検索結果 12,692 件中 1 件 〜 50
  1. 2020011702964

    「阪神大震災25年」 阪神大震災25年  阪神大震災から25年となった神戸市。追悼会場の東遊園地(右下)や高層ビル(左上)に「1・17」の文字が浮かび上がった=17日夜(共同通信社ヘリから)

  2. 2020011702855

    「阪神大震災25年」 阪神大震災25年  阪神大震災から25年となった神戸市。追悼会場の東遊園地(下)には「きざむ 1・17」の文字が浮かび上がった=17日夜(共同通信社ヘリから)

  3. 2020011702752

    「阪神大震災25年」 阪神大震災25年  阪神大震災から25年となった神戸市。追悼会場の東遊園地(下)には「きざむ 1・17」の文字が浮かび上がった=17日夜(共同通信社ヘリから)

  4. 2020011702662

    「阪神大震災25年」 阪神大震災25年  竹灯籠を並べて形作られた「きざむ 1・17」の文字が浮かぶ追悼会場の東遊園地=17日夜、神戸市中央区(共同通信社ヘリから)

  5. 2020011603561

    四国電力伊方原発・資料  四国電力伊方原発(手前)=愛媛県伊方町(共同通信社ヘリから)

  6. 2020011603559

    四国電力伊方原発・資料  四国電力の伊方原発(中央)=愛媛県伊方町(共同通信社ヘリから)

  7. 2020011603557

    四国電力伊方原発・資料  四国電力伊方原発。左から3号機、1号機、2号機=愛媛県伊方町(共同通信社ヘリから)

  8. 2020011200608

    四国で住宅火災相次ぐ  徳島県鳴門市の火災現場=12日午後(共同通信社ヘリから)

  9. 2020010600614

    連載企画「教訓生かせたか 阪神大震災25年」3回続きの(中) 地震本部、存在感高まらず  橋げたの根元部分から倒れてしまった阪神高速道路=1995年1月17日、神戸市東灘区深江本町(共同通信社ヘリから)

  10. 2020010500040

    千葉・流山でアパート火災  火災があった千葉県流山市のアパート=5日午前11時5分(共同通信社ヘリから)

  11. 2020010500039

    千葉・流山でアパート火災  火災があった千葉県流山市のアパート=5日午前11時5分(共同通信社ヘリから)

  12. 2019122800104

    廃材置き場で火災、黒煙  黒煙が上がる廃材置き場の火災現場=28日午前10時22分、千葉県市原市(共同通信社ヘリから)

  13. 2019122800103

    廃材置き場で火災、黒煙  黒煙が上がる廃材置き場の火災現場=28日午前10時25分、千葉県市原市(共同通信社ヘリから)

  14. 2019122800100

    廃材置き場で火災、黒煙  火災現場の廃材置き場から立ち上る黒煙=28日午前10時22分、千葉県市原市(共同通信社ヘリから)

  15. 2019122500711

    元年国内 9288 「伊豆東沖群島地震」 突き上げる揺れやまず  群発地震の影響が大きい静岡県伊東市=1989(平成元)年7月7日午後(共同通信社ヘリから)

  16. 2019122401434

    元年国内 8946 海上で車の大移動作戦  座礁した自動車運搬船第12有明丸(後方)から台船の橋を渡って救援の第1東洋丸(手前)に乗り換える車=1989(平成元)年6月30日午後4時30分、広島県倉橋町の倉橋島沖(共同通信社ヘリから)

  17. 2019122401427

    元年国内 8944 海上で車の大移動作戦  座礁した大三海運の自動車運搬船第12有明丸(左上)と救援の第1東洋丸(右手前)を台船でつないで行われた車の大移動作戦=1989(平成元)年6月30日午後4時30分、広島県倉橋町の倉橋島沖(共同通信社ヘリから)

  18. 2019122400081

    石油会社で火災、男性けが  川崎市の石油会社で発生した火災現場で行われる消火活動=24日午前9時23分(共同通信社ヘリから)

  19. 2019122400080

    石油会社で火災、男性けが  川崎市の石油会社で発生した火災現場で行われる消火活動=24日午前9時24分(共同通信社ヘリから)

  20. 2019122400079

    石油会社で火災、男性けが  川崎市の石油会社で発生した火災現場で、消火活動を行う消防車両=24日午前9時22分(共同通信社ヘリから)

  21. 2019121804116

    宮城・塩釜でクレーン転倒  クレーン車が倒れ、車が下敷きになる事故があった現場=18日午後0時6分、宮城県塩釜市(共同通信社ヘリから)

  22. 2019121804080

    宮城・塩釜でクレーン転倒  クレーン車が倒れ、車が下敷きになる事故があった現場=18日午後0時5分、宮城県塩釜市(共同通信社ヘリから)

  23. 2019121804078

    宮城・塩釜でクレーン転倒  クレーン車が倒れ、車が下敷きになる事故があった現場=18日午後0時7分、宮城県塩釜市(共同通信社ヘリから)

  24. 2019120601017

    元年国内 8790 新車、無残な姿  1989(平成元)年5月2日、瀬戸内海の来島海峡でタンカーと衝突、新車913台もろとも水没したパナマ船籍の自動車運搬船「オレンジ・コーラル」(7、627トン)は1989(平成元)年6月27日夕、解体のため広島県江田島の造船所にえい航された。船体の原型はとどめているもののめくれ上がった甲板から積み荷の中の無残な姿が見られ、海難事故の恐ろしさを示していた=1989(平成元)年6月27日午後4時40分(共同通信社ヘリから)

  25. 2019120601013

    元年国内 8789 新車、無残な姿  1989(平成元)年5月2日、瀬戸内海の来島海峡でタンカーと衝突、新車913台もろとも水没したパナマ船籍の自動車運搬船「オレンジ・コーラル」(7、627トン)は1989(平成元)年6月27日夕、解体のため広島県江田島の造船所にえい航された。船体の原型はとどめているもののめくれ上がった甲板から積み荷の中の無残な姿が見られ、海難事故の恐ろしさを示していた=1989(平成元)年6月27日午後4時40分(共同通信社ヘリから)

  26. 2019120300757

    元年国内 7599 小学校、団地ひやり  裏山から出火した山火事で、煙に包まれた阪南町立舞小学校=1989(平成元)年6月4日午後4時40分、大阪府阪南町(共同通信社ヘリから)

  27. 2019120300561

    1㌻連載企画「備え 南海トラフ巨大地震」第1回「臨時情報」 1週間の事前避難も  南海トラフ巨大地震で被害が懸念される愛知県弥富市。奥は木曽川河口部=11月20日(共同通信社ヘリから)

  28. 2019120300560

    1㌻連載企画「備え 南海トラフ巨大地震」第1回「臨時情報」 1週間の事前避難も  南海トラフ巨大地震への備えが進む高知県南国市。奥は高知空港=11月21日(共同通信社ヘリから)

  29. 2019112800982

    元年国内 5751 自動車運搬船が沈没  船首を大破したパナマ船籍タンカー「シャムロック・オチョウ」=1989(平成元)年5月2日午後0時45分、愛媛県今治市沖(共同通信社ヘリから)

  30. 2019112800979

    元年国内 5748 自動車運搬船が沈没  前部が大破したパナマ船籍タンカー「シャムロック・オチョウ」=1989(平成元)年5月2日午後0時、愛媛県吉海町大島沖(共同通信社ヘリから)

  31. 2019112800978

    元年国内 5747 自動車運搬船が沈没  タンカーと衝突、沈没したパナマ船籍の自動車運搬船「オレンジ・コーラル」=1989(平成元)年5月2日午後0時15分、愛媛県吉海町大島沖(共同通信社ヘリから)

  32. 2019112800977

    元年国内 5746 自動車運搬船が沈没  前部を大破しながらも自力航行するパナマ船籍タンカー「シャムロック・オチョウ」=1989(平成元)年5月2日午後0時、愛媛県吉海町大島沖(共同通信社ヘリから)

  33. 2019112102824

    元年国内 7922 淡路側もケーソン沈設  海底への沈設作業が始まった明石海峡大橋の淡路島側ケーソン=1989(平成元)年6月10日午前9時50分、兵庫県・淡路島岩屋沖(共同通信社ヘリから)

  34. 2019112102048

    東名高速高架付近で火災  火災のあった現場付近(右下)。東名高速は一部通行止めとなった=21日午後1時14分、静岡市駿河区(共同通信社ヘリから)

  35. 2019112102035

    東名高速高架付近で火災  火災のあった現場付近。右は東名高速=21日午後1時10分、静岡市駿河区(共同通信社ヘリから)

  36. 2019112505071

    「新華社」 山東省の炭鉱火災で閉じ込められた11人、救出される  21日、山東能源肥鉱集団梁宝寺能源公司の炭鉱から救出された作業員。(小型無人機から)中国の山東能源肥鉱集団梁宝寺能源公司の炭鉱で発生した「11・19」火災事故で坑内に閉じ込められた11人が21日午前10時18分(日本時間同11時18分)ごろ、全員救助された。現在は病院で手当てを受けており、容体は安定している。事故現場での取材で明らかになった。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019111500319

    アパート火災1人死亡  火災があった木造2階建てアパート=15日午前11時18分、北九州市小倉北区清水(共同通信社ヘリから)

  38. 2019111500304

    山口で住宅全焼  山口市阿東生雲東分の火災現場=15日午前10時49分(共同通信社ヘリから)

  39. 2019111500303

    山口で住宅全焼  山口市阿東生雲東分の火災現場=15日午前10時45分(共同通信社ヘリから)

  40. 2019111303173

    元年国内 6780 新たに3遺体収容  「野川健康センター」ビル建設工事現場で起きた土砂崩れ事故で、残る1人の捜索が続く土砂崩れ現場=1989(平成元)年5月23日午前9時25分、川崎市宮前区野川(共同通信社ヘリから)

  41. 2019111400765

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019111400777

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019111400800

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019111400843

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019111400764

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019111400754

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019111400821

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019111400824

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019110804150

    台風19号、企業に深刻被害  浸水した北陸新幹線の車両(左、10月13日)。水に漬かった車両は廃車が決まった=5日、長野市赤沼地区の長野新幹線車両センター(共同通信社ヘリから)

  50. 2019110804032

    千曲川決壊堤防、復旧進む  千曲川堤防が決壊した長野市穂保地区付近。本堤防が完成するまで暫定的な堤防が築かれている=5日(共同通信社ヘリから)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像