でよく知られた銀細工職人の村で、村民の70%が国の無形文化遺産に指定されている銀細工の鍛造業に従事している。潘仕学(はん・しがく)さんもその一人。村ではこの2年ほど、潘さんらが先頭に立ち、同村が中国伝統村落リストに登録されたことを生かして「アグリツーリズム経済」の発展に力を入れており、かつての過疎化した「空洞の村」が今では「人気の村」へと変わり、再び輝きを放ち活気を取り戻している。(雷山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019102104154

    「新華社」 無形文化遺産で活気取り戻したミャオ族銀細工職人の村貴州省  2013年に第2期中国伝統村落に登録された、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村。(小型無人機から、資料写真)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村は地域でよく知られた銀細工職人の村で、村民の70%が国の無形文化遺産に指定されている銀細工の鍛造業に従事している。潘仕学(はん・しがく)さんもその一人。村ではこの2年ほど、潘さんらが先頭に立ち、同村が中国伝統村落リストに登録されたことを生かして「アグリツーリズム経済」の発展に力を入れており、かつての過疎化した「空洞の村」が今では「人気の村」へと変わり、再び輝きを放ち活気を取り戻している。(雷山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  5. 2019102104218

    「新華社」 動物の絵が「ナビゲート」貴州省で字の読めない移住者向けに  15日、暗くなると光る動物の絵。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)期間に貧困対策の一環として188万人を都市部へ移住させる。移住対象者は中国で最も多い。これまでに約180万人が移住を済ませたが、移住先での生活にどのように適応させるかが新たな課題となっている。同省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義市の洒金街道には、移住者のための居住区「栗坪社区」が設けられ、字の読めない高齢者や子どもが帰宅時に道に迷わないよう、建物に動物の絵が張られている。また居住区内の道路両脇にはさまざまな色のラインが引かれ、帰り道を「ナビゲート」している。(興義=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019102104088

    「新華社」 動物の絵が「ナビゲート」貴州省で字の読めない移住者向けに  15日、子どもたちが放課後に利用できる「四時半」教室。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)期間に貧困対策の一環として188万人を都市部へ移住させる。移住対象者は中国で最も多い。これまでに約180万人が移住を済ませたが、移住先での生活にどのように適応させるかが新たな課題となっている。同省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義市の洒金街道には、移住者のための居住区「栗坪社区」が設けられ、字の読めない高齢者や子どもが帰宅時に道に迷わないよう、建物に動物の絵が張られている。また居住区内の道路両脇にはさまざまな色のラインが引かれ、帰り道を「ナビゲート」している。(興義=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019102104106

    「新華社」 動物の絵が「ナビゲート」貴州省で字の読めない移住者向けに  15日、建物ごとに異なる動物の絵。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)期間に貧困対策の一環として188万人を都市部へ移住させる。移住対象者は中国で最も多い。これまでに約180万人が移住を済ませたが、移住先での生活にどのように適応させるかが新たな課題となっている。同省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義市の洒金街道には、移住者のための居住区「栗坪社区」が設けられ、字の読めない高齢者や子どもが帰宅時に道に迷わないよう、建物に動物の絵が張られている。また居住区内の道路両脇にはさまざまな色のラインが引かれ、帰り道を「ナビゲート」している。(興義=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019102104057

    「新華社」 動物の絵が「ナビゲート」貴州省で字の読めない移住者向けに  15日、移住した高齢者向けのデイケアセンターに並ぶマッサージ用ベッド。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)期間に貧困対策の一環として188万人を都市部へ移住させる。移住対象者は中国で最も多い。これまでに約180万人が移住を済ませたが、移住先での生活にどのように適応させるかが新たな課題となっている。同省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義市の洒金街道には、移住者のための居住区「栗坪社区」が設けられ、字の読めない高齢者や子どもが帰宅時に道に迷わないよう、建物に動物の絵が張られている。また居住区内の道路両脇にはさまざまな色のラインが引かれ、帰り道を「ナビゲート」している。(興義=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019102104253

    「新華社」 動物の絵が「ナビゲート」貴州省で字の読めない移住者向けに  15日、エリアごとに異なる色のラインが道路両脇に引かれた栗坪社区。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)期間に貧困対策の一環として188万人を都市部へ移住させる。移住対象者は中国で最も多い。これまでに約180万人が移住を済ませたが、移住先での生活にどのように適応させるかが新たな課題となっている。同省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義市の洒金街道には、移住者のための居住区「栗坪社区」が設けられ、字の読めない高齢者や子どもが帰宅時に道に迷わないよう、建物に動物の絵が張られている。また居住区内の道路両脇にはさまざまな色のラインが引かれ、帰り道を「ナビゲート」している。(興義=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019102104228

    「新華社」 無形文化遺産で活気取り戻したミャオ族銀細工職人の村貴州省  12日、銀細工製品を制作する貴州省雷山県西江鎮麻料村の銀細工職人。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村は地域でよく知られた銀細工職人の村で、村民の70%が国の無形文化遺産に指定されている銀細工の鍛造業に従事している。潘仕学(はん・しがく)さんもその一人。村ではこの2年ほど、潘さんらが先頭に立ち、同村が中国伝統村落リストに登録されたことを生かして「アグリツーリズム経済」の発展に力を入れており、かつての過疎化した「空洞の村」が今では「人気の村」へと変わり、再び輝きを放ち活気を取り戻している。(雷山=新華社記者/李黔渝)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019102104072

    「新華社」 無形文化遺産で活気取り戻したミャオ族銀細工職人の村貴州省  12日、銀細工製品を彫る貴州省雷山県西江鎮麻料村の銀細工職人。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村は地域でよく知られた銀細工職人の村で、村民の70%が国の無形文化遺産に指定されている銀細工の鍛造業に従事している。潘仕学(はん・しがく)さんもその一人。村ではこの2年ほど、潘さんらが先頭に立ち、同村が中国伝統村落リストに登録されたことを生かして「アグリツーリズム経済」の発展に力を入れており、かつての過疎化した「空洞の村」が今では「人気の村」へと変わり、再び輝きを放ち活気を取り戻している。(雷山=新華社記者/李黔渝)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019101703408

    「新華社」 日本のフィルムカメラ、電波望遠鏡の電磁波規制区域で人気  10日、訪問客と電話でやりとりし、パソコンにスキャンした画像の写真を送るスタッフ。数十年前の日本製のフィルムカメラが現在、中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「天眼」)の電磁波規制区域で人気だ。人間活動で放射される電磁波が「天眼」の観測を妨げるため、半径5キロ内では、デジタルカメラや携帯電話など現代のあらゆる電子製品の使用が禁止され、訪問客が「天眼」と記念撮影をするにはフィルムカメラを用いるしかない。「天眼」科学普及基地撮影部の責任者、劉晨(りゅう・しん)氏によると、撮影部は現在、ニコンのF3とF2計72台のカメラを所有している。毎日最大2千人の訪問客が中心区域内の展望台に登っており、撮影したフィルムは全て番号を振った後にスタジオに戻され、現像後にネガをスキャンしてパソコンに取り込んでから、訪問客にメールで送るか、写真プリントして発送しているという。(平塘=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019101703409

    「新華社」 日本のフィルムカメラ、電波望遠鏡の電磁波規制区域で人気  10日、「天眼」の展望台で訪問客が撮影した写真のネガフィルム。数十年前の日本製のフィルムカメラが現在、中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「天眼」)の電磁波規制区域で人気だ。人間活動で放射される電磁波が「天眼」の観測を妨げるため、半径5キロ内では、デジタルカメラや携帯電話など現代のあらゆる電子製品の使用が禁止され、訪問客が「天眼」と記念撮影をするにはフィルムカメラを用いるしかない。「天眼」科学普及基地撮影部の責任者、劉晨(りゅう・しん)氏によると、撮影部は現在、ニコンのF3とF2計72台のカメラを所有している。毎日最大2千人の訪問客が中心区域内の展望台に登っており、撮影したフィルムは全て番号を振った後にスタジオに戻され、現像後にネガをスキャンしてパソコンに取り込んでから、訪問客にメールで送るか、写真プリントして発送しているという。(平塘=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019101703405

    「新華社」 日本のフィルムカメラ、電波望遠鏡の電磁波規制区域で人気  10日、ニコンのフィルムカメラをテストする「天眼」科学普及基地のカメラマン。数十年前の日本製のフィルムカメラが現在、中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「天眼」)の電磁波規制区域で人気だ。人間活動で放射される電磁波が「天眼」の観測を妨げるため、半径5キロ内では、デジタルカメラや携帯電話など現代のあらゆる電子製品の使用が禁止され、訪問客が「天眼」と記念撮影をするにはフィルムカメラを用いるしかない。「天眼」科学普及基地撮影部の責任者、劉晨(りゅう・しん)氏によると、撮影部は現在、ニコンのF3とF2計72台のカメラを所有している。毎日最大2千人の訪問客が中心区域内の展望台に登っており、撮影したフィルムは全て番号を振った後にスタジオに戻され、現像後にネガをスキャンしてパソコンに取り込んでから、訪問客にメールで送るか、写真プリントして発送しているという。(平塘=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019101703410

    「新華社」 日本のフィルムカメラ、電波望遠鏡の電磁波規制区域で人気  10日、「天眼」の展望台で訪問客が撮影した写真を修整するスタッフ。数十年前の日本製のフィルムカメラが現在、中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「天眼」)の電磁波規制区域で人気だ。人間活動で放射される電磁波が「天眼」の観測を妨げるため、半径5キロ内では、デジタルカメラや携帯電話など現代のあらゆる電子製品の使用が禁止され、訪問客が「天眼」と記念撮影をするにはフィルムカメラを用いるしかない。「天眼」科学普及基地撮影部の責任者、劉晨(りゅう・しん)氏によると、撮影部は現在、ニコンのF3とF2計72台のカメラを所有している。毎日最大2千人の訪問客が中心区域内の展望台に登っており、撮影したフィルムは全て番号を振った後にスタジオに戻され、現像後にネガをスキャンしてパソコンに取り込んでから、訪問客にメールで送るか、写真プリントして発送しているという。(平塘=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019101703427

    「新華社」 日本のフィルムカメラ、電波望遠鏡の電磁波規制区域で人気  10日、「天眼」科学普及基地撮影部所有のニコンのフィルムカメラ。数十年前の日本製のフィルムカメラが現在、中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「天眼」)の電磁波規制区域で人気だ。人間活動で放射される電磁波が「天眼」の観測を妨げるため、半径5キロ内では、デジタルカメラや携帯電話など現代のあらゆる電子製品の使用が禁止され、訪問客が「天眼」と記念撮影をするにはフィルムカメラを用いるしかない。「天眼」科学普及基地撮影部の責任者、劉晨(りゅう・しん)氏によると、撮影部は現在、ニコンのF3とF2計72台のカメラを所有している。毎日最大2千人の訪問客が中心区域内の展望台に登っており、撮影したフィルムは全て番号を振った後にスタジオに戻され、現像後にネガをスキャンしてパソコンに取り込んでから、訪問客にメールで送るか、写真プリントして発送しているという。(平塘=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019101703428

    「新華社」 日本のフィルムカメラ、電波望遠鏡の電磁波規制区域で人気  10日、フィルムをスキャンするスキャナー。数十年前の日本製のフィルムカメラが現在、中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「天眼」)の電磁波規制区域で人気だ。人間活動で放射される電磁波が「天眼」の観測を妨げるため、半径5キロ内では、デジタルカメラや携帯電話など現代のあらゆる電子製品の使用が禁止され、訪問客が「天眼」と記念撮影をするにはフィルムカメラを用いるしかない。「天眼」科学普及基地撮影部の責任者、劉晨(りゅう・しん)氏によると、撮影部は現在、ニコンのF3とF2計72台のカメラを所有している。毎日最大2千人の訪問客が中心区域内の展望台に登っており、撮影したフィルムは全て番号を振った後にスタジオに戻され、現像後にネガをスキャンしてパソコンに取り込んでから、訪問客にメールで送るか、写真プリントして発送しているという。(平塘=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019101703350

    「新華社」 日本のフィルムカメラ、電波望遠鏡の電磁波規制区域で人気  10日、「天眼」の展望台で訪問客が撮影した写真のネガフィルム。数十年前の日本製のフィルムカメラが現在、中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「天眼」)の電磁波規制区域で人気だ。人間活動で放射される電磁波が「天眼」の観測を妨げるため、半径5キロ内では、デジタルカメラや携帯電話など現代のあらゆる電子製品の使用が禁止され、訪問客が「天眼」と記念撮影をするにはフィルムカメラを用いるしかない。「天眼」科学普及基地撮影部の責任者、劉晨(りゅう・しん)氏によると、撮影部は現在、ニコンのF3とF2計72台のカメラを所有している。毎日最大2千人の訪問客が中心区域内の展望台に登っており、撮影したフィルムは全て番号を振った後にスタジオに戻され、現像後にネガをスキャンしてパソコンに取り込んでから、訪問客にメールで送るか、写真プリントして発送しているという。(平塘=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019101003222

    「新華社」 国慶節連休に昆虫や爬虫類を見学貴州省貴陽市  7日、爬虫類を観察する子ども。中国貴州省貴陽市の閲山湖(えつざんこ)公園で7日、昆虫と爬虫(はちゅう)類の展示イベントが開かれた。多くの子どもが約100種の昆虫や爬虫類の見学に訪れ、理解を深めた。(貴陽=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019101003228

    「新華社」 国慶節連休に昆虫や爬虫類を見学貴州省貴陽市  7日、貴陽市の閲山湖公園で展示された爬虫類。中国貴州省貴陽市の閲山湖(えつざんこ)公園で7日、昆虫と爬虫(はちゅう)類の展示イベントが開かれた。多くの子どもが約100種の昆虫や爬虫類の見学に訪れ、理解を深めた。(貴陽=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019101003201

    「新華社」 国慶節連休に昆虫や爬虫類を見学貴州省貴陽市  7日、貴陽市の閲山湖公園で展示された爬虫類。中国貴州省貴陽市の閲山湖(えつざんこ)公園で7日、昆虫と爬虫(はちゅう)類の展示イベントが開かれた。多くの子どもが約100種の昆虫や爬虫類の見学に訪れ、理解を深めた。(貴陽=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019101003203

    「新華社」 国慶節連休に昆虫や爬虫類を見学貴州省貴陽市  7日、貴陽市の閲山湖公園で展示されたチョウ。中国貴州省貴陽市の閲山湖(えつざんこ)公園で7日、昆虫と爬虫(はちゅう)類の展示イベントが開かれた。多くの子どもが約100種の昆虫や爬虫類の見学に訪れ、理解を深めた。(貴陽=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019101003249

    「新華社」 国慶節連休に昆虫や爬虫類を見学貴州省貴陽市  7日、爬虫類を観察する子ども。中国貴州省貴陽市の閲山湖(えつざんこ)公園で7日、昆虫と爬虫(はちゅう)類の展示イベントが開かれた。多くの子どもが約100種の昆虫や爬虫類の見学に訪れ、理解を深めた。(貴陽=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019100700369

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、「大河堡・涼都花海」の敷地内を散策する観光客。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019100700494

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、大河鎮の農村風景。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019100700405

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、大河鎮の農村風景。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019100700541

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、「大河堡・涼都花海」の敷地内で記念写真を撮る観光客。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019101604931

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区にある朱砂古鎮観光エリアの桟道を訪れた観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019101604799

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区の朱砂古鎮を散策する観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019101604798

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区朱砂古鎮の観光エリアで、廃棄された鉱洞を生かして開発されたトンネルを散策する観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019101604790

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区にある朱砂古鎮観光エリアのガラスの桟道を訪れた観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019100700518

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、「大河堡・涼都花海」の敷地内を散策する観光客。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019100700496

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、「大河堡・涼都花海」の敷地内で、民族衣装を着て記念写真を撮る観光客。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019100700413

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、大河鎮の農村風景。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019100700588

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」の一角。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019101604873

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区朱砂古鎮の観光エリアで、廃棄された鉱洞を生かして開発されたトンネルを散策する観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019101604887

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区にある朱砂古鎮観光エリアの桟道を訪れた観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019100300526

    「新華社」 貴州省、観光業発展をけん引3年で90万人が貧困脱却  9月28日、貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県新仁ミャオ族郷化屋村の道路。交通インフラの整備による恩恵を受け、同村は観光業発展の好機を迎えている。中国貴州省でこのほど、第14回貴州観光産業発展大会が開かれた。大会では、同省が2017年に観光業発展による貧困脱却支援3カ年行動を立ち上げて以降、観光プロジェクトの制定や観光地のけん引、農村観光などの貧困脱却支援事業を推し進め、観光業により現在までに98万6400人の雇用と89万7千人の貧困脱却と増収を実現したことが明らかになった。今年上半期、同省の農村観光総収入は前年同期比33・8%増の1381億9800万元(1元=約15円)で、同省の観光収入全体の24・1%を占めた。省外からの観光客数は30・1%増、観光総収入は31・0%増となった。(貴陽=新華社記者/李凡)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019092501129

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  23日、古い家屋の解体で出た廃材を再利用し作られた花瓶に花を生けるスタッフ。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019092501161

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  23日、貴州省都匀市の螺螄殻茶山で紅茶の茶葉を摘み取るプイ族の村民。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019092501106

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  23日、貴州省都匀市の螺螄殻茶山で紅茶の茶葉を摘み取るプイ族の村民。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像