検索結果 112 件中 1 件 〜 50
  1. 2020012225030

    弥生の土偶「素朴な表情」  神戸市の玉津田中遺跡から見つかった土偶

  2. 2020012225018

    弥生の土偶「素朴な表情」  神戸市・玉津田中遺跡

  3. 2020012225017

    「12段用」 弥生の土偶「素朴な表情」  神戸市・玉津田中遺跡

  4. 2020012225015

    弥生の土偶「素朴な表情」  神戸市・玉津田中遺跡

  5. 2020012225016

    「12段用」 弥生の土偶「素朴な表情」  神戸市・玉津田中遺跡

  6. 2020012000872

    「新華社」 紅山文化の大型集落跡、人為的に安置された人骨が出土遼寧省  空から見た馬鞍橋山遺跡。(資料写真)中国の遼寧省文物考古研究院はこのほど、同省朝陽市建平県にある新石器時代の馬鞍橋山(ばあんきょうさん)遺跡で最初の発掘調査を完了し、1カ所の住居跡から人為的に安置された人骨を発見した。(朝陽=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020012000777

    「新華社」 紅山文化の大型集落跡、人為的に安置された人骨が出土遼寧省  馬鞍橋山遺跡から出土の土器。(資料写真)中国の遼寧省文物考古研究院はこのほど、同省朝陽市建平県にある新石器時代の馬鞍橋山(ばあんきょうさん)遺跡で最初の発掘調査を完了し、1カ所の住居跡から人為的に安置された人骨を発見した。(朝陽=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020012215719

    「新華社」 貴重な仏像がずらり中国南北朝時代の仏教芸術を伝える展覧会開催四川省  河北省の鄴城遺跡東部の北呉荘から出土した「王元景造弥勒像」。同省の鄴城考古学チーム所蔵。(資料写真)中国四川省成都市の成都博物館で14日、「映世菩提」特別展が開幕した。全国12の文化産業の関連機関から文化財百点余りが出展され、中国南北朝時代(439年~589年)の仏教芸術の美を伝えている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020012216047

    「新華社」 遼寧省で出土した戦国時代の「とんぼ玉」を科学的に解析  遼寧省葫芦島市建昌県の東大杖子墓地遺跡から出土した「とんぼ玉」。中国遼寧省文物考古研究院はこのほど、最新水準の科学技術を用い、東大杖子墓地遺跡で発見された七つの「とんぼ玉」の正体を解明した。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  10. 2020012215914

    「新華社」 遼寧省で出土した戦国時代の「とんぼ玉」を科学的に解析  東大杖子墓地遺跡から出土したソーダ石灰ガラス製のとんぼ玉。同遺跡のとんぼ玉は植物灰ガラスとソーダ石灰ガラスに分けられる。(資料写真)中国遼寧省文物考古研究院はこのほど、最新水準の科学技術を用い、東大杖子墓地遺跡で発見された七つの「とんぼ玉」の正体を解明した。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  11. 2020011300430

    首相、サウジ遺跡を視察  世界遺産のマダイン・サーレハ遺跡の視察を終え、サウジアラビア訪問の成果について話す安倍首相=13日、ウラー近郊(共同)

  12. 2020011300407

    首相、サウジ遺跡を視察  サウジアラビア・ウラー近郊にある世界遺産のマダイン・サーレハ遺跡を視察する安倍首相(右から2人目)=13日(共同)

  13. 2020011300399

    首相、サウジ遺跡を視察  サウジアラビア・ウラー近郊にある世界遺産のマダイン・サーレハ遺跡を視察する安倍首相。右端は昭恵夫人=13日(共同)

  14. 2020011300398

    首相、サウジ遺跡を視察  世界遺産のマダイン・サーレハ遺跡の視察を終え、サウジアラビア訪問の成果について話す安倍首相=13日、ウラー近郊(共同)

  15. 2020011603177

    「新華社」 陝西省の石峁遺跡で精工な石刻70点余りを発見  石峁遺跡の中心エリア皇城台の考古学発掘現場。(資料写真)中国陝西省考古研究院はこのほど、同省神木市の新石器時代後期から夏王朝初期にかけての都市遺跡、石峁(シーマオ)遺跡でここ数年実施された調査で、遺跡の中心部に当たる皇城台の「大台基」の南側擁壁部分で精巧な石刻70点余りが見つかったと明らかにした。石刻は神面や人面、神獣、動物、符号の5種類に分類することができる。一連の年代測定のデータは、これらの石刻が紀元前2千年より前に作られたことを示している。遺跡の主要部分は約4千年前の石積み都市遺構からなり、都市の面積は400万平方メートルを超える。(楡林=新華社配信)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020012000772

    「新華社」 カンボジアの「水上集落」を訪ねて  10日、夕日に照らされるトンレサップ湖。カンボジア中西部に位置し、北西から東南方向に広がるトンレサップ湖は東南アジア最大の淡水湖で、クメール族の「母なる湖」とされている。同湖のシェムリアップ近郊エリアには数百戸の漁民の家が集まり、商店や寺院、学校などもそろう水上集落を形成している。(シェムリアップ=新華社配信/高炳南)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020012001027

    「新華社」 カンボジアの「水上集落」を訪ねて  10日、トンレサップ湖の水上集落。カンボジア中西部に位置し、北西から東南方向に広がるトンレサップ湖は東南アジア最大の淡水湖で、クメール族の「母なる湖」とされている。同湖のシェムリアップ近郊エリアには数百戸の漁民の家が集まり、商店や寺院、学校などもそろう水上集落を形成している。社配信/高炳南)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020012001022

    「新華社」 カンボジアの「水上集落」を訪ねて  10日、トンレサップ湖の水上集落。カンボジア中西部に位置し、北西から東南方向に広がるトンレサップ湖は東南アジア最大の淡水湖で、クメール族の「母なる湖」とされている。同湖のシェムリアップ近郊エリアには数百戸の漁民の家が集まり、商店や寺院、学校などもそろう水上集落を形成している。(シェムリアップ=新華社配信/高炳南)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020012322358

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  黒竜江省チチハル市の洪河遺跡から出土した骨器。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020012322411

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝にある吐蕃時期の壁画墓から出土したトルコ石を象眼した金の器。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020012322505

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝にある吐蕃時期の壁画墓・墓坑の全景。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020012322512

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址・皇城台から出土した石彫(いしぼり)。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020012322513

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地にある「曽公求の墓」から出土した青銅製礼器1セット。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020012322435

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址・皇城台にある擁壁東側の北部分。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020012322461

    「新華社」 文物の逸品を展示「與天久長―周秦漢唐文化と芸術特別展」西安で開幕  10日、法池寺遺跡から出土した唐代の「盝頂舎利函」(蓋が付いた舎利容器)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館で10日、陝西省文物局と北京市の清華大学が共催する大型の歴史文化芸術特別展「與天久長―周秦漢唐文化と芸術特別展」が開幕した。秦代の兵馬俑や蛙紋土器の釜および金メッキを施した銅製の仏塔といった文物の逸品計150点(組)が展示されている。同展は文化と芸術の視点から、周・秦・漢・唐の各時代を代表する同省さらには中国古代の重要な歴史的段階における輝かしい発展の道のりと華やかな文化を紹介している。会期は3月28日まで。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020012000770

    「新華社」 カンボジアの「水上集落」を訪ねて  10日、トンレサップ湖の水上寺院。カンボジア中西部に位置し、北西から東南方向に広がるトンレサップ湖は東南アジア最大の淡水湖で、クメール族の「母なる湖」とされている。同湖のシェムリアップ近郊エリアには数百戸の漁民の家が集まり、商店や寺院、学校などもそろう水上集落を形成している。(シェムリアップ=新華社配信/高炳南)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020012001045

    「新華社」 カンボジアの「水上集落」を訪ねて  10日、トンレサップ湖で食品を売る舟。カンボジア中西部に位置し、北西から東南方向に広がるトンレサップ湖は東南アジア最大の淡水湖で、クメール族の「母なる湖」とされている。同湖のシェムリアップ近郊エリアには数百戸の漁民の家が集まり、商店や寺院、学校などもそろう水上集落を形成している。(シェムリアップ=新華社配信/高炳南)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020012322373

    「新華社」 文物の逸品を展示「與天久長―周秦漢唐文化と芸術特別展」西安で開幕  10日、法池寺遺跡から出土した唐代の「盝頂舎利函」(蓋が付いた舎利容器)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館で10日、陝西省文物局と北京市の清華大学が共催する大型の歴史文化芸術特別展「與天久長―周秦漢唐文化と芸術特別展」が開幕した。秦代の兵馬俑や蛙紋土器の釜および金メッキを施した銅製の仏塔といった文物の逸品計150点(組)が展示されている。同展は文化と芸術の視点から、周・秦・漢・唐の各時代を代表する同省さらには中国古代の重要な歴史的段階における輝かしい発展の道のりと華やかな文化を紹介している。会期は3月28日まで。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020012322470

    「新華社」 文物の逸品を展示「與天久長―周秦漢唐文化と芸術特別展」西安で開幕  10日、法池寺遺跡から出土した唐代の「盝頂舎利函」(蓋が付いた舎利容器)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館で10日、陝西省文物局と北京市の清華大学が共催する大型の歴史文化芸術特別展「與天久長―周秦漢唐文化と芸術特別展」が開幕した。秦代の兵馬俑や蛙紋土器の釜および金メッキを施した銅製の仏塔といった文物の逸品計150点(組)が展示されている。同展は文化と芸術の視点から、周・秦・漢・唐の各時代を代表する同省さらには中国古代の重要な歴史的段階における輝かしい発展の道のりと華やかな文化を紹介している。会期は3月28日まで。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020012322439

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  黒竜江省チチハル市の洪河遺跡東エリアにある遺構。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020012322444

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  山西省運城市絳(こう)県にある西呉壁遺跡の東部発掘エリア。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020012322400

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址・皇城台から出土した石彫(いしぼり)。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020012322530

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝にある吐蕃時期の壁画墓の前室・東壁に描かれた「牽馬迎賓図」。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020012322448

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地にある「曽公求の墓」の椁室(かくしつ、棺をおさめた部屋)。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020012322340

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡の分布図。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020012322471

    「新華社」 文物の逸品を展示「與天久長―周秦漢唐文化と芸術特別展」西安で開幕  10日、法池寺遺跡から出土した唐代の「盝頂舎利函」(蓋が付いた舎利容器)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館で10日、陝西省文物局と北京市の清華大学が共催する大型の歴史文化芸術特別展「與天久長―周秦漢唐文化と芸術特別展」が開幕した。秦代の兵馬俑や蛙紋土器の釜および金メッキを施した銅製の仏塔といった文物の逸品計150点(組)が展示されている。同展は文化と芸術の視点から、周・秦・漢・唐の各時代を代表する同省さらには中国古代の重要な歴史的段階における輝かしい発展の道のりと華やかな文化を紹介している。会期は3月28日まで。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020012322443

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡から出土した陶器。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020012322353

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  黒竜江省チチハル市の洪河遺跡から出土した陶製の鬲(れき、袋状の脚を有する三足器)。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020012322502

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州市の西孟荘竜山文化遺跡から出土した陶器。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020012322529

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地にある「曽公求の墓」から出土した青銅製の編鐘(へんしょう)1セット。編鐘とは音高の異なる複数の鐘を枠に吊るした古代中国の打楽器。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020012000896

    「新華社」 カンボジアの「水上集落」を訪ねて  10日、観光客を乗せ、トンレサップ湖の水上集落を航行する舟。カンボジア中西部に位置し、北西から東南方向に広がるトンレサップ湖は東南アジア最大の淡水湖で、クメール族の「母なる湖」とされている。同湖のシェムリアップ近郊エリアには数百戸の漁民の家が集まり、商店や寺院、学校などもそろう水上集落を形成している。(シェムリアップ=新華社配信/高炳南)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020012001082

    「新華社」 カンボジアの「水上集落」を訪ねて  10日、夕日に浮かび上がる水上集落。カンボジア中西部に位置し、北西から東南方向に広がるトンレサップ湖は東南アジア最大の淡水湖で、クメール族の「母なる湖」とされている。同湖のシェムリアップ近郊エリアには数百戸の漁民の家が集まり、商店や寺院、学校などもそろう水上集落を形成している。(シェムリアップ=新華社配信/高炳南)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020012001084

    「新華社」 カンボジアの「水上集落」を訪ねて  10日、トンレサップ湖の水上集落の商店。カンボジア中西部に位置し、北西から東南方向に広がるトンレサップ湖は東南アジア最大の淡水湖で、クメール族の「母なる湖」とされている。同湖のシェムリアップ近郊エリアには数百戸の漁民の家が集まり、商店や寺院、学校などもそろう水上集落を形成している。(シェムリアップ=新華社配信/高炳南)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020012001079

    「新華社」 カンボジアの「水上集落」を訪ねて  10日、トンレサップ湖の水上集落。カンボジア中西部に位置し、北西から東南方向に広がるトンレサップ湖は東南アジア最大の淡水湖で、クメール族の「母なる湖」とされている。同湖のシェムリアップ近郊エリアには数百戸の漁民の家が集まり、商店や寺院、学校などもそろう水上集落を形成している。(シェムリアップ=新華社配信/高炳南)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020010902040

    「海外写真ニュース」7枚組みの(4) 〝凍ったニンニク〟に白熱  寺院を参拝する国民党の韓国瑜氏(中央)=7日、基隆市(共同)

  46. 2020010803210

    「海外エッセー 世界の街から」 苦難の道  パキスタン・カルタールプルにあるシーク教徒の寺院=2019年11月9日(共同)

  47. 2020010803207

    「海外エッセー 世界の街から」 苦難の道  パキスタン・カルタールプルの寺院に集まったシーク教徒ら=2019年11月9日(共同)

  48. 2020012320424

    「新華社」 「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市  8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「獣面文簋(じゅうめんもんき)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020012320349

    「新華社」 「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市  8日、山西青銅博物館で展示されている青銅酒器「鳳鳥文提梁卣(ほうちょうもんていりょうゆう)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020012320480

    「新華社」 「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市  8日、山西青銅博物館で展示されている青銅酒器「獣面文尊(じゅうめんもんそん)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像