検索結果 3 件中 1 件 〜 3
  1. 2019050901291

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗のトングリ砂漠東端で今年3月に呉尚栄さんと作業員が設置した流砂防止用の「草方格」。ワラなどを格子状に砂中に埋めることで砂の流動を抑えることができる。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019050901271

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、奥に見える砂丘の拡大を抑止する灌木。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019021409656

    「新華社」 春節連休が明け、中国各地で就職説明会開催  12日、湖北省襄陽(じょうよう)市で行われた就職説明会。(小型無人機から)春節(旧正月)連休(2月4日~10日)が明け、中国の各地では就職説明会が行われ、多くの求職者にさまざまな選択肢を提供している。(襄陽=新華社配信/安富斌)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像