検索結果 23,422 件中 1 件 〜 50
  1. 2020012600120

    処刑された張氏の妻健在  25日、平壌で旧正月の記念公演を鑑賞する金正恩朝鮮労働党委員長ら。最前列右から2人目が叔母の金慶喜氏(朝鮮中央通信=共同)

  2. 2020012500024

    「スクランブル」 町子さん祝「100歳」  4月に開館する長谷川町子記念館(左)。向かいは長谷川町子美術館=10日、東京都世田谷区

  3. 2020012421929

    木彫りの動物、表情豊か  展示された田島享央己さんの作品=23日、ニューヨーク(共同)

  4. 2020012324320

    栗林公園舞台に光のアート  展覧会「光の祭」の開催を前に公開された栗林公園内の作品=23日夜、高松市

  5. 2020012324315

    栗林公園舞台に光のアート  展覧会「光の祭」の開催を前に公開された栗林公園内の作品=23日夜、高松市

  6. 2020012324312

    栗林公園舞台に光のアート  展覧会「光の祭」の開催を前に公開された栗林公園内の作品=23日夜、高松市

  7. 2020012303542

    佳子さまキルトフェスに  「東京国際キルトフェスティバル~布と針と糸の祭典」で展示された作品を鑑賞される秋篠宮家の次女佳子さま=23日午前、東京都文京区

  8. 2020012322671

    「新華社」 成都税関と四川省文物局、押収した文化財の特別展開催  明代菩薩鉄頭像。(資料写真)中国四川省成都市の四川博物院で21日、「蜀の税関、宝を守る—成都税関の押収文化財特別展」が開幕し、成都税関がここ数年で押収した文化財251点が展示された。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020012322591

    「新華社」 成都税関と四川省文物局、押収した文化財の特別展開催  施無畏印(せむいいん)蓮花手観音菩薩銅立像。(資料写真)中国四川省成都市の四川博物院で21日、「蜀の税関、宝を守る—成都税関の押収文化財特別展」が開幕し、成都税関がここ数年で押収した文化財251点が展示された。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020012224600

    「九州沖縄なう」 長崎の千羽鶴、はがきに  長崎原爆資料館に贈られた千羽鶴を再利用し、ポストカードを制作する工房「名尾手すき和紙」の谷口弦さん=8日、佐賀市

  11. 2020012100128

    貴重な人形ずらり展示  展示された「犬筥」=21日午前、さいたま市岩槻区

  12. 2020012100125

    貴重な人形ずらり展示  2月に開館する岩槻人形博物館に展示されているひな人形=21日午前、さいたま市岩槻区

  13. 2020012100119

    貴重な人形ずらり展示  2月に開館する岩槻人形博物館に展示されたひな人形=21日午前、さいたま市岩槻区

  14. 2020012322656

    「新華社」 成都税関と四川省文物局、押収した文化財の特別展開催  21日、展覧会の様子。中国四川省成都市の四川博物院で21日、「蜀の税関、宝を守る—成都税関の押収文化財特別展」が開幕し、成都税関がここ数年で押収した文化財251点が展示された。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020012001033

    「新華社」 皇帝ゆかりの品々を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」開催遼寧省  「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清時代・乾隆年間の「粉彩緑地福慶花卉瓶」。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開幕した。文化財60点余りを展示する同展は、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清の入関(1644年に清朝が長城[山海関]を越えて北京に遷都したこと)前の創始期と入関後の王朝最盛期における各皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。(瀋陽=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020012322648

    「新華社」 天津市民間美術展開幕優秀作品80点を展示  20日、大鄭切り紙作品を鑑賞する来場者。中国天津市群衆芸術館で今月20日から2月3日まで、天津市民間美術展が開かれた。同展には東麗区の大鄭村に伝わる切り紙、浜海新区の漢沽(かんこ)地区に伝わる刻字、津南区の麦わら絵の3種の民間芸術の優秀作品80点が展示されている。漢沽刻字は書道や彫刻など各種の芸術を統合しており、日本やタイなど各国の貴賓にも贈られたことがある。(記者/周潤健)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020012000965

    「新華社」 皇帝ゆかりの品々を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」開催遼寧省  「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清時代・乾隆年間の「粉彩紅地八宝燭台」。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開幕した。文化財60点余りを展示する同展は、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清の入関(1644年に清朝が長城[山海関]を越えて北京に遷都したこと)前の創始期と入関後の王朝最盛期における各皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。(瀋陽=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020012322657

    「新華社」 天津市民間美術展開幕優秀作品80点を展示  20日、津南区の麦わら絵の作品を鑑賞する来場者。中国天津市群衆芸術館で今月20日から2月3日まで、天津市民間美術展が開かれた。同展には東麗区の大鄭村に伝わる切り紙、浜海新区の漢沽(かんこ)地区に伝わる刻字、津南区の麦わら絵の3種の民間芸術の優秀作品80点が展示されている。漢沽刻字は書道や彫刻など各種の芸術を統合しており、日本やタイなど各国の貴賓にも贈られたことがある。(記者/周潤健)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020012322668

    「新華社」 天津市民間美術展開幕優秀作品80点を展示  20日、天津市民間美術展に出展された麦わらの作品。中国天津市群衆芸術館で今月20日から2月3日まで、天津市民間美術展が開かれた。同展には東麗区の大鄭村に伝わる切り紙、浜海新区の漢沽(かんこ)地区に伝わる刻字、津南区の麦わら絵の3種の民間芸術の優秀作品80点が展示されている。漢沽刻字は書道や彫刻など各種の芸術を統合しており、日本やタイなど各国の貴賓にも贈られたことがある。(記者/周潤健)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020012000975

    「新華社」 皇帝ゆかりの品々を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」開催遼寧省  「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清時代・康煕年間の「五彩人物故事花觚」。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開幕した。文化財60点余りを展示する同展は、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清の入関(1644年に清朝が長城[山海関]を越えて北京に遷都したこと)前の創始期と入関後の王朝最盛期における各皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。(瀋陽=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020012322628

    「新華社」 天津市民間美術展開幕優秀作品80点を展示  20日、天津市民間美術展に出展された漢沽刻字の作品。中国天津市群衆芸術館で今月20日から2月3日まで、天津市民間美術展が開かれた。同展には東麗区の大鄭村に伝わる切り紙、浜海新区の漢沽(かんこ)地区に伝わる刻字、津南区の麦わら絵の3種の民間芸術の優秀作品80点が展示されている。漢沽刻字は書道や彫刻など各種の芸術を統合しており、日本やタイなど各国の貴賓にも贈られたことがある。(記者/周潤健)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020012322667

    「新華社」 天津市民間美術展開幕優秀作品80点を展示  20日、漢沽刻字の作品を鑑賞する来場者。中国天津市群衆芸術館で今月20日から2月3日まで、天津市民間美術展が開かれた。同展には東麗区の大鄭村に伝わる切り紙、浜海新区の漢沽(かんこ)地区に伝わる刻字、津南区の麦わら絵の3種の民間芸術の優秀作品80点が展示されている。漢沽刻字は書道や彫刻など各種の芸術を統合しており、日本やタイなど各国の貴賓にも贈られたことがある。(記者/周潤健)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020011900062

    「海外フォト」 密集  英北部エディンバラのギャラリーに展示された、巨大なハエが壁に群がる芸術作品。独創的です。(ゲッティ=共同)

  24. 2020012322847

    「新華社」 成都永陵のミュージカル上演唐末五代の宮廷音楽と舞踊を再現  19日、成都市の四川大劇院で初演を迎えた「伎楽・24」の一幕。中国四川省成都市の四川大劇院で19日夜、成都永陵博物館などの団体が共同で制作した中国風ミュージカル「伎楽・24」が初演を迎え、唐末五代時代の宮廷音楽や舞踊が再現された。成都永陵は五代十国時代・前蜀を建国した皇帝、王建(おう・けん)の陵墓で、現在中国で唯一、地上にある皇帝陵。最も貴重な文化財は王建の棺が安置されていた台座に刻まれた「二十四伎楽」のレリーフで、ミュージカルはこれを基に中国の民族音楽や中国画、伝統的な衣服や漢詩、書道を融合させ、文化財を「復活」させた。「伎楽・24」は今後全国で巡回公演を行い、さらに英国、フランス、韓国、日本などでの海外公演も計画している。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020012322870

    「新華社」 成都永陵のミュージカル上演唐末五代の宮廷音楽と舞踊を再現  19日、成都市の四川大劇院で初演を迎えた「伎楽・24」の一幕。中国四川省成都市の四川大劇院で19日夜、成都永陵博物館などの団体が共同で制作した中国風ミュージカル「伎楽・24」が初演を迎え、唐末五代時代の宮廷音楽や舞踊が再現された。成都永陵は五代十国時代・前蜀を建国した皇帝、王建(おう・けん)の陵墓で、現在中国で唯一、地上にある皇帝陵。最も貴重な文化財は王建の棺が安置されていた台座に刻まれた「二十四伎楽」のレリーフで、ミュージカルはこれを基に中国の民族音楽や中国画、伝統的な衣服や漢詩、書道を融合させ、文化財を「復活」させた。「伎楽・24」は今後全国で巡回公演を行い、さらに英国、フランス、韓国、日本などでの海外公演も計画している。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020012322777

    「新華社」 成都永陵のミュージカル上演唐末五代の宮廷音楽と舞踊を再現  19日、成都市の四川大劇院で初演を迎えた「伎楽・24」の一幕。中国四川省成都市の四川大劇院で19日夜、成都永陵博物館などの団体が共同で制作した中国風ミュージカル「伎楽・24」が初演を迎え、唐末五代時代の宮廷音楽や舞踊が再現された。成都永陵は五代十国時代・前蜀を建国した皇帝、王建(おう・けん)の陵墓で、現在中国で唯一、地上にある皇帝陵。最も貴重な文化財は王建の棺が安置されていた台座に刻まれた「二十四伎楽」のレリーフで、ミュージカルはこれを基に中国の民族音楽や中国画、伝統的な衣服や漢詩、書道を融合させ、文化財を「復活」させた。「伎楽・24」は今後全国で巡回公演を行い、さらに英国、フランス、韓国、日本などでの海外公演も計画している。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020012322794

    「新華社」 フィジー華僑界、迎春イベントを開催  19日、獅子舞への祝儀袋をつるした竹を持つ中国の銭波・駐フィジー大使。春節(旧正月、今年は今月25日)を前に、フィジー在住の華僑団体が19日、首都スバで迎春イベントを開いた。同国のバイニマラマ首相や中国の銭波(せん・は)駐フィジー大使ら約450人が出席した同イベントでは、雲南省芸術団が素晴らしい演目を披露した。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020012322815

    「新華社」 フィジー華僑界、迎春イベントを開催  19日、演目を披露する雲南芸術団のメンバー。春節(旧正月、今年は今月25日)を前に、フィジー在住の華僑団体が19日、首都スバで迎春イベントを開いた。同国のバイニマラマ首相や中国の銭波(せん・は)駐フィジー大使ら約450人が出席した同イベントでは、雲南芸術団が素晴らしい演目を披露した。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020012322787

    「新華社」 フィジー華僑界、迎春イベントを開催  19日、筆を使い獅子舞の目を入れるフィジーのバイニマラマ首相(中央)。春節(旧正月、今年は今月25日)を前に、フィジー在住の華僑団体が19日、首都スバで迎春イベントを開いた。同国のバイニマラマ首相や中国の銭波(せん・は)駐フィジー大使ら約450人が出席した同イベントでは、雲南省芸術団が素晴らしい演目を披露した。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020012322721

    「新華社」 フィジー華僑界、迎春イベントを開催  19日、フィジーの首都スバで雲南芸術団と記念撮影する同国のバイニマラマ首相(中央左)と中国の銭波・駐フィジー大使(中央右)ら。春節(旧正月、今年は今月25日)を前に、フィジー在住の華僑団体が19日、首都スバで迎春イベントを開いた。同国のバイニマラマ首相や中国の銭波(せん・は)駐フィジー大使ら約450人が出席した同イベントでは、雲南省芸術団が素晴らしい演目を披露した。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020012322858

    「新華社」 成都永陵のミュージカル上演唐末五代の宮廷音楽と舞踊を再現  19日、成都市の四川大劇院で初演を迎えた「伎楽・24」の一幕。中国四川省成都市の四川大劇院で19日夜、成都永陵博物館などの団体が共同で制作した中国風ミュージカル「伎楽・24」が初演を迎え、唐末五代時代の宮廷音楽や舞踊が再現された。成都永陵は五代十国時代・前蜀を建国した皇帝、王建(おう・けん)の陵墓で、現在中国で唯一、地上にある皇帝陵。最も貴重な文化財は王建の棺が安置されていた台座に刻まれた「二十四伎楽」のレリーフで、ミュージカルはこれを基に中国の民族音楽や中国画、伝統的な衣服や漢詩、書道を融合させ、文化財を「復活」させた。「伎楽・24」は今後全国で巡回公演を行い、さらに英国、フランス、韓国、日本などでの海外公演も計画している。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020012322882

    「新華社」 成都永陵のミュージカル上演唐末五代の宮廷音楽と舞踊を再現  19日、成都市の四川大劇院の楽屋で唐代の衣装を身にまとい出番を待つ出演者。中国四川省成都市の四川大劇院で19日夜、成都永陵博物館などの団体が共同で制作した中国風ミュージカル「伎楽・24」が初演を迎え、唐末五代時代の宮廷音楽や舞踊が再現された。成都永陵は五代十国時代・前蜀を建国した皇帝、王建(おう・けん)の陵墓で、現在中国で唯一、地上にある皇帝陵。最も貴重な文化財は王建の棺が安置されていた台座に刻まれた「二十四伎楽」のレリーフで、ミュージカルはこれを基に中国の民族音楽や中国画、伝統的な衣服や漢詩、書道を融合させ、文化財を「復活」させた。「伎楽・24」は今後全国で巡回公演を行い、さらに英国、フランス、韓国、日本などでの海外公演も計画している。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020012322883

    「新華社」 成都永陵のミュージカル上演唐末五代の宮廷音楽と舞踊を再現  19日、成都市の四川大劇院で初演を迎えた「伎楽・24」の一幕。中国四川省成都市の四川大劇院で19日夜、成都永陵博物館などの団体が共同で制作した中国風ミュージカル「伎楽・24」が初演を迎え、唐末五代時代の宮廷音楽や舞踊が再現された。成都永陵は五代十国時代・前蜀を建国した皇帝、王建(おう・けん)の陵墓で、現在中国で唯一、地上にある皇帝陵。最も貴重な文化財は王建の棺が安置されていた台座に刻まれた「二十四伎楽」のレリーフで、ミュージカルはこれを基に中国の民族音楽や中国画、伝統的な衣服や漢詩、書道を融合させ、文化財を「復活」させた。「伎楽・24」は今後全国で巡回公演を行い、さらに英国、フランス、韓国、日本などでの海外公演も計画している。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020012322884

    「新華社」 成都永陵のミュージカル上演唐末五代の宮廷音楽と舞踊を再現  19日、成都市の四川大劇院で初演を迎えた「伎楽・24」の一幕。中国四川省成都市の四川大劇院で19日夜、成都永陵博物館などの団体が共同で制作した中国風ミュージカル「伎楽・24」が初演を迎え、唐末五代時代の宮廷音楽や舞踊が再現された。成都永陵は五代十国時代・前蜀を建国した皇帝、王建(おう・けん)の陵墓で、現在中国で唯一、地上にある皇帝陵。最も貴重な文化財は王建の棺が安置されていた台座に刻まれた「二十四伎楽」のレリーフで、ミュージカルはこれを基に中国の民族音楽や中国画、伝統的な衣服や漢詩、書道を融合させ、文化財を「復活」させた。「伎楽・24」は今後全国で巡回公演を行い、さらに英国、フランス、韓国、日本などでの海外公演も計画している。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020011800015

    「命ここに 相模原殺傷事件連続インタビュー」⑧ 人間的な魅力正しく伝える  福祉施設「やまなみ工房」の山下完和施設長=滋賀県甲賀市

  36. 2020011800010

    「四国トピックス」 工房でボードゲーム制作  ボードゲームを制作している、高松市のイラストレーター橋口剛志さん

  37. 2020011800006

    「命ここに 相模原殺傷事件連続インタビュー」⑧ 人間的な魅力正しく伝える  福祉施設「やまなみ工房」の山下完和施設長=滋賀県甲賀市

  38. 2020012100599

    「新華社」 海南省博物館で竜泉青磁展、現代巨匠の作品120点を展示  18日、海南省博物館で展示された青磁作品「望」。中国海南省海口市の海南省博物館でこのほど、浙江省竜泉市の特産「竜泉青磁」の現代作品展が開幕し、現代の巨匠20人の手による作品120点が展示された。「玉のような青さ、鏡のような明るさ、磬(けい、中国古代の打楽器)のような響き」と呼ばれる竜泉青磁は、陶磁器の製法として唯一ユネスコ世界無形文化遺産に登録されている。ここ数年は世界各地で宋代以降に中国から輸出された古代竜泉青磁が数多く見つかっており、多くの国の博物館が貴重な文化財として収蔵している。今回の作品展の会期は2月15日まで。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020012100582

    「新華社」 海南省博物館で竜泉青磁展、現代巨匠の作品120点を展示  18日、海南省博物館で展示された青磁作品「春芽」。中国海南省海口市の海南省博物館でこのほど、浙江省竜泉市の特産「竜泉青磁」の現代作品展が開幕し、現代の巨匠20人の手による作品120点が展示された。「玉のような青さ、鏡のような明るさ、磬(けい、中国古代の打楽器)のような響き」と呼ばれる竜泉青磁は、陶磁器の製法として唯一ユネスコ世界無形文化遺産に登録されている。ここ数年は世界各地で宋代以降に中国から輸出された古代竜泉青磁が数多く見つかっており、多くの国の博物館が貴重な文化財として収蔵している。今回の作品展の会期は2月15日まで。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020012100569

    「新華社」 海南省博物館で竜泉青磁展、現代巨匠の作品120点を展示  18日、海南省博物館で展示された青磁作品「羨仙」。中国海南省海口市の海南省博物館でこのほど、浙江省竜泉市の特産「竜泉青磁」の現代作品展が開幕し、現代の巨匠20人の手による作品120点が展示された。「玉のような青さ、鏡のような明るさ、磬(けい、中国古代の打楽器)のような響き」と呼ばれる竜泉青磁は、陶磁器の製法として唯一ユネスコ世界無形文化遺産に登録されている。ここ数年は世界各地で宋代以降に中国から輸出された古代竜泉青磁が数多く見つかっており、多くの国の博物館が貴重な文化財として収蔵している。今回の作品展の会期は2月15日まで。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020012100574

    「新華社」 海南省博物館で竜泉青磁展、現代巨匠の作品120点を展示  18日、海南省博物館で青磁作品を鑑賞する来館者。中国海南省海口市の海南省博物館でこのほど、浙江省竜泉市の特産「竜泉青磁」の現代作品展が開幕し、現代の巨匠20人の手による作品120点が展示された。「玉のような青さ、鏡のような明るさ、磬(けい、中国古代の打楽器)のような響き」と呼ばれる竜泉青磁は、陶磁器の製法として唯一ユネスコ世界無形文化遺産に登録されている。ここ数年は世界各地で宋代以降に中国から輸出された古代竜泉青磁が数多く見つかっており、多くの国の博物館が貴重な文化財として収蔵している。今回の作品展の会期は2月15日まで。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020012100591

    「新華社」 海南省博物館で竜泉青磁展、現代巨匠の作品120点を展示  18日、海南省博物館で展示された青磁作品「不老泉」。中国海南省海口市の海南省博物館でこのほど、浙江省竜泉市の特産「竜泉青磁」の現代作品展が開幕し、現代の巨匠20人の手による作品120点が展示された。「玉のような青さ、鏡のような明るさ、磬(けい、中国古代の打楽器)のような響き」と呼ばれる竜泉青磁は、陶磁器の製法として唯一ユネスコ世界無形文化遺産に登録されている。ここ数年は世界各地で宋代以降に中国から輸出された古代竜泉青磁が数多く見つかっており、多くの国の博物館が貴重な文化財として収蔵している。今回の作品展の会期は2月15日まで。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020012322566

    「新華社」 福州市で近代名家の書画・彫刻展福建省  18日、福建省シルクロード芸術館で書画を鑑賞する芸術愛好家。中国福建省福州市の福建省シルクロード芸術館で18日、「第2回金石相期―近代名家書画・彫刻芸術展」が開幕した。同展は主に近代の書画と篆刻の名家である虚谷(きょ・こく)、趙之謙(ちょう・しけん)らの逸品や、清代末期と近現代の彫刻家、林元珠、林清卿らの作品100点余りを展示する。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020012322568

    「新華社」 福州市で近代名家の書画・彫刻展福建省  18日、福建省シルクロード芸術館に展示された旧蔵の散氏盤(さんしばん)の拓本。中国福建省福州市の福建省シルクロード芸術館で18日、「第2回金石相期―近代名家書画・彫刻芸術展」が開幕した。同展は主に近代の書画と篆刻の名家である虚谷(きょ・こく)、趙之謙(ちょう・しけん)らの逸品や、清代末期と近現代の彫刻家、林元珠、林清卿らの作品100点余りを展示する。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020012322576

    「新華社」 福州市で近代名家の書画・彫刻展福建省  18日、福建省シルクロード芸術館で福州寿山石彫「東門流派」継承者の作品「油田晨曲」を観賞する彫刻愛好家ら。中国福建省福州市の福建省シルクロード芸術館で18日、「第2回金石相期―近代名家書画・彫刻芸術展」が開幕した。同展は主に近代の書画と篆刻の名家である虚谷(きょ・こく)、趙之謙(ちょう・しけん)らの逸品や、清代末期と近現代の彫刻家、林元珠、林清卿らの作品100点余りを展示する。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020012322585

    「新華社」 福州市で近代名家の書画・彫刻展福建省  18日、福建シルクロード芸術館に展示された福州寿山石彫作品「騎犼観音(きこうかんのん)」。犼は中国に伝わる霊獣で、観世音菩薩の乗り物とされている。中国福建省福州市の福建省シルクロード芸術館で18日、「第2回金石相期―近代名家書画・彫刻芸術展」が開幕した。同展は主に近代の書画と篆刻の名家である虚谷(きょ・こく)、趙之謙(ちょう・しけん)らの逸品や、清代末期と近現代の彫刻家、林元珠、林清卿らの作品100点余りを展示する。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020012322589

    「新華社」 福州市で近代名家の書画・彫刻展福建省  18日、福建省シルクロード芸術館に展示された呉大澂(ご・だいちょう)、徐瀚卿(じょ・かんけい)などの拓本作品。中国福建省福州市の福建省シルクロード芸術館で18日、「第2回金石相期―近代名家書画・彫刻芸術展」が開幕した。同展は主に近代の書画と篆刻の名家である虚谷(きょ・こく)、趙之謙(ちょう・しけん)らの逸品や、清代末期と近現代の彫刻家、林元珠、林清卿らの作品100点余りを展示する。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020012322600

    「新華社」 福州市で近代名家の書画・彫刻展福建省  18日、福建省シルクロード芸術館で展示品を観賞する彫刻愛好家ら。中国福建省福州市の福建省シルクロード芸術館で18日、「第2回金石相期―近代名家書画・彫刻芸術展」が開幕した。同展は主に近代の書画と篆刻の名家である虚谷(きょ・こく)、趙之謙(ちょう・しけん)らの逸品や、清代末期と近現代の彫刻家、林元珠、林清卿らの作品100点余りを展示する。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020012322605

    「新華社」 福州市で近代名家の書画・彫刻展福建省  18日、福建省シルクロード芸術館に展示された寿山石彫刻作品「紅色聖地」。中国福建省福州市の福建省シルクロード芸術館で18日、「第2回金石相期―近代名家書画・彫刻芸術展」が開幕した。同展は主に近代の書画と篆刻の名家である虚谷(きょ・こく)、趙之謙(ちょう・しけん)らの逸品や、清代末期と近現代の彫刻家、林元珠、林清卿らの作品100点余りを展示する。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020012322610

    「新華社」 福州市で近代名家の書画・彫刻展福建省  18日、福建省シルクロード芸術館に展示された都成坑石(寿石山の一種)の石刻作品「竜鳳呈祥」。中国福建省福州市の福建省シルクロード芸術館で18日、「第2回金石相期―近代名家書画・彫刻芸術展」が開幕した。同展は主に近代の書画と篆刻の名家である虚谷(きょ・こく)、趙之謙(ちょう・しけん)らの逸品や、清代末期と近現代の彫刻家、林元珠、林清卿らの作品100点余りを展示する。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像