検索結果 8,004 件中 1 件 〜 50
  1. 2019121004021

    「けいざいフォーカス」 新機軸で本格焼酎巻き返し  「木挽BLUE」を手にする雲海酒造の増田幸夫取締役=11月、宮崎市

  2. 2019121004014

    「けいざいフォーカス」 新機軸で本格焼酎巻き返し  「だいやめ」をアピールする浜田酒造の浜田雄一郎社長=11月、鹿児島県いちき串木野市

  3. 2019121004009

    「けいざいフォーカス」 新機軸で本格焼酎巻き返し  大口酒造の「ショットバー」シリーズ

  4. 2019121004008

    「けいざいフォーカス」 新機軸で本格焼酎巻き返し  大口酒造の「ショットバー」シリーズ

  5. 2019121003901

    商品ニュース  ケンミン食品の「ベトナム風ニャー」

  6. 2019120601922

    只見線で芸人開発スイーツ  芸人のスイーツなかのさんが開発した2種類のシフォンサンド=6日、福島県郡山市

  7. 2019120601921

    只見線で芸人開発スイーツ  2種類のシフォンサンドを開発した芸人のスイーツなかのさん=6日、福島県郡山市

  8. 2019120500378

    蛇口から新潟の日本酒  新潟県のアンテナショップ「新潟をこめ」に登場した日本酒が出る蛇口=5日午後、大阪・梅田

  9. 2019120500308

    蛇口から新潟の日本酒  新潟県のアンテナショップ「新潟をこめ」に登場した日本酒が出る蛇口=5日午前、大阪・梅田

  10. 2019120405657

    ご当地ジン、人気急上昇  「まさひろオキナワジン レシピ01」を使ったカクテルを出すバー=那覇市

  11. 2019120404385

    商品ニュース  キリンビールの「キリンブラウマイスター(期間限定)」

  12. 2019120900615

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、豚肉と白菜漬けの煮込みを味わう観光客ら。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019120201859

    京阪、河原町に新商業施設  「ビーガン」向けの料理を提供するコーナー

  14. 2019120402390

    「山陽新聞」 宇高航路16日休止 名残惜しむ客続々  宇高航路の旅を楽しみ高松港へと降りていく乗客ら。16日から運航を休止する宇高航路(玉野市・宇野港―高松港)で唯一のフェリーが、週末を中心に名残を惜しむ乗客でにぎわっている。30日も多くの人が乗り込み、デッキから瀬戸内海の多島美を楽しんだり、船内で名物のうどんに舌鼓を打ったりして、国鉄連絡船を起源とする109年の歴史が息づく航路の旅を満喫していた。=2019(令和元)年11月30日、高松港=香川県高松市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  15. 2019112900396

    商品ニュース  森永乳業の「ピノ 焦がしみたらしキャラメル」

  16. 2019120200784

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「赤熊」の外観。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019120200776

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街でランチタイムに日本料理店「小川料理」の前に列を作る人たち。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019120200744

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街にある日本料理店「小川料理」の外観。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019120200919

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「仙隠小鹿」のメニュー。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019120200945

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「小川料理」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019120200947

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「仙隠小鹿」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019120200948

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「赤熊」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019120200891

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「仙隠小鹿」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019120200904

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「仙隠小鹿」の料理。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019120200907

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街にある日本料理店「小川料理」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019120200867

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「赤熊」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019120200849

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「仙隠小鹿」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019120200774

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街にある日本料理店「小川料理」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019120200836

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街でランチタイムに日本料理店「小川料理」の前に列を作る人たち。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019120200855

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「仙隠小鹿」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019120200858

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街にある日本料理店「仙隠小鹿」の外観。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019120900478

    「新華社」 モンゴル族の民具を1千点以上70代男性が私設博物館を開設  ミルクをすくう柄杓などの所蔵品を私設博物館に陳列する王殿和さん。(11月28日撮影)中国内モンゴル自治区フフホト市在住の王殿和(おう・でんわ)さんはモンゴル族の文化に関心を持ち、70歳を過ぎた今でもモンゴル族がかつて使っていた古い生活用品などの収集に熱中している。30年以上かけて火打ち金や馬のくらなど1千点以上を集め、同市内の大召広場にある古くからの通りに私設博物館を開設した。(フフホト市=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019112602034

    商品ニュース  江崎グリコの「パピコ 大人の濃厚ジェラート デザートショコラ」

  34. 2019112602031

    商品ニュース  サッポロビールの「サッポロ 銀座ライオンビヤホール 達人の生」

  35. 2019112600105

    バーミキュラ体験施設公開  鋳物ほうろう鍋「バーミキュラ」を製造・販売する愛知ドビーが報道陣に公開した体験型施設のレストランが入る建物=26日午前、名古屋市

  36. 2019112505683

    商品ニュース  マーナの「調味料ポット」

  37. 2019121110413

    「新華社」 KFC店舗にチワン族文化広西民族博物館とコラボ  民族調を前面に出した内装のKFC広西民族文化テーマレストラン。(11月24日撮影)中国広西チワン族自治区南寧市の「三街両巷」歴史街区には、同自治区の民族文化を取り入れたケンタッキー・フライドチキン(KFC)の店舗がある。KFCはこのほど、広西民族博物館との異業種提携に乗り出し、テーマレストランでチワン族の「銅鼓」の装飾に見られる動物の姿をかたどった「銅鼓キャラクター」コーヒー4種を発売した。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019121110072

    「新華社」 KFC店舗にチワン族文化広西民族博物館とコラボ  市民が取った銅鼓の拓本。(11月24日撮影)中国広西チワン族自治区南寧市の「三街両巷」歴史街区には、同自治区の民族文化を取り入れたケンタッキー・フライドチキン(KFC)の店舗がある。KFCはこのほど、広西民族博物館との異業種提携に乗り出し、テーマレストランでチワン族の「銅鼓」の装飾に見られる動物の姿をかたどった「銅鼓キャラクター」コーヒー4種を発売した。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019121110512

    「新華社」 KFC店舗にチワン族文化広西民族博物館とコラボ  「銅鼓キャラクター」シリーズの鹿紋コーヒー。(11月24日撮影)中国広西チワン族自治区南寧市の「三街両巷」歴史街区には、同自治区の民族文化を取り入れたケンタッキー・フライドチキン(KFC)の店舗がある。KFCはこのほど、広西民族博物館との異業種提携に乗り出し、テーマレストランでチワン族の「銅鼓」の装飾に見られる動物の姿をかたどった「銅鼓キャラクター」コーヒー4種を発売した。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019112300375

    外食、おひとりさま歓迎  ファミリーレストラン「ガスト」に設置されている「おひとり様専用席」=9月、東京都港区

  41. 2019112300189

    全国のご当地グルメに舌鼓  「第11回B―1グランプリ」で「高浜とりめし学会」の料理を楽しむ松本甲輝さん(左)ら=23日、兵庫県明石市

  42. 2019112300188

    全国のご当地グルメに舌鼓  兵庫県明石市で開幕した「第11回B―1グランプリ」=23日

  43. 2019112300187

    全国のご当地グルメに舌鼓  兵庫県明石市で開幕した「第11回B―1グランプリ」=23日

  44. 2019112205309

    商品ニュース  森永製菓の「スパークリング甘酒〈ジンジャー〉」

  45. 2019112103007

    商品ニュース  日清食品のカップ麺「カップヌードル 濃厚カニクリーム味 ビッグ」

  46. 2019112007664

    関東の特産品を機内食に  とちおとめのアイスとミルクアイス

  47. 2019120606005

    「日刊工業新聞」 サッポロライオンのロゴマーク  キーワード:サッポロライオン、SAPPORO LION、サッポロホールディングス、ビアホール、銀座ライオン、ヱビスバー、エビスバー、外食産業、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2019(令和元)年11月20日、東京都渋谷区恵比寿、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  48. 2019120605986

    「日刊工業新聞」 サッポロライオンのロゴマーク  キーワード:サッポロライオン、SAPPORO LION、サッポロホールディングス、ビアホール、銀座ライオン、ヱビスバー、エビスバー、外食産業、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2019(令和元)年11月20日、東京都渋谷区恵比寿、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  49. 2019120605995

    「日刊工業新聞」 サッポロライオンのロゴマーク  キーワード:サッポロライオン、SAPPORO LION、サッポロホールディングス、ビアホール、銀座ライオン、ヱビスバー、エビスバー、外食産業、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2019(令和元)年11月20日、東京都渋谷区恵比寿、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  50. 2019111904334

    屋根がなく圧倒的な開放感  渋谷スカイのカフェバーで提供される飲食メニュー=東京都渋谷区

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像