検索結果 16,485 件中 1 件 〜 50
  1. 2019101010548

    農業の基盤弱体化に危機感  共同通信のきさらぎ会で講演するJA全中の中家徹会長=10日、東京都千代田区

  2. 2019101010547

    農業の基盤弱体化に危機感  共同通信のきさらぎ会で講演するJA全中の中家徹会長=10日、東京都千代田区

  3. 2019101008004

    避難解除後で初の稲刈り  福島県大熊町大川原地区の実証栽培田で、避難指示解除後初めて行われた稲刈り=10日午前

  4. 2019101006317

    避難解除後で初の稲刈り  福島県大熊町大川原地区の実証栽培田で、避難指示解除後初めて行われた稲刈り=10日午前

  5. 2019101006295

    避難解除後で初の稲刈り  福島県大熊町大川原地区の実証栽培田で、避難指示解除後初めて行われた稲刈り=10日午前

  6. 2019101101758

    「新華社」 ナツメ香る実りの秋河北省黄驊市  9日、河北省黄驊市滕荘子郷孔店村のナツメ市場で選別作業を行う農家。実りの秋を迎え、中国河北省黄驊(こうか)市に広がる15万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の畑でナツメの収穫が本格化し、地元のナツメ農家は摘み取りや選別、包装、出荷の作業に追われている。同市はここ数年、ナツメ栽培モデルパーク建設や品種改良、ブランド構築などを通じてナツメ産業を発展させ、農家に利益をもたらすことで農村振興につなげている。(黄驊=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019101101774

    「新華社」 ナツメ香る実りの秋河北省黄驊市  9日、河北省黄驊市滕荘子郷孔店村のナツメ市場で選別作業を行う農家。実りの秋を迎え、中国河北省黄驊(こうか)市に広がる15万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の畑でナツメの収穫が本格化し、地元のナツメ農家は摘み取りや選別、包装、出荷の作業に追われている。同市はここ数年、ナツメ栽培モデルパーク建設や品種改良、ブランド構築などを通じてナツメ産業を発展させ、農家に利益をもたらすことで農村振興につなげている。(黄驊=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019101101754

    「新華社」 ナツメ香る実りの秋河北省黄驊市  9日、河北省黄驊市滕荘子郷孔店村で収穫作業にいそしむナツメ農家。実りの秋を迎え、中国河北省黄驊(こうか)市に広がる15万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の畑でナツメの収穫が本格化し、地元のナツメ農家は摘み取りや選別、包装、出荷の作業に追われている。同市はここ数年、ナツメ栽培モデルパーク建設や品種改良、ブランド構築などを通じてナツメ産業を発展させ、農家に利益をもたらすことで農村振興につなげている。(黄驊=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019101101773

    「新華社」 ナツメ香る実りの秋河北省黄驊市  9日、河北省黄驊市滕荘子郷孔店村で収穫作業にいそしむナツメ農家。実りの秋を迎え、中国河北省黄驊(こうか)市に広がる15万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の畑でナツメの収穫が本格化し、地元のナツメ農家は摘み取りや選別、包装、出荷の作業に追われている。同市はここ数年、ナツメ栽培モデルパーク建設や品種改良、ブランド構築などを通じてナツメ産業を発展させ、農家に利益をもたらすことで農村振興につなげている。(黄驊=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019101101796

    「新華社」 ナツメ香る実りの秋河北省黄驊市  9日、河北省黄驊市滕荘子郷孔店村の市場に並べられたナツメ。実りの秋を迎え、中国河北省黄驊(こうか)市に広がる15万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の畑でナツメの収穫が本格化し、地元のナツメ農家は摘み取りや選別、包装、出荷の作業に追われている。同市はここ数年、ナツメ栽培モデルパーク建設や品種改良、ブランド構築などを通じてナツメ産業を発展させ、農家に利益をもたらすことで農村振興につなげている。(黄驊=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019100801352

    「新華社」 廃棄物を飼料へリサイクル河北省定州市  7日、サイレージを乳牛に与える定州市東留春郷の牧場の従業員。中国河北省定州市は近年、環境に配慮したリサイクル型栽培・養殖に力を入れている。同市は廃棄されるトウモロコシの茎を回収し、保存しやすく栄養価値の高いサイレージ(家畜用飼料の一種)に加工することで、農作物の茎の廃棄の過程で生じる汚染を避け、秋冬に家畜用飼料が不足する問題を解決している。(石家荘=新華社記者/朱旭東)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019100801436

    「新華社」 廃棄物を飼料へリサイクル河北省定州市  7日、定州市東留春郷西留春村の畑で、回収したトウモロコシの茎をトラックで運ぶ農家の人。中国河北省定州市は近年、環境に配慮したリサイクル型栽培・養殖に力を入れている。同市は廃棄されるトウモロコシの茎を回収し、保存しやすく栄養価値の高いサイレージ(家畜用飼料の一種)に加工することで、農作物の茎の廃棄の過程で生じる汚染を避け、秋冬に家畜用飼料が不足する問題を解決している。(石家荘=新華社記者/朱旭東)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019101003241

    「新華社」 秋の花が見頃一面の花畑へ出かけよう上海  7日、空から見た「花開海上」のコスモス畑。(小型無人機から)中国上海市金山区にある同市最大の生態園(エコパーク)「花開海上」では7日、コスモスやキク、ヒマワリ、コキア(ホウキギ)などが見頃を迎え、多くの市民や観光客が色とりどりの花の海で、深まる秋を存分に楽しんでいた。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019101003160

    「新華社」 秋の花が見頃一面の花畑へ出かけよう上海  7日、見頃を迎えた「花開海上」のコスモス畑。(小型無人機から)中国上海市金山区にある同市最大の生態園(エコパーク)「花開海上」では7日、コスモスやキク、ヒマワリ、コキア(ホウキギ)などが見頃を迎え、多くの市民や観光客が色とりどりの花の海で、深まる秋を存分に楽しんでいた。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019101003191

    「新華社」 秋の花が見頃一面の花畑へ出かけよう上海  7日、空から見た「花開海上」のコキア(ホウキギ)畑。(小型無人機から)中国上海市金山区にある同市最大の生態園(エコパーク)「花開海上」では7日、コスモスやキク、ヒマワリ、コキア(ホウキギ)などが見頃を迎え、多くの市民や観光客が色とりどりの花の海で、深まる秋を存分に楽しんでいた。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019101003239

    「新華社」 秋の花が見頃一面の花畑へ出かけよう上海  7日、コキア(ホウキギ)畑を駆け回る子ども。中国上海市金山区にある同市最大の生態園(エコパーク)「花開海上」では7日、コスモスやキク、ヒマワリ、コキア(ホウキギ)などが見頃を迎え、多くの市民や観光客が色とりどりの花の海で、深まる秋を存分に楽しんでいた。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019100801371

    「新華社」 廃棄物を飼料へリサイクル河北省定州市  7日、定州市東留春郷西留春村の畑で、トウモロコシの茎の回収作業を行う農家の人。中国河北省定州市は近年、環境に配慮したリサイクル型栽培・養殖に力を入れている。同市は廃棄されるトウモロコシの茎を回収し、保存しやすく栄養価値の高いサイレージ(家畜用飼料の一種)に加工することで、農作物の茎の廃棄の過程で生じる汚染を避け、秋冬に家畜用飼料が不足する問題を解決している。(石家荘=新華社記者/朱旭東)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019101003161

    「新華社」 秋の花が見頃一面の花畑へ出かけよう上海  7日、コキア(ホウキギ)畑で写真を撮る観光客。中国上海市金山区にある同市最大の生態園(エコパーク)「花開海上」では7日、コスモスやキク、ヒマワリ、コキア(ホウキギ)などが見頃を迎え、多くの市民や観光客が色とりどりの花の海で、深まる秋を存分に楽しんでいた。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019101003167

    「新華社」 秋の花が見頃一面の花畑へ出かけよう上海  7日、「花開海上」のコスモス畑を楽しむ観光客。中国上海市金山区にある同市最大の生態園(エコパーク)「花開海上」では7日、コスモスやキク、ヒマワリ、コキア(ホウキギ)などが見頃を迎え、多くの市民や観光客が色とりどりの花の海で、深まる秋を存分に楽しんでいた。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019100600617

    枝野氏、農業支援アピール  コメやトウモロコシを栽培する農家を訪れた立憲民主党の枝野代表(右)=6日午後、北海道旭川市

  21. 2019100500374

    復旧田のわら恐竜に、仙台  稲わらで作った恐竜のオブジェで遊ぶ子どもたち=5日午前、仙台市の「せんだい農業園芸センター」

  22. 2019100500373

    復旧田のわら恐竜に、仙台  稲わらで作ったステゴサウルスのオブジェ=5日午前、仙台市の「せんだい農業園芸センター」

  23. 2019100700369

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、「大河堡・涼都花海」の敷地内を散策する観光客。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019100700538

    「新華社」 江南の古村を彩る天日干し「晒秋」浙江省建徳市  5日、新葉古村の「晒秋」風景。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮新葉古村では国慶節連休(1~7日)中、収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする「晒秋祭」が行われている。村内各所に干された、赤色の唐辛子や黄色のトウモロコシ、だいだい色の柿、カボチャなどがさまざまな模様を織りなし、伝統的な民家の風情あふれる姿と相まって美しい景色となり、観光客を魅了している。「中国歴史文化名村」の新葉古村では、古くからの祠堂や塔、寺の他、古民家200棟以上が良好な状態で保存されている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019100700337

    「新華社」 江南の古村を彩る天日干し「晒秋」浙江省建徳市  5日、新葉古村の路地に広がる「晒秋」風景を堪能する観光客。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮新葉古村では国慶節連休(1~7日)中、収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする「晒秋祭」が行われている。村内各所に干された、赤色の唐辛子や黄色のトウモロコシ、だいだい色の柿、カボチャなどがさまざまな模様を織りなし、伝統的な民家の風情あふれる姿と相まって美しい景色となり、観光客を魅了している。「中国歴史文化名村」の新葉古村では、古くからの祠堂や塔、寺の他、古民家200棟以上が良好な状態で保存されている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019100700588

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」の一角。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019100700423

    「新華社」 江南の古村を彩る天日干し「晒秋」浙江省建徳市  5日、新葉古村の路地を散策する観光客。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮新葉古村では国慶節連休(1~7日)中、収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする「晒秋祭」が行われている。村内各所に干された、赤色の唐辛子や黄色のトウモロコシ、だいだい色の柿、カボチャなどがさまざまな模様を織りなし、伝統的な民家の風情あふれる姿と相まって美しい景色となり、観光客を魅了している。「中国歴史文化名村」の新葉古村では、古くからの祠堂や塔、寺の他、古民家200棟以上が良好な状態で保存されている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019100700518

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、「大河堡・涼都花海」の敷地内を散策する観光客。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019100700561

    「新華社」 江南の古村を彩る天日干し「晒秋」浙江省建徳市  5日、新葉古村の路地に広がる「晒秋」風景を堪能する観光客。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮新葉古村では国慶節連休(1~7日)中、収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする「晒秋祭」が行われている。村内各所に干された、赤色の唐辛子や黄色のトウモロコシ、だいだい色の柿、カボチャなどがさまざまな模様を織りなし、伝統的な民家の風情あふれる姿と相まって美しい景色となり、観光客を魅了している。「中国歴史文化名村」の新葉古村では、古くからの祠堂や塔、寺の他、古民家200棟以上が良好な状態で保存されている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019100700505

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で稲刈りをする地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019100700492

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、脱穀機の中のもみから虫を取り除く地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019100700493

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、もみを詰めた袋を縛る地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019100700532

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で脱穀を終えた稲わらを束にする地元農家。稲わらは肥料や飼料となる。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019100700544

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、もみを袋に詰めて水田から運び出す地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019100700502

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田のあぜ道で休憩する地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019100700515

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で稲刈りをする地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019100700324

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、脱穀機を別の田んぼへ運ぶ地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019100700376

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で稲刈りをする地元農家。(小型無人機から)中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019100700529

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で稲刈りをする地元の農家。(小型無人機から)中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019100700412

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で稲刈りの準備をする地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019100700449

    「新華社」 農業と観光を結び付けた施設で連休を楽しむ江西省南昌市  4日、南昌市新建区にある渓霞国家現代農業園の風車回廊を通る観光客。中国江西省南昌市新建区にある渓霞国家現代農業園は国慶節の大型連休(10月1~7日)期間中、大勢の市民や観光客でにぎわっている。人々は見学するだけでなく、伝統的な農耕文化を感じ、現代農業の科学技術がもたらす変化を体験することができる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019100700406

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、収穫した稲を打ち付けて脱穀する地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019100700545

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、収穫した稲を打ち付けて脱穀する地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019100700550

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、もみを干して乾燥させる地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019100700503

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田のあぜ道で休憩する地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019100700512

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、収穫した稲を打ち付けて脱穀する地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019100304922

    ウモウゲイトウが見頃  埼玉県滑川町の国営武蔵丘陵森林公園で、羽毛のような花が特徴のウモウゲイトウが見頃を迎えている。8千平方㍍ほどの畑に赤、黄、ピンク、オレンジの約50万本が植えられ、訪れた人は「まるでじゅうたんみたい」と驚いていた。14日にはつみ取りイベントも行われる=3日午後

  48. 2019100302852

    日米貿易協定で農業対策を  記者会見するJA全中の中家徹会長=3日、東京都千代田区

  49. 2019100300559

    「新華社」 ダイコンの収穫が本格化寧夏回族自治区  9月30日、ダイコンを切る馬渠生態移民区の農民。中国寧夏回族自治区呉忠市紅寺堡区の馬渠生態移民区でこのほど、7千ムー(約467ヘクタール)の畑で栽培されているダイコンが収穫期を迎え、農民らはダイコンを収穫したり、切って乾燥させたりする作業に追われている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019100300565

    「新華社」 ダイコンの収穫が本格化寧夏回族自治区  9月30日、ダイコンを干す馬渠生態移民区の農民。中国寧夏回族自治区呉忠市紅寺堡区の馬渠生態移民区でこのほど、7千ムー(約467ヘクタール)の畑で栽培されているダイコンが収穫期を迎え、農民らはダイコンを収穫したり、切って乾燥させたりする作業に追われている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像