検索結果 2,742 件中 1 件 〜 50
  1. 2020012322595

    「新華社」 地震救援活動、着実に進む新疆ウイグル自治区伽師県  20日、伽師県で発生した地震の震源から約10キロの地点で、線路の点検修理を行う鉄道作業員。(小型無人機から)。中国新疆ウイグル自治区政府によると、20日午前9時時点で、新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県で19日夜発生したマグニチュード(M)6・4の地震による死者は1人、軽傷者は2人で、現地の一部の家屋、送電線、交通施設が損壊した。本震後もマグニチュード(M)3・0以上の余震が計10回観測されており、最大の余震はマグニチュード(M)5・2だった。(カシュガル=新華社記者/馬鍇)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020011702964

    「阪神大震災25年」 阪神大震災25年  阪神大震災から25年となった神戸市。追悼会場の東遊園地(右下)や高層ビル(左上)に「1・17」の文字が浮かび上がった=17日夜(共同通信社ヘリから)

  3. 2020011702855

    「阪神大震災25年」 阪神大震災25年  阪神大震災から25年となった神戸市。追悼会場の東遊園地(下)には「きざむ 1・17」の文字が浮かび上がった=17日夜(共同通信社ヘリから)

  4. 2020011702752

    「阪神大震災25年」 阪神大震災25年  阪神大震災から25年となった神戸市。追悼会場の東遊園地(下)には「きざむ 1・17」の文字が浮かび上がった=17日夜(共同通信社ヘリから)

  5. 2020011702662

    「阪神大震災25年」 阪神大震災25年  竹灯籠を並べて形作られた「きざむ 1・17」の文字が浮かぶ追悼会場の東遊園地=17日夜、神戸市中央区(共同通信社ヘリから)

  6. 2020012000744

    「新華社」 「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々  13日、砂漠を歩きながら測量を続ける測量員。(小型無人機から)地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020012000767

    「新華社」 「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々  11日、タクラマカン砂漠の中にある地震データ採集用計器車両の駐車地点。(小型無人機から)地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020010600614

    連載企画「教訓生かせたか 阪神大震災25年」3回続きの(中) 地震本部、存在感高まらず  橋げたの根元部分から倒れてしまった阪神高速道路=1995年1月17日、神戸市東灘区深江本町(共同通信社ヘリから)

  9. 2019122500711

    元年国内 9288 「伊豆東沖群島地震」 突き上げる揺れやまず  群発地震の影響が大きい静岡県伊東市=1989(平成元)年7月7日午後(共同通信社ヘリから)

  10. 2019120300561

    1㌻連載企画「備え 南海トラフ巨大地震」第1回「臨時情報」 1週間の事前避難も  南海トラフ巨大地震で被害が懸念される愛知県弥富市。奥は木曽川河口部=11月20日(共同通信社ヘリから)

  11. 2019120300560

    1㌻連載企画「備え 南海トラフ巨大地震」第1回「臨時情報」 1週間の事前避難も  南海トラフ巨大地震への備えが進む高知県南国市。奥は高知空港=11月21日(共同通信社ヘリから)

  12. 2019111400765

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019111400777

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019111400800

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019111400843

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019111400764

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019111400754

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019111400821

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019111400824

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019103000096

    伊方原発、地震想定し訓練  愛媛県大洲市で実施された小型無人機ドローンを使った訓練=30日午前

  21. 2019090611948

    北海道地震から1年  北海道地震から1年。土砂崩れが起きた現場では、整備工事が進められている=6日午前7時15分、北海道厚真町吉野地区(小型無人機から)

  22. 2019090600772

    北海道地震から1年  北海道地震の発生から1年。土砂崩れで大きな被害を受けた厚真町吉野地区では、崩れた斜面の整備工事が進められている=6日午前(パノラマ写真、画像21枚を合成。小型無人機から)

  23. 2019090600491

    北海道地震から1年  北海道地震から1年。土砂崩れが起きた現場では、整備工事が進められている=6日午前7時15分、北海道厚真町吉野地区(小型無人機から)

  24. 2019090503789

    北海道地震きょう1年  北海道地震発生から1年となる、厚真町の仮設住宅=5日夜(小型無人機から)

  25. 2019090502642

    北海道地震きょう1年  昨年の地震で崩落した斜面の整備工事=5日午前、北海道厚真町吉野地区(小型無人機から)

  26. 2019090501614

    北海道地震からきょう1年  今年9月5日(上)と2018年9月12日に撮影した北海道厚真町の厚真ダム。土砂や流木は撤去されたが、水は入っておらず利用再開に向けた復旧工事が進む(小型無人機から)

  27. 2019090501584

    北海道地震きょう1年  今年9月5日(上)と2018年9月8日に撮影した北海道厚真町吉野地区の土砂崩れ現場。土砂は撤去され斜面の整備が進むが、復旧はまだ遠い(小型無人機から)

  28. 2019090501575

    北海道地震きょう1年  今年9月5日(上)と2018年9月7日に撮影した北海道厚真町吉野地区の土砂崩れ現場。土砂は撤去され斜面の整備が進むが、復旧はまだ遠い(小型無人機から)

  29. 2019072902232

    釜石の震災施設に6千人超  釜石鵜住居復興スタジアム(上)の近くに整備された「いのちをつなぐ未来館」などの施設(下)=27日、岩手県釜石市(共同通信社機から)

  30. 2019072404356

    平5国内 8572「北海道南西沖地震」 懸命の捜索続く   津波で海に流された建物の周囲で浮遊物を捜す被災者=1993(平成5)年7月14日午後4時、北海道・奥尻島西海岸(共同通信社ヘリから)

  31. 2019072100162

    平5国内 8506「北海道南西沖地震」 灯台倒れ、空覆う黒煙  北海道南西沖地震で倒壊した奥尻島青苗岬灯台=1993(平成5)年7月13日午前(共同通信社ヘリから)

  32. 2019072100160

    平5国内 8502「北海道南西沖地震」 灯台倒れ、空覆う黒煙  北海道南西沖地震で山が崩落し、ホテル「洋々荘」が埋まった土砂崩れ現場=1993(平成5)年7月13日午前11時40分、北海道・奥尻島(共同通信社ヘリから)

  33. 2019070400027

    震災被災地「にぎわいを」  宮城県石巻市の沿岸部=2月(共同通信社ヘリから)

  34. 2019061905094

    新潟・山形地震  地震により倒壊した山形県鶴岡市立大泉小の相撲場=19日午前7時35分(共同通信社機から)

  35. 2019061900115

    新潟・山形地震  地震の影響で停車したままの羽越線の列車。手前は日本海=19日午前7時2分、新潟県村上市(共同通信社機から)

  36. 2019061900267

    新潟・山形地震  地震の影響で停車したままの羽越線の列車。手前は日本海=19日午前7時2分、新潟県村上市(共同通信社機から)

  37. 2019061900265

    新潟・山形地震  地震で海の近くで停車したままの羽越線の列車=19日午前6時54分、新潟県村上市(共同通信社機から)

  38. 2019061900263

    新潟・山形地震  地震で海の近くで停車したままの羽越線の列車=19日午前6時56分、新潟県村上市(共同通信社機から)

  39. 2019061900206

    新潟・山形地震  地震で被害を受けた住宅地=19日午前7時6分、山形県鶴岡市(共同通信社機から)

  40. 2019061900152

    新潟・山形地震  地震により液状化が発生したJR鶴岡駅前の土地(右下)=19日午前7時31分(共同通信社機から)

  41. 2019061900164

    新潟・山形地震  地震により液状化が発生したJR鶴岡駅前の土地=19日午前7時28分(共同通信社機から)

  42. 2019061900163

    新潟・山形地震  地震により液状化が発生したJR鶴岡駅前の土地=19日午前7時30分(共同通信社機から)

  43. 2019061900161

    新潟・山形地震  地震により液状化が発生したJR鶴岡駅前の土地=19日午前7時29分(共同通信社機から)

  44. 2019061900151

    新潟・山形地震  地震により屋根瓦が被害を受けた住宅=19日午前7時12分、山形県鶴岡市(共同通信社機から)

  45. 2019061900124

    新潟・山形地震  地震により倒壊した山形県鶴岡市立大泉小の相撲場(手前)=19日午前7時36分(共同通信社機から)

  46. 2019061900123

    新潟・山形地震  地震により倒壊した山形県鶴岡市立大泉小の相撲場=19日午前7時36分(共同通信社機から)

  47. 2019061900120

    新潟・山形地震  地震で屋根瓦などが被害を受けた住宅地=19日午前7時8分、山形県鶴岡市(共同通信社機から)

  48. 2019061900114

    新潟・山形地震  地震で停車したままの羽越線の列車=19日午前7時3分、新潟県村上市(共同通信社機から)

  49. 2019061900113

    新潟・山形地震  地震で停車したままの羽越線の列車=19日午前6時54分、新潟県村上市(共同通信社機から)

  50. 2019061900101

    新潟・山形地震  地震で屋根瓦などが被害を受けた住宅地=19日午前7時6分、山形県鶴岡市(共同通信社機から)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像