検索結果 27,045 件中 1 件 〜 50
  1. 2020102601487

    リンゴとブドウ〝二刀流〟 ワイン用ブドウの収穫作業  青森県弘前市で栽培されているワイン用ブドウの収穫作業=9月30日

  2. 2020102600070

    100万輪のコスモス畑 コスモス畑  とっとり花回廊の「秘密の花園」に広がる約100万輪のコスモス畑。右奥は大山=21日、鳥取県南部町

  3. 2020102600066

    100万輪のコスモス畑 広がるコスモス畑  とっとり花回廊の「秘密の花園」に広がる約100万輪のコスモス畑。右奥は大山=21日、鳥取県南部町

  4. 2020102405932

    新幹線直送マルシェ開催 農家とビデオ通話する女性  宮城県の農家とオンラインで話す女性=24日午後、JR高輪ゲートウェイ駅

  5. 2020102405930

    新幹線直送マルシェ開催 リンゴを買う女性  岩手県の農家から直売のリンゴを買う女性=24日午後、JR高輪ゲートウェイ駅

  6. 2020102405633

    「早摘みゆず」収穫本格化 小松正博さん  ユズを収穫する小松正博さん=19日、高知県安芸市

  7. 2020102405632

    「早摘みゆず」収穫本格化 収穫されたユズ  収穫されたユズ=19日、高知県安芸市

  8. 2020102601814

    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り  23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村で柿を収穫する農家の人たち。中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020102601569

    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り  23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村で行われたカントリーミュージックカーニバルで演奏するバンド。中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020102601779

    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り  23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村で柿狩りの準備をする農家。中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020102601752

    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り  23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村で柿の木を眺める観光客。中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020102601534

    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り  23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村の茶園に生えた柿の木。中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020102601772

    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り  23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村で秋の風景を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020102208356

    スマート農業の重要性実感 取材に応じる野上農相  農業関係施設を視察後、取材に応じる野上農相=22日午後、富山県砺波市

  15. 2020102601622

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、検査室でワインのサンプルを検査する寧夏賀蘭神国際ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020102601634

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、生産ラインで働く寧夏立蘭ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020102601550

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、検査室でワインのサンプルを検査する寧夏賀蘭神国際ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020102601742

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、ワイン貯蔵庫で働く寧夏賀蘭神国際ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020102601437

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、生産ラインで働く寧夏立蘭ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020102601566

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、炭酸ガス浸潤法でワインを発酵させる寧夏立蘭ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020102601612

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、醸造場で働く寧夏賀蘭神国際ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020102601614

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、検査室に設置した自動測定器でワインのサンプルをテストする寧夏立蘭ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020102601615

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、検査室でワインのサンプルを検査する寧夏賀蘭神国際ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020102601653

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、ワイン貯蔵庫でワインのサンプルを取る寧夏立蘭ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020102601543

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、醸造場で働く寧夏立蘭ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020102601546

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、ワイン貯蔵庫でワインのサンプルを取る寧夏立蘭ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020102601602

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、生産ラインで働く寧夏立蘭ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020102601666

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、ワイン貯蔵庫で働く寧夏賀蘭神国際ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020102601673

    ワイン産業で地元の発展を後押し寧夏回族自治区  21日、ワイン貯蔵庫で働く寧夏賀蘭神国際ワイナリーの従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にあるワイン生産エリアは、業界公認の醸造用ブドウの栽培と高級ワイン生産の黄金地帯の一つ。同自治区はここ数年、ワイン生産に力を入れ、新しい技術や設備の導入、検査プロセスの強化などで高品質な発展を推進している。同産地にはすでに92軒のワイナリーが建設され、年間生産能力は20万トンに上り、1億3千万本を生産し、総生産額は261億元(1元=約16円)以上に達している。(銀川=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020102601547

    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区  20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員(右)。中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020102601544

    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区  20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員。中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020102601482

    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区  20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020102601580

    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区  20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員。中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020102601489

    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区  20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員(右)。中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020022601122

    米国の農地体験記で道筋  「自己形成する入り口のところで畑に放り出されたから、底がぽっかり抜けている。今でも形成できていません、恐らく」と話す石川好さん 甲乙A「学芸=ハーベストタイム」(ア)

  36. 2020022601119

    米国の農地体験記で道筋  「自己形成する入り口のところで畑に放り出されたから、底がぽっかり抜けている。今でも形成できていません、恐らく」と話す石川好さん 甲乙A「学芸=ハーベストタイム」(ア)

  37. 2020102206274

    実りの秋、トウモロコシが豊作山東省青島市  19日、山東省青島市の夏格荘鎮官荘村でトウモロコシを乾燥させる村民。中国山東省青島市ではこの秋、340万ムー(約23万ヘクタール)を超えるトウモロコシ畑が豊作となった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020102206291

    実りの秋、トウモロコシが豊作山東省青島市  19日、山東省青島市の夏格荘鎮官荘村でトウモロコシを乾燥させる村民。中国山東省青島市ではこの秋、340万ムー(約23万ヘクタール)を超えるトウモロコシ畑が豊作となった(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020102601702

    ブランド羊肉の生産で増収目指す新疆ウイグル自治区  19日、新疆ウイグル自治区マナス県の畜産企業、瑪納斯新澳畜牧の羊飼育場で働く従業員。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県は、1989年にオーストラリアから世界的に有名なブランド羊、サフォーク種を導入して以来、同種の選抜育種と風土順化に取り組んでいる。地元の良質な資源を統合し、企業、合作社(協同組合)、農家、養殖基地を組み合わせた「四位一体」の連動メカニズムを構築。羊の飼育管理の経験を積み上げ、羊の肉質を効果的に向上させてきた。同県は近年、電子商取引(EC)を活用し、ブランド羊肉製品を北京や上海などの市場に出荷して、農牧民の収入増を促している。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020102601649

    ブランド羊肉の生産で増収目指す新疆ウイグル自治区  19日、新疆ウイグル自治区マナス県の畜産企業、瑪納斯新澳畜牧の羊飼育場で、羊にワクチンを打つ従業員。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県は、1989年にオーストラリアから世界的に有名なブランド羊、サフォーク種を導入して以来、同種の選抜育種と風土順化に取り組んでいる。地元の良質な資源を統合し、企業、合作社(協同組合)、農家、養殖基地を組み合わせた「四位一体」の連動メカニズムを構築。羊の飼育管理の経験を積み上げ、羊の肉質を効果的に向上させてきた。同県は近年、電子商取引(EC)を活用し、ブランド羊肉製品を北京や上海などの市場に出荷して、農牧民の収入増を促している。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020102601667

    ブランド羊肉の生産で増収目指す新疆ウイグル自治区  19日、新疆ウイグル自治区マナス県の畜産企業、瑪納斯新澳畜牧の羊飼育場。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県は、1989年にオーストラリアから世界的に有名なブランド羊、サフォーク種を導入して以来、同種の選抜育種と風土順化に取り組んでいる。地元の良質な資源を統合し、企業、合作社(協同組合)、農家、養殖基地を組み合わせた「四位一体」の連動メカニズムを構築。羊の飼育管理の経験を積み上げ、羊の肉質を効果的に向上させてきた。同県は近年、電子商取引(EC)を活用し、ブランド羊肉製品を北京や上海などの市場に出荷して、農牧民の収入増を促している。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020102601717

    ブランド羊肉の生産で増収目指す新疆ウイグル自治区  19日、新疆ウイグル自治区マナス県の畜産企業、瑪納斯新澳畜牧の羊飼育場で、干し草を運ぶ従業員。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県は、1989年にオーストラリアから世界的に有名なブランド羊、サフォーク種を導入して以来、同種の選抜育種と風土順化に取り組んでいる。地元の良質な資源を統合し、企業、合作社(協同組合)、農家、養殖基地を組み合わせた「四位一体」の連動メカニズムを構築。羊の飼育管理の経験を積み上げ、羊の肉質を効果的に向上させてきた。同県は近年、電子商取引(EC)を活用し、ブランド羊肉製品を北京や上海などの市場に出荷して、農牧民の収入増を促している。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020102206269

    実りの秋、トウモロコシが豊作山東省青島市  19日、山東省青島市の夏格荘鎮官荘村でトウモロコシを乾燥させる村民。中国山東省青島市ではこの秋、340万ムー(約23万ヘクタール)を超えるトウモロコシ畑が豊作となった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020102601532

    ブランド羊肉の生産で増収目指す新疆ウイグル自治区  19日、新疆ウイグル自治区マナス県の畜産企業、瑪納斯新澳畜牧が飼育しているブランド羊、サフォーク種。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県は、1989年にオーストラリアから世界的に有名なブランド羊、サフォーク種を導入して以来、同種の選抜育種と風土順化に取り組んでいる。地元の良質な資源を統合し、企業、合作社(協同組合)、農家、養殖基地を組み合わせた「四位一体」の連動メカニズムを構築。羊の飼育管理の経験を積み上げ、羊の肉質を効果的に向上させてきた。同県は近年、電子商取引(EC)を活用し、ブランド羊肉製品を北京や上海などの市場に出荷して、農牧民の収入増を促している。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020102601479

    ブランド羊肉の生産で増収目指す新疆ウイグル自治区  19日、新疆ウイグル自治区マナス県の畜産企業、瑪納斯新澳畜牧の羊飼育場で、飼料を運ぶ従業員。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県は、1989年にオーストラリアから世界的に有名なブランド羊、サフォーク種を導入して以来、同種の選抜育種と風土順化に取り組んでいる。地元の良質な資源を統合し、企業、合作社(協同組合)、農家、養殖基地を組み合わせた「四位一体」の連動メカニズムを構築。羊の飼育管理の経験を積み上げ、羊の肉質を効果的に向上させてきた。同県は近年、電子商取引(EC)を活用し、ブランド羊肉製品を北京や上海などの市場に出荷して、農牧民の収入増を促している。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020102601598

    ブランド羊肉の生産で増収目指す新疆ウイグル自治区  19日、新疆ウイグル自治区マナス県の畜産企業、瑪納斯新澳畜牧の羊飼育場で、餌を食べる羊。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県は、1989年にオーストラリアから世界的に有名なブランド羊、サフォーク種を導入して以来、同種の選抜育種と風土順化に取り組んでいる。地元の良質な資源を統合し、企業、合作社(協同組合)、農家、養殖基地を組み合わせた「四位一体」の連動メカニズムを構築。羊の飼育管理の経験を積み上げ、羊の肉質を効果的に向上させてきた。同県は近年、電子商取引(EC)を活用し、ブランド羊肉製品を北京や上海などの市場に出荷して、農牧民の収入増を促している。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020102601734

    ブランド羊肉の生産で増収目指す新疆ウイグル自治区  19日、新疆ウイグル自治区マナス県の畜産企業、瑪納斯新澳畜牧の羊飼育場で、羊に餌をやる従業員。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県は、1989年にオーストラリアから世界的に有名なブランド羊、サフォーク種を導入して以来、同種の選抜育種と風土順化に取り組んでいる。地元の良質な資源を統合し、企業、合作社(協同組合)、農家、養殖基地を組み合わせた「四位一体」の連動メカニズムを構築。羊の飼育管理の経験を積み上げ、羊の肉質を効果的に向上させてきた。同県は近年、電子商取引(EC)を活用し、ブランド羊肉製品を北京や上海などの市場に出荷して、農牧民の収入増を促している。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020102601456

    ブランド羊肉の生産で増収目指す新疆ウイグル自治区  19日、新疆ウイグル自治区マナス県の畜産企業、瑪納斯新澳畜牧の羊飼育場で、羊舎を掃除する従業員。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県は、1989年にオーストラリアから世界的に有名なブランド羊、サフォーク種を導入して以来、同種の選抜育種と風土順化に取り組んでいる。地元の良質な資源を統合し、企業、合作社(協同組合)、農家、養殖基地を組み合わせた「四位一体」の連動メカニズムを構築。羊の飼育管理の経験を積み上げ、羊の肉質を効果的に向上させてきた。同県は近年、電子商取引(EC)を活用し、ブランド羊肉製品を北京や上海などの市場に出荷して、農牧民の収入増を促している。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020102601692

    ブランド羊肉の生産で増収目指す新疆ウイグル自治区  19日、新疆ウイグル自治区マナス県の畜産企業、瑪納斯新澳畜牧が飼育しているブランド羊、サフォーク種。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県は、1989年にオーストラリアから世界的に有名なブランド羊、サフォーク種を導入して以来、同種の選抜育種と風土順化に取り組んでいる。地元の良質な資源を統合し、企業、合作社(協同組合)、農家、養殖基地を組み合わせた「四位一体」の連動メカニズムを構築。羊の飼育管理の経験を積み上げ、羊の肉質を効果的に向上させてきた。同県は近年、電子商取引(EC)を活用し、ブランド羊肉製品を北京や上海などの市場に出荷して、農牧民の収入増を促している。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020102206298

    実りの秋、トウモロコシが豊作山東省青島市  19日、山東省青島市の夏格荘鎮官荘村でトウモロコシを見せる村民。中国山東省青島市ではこの秋、340万ムー(約23万ヘクタール)を超えるトウモロコシ畑が豊作となった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像