検索結果 17,842 件中 1 件 〜 50
  1. 2019091500597

    緊急連載企画「混迷の果てに 諫早湾干拓訴訟」3回続きの(下)訴訟に振り回されてきた営農者 「われわれも被害者だ」  諫早湾干拓地の自社の農地を説明する「愛菜ファーム」の山内末広専務=5日、長崎県諫早市

  2. 2019091400923

    雨に備え家屋応急処置  台風の影響でガラスが割れて飛び散ったカーネーション農家の温室=14日午後、千葉県南房総市

  3. 2019091400902

    現場が求める支援策を  江藤農相(左端)と千葉県の森田健作知事に支援を訴える農業関係者=14日午後、千葉県南房総市

  4. 2019091400757

    現場が求める支援策を  台風15号による農業ハウスの被害状況を視察する江藤農相(左から3人目)=14日夕、千葉県南房総市

  5. 2019091400033

    中国、米大豆20万㌧購入  米中西部ノースダコタ州の畑で、大豆の生育を調べる農家=8月(ロイター=共同)

  6. 2019091400004

    「四国トピックス」 奇跡の野菜、香川で生産  香川県まんのう町でヤーコンを栽培する小野隆さん

  7. 2019091304990

    稲作をコミカルに表現  鹿児島県瀬戸内町で行われた「油井の豊年踊り」=13日

  8. 2019091304989

    稲作をコミカルに表現  脱穀の様子を踊りながら演じる女性たち=13日午後、鹿児島県瀬戸内町

  9. 2019091302644

    諫早訴訟、高裁に差し戻し  国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防の北部排水門。奥は大規模農業が営まれる干拓地=13日正午ごろ、長崎県諫早市(共同通信社ヘリから)

  10. 2019091201079

    高知で農業参入、県町支援  協定を結び記念撮影する(右から)尾崎正直高知県知事、エフビットコミュニケーションズの吉本幸男社長、細川博司本山町長=12日、高知市

  11. 2019091103295

    豚肉の高騰、監視強化  11日、北京で開かれた農業農村省幹部らの記者会見(共同)

  12. 2019091003205

    「新華社」 水田を使った飼育・養殖が中国農業のトレンドに  8日、長沙県路口鎮明月村にある水田生態栽培飼育モデル拠点で「水田+エビ」モデルによるエビの養殖を見学する研究者。中国湖南省長沙市で6~8日、第1回国際(長沙)農地生態栽培飼育発展フォーラムが開かれ、水田とスッポンの調和共生モデルが各国の参加者の高い関心を集めた。湖南省は中国の水稲栽培や淡水産物の重要な生産拠点で、水田や乾地を使った飼育・養殖モデルが確立されている。現在、湖南省の水産物養殖面積は600万ムー(15ムー=1ヘクタール)以上で、中でも水田での養殖は約330万ムーとなっており、中国全体の10分の1を占めている。「水田+カモ」「水田+エビ」「水田+スッポン+魚」など、環境に配慮した水田の飼育・養殖モデルはますます種類が豊富になっている。(長沙=新華社配信/呂広動)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019090610922

    特集「トップが語るSDGs」 危うい食糧目標の達成  「日本の一層の貢献を期待している」と話す国際農業開発基金(IFAD)のジルベール・ウングボ総裁

  14. 2019090600030

    「農家続けることが弔い」  収穫したカボチャを箱詰めする山本隆司さん=8月20日、北海道厚真町

  15. 2019090600028

    「農家続けることが弔い」  親戚の土地で、米作りを再開した山本隆司さん=8月20日、北海道厚真町

  16. 2019091003252

    「新華社」 収穫の喜びを表現チベット自治区で豊作祝うイベント  6日、2019チベット「中国農民豊作節」ならびにダナン毛織物文化節で、秋の収穫作業を行うダナン県の人たち。中国チベット自治区山南(さんなん)市ダナン県で6日、豊作を祝う2019チベット「中国農民豊作節(祭)」ならびにダナン毛織物文化節が開幕した。同イベントは4日間にわたって行われる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019091003258

    「新華社」 収穫の喜びを表現チベット自治区で豊作祝うイベント  6日、2019チベット「中国農民豊作節」ならびにダナン毛織物文化節で、秋の収穫作業を行うダナン県の人たち。中国チベット自治区山南(さんなん)市ダナン県で6日、豊作を祝う2019チベット「中国農民豊作節(祭)」ならびにダナン毛織物文化節が開幕した。同イベントは4日間にわたって行われる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019091003172

    「新華社」 収穫の喜びを表現チベット自治区で豊作祝うイベント  6日、2019チベット「中国農民豊作節」ならびにダナン毛織物文化節の開幕式で、豊作の喜びを表す踊りを踊る地元の農牧民。中国チベット自治区山南(さんなん)市ダナン県で6日、豊作を祝う2019チベット「中国農民豊作節(祭)」ならびにダナン毛織物文化節が開幕した。同イベントは4日間にわたって行われる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019091003261

    「新華社」 収穫の喜びを表現チベット自治区で豊作祝うイベント  6日、2019チベット「中国農民豊作節」ならびにダナン毛織物文化節で、秋の収穫作業を行うダナン県の人たち。中国チベット自治区山南(さんなん)市ダナン県で6日、豊作を祝う2019チベット「中国農民豊作節(祭)」ならびにダナン毛織物文化節が開幕した。同イベントは4日間にわたって行われる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019091003304

    「新華社」 収穫の喜びを表現チベット自治区で豊作祝うイベント  6日、2019チベット「中国農民豊作節」ならびにダナン毛織物文化節で、秋の収穫作業を行うダナン県の人たち。中国チベット自治区山南(さんなん)市ダナン県で6日、豊作を祝う2019チベット「中国農民豊作節(祭)」ならびにダナン毛織物文化節が開幕した。同イベントは4日間にわたって行われる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019091003311

    「新華社」 水田を使った飼育・養殖が中国農業のトレンドに  6日、収穫期を迎えた長沙県路口鎮明月村にある水田生態栽培飼育モデル拠点。中国湖南省長沙市で6~8日、第1回国際(長沙)農地生態栽培飼育発展フォーラムが開かれ、水田とスッポンの調和共生モデルが各国の参加者の高い関心を集めた。湖南省は中国の水稲栽培や淡水産物の重要な生産拠点で、水田や乾地を使った飼育・養殖モデルが確立されている。現在、湖南省の水産物養殖面積は600万ムー(15ムー=1ヘクタール)以上で、中でも水田での養殖は約330万ムーとなっており、中国全体の10分の1を占めている。「水田+カモ」「水田+エビ」「水田+スッポン+魚」など、環境に配慮した水田の飼育・養殖モデルはますます種類が豊富になっている。(長沙=新華社配信/呂広動)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019091003239

    「新華社」 収穫の喜びを表現チベット自治区で豊作祝うイベント  6日、2019チベット「中国農民豊作節」ならびにダナン毛織物文化節で行われた山南で「最も美しい雅礱(がろう)牛」コンテスト。中国チベット自治区山南(さんなん)市ダナン県で6日、豊作を祝う2019チベット「中国農民豊作節(祭)」ならびにダナン毛織物文化節が開幕した。同イベントは4日間にわたって行われる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019090614925

    「京都新聞」 雨上がり 染まる黄金郷  収穫期となり、黄金色に染まる鹿ケ瀬と黒谷の棚田。奥の山中が畑の棚田=2019(令和元)年9月5日午前11時20分、滋賀県高島市鹿ケ瀬、クレジット:京都新聞社/共同通信イメージズ

  24. 2019090500043

    「スクランブル」 福島でワイナリー開設続々  ブドウ畑を見て回る「新鶴ワイナリー」運営会社の小林章太郎さん=8月3日、福島県会津美里町

  25. 2019090500041

    「スクランブル」 福島でワイナリー開設続々  赤ワインの原料ヤマ・ソービニヨンの畑に立つ「ふくしま農家の夢ワイン」代表の斎藤誠治さん=8月26日、福島県二本松市

  26. 2019090401177

    比嘉政浩専務理事  全国農業協同組合中央会(JA全中)の比嘉政浩専務理事=2019年9月4日午前撮影、東京都千代田区

  27. 2019090400008

    台風21号被害の農家苦境  ビニールハウスの建て直しが間に合わず、ハウス無しで栽培した水ナスの畑と農家の山本剛史さん=大阪府岸和田市

  28. 2019090400006

    台風21号被害の農家苦境  ミカン畑を見つめる農家の森川文夫さん=和歌山県有田川町

  29. 2019090400005

    希望の苗木に復興託す  ハスカップ農家の山口善紀さん=8月、北海道厚真町

  30. 2019090900477

    「新華社」 キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市  4日、山東省淄博市源泉鎮で収穫されたキウイの箱詰めするキウイ専業合作社(協同組合)の職員。中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019090900506

    「新華社」 キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市  4日、山東省淄博市源泉鎮でキウイを収穫するキウイ専業合作社(協同組合)の職員。中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019090900438

    「新華社」 キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市  4日、山東省淄博市源泉鎮を流れる淄河両岸のキウイ栽培地。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019091105020

    「新華社」 お隣さんは今どこに?日本の元残留孤児が23年ぶりに中国訪問  4日、吉林省延辺朝鮮族自治州汪清県の天橋嶺森林公安局青松派出所で、史おじいさん(右)と語り合う丁修発さん。日本国籍の丁修発(てい・しゅうはつ)さんはこのほど、元残留孤児の83歳の母親を連れて中国を訪れた。中国にいた時に何かと母たちを助けてくれた「お隣さん」に会うためだ。丁さんの母・美智子(仮名)さんは日本の中国侵略時代、母方の両親とともに中国の東北地方にやってきた。一家は吉林省延辺朝鮮族自治州汪清県の天橋嶺四方山で農業に従事しており、美智子さんは当時3歳だった。日本の敗戦後、現地に住んでいた日本人は本国への引き揚げを余儀なくされたが、多くの日本人女性や子どもが現地に取り残された。「隣に住んでいた史おじいさんと尹さんは、母たちのことを敵として憎むことなく、いつも何かと助けてくれたそうです」と、丁さんは母親が語ってくれた当時の状況をこう振り返る。90年代に美智子さんは日本の肉親に呼び寄せられ、家族とともに日本に定住するようになってから、23年になる。年を取ればとるほど、当時の中国の隣人のことを懐かしむようになり、子どもたちに何度も「会いに行きたい」と漏らしていた。その後、現地の派出所の協力が功を奏し、丁さんはついに当時のお隣さんだった史国庄(し・こくしょう)さんを探し出すことができた。(長春=新華社配信)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  34. 2019090900634

    「新華社」 内モンゴル自治区の河套かんがい区域、世界かんがい施設遺産に  4日、地元の野菜加工工場にトマトを売るために列を作る河套かんがい区域三道橋鎮の農家。(小型無人機から)インドネシア・バリ島で4日、国際かんがい排水委員会(ICID)第70回執行理事会の全体会議が開かれ、中国内モンゴル自治区の河套かんがい区域と江西省千金陂のかんがい施設が2019年度(第6期)世界かんがい施設遺産に登録されることが決まった。(フフホト=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019090900445

    「新華社」 キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市  4日、山東省淄博市源泉鎮で収穫作業に励むキウイ専業合作社(協同組合)の職員。中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019090900501

    「新華社」 キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市  4日、山東省淄博市源泉鎮にあるキウイ専業合作社(協同組合)の職員らが収穫したキウイ。中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019090900527

    「新華社」 キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市  4日、山東省淄博市源泉鎮のキウイ専業合作社(協同組合)が栽培し、収穫期を迎えたキウイ。中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019090900603

    「新華社」 キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市  4日、山東省淄博市源泉鎮にあるキウイ専業合作社(協同組合)を集荷のために訪れた物流会社の従業員(左)。中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019091105058

    「新華社」 お隣さんは今どこに?日本の元残留孤児が23年ぶりに中国訪問  4日、吉林省延辺朝鮮族自治州汪清県の天橋嶺森林公安局青松派出所で、史おじいさんの奥さん(左端)と握手する丁修発さん(左から2人目)。日本国籍の丁修発(てい・しゅうはつ)さんはこのほど、元残留孤児の83歳の母親を連れて中国を訪れた。中国にいた時に何かと母たちを助けてくれた「お隣さん」に会うためだ。丁さんの母・美智子(仮名)さんは日本の中国侵略時代、母方の両親とともに中国の東北地方にやってきた。一家は吉林省延辺朝鮮族自治州汪清県の天橋嶺四方山で農業に従事しており、美智子さんは当時3歳だった。日本の敗戦後、現地に住んでいた日本人は本国への引き揚げを余儀なくされたが、多くの日本人女性や子どもが現地に取り残された。「隣に住んでいた史おじいさんと尹さんは、母たちのことを敵として憎むことなく、いつも何かと助けてくれたそうです」と、丁さんは母親が語ってくれた当時の状況をこう振り返る。90年代に美智子さんは日本の肉親に呼び寄せられ、家族とともに日本に定住するようになってから、23年になる。年を取ればとるほど、当時の中国の隣人のことを懐かしむようになり、子どもたちに何度も「会いに行きたい」と漏らしていた。その後、現地の派出所の協力が功を奏し、丁さんはついに当時のお隣さんだった史国庄(し・こくしょう)さんを探し出すことができた。(長春=新華社配信)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  40. 2019090308364

    佐賀大雨なお300人避難  佐賀県大町町の水田で、油が浮いた水面から顔を出すカエル=3日夕

  41. 2019090306609

    佐賀大雨なお300人避難  佐賀県大町町の水田で、油が付着し穂先が茶色くなった稲=3日午後

  42. 2019090306417

    佐賀大雨なお300人避難  佐賀県大町町の水田で、油が付着し穂先が茶色くなった稲=3日午後

  43. 2019090306412

    佐賀大雨なお300人避難  佐賀県大町町の水田で、吸着マットを敷き流出油の回収作業をする自衛隊員=3日午後

  44. 2019090306288

    佐賀大雨なお300人避難  佐賀県大町町の水田で、吸着マットを敷き流出油の回収作業をする自衛隊員=3日午後

  45. 2019090306284

    佐賀大雨なお300人避難  佐賀県大町町の水田で、油が付着し穂先が茶色くなった稲=3日午後

  46. 2019090303162

    福島の農業復興へ職員派遣  福島県の農林水産業の復興支援策について記者会見する吉川農相=3日午前、東京都千代田区

  47. 2019091003204

    「新華社」 水田を使った飼育・養殖が中国農業のトレンドに  2日、長沙県路口鎮明月村にある水田生態栽培飼育モデル拠点。中国湖南省長沙市で6~8日、第1回国際(長沙)農地生態栽培飼育発展フォーラムが開かれ、水田とスッポンの調和共生モデルが各国の参加者の高い関心を集めた。湖南省は中国の水稲栽培や淡水産物の重要な生産拠点で、水田や乾地を使った飼育・養殖モデルが確立されている。現在、湖南省の水産物養殖面積は600万ムー(15ムー=1ヘクタール)以上で、中でも水田での養殖は約330万ムーとなっており、中国全体の10分の1を占めている。「水田+カモ」「水田+エビ」「水田+スッポン+魚」など、環境に配慮した水田の飼育・養殖モデルはますます種類が豊富になっている。(長沙=新華社配信/呂広動)=2019(令和元)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019083100552

    油除去作業、長期化も  鉄工所から油が流れ込んだ水田=31日午後、佐賀県大町町

  49. 2019083100540

    油除去作業、長期化も  佐賀県大町町の水田で、鉄工所から流出した油の除去作業に当たる自衛隊員=31日午後

  50. 2019083100536

    油除去作業、長期化も  佐賀県大町町の水田で、鉄工所から流出した油の除去作業に当たる自衛隊員=31日午後

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像