検索結果 16,958 件中 1 件 〜 50
  1. 2019102304802

    宗印の阿弥陀像を発見  宗印が作ったことが分かった見性寺の「木造阿弥陀如来坐像」=23日、大阪市東住吉区

  2. 2019102304800

    宗印の阿弥陀像を発見  宗印が作ったことが分かった見性寺の「木造阿弥陀如来坐像」(手前)=23日、大阪市東住吉区

  3. 2019102303142

    「スプートニク」 Russia Medvedev Skolkovo 22.10.2019 Russian Prime Minister Dmitry Medvedev visits the TMK and Sinara Group‘s Research and Development Centre at the Skolkovo Innovation Centre, in Moscow, Russia. Alexander Astafyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  4. 2019102303345

    「スプートニク」 Russia Medvedev Skolkovo 22.10.2019 Russian Prime Minister Dmitry Medvedev visits the TMK and Sinara Group‘s Research and Development Centre at the Skolkovo Innovation Centre, in Moscow, Russia. Alexander Astafyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  5. 2019102303546

    「スプートニク」 Russia Medvedev Skolkovo 22.10.2019 Russian Prime Minister Dmitry Medvedev visits the TMK and Sinara Group‘s Research and Development Centre at the Skolkovo Innovation Centre, in Moscow, Russia. Alexander Astafyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  6. 2019102101831

    木造天守の階段再現  名古屋市が報道陣に公開した、木造復元を目指す名古屋城天守閣の1階から2階に上がる階段の実物大模型=21日午後

  7. 2019102101826

    木造天守の階段再現  名古屋市が報道陣に公開した、木造復元を目指す名古屋城天守閣の1階から2階に上がる階段の実物大模型=21日午後

  8. 2019102000895

    さらば、有楽町スバル座  有楽町スバル座の館内で、歴史を紹介するパネルを見る人々=20日午後、東京都千代田区

  9. 2019102200453

    「DPA」 Military conflict in northern Syria 20 October 2019, Syria, Tell Abiad: A Turkish soldier carries groceries after the Turkish army and Turkish-backed Syrian militias took control of the city from Kurdish fighters. Photo: Anas Alkharboutli/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  10. 2019102200573

    「DPA」 Military conflict in northern Syria 20 October 2019, Syria, Tell Abiad: A street vendor sells food after the Turkish army and Turkish-backed Syrian militias took control of the city from Kurdish fighters. Photo: Anas Alkharboutli/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  11. 2019102200271

    「DPA」 Military conflict in northern Syria 20 October 2019, Syria, Tell Abiad: A street vendor sells food after the Turkish army and Turkish-backed Syrian militias took control of the city from Kurdish fighters. Photo: Anas Alkharboutli/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  12. 2019102200004

    「DPA」 Military conflict in northern Syria 20 October 2019, Syria, Tell Abiad: A barber cuts the hair of a Syrian after the Turkish army and Turkish-backed Syrian militias took control of the city from Kurdish fighters. Photo: Anas Alkharboutli/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  13. 2019102200181

    「DPA」 Military conflict in northern Syria 20 October 2019, Syria, Tell Abiad: A Syrian boy carries food after the Turkish army and Turkish-backed Syrian militias took control of the city from Kurdish fighters. Photo: Anas Alkharboutli/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  14. 2019101901187

    古代エジプトひつぎ30個  エジプト南部ルクソール近郊で発掘されたひつぎ=19日(ロイター=共同)

  15. 2019102104051

    「新華社」 エジプト南部で3千年前の木製ひつぎ30個が出土  19日、エジプト・ルクソールでひつぎの発見を発表するアナニ考古相。エジプト考古省は19日、同国南部のルクソールで開いた記者会見で、約3千年前の古代エジプト第22王朝(紀元前10~同8世紀)の木製ひつぎ30個を発掘したと発表した。ひつぎはアサシフ山の崖の下に2層に分けて埋葬されていた。発掘地点の近隣にはハトシェプスト女王葬祭殿がある。男性23体、女性5体、子供2体が収められており、保存状態も良く、内側と外側には彩色画が施されていた。(ルクソール=新華社記者/李碧念)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019102104283

    「新華社」 エジプト南部で3千年前の木製ひつぎ30個が出土  19日、エジプト・ルクソールで発掘されたひつぎ。エジプト考古省は19日、同国南部のルクソールで開いた記者会見で、約3千年前の古代エジプト第22王朝(紀元前10~同8世紀)の木製ひつぎ30個を発掘したと発表した。ひつぎはアサシフ山の崖の下に2層に分けて埋葬されていた。発掘地点の近隣にはハトシェプスト女王葬祭殿がある。男性23体、女性5体、子供2体が収められており、保存状態も良く、内側と外側には彩色画が施されていた。(ルクソール=新華社記者/李碧念)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019102304699

    「新華社」 清代景徳鎮の名陶工、唐英の記念館が開館江西省  19日、唐英記念館に展示された「清乾隆青花花卉紋觚式瓶(複製)」。中国江西省景徳鎮市で19日、清代景徳鎮の名陶工、唐英(とうえい)の記念館が開館した。唐英は景徳鎮窯の歴史に欠かすことのできない重要人物で、清代に皇帝の「御用磁器」を制作した「監陶官」として知られる。在職中には、精巧で美しい陶磁器を大量に制作しただけでなく、景徳鎮陶磁器の製法を記した「陶冶図説(とうやずせつ)」を編さんした。記念館には唐英の代表作の複製品が展示されている。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019102304780

    「新華社」 清代景徳鎮の名陶工、唐英の記念館が開館江西省  19日、唐英記念館に展示された「清乾隆粉彩花卉青釉描金鏤空夔竜紋転心葫蘆瓶(複製)」。中国江西省景徳鎮市で19日、清代景徳鎮の名陶工、唐英(とうえい)の記念館が開館した。唐英は景徳鎮窯の歴史に欠かすことのできない重要人物で、清代に皇帝の「御用磁器」を制作した「監陶官」として知られる。在職中には、精巧で美しい陶磁器を大量に制作しただけでなく、景徳鎮陶磁器の製法を記した「陶冶図説(とうやずせつ)」を編さんした。記念館には唐英の代表作の複製品が展示されている。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019102304452

    「スプートニク」 Serbia Russia 19.10.2019 Russian Prime Minister Dmitry Medvedev and Serbian President Aleksandar Vucic, right, arrive at a military parade in Belgrade, Serbia. Ekaterina Shtukina / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  20. 2019102104305

    「新華社」 エジプト南部で3千年前の木製ひつぎ30個が出土  19日、エジプト・ルクソールで発掘されたひつぎ。エジプト考古省は19日、同国南部のルクソールで開いた記者会見で、約3千年前の古代エジプト第22王朝(紀元前10~同8世紀)の木製ひつぎ30個を発掘したと発表した。ひつぎはアサシフ山の崖の下に2層に分けて埋葬されていた。発掘地点の近隣にはハトシェプスト女王葬祭殿がある。男性23体、女性5体、子供2体が収められており、保存状態も良く、内側と外側には彩色画が施されていた。(ルクソール=新華社記者/李碧念)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019101804871

    鳳凰堂に1046年の木材  1046年伐採と分かった鳳凰堂の屋根に用いられた木材を指さす奈良文化財研究所の光谷拓実客員研究員=18日午後、京都府宇治市

  22. 2019101803393

    浅田次郎さんらに菊池寛賞  浅田次郎さん

  23. 2019102305056

    「新華社」 草原にある阿爾寨石窟を訪ねて内モンゴル自治区オルドス市  18日、内モンゴル自治区オルドス市の阿爾寨石窟にある浮き彫りの石塔。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗に位置する阿爾寨石窟は世界最大規模の草原地域の石窟建築群。北魏(386~534年)中期に開削が始まり、1600年を超える歴史を持ち「草原の敦煌」と称えられる。現存する約60の石窟と約20の浮き彫りの石塔からなり、石窟内には重要な歴史的価値を持つ数多くの壁画が残っている。(オルドス=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019102304325

    「スプートニク」 Russia Autumn 18.10.2019 A pedestrian takes a photo after the first snow in autumn at the Pervomaysky Park in Novosibirsk, Russia. Alexandr Kryazhev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  25. 2019102304913

    「新華社」 草原にある阿爾寨石窟を訪ねて内モンゴル自治区オルドス市  18日、内モンゴル自治区オルドス市の阿爾寨石窟。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗に位置する阿爾寨石窟は世界最大規模の草原地域の石窟建築群。北魏(386~534年)中期に開削が始まり、1600年を超える歴史を持ち「草原の敦煌」と称えられる。現存する約60の石窟と約20の浮き彫りの石塔からなり、石窟内には重要な歴史的価値を持つ数多くの壁画が残っている。(オルドス=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019102304226

    「スプートニク」 Russia Autumn 18.10.2019 A tomtit bird sits on a rowan branch after the first snow in autumn at the Pervomaysky Park in Novosibirsk, Russia. Alexandr Kryazhev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  27. 2019102304936

    「新華社」 草原にある阿爾寨石窟を訪ねて内モンゴル自治区オルドス市  18日、内モンゴル自治区オルドス市の阿爾寨石窟にある浮き彫りの石塔。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗に位置する阿爾寨石窟は世界最大規模の草原地域の石窟建築群。北魏(386~534年)中期に開削が始まり、1600年を超える歴史を持ち「草原の敦煌」と称えられる。現存する約60の石窟と約20の浮き彫りの石塔からなり、石窟内には重要な歴史的価値を持つ数多くの壁画が残っている。(オルドス=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019102305028

    「新華社」 草原にある阿爾寨石窟を訪ねて内モンゴル自治区オルドス市  18日、内モンゴル自治区オルドス市の阿爾寨石窟。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗に位置する阿爾寨石窟は世界最大規模の草原地域の石窟建築群。北魏(386~534年)中期に開削が始まり、1600年を超える歴史を持ち「草原の敦煌」と称えられる。現存する約60の石窟と約20の浮き彫りの石塔からなり、石窟内には重要な歴史的価値を持つ数多くの壁画が残っている。(オルドス=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019102305033

    「新華社」 草原にある阿爾寨石窟を訪ねて内モンゴル自治区オルドス市  18日、内モンゴル自治区オルドス市の阿爾寨石窟の壁画。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗に位置する阿爾寨石窟は世界最大規模の草原地域の石窟建築群。北魏(386~534年)中期に開削が始まり、1600年を超える歴史を持ち「草原の敦煌」と称えられる。現存する約60の石窟と約20の浮き彫りの石塔からなり、石窟内には重要な歴史的価値を持つ数多くの壁画が残っている。(オルドス=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019102304972

    「新華社」 草原にある阿爾寨石窟を訪ねて内モンゴル自治区オルドス市  18日、内モンゴル自治区オルドス市の阿爾寨石窟。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗に位置する阿爾寨石窟は世界最大規模の草原地域の石窟建築群。北魏(386~534年)中期に開削が始まり、1600年を超える歴史を持ち「草原の敦煌」と称えられる。現存する約60の石窟と約20の浮き彫りの石塔からなり、石窟内には重要な歴史的価値を持つ数多くの壁画が残っている。(オルドス=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019102304929

    「新華社」 草原にある阿爾寨石窟を訪ねて内モンゴル自治区オルドス市  18日、内モンゴル自治区オルドス市の阿爾寨石窟。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗に位置する阿爾寨石窟は世界最大規模の草原地域の石窟建築群。北魏(386~534年)中期に開削が始まり、1600年を超える歴史を持ち「草原の敦煌」と称えられる。現存する約60の石窟と約20の浮き彫りの石塔からなり、石窟内には重要な歴史的価値を持つ数多くの壁画が残っている。(オルドス=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019102304947

    「新華社」 草原にある阿爾寨石窟を訪ねて内モンゴル自治区オルドス市  18日、内モンゴル自治区オルドス市の阿爾寨石窟。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗に位置する阿爾寨石窟は世界最大規模の草原地域の石窟建築群。北魏(386~534年)中期に開削が始まり、1600年を超える歴史を持ち「草原の敦煌」と称えられる。現存する約60の石窟と約20の浮き彫りの石塔からなり、石窟内には重要な歴史的価値を持つ数多くの壁画が残っている。(オルドス=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019102305031

    「新華社」 草原にある阿爾寨石窟を訪ねて内モンゴル自治区オルドス市  18日、内モンゴル自治区オルドス市の阿爾寨石窟の壁画。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗に位置する阿爾寨石窟は世界最大規模の草原地域の石窟建築群。北魏(386~534年)中期に開削が始まり、1600年を超える歴史を持ち「草原の敦煌」と称えられる。現存する約60の石窟と約20の浮き彫りの石塔からなり、石窟内には重要な歴史的価値を持つ数多くの壁画が残っている。(オルドス=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019102304870

    「新華社」 千年の歴史持つ「白塔」内モンゴル自治区フフホト  17日、万部華厳経塔内部の階段。中国内モンゴル自治区フフホト市の東郊に位置する万部華厳経塔(ばんぶけごんきょうとう)は、高さ55・6メートルで7層、遼代(916~1125年)に建てられ、すでに千年近い歴史を有している。塔の表面に石灰が塗られていることから、「白塔」とも呼ばれる。(フフホト=新華社配信/貝赫)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019101605630

    祇園甲部歌舞練場、改修へ  京都市の祇園甲部歌舞練場=16日

  36. 2019101603896

    「ニュースアラカルト」(生きもの)「古都奈良でシカの角切り」 古都奈良でシカの角切り  奈良公園の鹿苑で行われた秋の風物詩「シカの角切り」=13日、奈良市

  37. 2019101605566

    「新華社」 1400年前の飛天の姿とは?響堂山石窟の秘密を探る河北省邯鄲市  15日、響堂山千仏洞石窟の内部。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰鉱区(ほうほうこうく)にある響堂山(きょうどうさん)千仏洞石窟の最上部の浮彫は、あたかも目の前で天女が羽衣の舞を舞っているようにみえ、1400年以上の歳月を経ても往時の華やかさを残す。同石窟は東魏・北斉時代(534年~577年)に開削され、隋から明にかけての各時代に規模が拡張された。現在は16の石窟と4千体を超える彫像が残されている。(石家荘=新華社記者/岳文婷)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019101605548

    「新華社」 1400年前の飛天の姿とは?響堂山石窟の秘密を探る河北省邯鄲市  15日、響堂山千仏洞石窟の最上部の浮彫。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰鉱区(ほうほうこうく)にある響堂山(きょうどうさん)千仏洞石窟の最上部の浮彫は、あたかも目の前で天女が羽衣の舞を舞っているようにみえ、1400年以上の歳月を経ても往時の華やかさを残す。同石窟は東魏・北斉時代(534年~577年)に開削され、隋から明にかけての各時代に規模が拡張された。現在は16の石窟と4千体を超える彫像が残されている。(石家荘=新華社記者/岳文婷)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019101605530

    「新華社」 1400年前の飛天の姿とは?響堂山石窟の秘密を探る河北省邯鄲市  15日、響堂山千仏洞石窟の最上部の浮彫。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰鉱区(ほうほうこうく)にある響堂山(きょうどうさん)千仏洞石窟の最上部の浮彫は、あたかも目の前で天女が羽衣の舞を舞っているようにみえ、1400年以上の歳月を経ても往時の華やかさを残す。同石窟は東魏・北斉時代(534年~577年)に開削され、隋から明にかけての各時代に規模が拡張された。現在は16の石窟と4千体を超える彫像が残されている。(石家荘=新華社記者/岳文婷)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019101605588

    「新華社」 1400年前の飛天の姿とは?響堂山石窟の秘密を探る河北省邯鄲市  15日、響堂山千仏洞石窟の最上部の浮彫。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰鉱区(ほうほうこうく)にある響堂山(きょうどうさん)千仏洞石窟の最上部の浮彫は、あたかも目の前で天女が羽衣の舞を舞っているようにみえ、1400年以上の歳月を経ても往時の華やかさを残す。同石窟は東魏・北斉時代(534年~577年)に開削され、隋から明にかけての各時代に規模が拡張された。現在は16の石窟と4千体を超える彫像が残されている。(石家荘=新華社記者/岳文婷)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019101804940

    「新華社」 「蛋殻磁」に見る中国の「職人気質」江西省景徳鎮市  15日、筆に顔料を付けるチームメンバー。筆先の直径は0・1ミリ未満。中国江西省景徳鎮(けいとくちん)市の伝統的陶磁器の中で長く名声を博している工芸品の一つ薄胎磁(はくたいじ)は「蛋殻磁(たんかくじ)」とも呼ばれ、その特徴は卵の殻のような薄さと高い透明度にある。同市の陶磁器メーカーが集まる三宝瓷谷では、薄胎磁制作チーム「快雪時晴」が景徳鎮の青花や粉彩などさまざまな伝統的な技法を融合し、薄くて透明度の高い陶磁器の碗と杯を制作した。チーム責任者の汪敏輝(おう・びんき)氏は、どの製品も手作業による十数段階の工程を経るため、完成までに少なくとも2カ月以上を必要とし、職人の熱い思いが込められていると述べた。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019101605554

    「新華社」 1400年前の飛天の姿とは?響堂山石窟の秘密を探る河北省邯鄲市  15日、響堂山千仏洞石窟の最上部の浮彫。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰鉱区(ほうほうこうく)にある響堂山(きょうどうさん)千仏洞石窟の最上部の浮彫は、あたかも目の前で天女が羽衣の舞を舞っているようにみえ、1400年以上の歳月を経ても往時の華やかさを残す。同石窟は東魏・北斉時代(534年~577年)に開削され、隋から明にかけての各時代に規模が拡張された。現在は16の石窟と4千体を超える彫像が残されている。(石家荘=新華社記者/岳文婷)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019101605589

    「新華社」 1400年前の飛天の姿とは?響堂山石窟の秘密を探る河北省邯鄲市  15日、響堂山千仏洞石窟の最上部の浮彫。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰鉱区(ほうほうこうく)にある響堂山(きょうどうさん)千仏洞石窟の最上部の浮彫は、あたかも目の前で天女が羽衣の舞を舞っているようにみえ、1400年以上の歳月を経ても往時の華やかさを残す。同石窟は東魏・北斉時代(534年~577年)に開削され、隋から明にかけての各時代に規模が拡張された。現在は16の石窟と4千体を超える彫像が残されている。(石家荘=新華社記者/岳文婷)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019101605590

    「新華社」 1400年前の飛天の姿とは?響堂山石窟の秘密を探る河北省邯鄲市  15日、響堂山千仏洞石窟の最上部の浮彫。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰鉱区(ほうほうこうく)にある響堂山(きょうどうさん)千仏洞石窟の最上部の浮彫は、あたかも目の前で天女が羽衣の舞を舞っているようにみえ、1400年以上の歳月を経ても往時の華やかさを残す。同石窟は東魏・北斉時代(534年~577年)に開削され、隋から明にかけての各時代に規模が拡張された。現在は16の石窟と4千体を超える彫像が残されている。(石家荘=新華社記者/岳文婷)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019101400103

    元年国内 4712 聖武天皇の行幸を裏付け  ネズミが平城京内から進上されたことを示す木簡=奈良国立文化財研究所 

  46. 2019101400102

    元年国内 4711 聖武天皇の行幸を裏付け  長屋王の邸宅跡から出土した聖武天皇の吉野行幸に関する木簡(中央)=奈良国立文化財研究所 

  47. 2019101300462

    古都奈良でシカの角切り  奈良公園の鹿苑で始まった「シカの角切り」でシカを追い込む勢子たち=13日午後、奈良市

  48. 2019101300461

    古都奈良でシカの角切り  奈良公園の鹿苑で始まった「シカの角切り」で、雄シカの角に縄をかけ、引き寄せる勢子たち=13日午後、奈良市

  49. 2019101300424

    古都奈良でシカの角切り  奈良公園の鹿苑で始まった秋の風物詩「シカの角切り」=13日午後、奈良市

  50. 2019101300298

    「海外フォト」 花畑?  中国で、箸を作るため竹を干す村人。何本できるのかな。(ロイター=共同)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像