検索結果 7,502 件中 1 件 〜 50
  1. 2019082001780

    「新華社」 丸太で川下り「独木冲浪」の絶技を披露福建省寧徳市  18日、霍童渓で1本の丸太を操り「独木冲浪」の絶技を披露する洪口郷莒洲(きょしゅう)村の4人の村民。中国福建省寧徳(ねいとく)市蕉城(しょうじょう)区洪口(こうこう)郷大道頭(だいどうとう)村で18日、「独木冲浪(丸太サーフィン)」の絶技が披露された。数人の村民が竹竿を手に持ち丸太の上に立って、霍童(かくとう)渓に沿って岩を避けながら波に向かい、流れに従いながら川を下った。「独木冲浪」は「站木」とも呼ばれ、すでに600年余りの歴史がある。元々は同村の古人が木材を運搬するため、あるいは生きるための1つの技能だったが、今では地元の無形文化遺産となり、大勢の観光客が見物に訪れている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019082001790

    「新華社」 丸太で川下り「独木冲浪」の絶技を披露福建省寧徳市  18日、霍童渓で「独木冲浪」の絶技を披露する洪口郷莒洲(きょしゅう)村の村民、謝資本(しゃ・しほん)さん。中国福建省寧徳(ねいとく)市蕉城(しょうじょう)区洪口(こうこう)郷大道頭(だいどうとう)村で18日、「独木冲浪(丸太サーフィン)」の絶技が披露された。数人の村民が竹竿を手に持ち丸太の上に立って、霍童(かくとう)渓に沿って岩を避けながら波に向かい、流れに従いながら川を下った。「独木冲浪」は「站木」とも呼ばれ、すでに600年余りの歴史がある。元々は同村の古人が木材を運搬するため、あるいは生きるための1つの技能だったが、今では地元の無形文化遺産となり、大勢の観光客が見物に訪れている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019082001792

    「新華社」 丸太で川下り「独木冲浪」の絶技を披露福建省寧徳市  18日、霍童渓で1本の丸太を操り「独木冲浪」の絶技を披露する洪口郷莒洲(きょしゅう)村の4人の村民。中国福建省寧徳(ねいとく)市蕉城(しょうじょう)区洪口(こうこう)郷大道頭(だいどうとう)村で18日、「独木冲浪(丸太サーフィン)」の絶技が披露された。数人の村民が竹竿を手に持ち丸太の上に立って、霍童(かくとう)渓に沿って岩を避けながら波に向かい、流れに従いながら川を下った。「独木冲浪」は「站木」とも呼ばれ、すでに600年余りの歴史がある。元々は同村の古人が木材を運搬するため、あるいは生きるための1つの技能だったが、今では地元の無形文化遺産となり、大勢の観光客が見物に訪れている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019082001796

    「新華社」 丸太で川下り「独木冲浪」の絶技を披露福建省寧徳市  18日、霍童渓で「独木冲浪」の絶技を披露する洪口郷莒洲(きょしゅう)村の村民。中国福建省寧徳(ねいとく)市蕉城(しょうじょう)区洪口(こうこう)郷大道頭(だいどうとう)村で18日、「独木冲浪(丸太サーフィン)」の絶技が披露された。数人の村民が竹竿を手に持ち丸太の上に立って、霍童(かくとう)渓に沿って岩を避けながら波に向かい、流れに従いながら川を下った。「独木冲浪」は「站木」とも呼ばれ、すでに600年余りの歴史がある。元々は同村の古人が木材を運搬するため、あるいは生きるための1つの技能だったが、今では地元の無形文化遺産となり、大勢の観光客が見物に訪れている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019082001839

    「新華社」 丸太で川下り「独木冲浪」の絶技を披露福建省寧徳市  18日、霍童渓で1本の丸太を操り「独木冲浪」の絶技を披露する洪口郷莒洲(きょしゅう)村の4人の村民。中国福建省寧徳(ねいとく)市蕉城(しょうじょう)区洪口(こうこう)郷大道頭(だいどうとう)村で18日、「独木冲浪(丸太サーフィン)」の絶技が披露された。数人の村民が竹竿を手に持ち丸太の上に立って、霍童(かくとう)渓に沿って岩を避けながら波に向かい、流れに従いながら川を下った。「独木冲浪」は「站木」とも呼ばれ、すでに600年余りの歴史がある。元々は同村の古人が木材を運搬するため、あるいは生きるための1つの技能だったが、今では地元の無形文化遺産となり、大勢の観光客が見物に訪れている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019082001763

    「新華社」 丸太で川下り「独木冲浪」の絶技を披露福建省寧徳市  18日、霍童渓で2本の丸太を使った「站木冲浪」の絶技を披露する洪口郷莒洲(きょしゅう)村の村民、彭喜明(ほう・きめい)さん。中国福建省寧徳(ねいとく)市蕉城(しょうじょう)区洪口(こうこう)郷大道頭(だいどうとう)村で18日、「独木冲浪(丸太サーフィン)」の絶技が披露された。数人の村民が竹竿を手に持ち丸太の上に立って、霍童(かくとう)渓に沿って岩を避けながら波に向かい、流れに従いながら川を下った。「独木冲浪」は「站木」とも呼ばれ、すでに600年余りの歴史がある。元々は同村の古人が木材を運搬するため、あるいは生きるための1つの技能だったが、今では地元の無形文化遺産となり、大勢の観光客が見物に訪れている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019082001771

    「新華社」 丸太で川下り「独木冲浪」の絶技を披露福建省寧徳市  18日、霍童渓で「独木冲浪」の絶技を披露する洪口郷莒洲(きょしゅう)村の村民。中国福建省寧徳(ねいとく)市蕉城(しょうじょう)区洪口(こうこう)郷大道頭(だいどうとう)村で18日、「独木冲浪(丸太サーフィン)」の絶技が披露された。数人の村民が竹竿を手に持ち丸太の上に立って、霍童(かくとう)渓に沿って岩を避けながら波に向かい、流れに従いながら川を下った。「独木冲浪」は「站木」とも呼ばれ、すでに600年余りの歴史がある。元々は同村の古人が木材を運搬するため、あるいは生きるための1つの技能だったが、今では地元の無形文化遺産となり、大勢の観光客が見物に訪れている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019082001794

    「新華社」 丸太で川下り「独木冲浪」の絶技を披露福建省寧徳市  18日、霍童渓で1本の丸太を操り「独木冲浪」の絶技を披露する洪口郷莒洲(きょしゅう)村の4人の村民。中国福建省寧徳(ねいとく)市蕉城(しょうじょう)区洪口(こうこう)郷大道頭(だいどうとう)村で18日、「独木冲浪(丸太サーフィン)」の絶技が披露された。数人の村民が竹竿を手に持ち丸太の上に立って、霍童(かくとう)渓に沿って岩を避けながら波に向かい、流れに従いながら川を下った。「独木冲浪」は「站木」とも呼ばれ、すでに600年余りの歴史がある。元々は同村の古人が木材を運搬するため、あるいは生きるための1つの技能だったが、今では地元の無形文化遺産となり、大勢の観光客が見物に訪れている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019082001772

    「新華社」 丸太で川下り「独木冲浪」の絶技を披露福建省寧徳市  18日、霍童渓で「独木冲浪」の絶技を披露する洪口郷莒洲(きょしゅう)村の村民、謝資本(しゃ・しほん)さん。中国福建省寧徳(ねいとく)市蕉城(しょうじょう)区洪口(こうこう)郷大道頭(だいどうとう)村で18日、「独木冲浪(丸太サーフィン)」の絶技が披露された。数人の村民が竹竿を手に持ち丸太の上に立って、霍童(かくとう)渓に沿って岩を避けながら波に向かい、流れに従いながら川を下った。「独木冲浪」は「站木」とも呼ばれ、すでに600年余りの歴史がある。元々は同村の古人が木材を運搬するため、あるいは生きるための1つの技能だったが、今では地元の無形文化遺産となり、大勢の観光客が見物に訪れている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019082001795

    「新華社」 丸太で川下り「独木冲浪」の絶技を披露福建省寧徳市  18日、霍童渓で「独木冲浪」の絶技を披露する洪口郷莒洲(きょしゅう)村の村民、謝資本(しゃ・しほん)さん。中国福建省寧徳(ねいとく)市蕉城(しょうじょう)区洪口(こうこう)郷大道頭(だいどうとう)村で18日、「独木冲浪(丸太サーフィン)」の絶技が披露された。数人の村民が竹竿を手に持ち丸太の上に立って、霍童(かくとう)渓に沿って岩を避けながら波に向かい、流れに従いながら川を下った。「独木冲浪」は「站木」とも呼ばれ、すでに600年余りの歴史がある。元々は同村の古人が木材を運搬するため、あるいは生きるための1つの技能だったが、今では地元の無形文化遺産となり、大勢の観光客が見物に訪れている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019081504831

    「アジアの1枚」 ぐるぐる回り神と一つに  トルコ中部コンヤで実演されたイスラム神秘主義の一派、メブレビー教団の旋回舞踊セマー。音楽に合わせぐるぐると回り、アラー(神)との一体化を目指す儀式です。教団はトルコ革命後の1925年に解散しましたが、その後セマーの公演が認められるようになり、国連教育科学文化機関が無形文化遺産に登録しました。大勢が一斉に旋回するさまはとても幻想的です。(撮影・吉田昌樹、共同)

  12. 2019082001861

    「新華社」 土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県  15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、成型作業を行う作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019082001805

    「新華社」 土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県  15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、製造した半製品を並べる作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019082001809

    「新華社」 土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県  15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、焼成した花磚の水磨き作業を行う作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019082001802

    「新華社」 土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県  15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、成型作業を行う作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019082001754

    「新華社」 土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県  15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、焼成した花磚の水磨き作業を行う作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019082001804

    「新華社」 土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県  15日、花磚で装飾された涇県茂林鎮の民家の壁。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019082001843

    「新華社」 土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県  15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、2種類の泥を混ぜる作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019082001844

    「新華社」 土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県  15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、成型作業を行う作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019082001756

    「新華社」 土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県  15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、焼成した花磚の水磨き作業を行う作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019082001750

    「新華社」 土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県  15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、2種類の泥を混ぜる作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019081900425

    「新華社」 踊る指先器用な手先で貧困脱却貴州省  14日、大会の会場で国家級無形文化遺産の「楓香(ふうこう)染め」の技を披露する女性。中国貴州省貴陽市で14日、第5回貴州省女性による特色ある手作り工芸およびイノベーション製品大会が開催された。同省各地から集まった女性の刺しゅう家や染色家が民族刺しゅうやろうけつ染め、イノベーション製品デザインなどの種目に分かれ腕を競い合った。同省で2013年に始まった「錦繡計画」(刺しゅうなどの産業によって貧困脱却を後押しする計画)は、これまで多くの女性が抱えてきた在宅就労と貧困脱却・増収の間にあった矛盾を解決するだけでなく、約50万人の貴州の女性たちに生産額60億元(1元=約15円)の貧しさから脱出し豊かになる「輝かしい道」を切り開き、貧困脱却と増収を支援してきた。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019081900444

    「新華社」 スペイン・クエンカの旧市街を訪ねて  14日、スペイン・クエンカの旧市街を散策する観光客。スペインのカスティーリャ・ラ・マンチャ州クエンカ県の県都クエンカの旧市街は、峡谷の断崖絶壁という厳しい地形に建てられている。1996年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マドリード=新華社記者/郭求達)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019081900472

    「新華社」 スペイン・クエンカの旧市街を訪ねて  14日、クエンカ大聖堂。スペインのカスティーリャ・ラ・マンチャ州クエンカ県の県都クエンカの旧市街は、峡谷の断崖絶壁という厳しい地形に建てられている。1996年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マドリード=新華社記者/郭求達)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019081900524

    「新華社」 スペイン・クエンカの旧市街を訪ねて  14日、スペイン・クエンカの旧市街の景色。スペインのカスティーリャ・ラ・マンチャ州クエンカ県の県都クエンカの旧市街は、峡谷の断崖絶壁という厳しい地形に建てられている。1996年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マドリード=新華社記者/郭求達)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019081900432

    「新華社」 スペイン・クエンカの旧市街を訪ねて  14日、スペイン・クエンカの旧市街を散策する観光客。スペインのカスティーリャ・ラ・マンチャ州クエンカ県の県都クエンカの旧市街は、峡谷の断崖絶壁という厳しい地形に建てられている。1996年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マドリード=新華社記者/郭求達)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019081900484

    「新華社」 スペイン・クエンカの旧市街を訪ねて  14日、クエンカ大聖堂の内部。スペインのカスティーリャ・ラ・マンチャ州クエンカ県の県都クエンカの旧市街は、峡谷の断崖絶壁という厳しい地形に建てられている。1996年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マドリード=新華社記者/郭求達)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019081900547

    「新華社」 スペイン・クエンカの旧市街を訪ねて  14日、スペイン・クエンカの旧市街を散策する観光客。スペインのカスティーリャ・ラ・マンチャ州クエンカ県の県都クエンカの旧市街は、峡谷の断崖絶壁という厳しい地形に建てられている。1996年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マドリード=新華社記者/郭求達)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019080800024

    消火設備、老朽化や故障も  世界遺産・国宝の消火設備の経過期間

  30. 2019080800023

    消火設備、老朽化や故障も  世界遺産・国宝の消火設備の経過期間

  31. 2019080700563

    「ニュースなぜなに」「富士山の入山料」 富士山保護に入山料  富士山の吉田口5合目で、入山料を支払う登山者=2014年9月

  32. 2019080800888

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、重慶市豊都県の南天湖風景区で、湖に架かる橋から大自然の風景を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019080800890

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、重慶市豊都県の南天湖風景区で、豪快な水しぶきを上げる南天湖の音楽噴水。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019080800891

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、重慶市豊都県の南天湖風景区内で見かけた蒸気機関車をモチーフにしたSLバス。中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019080800921

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、重慶市豊都県の南天湖風景区で、湖畔の遊歩道を散策する観光客。中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019080800946

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、南天湖風景区内の山に林立する風力発電所の巨大な風車。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019080800930

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、重慶市豊都県の南天湖風景区に広がる草地。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019080800941

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、空から望む重慶市豊都県の南天湖風景区。南天湖のエメラルドグリーンの湖面が壮観。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019080800874

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、重慶市豊都県の南天湖風景区に広がる草地。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019080800884

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、空から望む重慶市豊都県の南天湖風景区。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019080800945

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、空から見た重慶市豊都県の南天湖風景区。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019073102265

    子ども鉄道企画「ローカル線でいこう!」(70)長崎電気軌道 原爆遺構で平和を祈る  世界文化遺産の大浦天主堂=長崎市

  43. 2019073101221

    軍艦島で石綿、観光禁止に  世界文化遺産の端島炭坑(通称・軍艦島)=長崎市

  44. 2019082100678

    「新華社」 太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  宝城内にある瑠璃影壁(えいへき、大門の前面もしくは門内に設けられた目隠しの独立塀)。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019082100738

    「新華社」 太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  茶膳房の屋根に施された神獣の彫像。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019082100742

    「新華社」 太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  敷地内にある方城の隆恩門。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019082100702

    「新華社」 太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  正紅門の壁面右側(東)に象嵌された瑠璃の竜。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019082100705

    「新華社」 太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  方城の東側に建つ配殿(左)と正門、隆恩門(右)。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019082100740

    「新華社」 太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  方城から角楼へ向かう石段の下に鎮座する石獅子。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019082100683

    「新華社」 太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  敷地内の隆恩門の銅製門環(ドアノッカー)。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像