検索結果 6,351 件中 1 件 〜 50
  1. 2020011300430

    首相、サウジ遺跡を視察  世界遺産のマダイン・サーレハ遺跡の視察を終え、サウジアラビア訪問の成果について話す安倍首相=13日、ウラー近郊(共同)

  2. 2020011300407

    首相、サウジ遺跡を視察  サウジアラビア・ウラー近郊にある世界遺産のマダイン・サーレハ遺跡を視察する安倍首相(右から2人目)=13日(共同)

  3. 2020011300399

    首相、サウジ遺跡を視察  サウジアラビア・ウラー近郊にある世界遺産のマダイン・サーレハ遺跡を視察する安倍首相。右端は昭恵夫人=13日(共同)

  4. 2020011300398

    首相、サウジ遺跡を視察  世界遺産のマダイン・サーレハ遺跡の視察を終え、サウジアラビア訪問の成果について話す安倍首相=13日、ウラー近郊(共同)

  5. 2020011603177

    「新華社」 陝西省の石峁遺跡で精工な石刻70点余りを発見  石峁遺跡の中心エリア皇城台の考古学発掘現場。(資料写真)中国陝西省考古研究院はこのほど、同省神木市の新石器時代後期から夏王朝初期にかけての都市遺跡、石峁(シーマオ)遺跡でここ数年実施された調査で、遺跡の中心部に当たる皇城台の「大台基」の南側擁壁部分で精巧な石刻70点余りが見つかったと明らかにした。石刻は神面や人面、神獣、動物、符号の5種類に分類することができる。一連の年代測定のデータは、これらの石刻が紀元前2千年より前に作られたことを示している。遺跡の主要部分は約4千年前の石積み都市遺構からなり、都市の面積は400万平方メートルを超える。(楡林=新華社配信)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020010902040

    「海外写真ニュース」7枚組みの(4) 〝凍ったニンニク〟に白熱  寺院を参拝する国民党の韓国瑜氏(中央)=7日、基隆市(共同)

  7. 2020010803210

    「海外エッセー 世界の街から」 苦難の道  パキスタン・カルタールプルにあるシーク教徒の寺院=2019年11月9日(共同)

  8. 2020010803207

    「海外エッセー 世界の街から」 苦難の道  パキスタン・カルタールプルの寺院に集まったシーク教徒ら=2019年11月9日(共同)

  9. 2020010602576

    「新華社」 中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市  1日、「中国年・看西安」と題した文化・観光イベントの開幕式の様子。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020010602461

    「新華社」 中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市  1日、「周至復興舞獅」と呼ばれる獅子舞を披露する西安の民間芸能の演者。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020010602464

    「新華社」 中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市  1日、民間芸能「杖頭木偶」を披露する西安の民間芸能の演者。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020010602479

    「新華社」 白銀の轎子山雲南省  1日、雪に映える轎子山の風景。中国雲南省昆明市東川区と禄勧イ族ミャオ族自治県の境界付近に位置する轎子(きょうし)山は、風景区の面積が253平方キロ、主峰の標高が4223・4メートルで、山頂部の形状がかごに似ていることから、中国語でかごを意味する「轎子」雪山と呼ばれるようになった。轎子山は雲南省中部でよく見られる山岳氷河地形の景観を持つ。風景区には険しい山や断崖絶壁がそびえ、手つかずの森や氷食湖、高地草地が広がり、氷河遺跡が完全な状態で保存されている。貴重な動植物資源も豊富だ。轎子山は2009年に国家級自然保護区に指定された。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020010602422

    「新華社」 中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市  1日、古楽器「嗩吶(さない)」の演奏を披露する西安の民間芸能の演者。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020010602573

    「新華社」 中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市  1日、民間芸能「社火」を披露する西安の民間芸能の演者。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020010602590

    「新華社」 白銀の轎子山雲南省  1日、轎子山を訪れた観光客。中国雲南省昆明市東川区と禄勧イ族ミャオ族自治県の境界付近に位置する轎子(きょうし)山は、風景区の面積が253平方キロ、主峰の標高が4223・4メートルで、山頂部の形状がかごに似ていることから、中国語でかごを意味する「轎子」雪山と呼ばれるようになった。轎子山は雲南省中部でよく見られる山岳氷河地形の景観を持つ。風景区には険しい山や断崖絶壁がそびえ、手つかずの森や氷食湖、高地草地が広がり、氷河遺跡が完全な状態で保存されている。貴重な動植物資源も豊富だ。轎子山は2009年に国家級自然保護区に指定された。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020010602546

    「新華社」 白銀の轎子山雲南省  1日、轎子山を訪れた観光客。中国雲南省昆明市東川区と禄勧イ族ミャオ族自治県の境界付近に位置する轎子(きょうし)山は、風景区の面積が253平方キロ、主峰の標高が4223・4メートルで、山頂部の形状がかごに似ていることから、中国語でかごを意味する「轎子」雪山と呼ばれるようになった。轎子山は雲南省中部でよく見られる山岳氷河地形の景観を持つ。風景区には険しい山や断崖絶壁がそびえ、手つかずの森や氷食湖、高地草地が広がり、氷河遺跡が完全な状態で保存されている。貴重な動植物資源も豊富だ。轎子山は2009年に国家級自然保護区に指定された。(昆明=新華社記者/劉昕宇)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020010602550

    「新華社」 中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市  1日、「周至復興舞獅」と呼ばれる獅子舞を披露する西安の民間芸能の演者。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020010602518

    「新華社」 白銀の轎子山雲南省  1日、雪化粧した轎子山。中国雲南省昆明市東川区と禄勧イ族ミャオ族自治県の境界付近に位置する轎子(きょうし)山は、風景区の面積が253平方キロ、主峰の標高が4223・4メートルで、山頂部の形状がかごに似ていることから、中国語でかごを意味する「轎子」雪山と呼ばれるようになった。轎子山は雲南省中部でよく見られる山岳氷河地形の景観を持つ。風景区には険しい山や断崖絶壁がそびえ、手つかずの森や氷食湖、高地草地が広がり、氷河遺跡が完全な状態で保存されている。貴重な動植物資源も豊富だ。轎子山は2009年に国家級自然保護区に指定された。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020010602448

    「新華社」 中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市  1日、西安とその一帯に伝わる伝統音楽「西安鼓楽」を披露する民間芸能の演者。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020010602455

    「新華社」 中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市  1日、民間芸能「杖頭木偶」を披露する西安の演者。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020010602294

    「新華社」 中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市  1日、西安とその一帯に伝わる伝統音楽「西安鼓楽」を披露する民間芸能の演者。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020010602595

    「新華社」 白銀の轎子山雲南省  1日、雪に映える轎子山の風景。中国雲南省昆明市東川区と禄勧イ族ミャオ族自治県の境界付近に位置する轎子(きょうし)山は、風景区の面積が253平方キロ、主峰の標高が4223・4メートルで、山頂部の形状がかごに似ていることから、中国語でかごを意味する「轎子」雪山と呼ばれるようになった。轎子山は雲南省中部でよく見られる山岳氷河地形の景観を持つ。風景区には険しい山や断崖絶壁がそびえ、手つかずの森や氷食湖、高地草地が広がり、氷河遺跡が完全な状態で保存されている。貴重な動植物資源も豊富だ。轎子山は2009年に国家級自然保護区に指定された。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020010602584

    「新華社」 白銀の轎子山雲南省  1日、雪化粧した轎子山。中国雲南省昆明市東川区と禄勧イ族ミャオ族自治県の境界付近に位置する轎子(きょうし)山は、風景区の面積が253平方キロ、主峰の標高が4223・4メートルで、山頂部の形状がかごに似ていることから、中国語でかごを意味する「轎子」雪山と呼ばれるようになった。轎子山は雲南省中部でよく見られる山岳氷河地形の景観を持つ。風景区には険しい山や断崖絶壁がそびえ、手つかずの森や氷食湖、高地草地が広がり、氷河遺跡が完全な状態で保存されている。貴重な動植物資源も豊富だ。轎子山は2009年に国家級自然保護区に指定された。(昆明=新華社記者/劉昕宇)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020010602482

    「新華社」 白銀の轎子山雲南省  1日、雪化粧した轎子山。中国雲南省昆明市東川区と禄勧イ族ミャオ族自治県の境界付近に位置する轎子(きょうし)山は、風景区の面積が253平方キロ、主峰の標高が4223・4メートルで、山頂部の形状がかごに似ていることから、中国語でかごを意味する「轎子」雪山と呼ばれるようになった。轎子山は雲南省中部でよく見られる山岳氷河地形の景観を持つ。風景区には険しい山や断崖絶壁がそびえ、手つかずの森や氷食湖、高地草地が広がり、氷河遺跡が完全な状態で保存されている。貴重な動植物資源も豊富だ。轎子山は2009年に国家級自然保護区に指定された。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020010602472

    「新華社」 白銀の轎子山雲南省  1日、青空が広がった轎子山の風景。中国雲南省昆明市東川区と禄勧イ族ミャオ族自治県の境界付近に位置する轎子(きょうし)山は、風景区の面積が253平方キロ、主峰の標高が4223・4メートルで、山頂部の形状がかごに似ていることから、中国語でかごを意味する「轎子」雪山と呼ばれるようになった。轎子山は雲南省中部でよく見られる山岳氷河地形の景観を持つ。風景区には険しい山や断崖絶壁がそびえ、手つかずの森や氷食湖、高地草地が広がり、氷河遺跡が完全な状態で保存されている。貴重な動植物資源も豊富だ。轎子山は2009年に国家級自然保護区に指定された。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020010602267

    「新華社」 中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市  1日、西安とその一帯に伝わる伝統音楽「西安鼓楽」を披露する民間芸能の演者。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020010602281

    「新華社」 中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市  1日、「高蹺(こうきょう)」と呼ばれる竹馬を披露する西安の民間芸能の演者。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020010602600

    「新華社」 中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市  1日、西安の伝統劇「秦腔(しんこう)」を披露する役者。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019122701147

    「12段用」文化財企画「干支の日本史 子」4回続きの(2) ネコVSネズミ、紀元前から  長崎・壱岐の「カラカミ遺跡」と「原の辻遺跡」、対馬国、一支国、伊都国、奴国

  30. 2019122701145

    文化財企画「干支の日本史 子」4回続きの(2) ネコVSネズミ、紀元前から  長崎・壱岐の「カラカミ遺跡」と「原の辻遺跡」、対馬国、一支国、伊都国、奴国

  31. 2019122701030

    「12段用」文化財企画「干支の日本史 子」4回続きの(1) ごちそう探し?土器に爪痕  奈良県田原本町の唐古・鍵遺跡

  32. 2019122701023

    文化財企画「干支の日本史 子」4回続きの(1) ごちそう探し?土器に爪痕  奈良県田原本町の唐古・鍵遺跡

  33. 2020010602644

    「新華社」 河南省の商代都城遺跡で円形建築の遺構国家穀物備蓄施設の跡か  偃師商城遺跡で見つかった円形建築の基礎群遺構。(資料写真)中国最古の王朝の夏王朝を滅ぼした商(殷)王朝が、最初に築いた都城とされる河南省の偃師(えんし)商城遺跡の発掘調査で、秩序よく並んだ円形の建築基礎群の遺構が見つかるという新発見があった。考古学関係者はこれらが当時の「国家穀物備蓄施設」ではないかとの見方を示している。(鄭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020010901825

    「新華社」 「文化財のお医者さん」、博物館で活躍甘粛省天水市  27日、天水市博物館文物保護修復センターの陶・玉石器文物修復室で、唐代の彩色陶俑の修復方法について話し合う専門技術スタッフ。中国甘粛省の天水市博物館文物保護修復センターには、14人の専門技術スタッフから成る文化財修復チームが設置されている。チームは2012年の発足以来、博物館の所蔵品や館外の文化財の修復作業のほか、文化遺跡の調査や緊急発掘調査、古建築の彩色画保護、墳墓の移転・復元などに数多く携わってきた。欠損や破損のあった文化財が、熟練の技術による修復で輝きを取り戻し、人々に公開されている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020010602696

    「新華社」 河南省の商代都城遺跡で円形建築の遺構国家穀物備蓄施設の跡か  偃師商城遺跡で見つかった円形建築の基礎群遺構の発掘現場。(資料写真、小型無人機から)中国最古の王朝の夏王朝を滅ぼした商(殷)王朝が、最初に築いた都城とされる河南省の偃師(えんし)商城遺跡の発掘調査で、秩序よく並んだ円形の建築基礎群の遺構が見つかるという新発見があった。考古学関係者はこれらが当時の「国家穀物備蓄施設」ではないかとの見方を示している。(鄭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020010901750

    「新華社」 「文化財のお医者さん」、博物館で活躍甘粛省天水市  27日、天水市博物館文物保護修復センターの陶・玉石器文物修復室で、唐代の彩色陶俑の保存状態を調べる専門技術スタッフ。中国甘粛省の天水市博物館文物保護修復センターには、14人の専門技術スタッフから成る文化財修復チームが設置されている。チームは2012年の発足以来、博物館の所蔵品や館外の文化財の修復作業のほか、文化遺跡の調査や緊急発掘調査、古建築の彩色画保護、墳墓の移転・復元などに数多く携わってきた。欠損や破損のあった文化財が、熟練の技術による修復で輝きを取り戻し、人々に公開されている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020010602679

    「新華社」 河南省の商代都城遺跡で円形建築の遺構国家穀物備蓄施設の跡か  偃師商城遺跡の2019年度発掘エリアの全景。(資料写真)中国最古の王朝の夏王朝を滅ぼした商(殷)王朝が、最初に築いた都城とされる河南省の偃師(えんし)商城遺跡の発掘調査で、秩序よく並んだ円形の建築基礎群の遺構が見つかるという新発見があった。考古学関係者はこれらが当時の「国家穀物備蓄施設」ではないかとの見方を示している。(鄭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020010602168

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥が入った箱を運ぶ人。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020010602152

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥が入った箱を運ぶ人。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020010602174

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、容器に詰められた臘八粥。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020010901761

    「新華社」 「文化財のお医者さん」、博物館で活躍甘粛省天水市  26日、天水市博物館文物保護修復センターの金属文物修復室で、春秋時代の青銅製の鼎を修復する専門技術スタッフ。中国甘粛省の天水市博物館文物保護修復センターには、14人の専門技術スタッフから成る文化財修復チームが設置されている。チームは2012年の発足以来、博物館の所蔵品や館外の文化財の修復作業のほか、文化遺跡の調査や緊急発掘調査、古建築の彩色画保護、墳墓の移転・復元などに数多く携わってきた。欠損や破損のあった文化財が、熟練の技術による修復で輝きを取り戻し、人々に公開されている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020010901657

    「新華社」 絢爛たる清代の宮廷生活を再現四川省成都市で文化財展  26日、「金玉琅琅―清代宮廷の儀典と生活展」に展示された「銅鍍金甬鈕橋口鎛鐘」。中国四川省成都市の金沙遺跡博物館と北京市の故宮博物院が共催する「金玉琅琅(きんぎょくろうろう)―清代宮廷の儀典と生活展」が26日、金沙遺跡博物館で開幕し、当時のきらびやかな宮廷生活を再現する文化財が来場者に披露された。(成都=新華社配信/張艶)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020010901820

    「新華社」 「文化財のお医者さん」、博物館で活躍甘粛省天水市  26日、天水市博物館文物保護修復センターの紙質文物修復室で、中華民国期の対聯(対句を書いた掛け物)を修復する専門技術スタッフ。中国甘粛省の天水市博物館文物保護修復センターには、14人の専門技術スタッフから成る文化財修復チームが設置されている。チームは2012年の発足以来、博物館の所蔵品や館外の文化財の修復作業のほか、文化遺跡の調査や緊急発掘調査、古建築の彩色画保護、墳墓の移転・復元などに数多く携わってきた。欠損や破損のあった文化財が、熟練の技術による修復で輝きを取り戻し、人々に公開されている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020010602180

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、できたての臘八粥をワゴンに並べて冷ますボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020010602068

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥を容器に詰めるボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020010901757

    「新華社」 「文化財のお医者さん」、博物館で活躍甘粛省天水市  26日、天水市博物館文物保護修復センターの分析検査試験室で、紙繊維測定装置を使った検査を行う専門技術スタッフ。中国甘粛省の天水市博物館文物保護修復センターには、14人の専門技術スタッフから成る文化財修復チームが設置されている。チームは2012年の発足以来、博物館の所蔵品や館外の文化財の修復作業のほか、文化遺跡の調査や緊急発掘調査、古建築の彩色画保護、墳墓の移転・復元などに数多く携わってきた。欠損や破損のあった文化財が、熟練の技術による修復で輝きを取り戻し、人々に公開されている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020010901824

    「新華社」 「文化財のお医者さん」、博物館で活躍甘粛省天水市  26日、天水市博物館文物保護修復センターのデジタルX線画像検査室で、青銅器の内部構造と鋳造技術を調べる専門技術スタッフ。中国甘粛省の天水市博物館文物保護修復センターには、14人の専門技術スタッフから成る文化財修復チームが設置されている。チームは2012年の発足以来、博物館の所蔵品や館外の文化財の修復作業のほか、文化遺跡の調査や緊急発掘調査、古建築の彩色画保護、墳墓の移転・復元などに数多く携わってきた。欠損や破損のあった文化財が、熟練の技術による修復で輝きを取り戻し、人々に公開されている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020010602153

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥を容器に詰めるボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020010602199

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、ボランティアが臘八粥を容器によそっている。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020010602188

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥が入った箱を運ぶボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像