検索結果 5,170 件中 1 件 〜 50
  1. 2019081505008

    「アジアビジネス」 ヤシ殻、発電燃料に活用を  DSJホールディングスの炭化機=7月、インドネシア北部バタム島(共同)

  2. 2019081505005

    「アジアビジネス」 ヤシ殻、発電燃料に活用を  炭化され、工場内で保管されるアブラヤシの殻=7月、インドネシア北部バタム島(共同)

  3. 2019081504869

    「アジアビジネス」 ヤシ殻、発電燃料に活用を  炭化前(右)と炭化後のアブラヤシの殻=7月、インドネシア北部バタム島(共同)

  4. 2019081504867

    「アジアビジネス」 ヤシ殻、発電燃料に活用を  炭化させたアブラヤシの殻を手にするDSJホールディングスの原泉社長=7月、インドネシア北部バタム島(共同)

  5. 2019080500078

    「12段用」 都庁、電力8割再生エネに  東京都庁の電力供給

  6. 2019080500077

    都庁、電力8割再生エネに  東京都庁の電力供給

  7. 2019080500076

    都庁、電力8割再生エネに  東京都庁の電力供給

  8. 2019080500075

    「12段用」 都庁、電力8割再生エネに  東京都庁の電力供給

  9. 2019080500019

    都庁、電力8割再生エネに  東京都庁舎

  10. 2019080102056

    「12段用」「子どもプラス」「風をつかまえた少年」 アフリカで風車を作り発電  マラウイ・リロングウェ

  11. 2019080102038

    「12段用」「子どもプラス」「風をつかまえた少年」 アフリカで風車を作り発電  マラウイ・リロングウェ

  12. 2019080102036

    「子どもプラス」「風をつかまえた少年」 アフリカで風車を作り発電  マラウイ・リロングウェ

  13. 2019080102032

    「子どもプラス」「風をつかまえた少年」 アフリカで風車を作り発電  マラウイ・リロングウェ

  14. 2019072700372

    「廃炉へ 福島第1原発の今」 後方支援に活用継続  東京電力福島第2原発(手前)。奥は同第1原発=2018年6月

  15. 2019072503198

    地球環境2019、1㌻特集「クライメートリスク 迫る温暖化の危機」 世界で進む脱石炭  仙台港で運転する石炭火力発電所「仙台パワーステーション」=2018年1月、仙台市宮城野区

  16. 2019072200816

    太陽光の導入サービス注力  太陽光発電の買い取り価格の推移

  17. 2019072200814

    太陽光の導入サービス注力  太陽光発電の買い取り価格の推移

  18. 2019071201897

    1㌻特集シリーズ「選択2019参院選 公約特集」6回続きの(5)原発政策 脱原発の政策裏打ちを  自然エネルギー財団の大林ミカ事業局長

  19. 2019070800826

    家庭の太陽光、争奪戦に  家庭用太陽光発電の固定価格買い取り制度終了後の家庭の対応

  20. 2019070800825

    家庭の太陽光、争奪戦に  家庭用太陽光発電の固定価格買い取り制度終了後の家庭の対応

  21. 2019071006085

    「新華社」 上海に大型ごみ焼却場が竣工年間で市全体の約3分の1の生活ごみ処理が可能に  28日、上海老港再生可能エネルギー利用センター第2期プロジェクトの中央制御室。中国上海老港再生可能エネルギー利用センターの第2期プロジェクトが28日、全面的に稼働した。上海老港固廃(固体廃棄物)総合開発有限公司の責任者によると、同センター全体では今後、毎年300万トンの生活ごみの焼却処理が可能となり、これは上海市民が1年間に排出するごみの量の3分の1に相当するという。また、焼却による発電量は、年間で約15億キロワット時に達する見込み。(上海=新華社配信/上海城投集団提供)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:上海城投集団/新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019071006086

    「新華社」 上海に大型ごみ焼却場が竣工年間で市全体の約3分の1の生活ごみ処理が可能に  28日、上海老港再生可能エネルギー利用センター第2期プロジェクトの一角。中国上海老港再生可能エネルギー利用センターの第2期プロジェクトが28日、全面的に稼働した。上海老港固廃(固体廃棄物)総合開発有限公司の責任者によると、同センター全体では今後、毎年300万トンの生活ごみの焼却処理が可能となり、これは上海市民が1年間に排出するごみの量の3分の1に相当するという。また、焼却による発電量は、年間で約15億キロワット時に達する見込み。(上海=新華社配信/上海城投集団提供)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:上海城投集団/新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019071005920

    「新華社」 上海に大型ごみ焼却場が竣工年間で市全体の約3分の1の生活ごみ処理が可能に  28日、上海老港再生可能エネルギー利用センター第2期プロジェクトの構内にある展示スペース「科学普及回廊」。中国上海老港再生可能エネルギー利用センターの第2期プロジェクトが28日、全面的に稼働した。上海老港固廃(固体廃棄物)総合開発有限公司の責任者によると、同センター全体では今後、毎年300万トンの生活ごみの焼却処理が可能となり、これは上海市民が1年間に排出するごみの量の3分の1に相当するという。また、焼却による発電量は、年間で約15億キロワット時に達する見込み。(上海=新華社配信/上海城投集団提供)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:上海城投集団/新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019062200685

    「震災原発」 AIで原発異常に迅速対応  島根原発が導入を進めているAIの仕組み

  25. 2019062200684

    「震災原発」 AIで原発異常に迅速対応  島根原発が導入を進めているAIの仕組み

  26. 2019061205283

    太陽光の固定価格終了検討  再生可能エネルギー事業者が設置した太陽光発電施設

  27. 2019060100352

    炉内温度変化「予測通り」  東京電力福島第1原発2号機=2月

  28. 2019071707044

    「新華社」 霧島酒造、焼酎かす発電で循環型経済を目指す  霧島酒造の焼酎粕リサイクルプラント。(5月30日撮影)九州の宮崎県にある霧島酒造は百年余りの歴史を持つ日本最大の焼酎メーカーで「黒霧島」や「白霧島」などのブランドで知られる。工場では日々の製造過程で大量の「焼酎かす」が発生する。同社はそれをバイオマス発電に利用し、循環型経済の発展に向けたモデルを提示している。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019052904224

    原発停止「守ってもらう」  関西電力大飯原発を視察する福井県の杉本達治知事(左)=29日午後、福井県おおい町

  30. 2019052103834

    浅い海域向け洋上風力発電  NEDOが北九州市沖の日本海で始めた洋上風力発電の実証運転=21日午後

  31. 2019051900568

    動かぬ発電所「鳥の巣」に  イラク南部サマワで稼働を止めた発電所の建屋内は多数のハトが飛び交い、エンジンはふんで汚れていた=4月(共同)

  32. 2019051702301

    大規模地熱発電が稼働へ  報道陣に公開された「山葵沢地熱発電所」=17日午後、秋田県湯沢市

  33. 2019051702298

    大規模地熱発電が稼働へ  報道陣に公開された「山葵沢地熱発電所」=17日午後、秋田県湯沢市

  34. 2019051702290

    大規模地熱発電が稼働へ  「山葵沢地熱発電所」について説明する湯沢地熱の大泉博幹社長=17日午後、秋田県湯沢市

  35. 2019051300891

    「大型サイド」第1原発の施設撤去方針 事故炉全撤去か一部残存か  東京電力福島第1原発。右下から1、2、3、4号機=2018年8月10日

  36. 2019042700396

    「震災原発」 過去に構想具体化せず断念  未計画事業の電気料金転嫁の仕組み

  37. 2019042700397

    「震災原発」 過去に構想具体化せず断念  未計画事業の電気料金転嫁の仕組み

  38. 2019042602755

    再エネ直接売買へ共同研究  再生可能エネルギーの直接売買のイメージ

  39. 2019042602751

    再エネ直接売買へ共同研究  再生可能エネルギーの直接売買のイメージ

  40. 2019042401144

    甲乙A「生活=ワイド」 節電とエコな力で自給自足  太陽光を利用して調理するソーラークッカーを持つ藤井智佳子さん(中央)と、出来上がった菓子を試食する参加者=東京都新宿区のギャラリー

  41. 2019042401143

    甲乙A「生活=ワイド」 節電とエコな力で自給自足  藤井智佳子さんの自宅の電力量計はコードが切られている=東京都国立市

  42. 2019042401141

    甲乙A「生活=ワイド」 節電とエコな力で自給自足  講演会で話をする藤井智佳子さん(右奥)=東京都新宿区のギャラリー

  43. 2019042401140

    甲乙A「生活=ワイド」 節電とエコな力で自給自足  自転車マシンを改良した発電機のペダルをこぐ藤井智佳子さん。夏の夜は起こした電気で低電力扇風機を回す=東京都国立市

  44. 2019042301984

    脱炭素へエネルギー転換  仙台港で運転する石炭火力発電所=2018年1月、仙台市宮城野区

  45. 2019040900799

    ミニ特集「新時代・風力発電」 埋もれる「潜在能力」  国内のブロック別風力発電機の数

  46. 2019040900798

    ミニ特集「新時代・風力発電」 埋もれる「潜在能力」  国内のブロック別風力発電機の数

  47. 2019040901075

    空港に水素ステーション  新設された水素ステーションで、燃料電池車に水素を補給する関西エアポートの山谷佳之社長(右)と岩谷産業の谷本光博社長=9日、大阪空港

  48. 2019040900892

    ミニ特集「新時代・風力発電」 台風を味方に普及目指す  「垂直軸型マグナス」と呼ばれる新しい風力発電機とチャレナジーの清水敦史社長=3月、沖縄県石垣市

  49. 2019040301672

    「ニュースアラカルト」(科学)「石炭火力発電に厳しく」 石炭火力発電に厳しく  仙台(せんだい)港で運転する石炭火力発電所「仙台パワーステーション」=2018年1月、仙台市宮城野区

  50. 2019032803295

    「大型サイド」脱石炭火力発電 世界で潮流、日本どうする  仙台港で運転する石炭火力発電所「仙台パワーステーション」=2018年1月、仙台市宮城野区

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像