検索結果 1,037 件中 1 件 〜 50
  1. 2019092014485

    「新華社」 エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省  立ち枯れの現象が見られる古木のエンジュに足場を設置した作業チーム。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019092014484

    「新華社」 エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省  エンジュの古木を「往診」する作業チーム。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019092014543

    「新華社」 エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省  エンジュの周囲の水はけを良くするため、溝を掘る作業員。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019092014486

    「新華社」 エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省  古木の「治療」現場で記念撮影する作業チーム。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019092014487

    「新華社」 エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省  エンジュを「治療」する作業チーム。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019091703074

    古代寺院跡に和傘の花  国史跡・上淀廃寺跡で行われたライトアップの試験点灯で、暗闇に浮かび上がった伝統工芸「淀江傘」=17日夜、鳥取県米子市

  7. 2019091702969

    古代寺院跡に和傘の花  国史跡・上淀廃寺跡で行われたライトアップの試験点灯で、暗闇に浮かび上がった伝統工芸「淀江傘」=17日夜、鳥取県米子市

  8. 2019092014494

    「新華社」 エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省  枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした古木。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/饒麗莎)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019091005263

    平形銅剣の石製品初出土  徳島県阿南市の加茂宮ノ前遺跡で出土した「平形銅剣」を模した石製品=10日、徳島市

  10. 2019091004927

    「12段用」 平形銅剣の石製品初出土  徳島県阿南市・加茂宮ノ前遺跡

  11. 2019091004920

    「12段用」 平形銅剣の石製品初出土  徳島県阿南市・加茂宮ノ前遺跡

  12. 2019091004916

    平形銅剣の石製品初出土  徳島県阿南市・加茂宮ノ前遺跡

  13. 2019091004912

    平形銅剣の石製品初出土  徳島県阿南市・加茂宮ノ前遺跡

  14. 2019090900515

    「新華社」 国内最大の酒造施設遺跡を発見安徽省淮北市  4日、現場で発掘作業を行うスタッフ。中国安徽省文物考古研究所は4日、同省淮北市濉渓(すいけい)県で明・清代の酒造施設遺跡が見つかったことを明らかにした。測量された面積は1万8千平方メートル、発掘面積は3千平方メートルで、中国で発掘された酒造施設遺跡としては過去最大だという。(淮北=新華社配信/陳超)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019091205089

    「新華社」 甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」発見山東省威海市  水中考古学調査を行う甲午戦争沈没艦第1期調査の考古学チームのメンバー。(資料写真)中国山東省威海市の劉公島で2日、「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議が開かれ、専門家の論証と水中考古学調査の結果、中日甲午戦争で黄海に沈没した清代北洋海軍旗艦「定遠」の位置がほぼ確認されたことが明らかになった。沈没艦の遺物の一部も水中から回収され、2014年から始まった北洋海軍の沈没艦に関する調査研究の大きな成果となった。(威海=新華社配信/国家文物局水中文化遺産保護センター提供)=2019(令和元)年9月2日、クレジット:国家文物局水中文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019090500854

    「新華社」 甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」発見山東省威海市  2日、威海湾での甲午戦争沈没艦第1期調査で水中から回収した「定遠」のハッチカバー。中国山東省威海市の劉公島で2日、「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議が開かれ、専門家の論証と水中考古学調査の結果、中日甲午戦争で黄海に沈没した清代北洋海軍旗艦「定遠」の位置がほぼ確認されたことが明らかになった。沈没艦の遺物の一部も水中から回収され、2014年から始まった北洋海軍の沈没艦に関する調査研究の大きな成果となった。(威海=新華社記者/王陽)=2019(令和元)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019090500911

    「新華社」 甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」発見山東省威海市  2日、山東省威海市の劉公島で開かれた「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議。中国山東省威海市の劉公島で2日、「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議が開かれ、専門家の論証と水中考古学調査の結果、中日甲午戦争で黄海に沈没した清代北洋海軍旗艦「定遠」の位置がほぼ確認されたことが明らかになった。沈没艦の遺物の一部も水中から回収され、2014年から始まった北洋海軍の沈没艦に関する調査研究の大きな成果となった。(威海=新華社記者/王陽)=2019(令和元)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019090900642

    「新華社」 国内最大の酒造施設遺跡を発見安徽省淮北市  1日、空から撮影した濉渓酒造施設遺跡。中国安徽省文物考古研究所は4日、同省淮北市濉渓(すいけい)県で明・清代の酒造施設遺跡が見つかったことを明らかにした。測量された面積は1万8千平方メートル、発掘面積は3千平方メートルで、中国で発掘された酒造施設遺跡としては過去最大だという。(淮北=新華社配信/陳超)=2019(令和元)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019090501022

    「新華社」 中国東北部の「恐竜の里」を訪ねて黒竜江省嘉蔭県  嘉蔭恐竜国家地質公園の俯瞰図。(資料写真)中国黒竜江省伊春市嘉蔭県は、黒竜江(アムール川)中流の右岸に位置し、川を隔ててロシアと向かい合っている。1902年、科学者がこの地で「マンチュロサウルス(Mandschurosaurus)」を代表とする大型ハドロサウルス科(Hadrosauridae、カモノハシ恐竜)の恐竜化石を発見した。考証により、同県には数百もの恐竜の化石が埋まっていることが分かり、「恐竜の里」と呼ばれるようになった。嘉蔭県はここ数年、恐竜という特色ある文化的シンボルを柱に神州恐竜博物館を設立し、恐竜国家地質公園の建設と地質遺跡保護事業も加速させている。(嘉蔭=新華社配信/中国共産党嘉蔭県委員会宣伝部提供)=撮影日不明、クレジット:中国共産党嘉蔭県委員会宣伝部/新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019082801794

    元年国内 2021 5―7万年前の遺構発見  宮城県古川市の馬場壇A遺跡

  21. 2019090501036

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  27日、招果洞遺跡から出土した墓の遺構。中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  22. 2019090501039

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  27日、招果洞遺跡から出土した骨製錐。中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  23. 2019090501000

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  27日、招果洞遺跡から出土した骨角製錐。中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  24. 2019090500907

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月23日、タンロン王城遺跡の城壁の下を歩く作業員。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019090500937

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月23日、遺跡内を歩くベトナムの伝統衣装「アオザイ」を着た女性。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019090500957

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月23日、タンロン王城遺跡の敷地内で記念撮影をするカップル。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019090500909

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月23日、タンロン王城遺跡・端門の門洞。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019090500883

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月23日、タンロン王城遺跡の敬天殿西側にある考古遺跡。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019090500900

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月23日、タンロン王城遺跡の敷地内で記念撮影をする「アオザイ」を着た女性。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019090500870

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月23日、タンロン王城遺跡の敷地内に残る異なる時代のレンガと礎石。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019090500897

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月23日、タンロン王城遺跡・敬天殿の西側にある考古遺跡。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019090500858

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月23日、タンロン王城遺跡の敬天殿西側にある考古遺跡を見学する観光客。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019090500954

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月23日、タンロン王城遺跡の端門。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019090500929

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月23日、タンロン王城遺跡の宮門。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019091205087

    「新華社」 甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」発見山東省威海市  威海湾での甲午戦争沈没艦第1期調査で水中から回収した「定遠」の銅製銘板。(資料写真)中国山東省威海市の劉公島で2日、「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議が開かれ、専門家の論証と水中考古学調査の結果、中日甲午戦争で黄海に沈没した清代北洋海軍旗艦「定遠」の位置がほぼ確認されたことが明らかになった。沈没艦の遺物の一部も水中から回収され、2014年から始まった北洋海軍の沈没艦に関する調査研究の大きな成果となった。(威海=新華社配信/国家文物局水中文化遺産保護センター提供)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:国家文物局水中文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019090500923

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月21日、タンロン王城遺跡の後楼。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019090500867

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月21日、遺跡内の建築遺構を見学する観光客。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019082100789

    「新華社」 8千~9千年前の人類の生活跡見つかる日用雑貨の都・義烏  浙江省文物考古研究所が義烏市橋頭遺跡から出土した大量の彩陶。8千~9千年前のものとみられている。(資料写真)中国浙江省義烏市城西街道橋頭村にある橋頭遺跡は8千~9千年の歴史があり、上山文化の遺跡群に属している。上山文化は、2000年に同省金華市浦江県で発見された上山遺跡から命名され、新石器文化の一種とされている。義烏と浦江は隣り合っており、これまでに周辺から上山文化の遺跡20カ所近くが発見されている。この遺跡群からは大量の初期稲作の遺構が見つかっており、水稲栽培の中国起源説に説得力のある実物資料をもたらしている。(義烏=新華社配信/蔣楽平)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019082603754

    「新華社」 三星堆遺跡、新たな発掘計画始動へ四川省  三星堆遺跡の1号祭祀坑。(資料写真)中国の長江上流域文明の中心とされる三星堆(さんせいたい)遺跡は、中華文明を「満天の星」のように多元的に構成する各地の文明の中で最も神秘的な「星」であり、これまでに発掘が完了した面積は全体の千分の1程度に過ぎない。四川省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、三星堆の調査は既に新たな発掘研究計画が策定されており、今年下半期から詳細な調査と地下探査、発掘が再開される。神秘の国「三星堆」の真実の姿をさらに明らかにしていく。(成都=新華社配信/四川省文物局提供)=撮影日不明、クレジット:四川省文物局/新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019082603755

    「新華社」 三星堆遺跡、新たな発掘計画始動へ四川省  三星堆遺跡から出土した「金杖」の一部。(資料写真)中国の長江上流域文明の中心とされる三星堆(さんせいたい)遺跡は、中華文明を「満天の星」のように多元的に構成する各地の文明の中で最も神秘的な「星」であり、これまでに発掘が完了した面積は全体の千分の1程度に過ぎない。四川省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、三星堆の調査は既に新たな発掘研究計画が策定されており、今年下半期から詳細な調査と地下探査、発掘が再開される。神秘の国「三星堆」の真実の姿をさらに明らかにしていく。(成都=新華社配信/四川省文物局提供)=撮影日不明、クレジット:四川省文物局/新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019082603746

    「新華社」 三星堆遺跡、新たな発掘計画始動へ四川省  三星堆遺跡の2号祭祀坑。(資料写真)中国の長江上流域文明の中心とされる三星堆(さんせいたい)遺跡は、中華文明を「満天の星」のように多元的に構成する各地の文明の中で最も神秘的な「星」であり、これまでに発掘が完了した面積は全体の千分の1程度に過ぎない。四川省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、三星堆の調査は既に新たな発掘研究計画が策定されており、今年下半期から詳細な調査と地下探査、発掘が再開される。神秘の国「三星堆」の真実の姿をさらに明らかにしていく。(成都=新華社配信/四川省文物局提供)=撮影日不明、クレジット:四川省文物局/新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019082603762

    「新華社」 三星堆遺跡、新たな発掘計画始動へ四川省  三星堆遺跡から出土した「青銅縦目仮面」。(資料写真)中国の長江上流域文明の中心とされる三星堆(さんせいたい)遺跡は、中華文明を「満天の星」のように多元的に構成する各地の文明の中で最も神秘的な「星」であり、これまでに発掘が完了した面積は全体の千分の1程度に過ぎない。四川省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、三星堆の調査は既に新たな発掘研究計画が策定されており、今年下半期から詳細な調査と地下探査、発掘が再開される。神秘の国「三星堆」の真実の姿をさらに明らかにしていく。(成都=新華社配信/四川省文物局提供)=撮影日不明、クレジット:四川省文物局/新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019090500925

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月21日、タンロン王城遺跡の正北門。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019090500935

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月21日、タンロン王城遺跡の城壁に止まり、羽を休めるハト。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019090500947

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月21日、タンロン王城遺跡・端門の城楼の内部。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019090500952

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月21日、タンロン王城遺跡の敷地内にたたずむ建物の一角。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019090500895

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月21日、遺跡内の建物の屋根に止まり、羽を休めるハト。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019090500919

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月21日、タンロン王城遺跡・端門の城楼の一角。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019090500887

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月21日、タンロン王城遺跡の敷地内に建つ建物の細部。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019090500892

    「新華社」 ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく  8月21日、タンロン王城遺跡・敬天殿にある竜の階段。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像