検索結果 347 件中 1 件 〜 50
  1. 2020010901592

    「新華社」 日本在住28年の中国画家、私設美術館が銀座にオープン  8日、東京・銀座にオープンした王伝峰美術館。日本在住の中国画家、王伝峰(おう・でんぽう)氏の名を冠した私設美術館が8日、東京・銀座でオープンした。五階建てビルの全フロアが展示スペースとなっており、外観と内装は著名建築家の隈研吾氏がデザインした。同日館内で取材に応じた王氏は「美術館を通じて中国の芸術を広め、中国と世界の文化交流に貢献したい」と語った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020010602318

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」のイメージ図。中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020012322494

    「新華社」 上海芸海劇院がファンケルの社名を冠しリニューアルオープンミュージカル専用劇場目指す  5日、ライトアップされたファンケル・アーツ・センター。日本企業ファンケルの社名を冠した劇場、上海芸海劇院がこのほど、リニューアルを終え一般に公開された。同社が冠スポンサーとなって以降、芸海劇院は正式名称をファンケル・アーツ・センターに改め、ミュージカル専用劇場としてのあり方を探っている。芸海劇院は2001年に建設され、上海国際芸術祭や世界各国の演劇作品を上演するイベント「静安現代戯劇谷(モダンドラマバレー)」など一連の重要な文化イベントの指定会場や、前衛演劇やコメディの常設公演会場として利用されてきた。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020011401932

    「山陽新聞」 「江川式建築」の旧遷喬尋常小校舎  現存の「江川式建築」で最大規模の旧遷喬尋常小校舎。岡山県真庭市の国重要文化財「旧遷喬尋常小学校」などを設計した江川三郎八(1860~1939年)の企画展が、LIXILギャラリー(大阪市北区大深町)で開かれている。江川は県内各地に優れた意匠の洋風建築を残しており、展示品の多くを貸し出している真庭市教委や県内の顕彰グループは「江川の功績が全国に広まれば」と、開催を喜んでいる。=2019(令和元)年12月31日、岡山県真庭市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  5. 2020012322434

    「新華社」 上海芸海劇院がファンケルの社名を冠しリニューアルオープンミュージカル専用劇場目指す  ファンケル・アーツ・センターの外観。(2019年12月27日撮影)日本企業ファンケルの社名を冠した劇場、上海芸海劇院がこのほど、リニューアルを終え一般に公開された。同社が冠スポンサーとなって以降、芸海劇院は正式名称をファンケル・アーツ・センターに改め、ミュージカル専用劇場としてのあり方を探っている。芸海劇院は2001年に建設され、上海国際芸術祭や世界各国の演劇作品を上演するイベント「静安現代戯劇谷(モダンドラマバレー)」など一連の重要な文化イベントの指定会場や、前衛演劇やコメディの常設公演会場として利用されてきた。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019120900578

    「新華社」 辛亥革命武昌起義紀念館で日本ゆかりの史料を探す湖北省武漢市  4日、辛亥革命武昌起義紀念館の敷地内にある「鄂軍都督府(がくぐんととくふ)」旧址を背景に写真を撮る観光客。中国湖北省武漢市の辛亥革命武昌起義紀念館は1981年に辛亥革命の記念館として一般公開された。中華民国の軍政府が置かれていた建物は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。同紀念館は現在、辛亥革命の重要な史跡や文化財の保護収集拠点であり、上から二番目のランクである国家4A級観光地および国家一級博物館となっている。館内に展示された数千点の辛亥革命に関連する文化財や文献は、開館から40年近くの間に個人からの寄贈などにより幅広く収集され、一部の文化財や史料は日本と関係がある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019112505253

    「新華社」 大自然が彩る幼少期を過ごそう湖南省長沙市  20日、空から見た許橋小学校。(小型無人機から)中国湖南省長沙市天心区許興(きょこう)村の許橋(きょきょう)小学校では、土地柄に合わせた教育が行われている。児童たちが大自然に親しみ、その神秘を理解できるよう、校庭周辺の木の枝や松の実を集め、美術の授業でさまざまな動物の形をした手作りの作品の作り方を教えている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019110500544

    「新華社」 仏ポンピドーセンター所蔵作品展、まもなく上海市西岸で開幕  10月29日、ポンピドーセンター所蔵作品展の開幕を間近に控えた上海市徐匯浜江にある西岸美術館。中国上海市黄浦(こうほ)江畔徐匯(じょかい)浜江エリアにある西岸美術館で今年11月8日から2021年5月9日まで、同館のオープニングを飾る展覧会「時間の形態―ポンピドーセンター所蔵作品展」が開催される。同館は英国の有名建築家デイヴィッド・チッパーフィールド(DavidChipperfield)氏が設計し、建築面積は約2万5千平方メートル。同展の常設展ではフランス・パリにある総合文化施設、ポンピドーセンター所蔵の重要な作品100点余りが展示される。(上海=新華社記者/許暁青)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019102500626

    「新華社」 天津の洋館「チャイナ・ハウス」で触れる古磁器の魅力  21日、チャイナ・ハウスの外観。中国天津市和平区赤峰道72号に建つフランス式の洋館「磁房子」(チャイナ・ハウス)は、「磁器の家」を意味し、中国磁器の博物館とも称される。かつては中国近代の外交官・黄栄良(こう・えいりょう)の住居だった。同市内の骨董品収集家・張連志(ちょう・れんし)氏が2000年、中国の磁器文化を広める目的でチャイナ・ハウスを買い取り、8年かけて改装した。生まれ変わったチャイナ・ハウスには磁器片数百万点と古い磁器1万3千点、石像300体余り、明・清期の猫型磁器製枕300点があしらわれている。チャイナ・ハウスは2007年9月3日の公開以来、天津観光のランドマークとしてネット上でも注目され、中国内外から訪れる観光客にとって見逃せない人気スポットとなった。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019102500703

    「新華社」 天津の洋館「チャイナ・ハウス」で触れる古磁器の魅力  21日、チャイナ・ハウスの外観。中国天津市和平区赤峰道72号に建つフランス式の洋館「磁房子」(チャイナ・ハウス)は、「磁器の家」を意味し、中国磁器の博物館とも称される。かつては中国近代の外交官・黄栄良(こう・えいりょう)の住居だった。同市内の骨董品収集家・張連志(ちょう・れんし)氏が2000年、中国の磁器文化を広める目的でチャイナ・ハウスを買い取り、8年かけて改装した。生まれ変わったチャイナ・ハウスには磁器片数百万点と古い磁器1万3千点、石像300体余り、明・清期の猫型磁器製枕300点があしらわれている。チャイナ・ハウスは2007年9月3日の公開以来、天津観光のランドマークとしてネット上でも注目され、中国内外から訪れる観光客にとって見逃せない人気スポットとなった。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019101804933

    「新華社」 当代中国書法芸術館を訪ねて内モンゴル自治区  16日、内モンゴル自治区烏海市の当代中国書法芸術館。中国内モンゴル自治区烏海市にある正方形の建物、当代中国書法芸術館は書道文化をテーマとした文化施設で、書道だけでなく、油絵や写真などの作品も展示されている。(烏海=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019101805000

    「新華社」 当代中国書法芸術館を訪ねて内モンゴル自治区  16日、内モンゴル自治区烏海市の当代中国書法芸術館。中国内モンゴル自治区烏海市にある正方形の建物、当代中国書法芸術館は書道文化をテーマとした文化施設で、書道だけでなく、油絵や写真などの作品も展示されている。(烏海=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019101008830

    「新華社」 ルービックキューブのような図書館を訪ねてドイツ  8日、シュツットガルトの夜に輝く市立図書館。ドイツのシュツットガルト市立図書館は2011年に完成、オープンした。ルービックキューブのような外観で、内部は吹き抜けという造り。白を基調とした空間に本棚が整然と設置され、芸術品のような美しさを醸し出している。この独特のデザインが多くの観光客を集めている。(シュツットガルト=新華社記者/張鋮)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019100403176

    「新華社」 上海交響楽団、設立140周年祝典音楽会を開催  上海交響楽団音楽庁の外観。日本の建築家、磯崎新氏が設計し、音響設計家の豊田泰久氏が建築内部の音響設計を担当した。(資料写真)中国上海市の上海交響楽団音楽庁で27日、上海交響楽団設立140周年祝賀コンサートが開催された。中華人民共和国成立70周年を迎えるに当たり、同楽団は新中国の異なる年代に作られた楽曲を披露した。(上海=新華社配信/上海交響楽団提供)=撮影日不明、クレジット:上海交響楽団/新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019100101544

    「新華社」 第6回全国画院美術作品展、湖南省長沙市で開幕  28日、開館初日を迎えた湖南美術館。(小型無人機から)中国国家画院、湖南省文学芸術界連合会が主催する第6回全国画院美術作品展の開幕式が28日、湖南省長沙市の湖南美術館で行われた。同展は当日、湖南美術館で開催する初日を迎えた。展示会は「美しい中国」をテーマに、中国絵画や油絵、版画、彫刻、書法篆刻などの作品計587点が展示される。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019100101720

    「新華社」 第6回全国画院美術作品展、湖南省長沙市で開幕  28日、開館初日を迎えた湖南美術館。中国国家画院、湖南省文学芸術界連合会が主催する第6回全国画院美術作品展の開幕式が28日、湖南省長沙市の湖南美術館で行われた。同展は当日、湖南美術館で開催する初日を迎えた。展示会は「美しい中国」をテーマに、中国絵画や油絵、版画、彫刻、書法篆刻などの作品計587点が展示される。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019090615188

    「京都新聞」 京都造形芸術大  「京都芸術大学」への名称変更を決めた京都造形芸術大=2019(令和元)年9月2日、京都市左京区、クレジット:京都新聞社/共同通信イメージズ

  18. 2019072202045

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019072202028

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019072202173

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019072202109

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019072202065

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂に立つマリア像と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019072202101

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂から望むマカオ・タワー。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019071707071

    「新華社」 グッゲンハイム美術館世界遺産に登録  12日、米ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館の外観。米ニューヨークのランドマークの一つ、グッゲンハイム美術館は、同国の著名建築家フランク・ロイド・ライトの代表作で、館内に独特のらせん構造を持つことで知られる。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で、ライト氏が手掛けた同美術館を含む8作品を世界文化遺産に登録することが決まった。(ニューヨーク=新華社記者/韓芳)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019070501636

    「新華社」 諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県  3日、山東省沂南県の諸葛亮故里記念館。中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019070304672

    「新華社」 大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます  22日、博物館の入り口。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社配信/劉徳斌)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019062401801

    「新華社」 瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表  20日、遠くから見た乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社配信/李浩)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019052002282

    「新華社」 ベルリンの博物館島を訪ねて  17日、ベルリンの博物館島にある旧国立美術館の前を通過する遊覧船。ドイツの首都ベルリンを流れるシュプレー川の中州北側は、旧博物館や新博物館、旧国立美術館、ボーデ博物館、ペルガモン博物館などの著名な博物館や美術館が集中しており、「ムゼウムスインゼル(博物館島)」と呼ばれている。その起源は1797年にさかのぼる。これらの博物館は先史時代から20世紀に至る文化財や芸術品を収蔵しており、島全体がベルリン、ひいてはドイツにおける「文化の宝庫」といえる。1999年にはユネスコの世界文化遺産に登録されている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019052002177

    「新華社」 ベルリンの博物館島を訪ねて  17日、ベルリンの博物館島にある旧博物館。ドイツの首都ベルリンを流れるシュプレー川の中州北側は、旧博物館や新博物館、旧国立美術館、ボーデ博物館、ペルガモン博物館などの著名な博物館や美術館が集中しており、「ムゼウムスインゼル(博物館島)」と呼ばれている。その起源は1797年にさかのぼる。これらの博物館は先史時代から20世紀に至る文化財や芸術品を収蔵しており、島全体がベルリン、ひいてはドイツにおける「文化の宝庫」といえる。1999年にはユネスコの世界文化遺産に登録されている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019052002250

    「新華社」 ベルリンの博物館島を訪ねて  17日、ベルリンの博物館島にあるボーデ博物館。ドイツの首都ベルリンを流れるシュプレー川の中州北側は、旧博物館や新博物館、旧国立美術館、ボーデ博物館、ペルガモン博物館などの著名な博物館や美術館が集中しており、「ムゼウムスインゼル(博物館島)」と呼ばれている。その起源は1797年にさかのぼる。これらの博物館は先史時代から20世紀に至る文化財や芸術品を収蔵しており、島全体がベルリン、ひいてはドイツにおける「文化の宝庫」といえる。1999年にはユネスコの世界文化遺産に登録されている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019052002056

    「新華社」 エッフェル塔で130歳祝う光のショー  15日、ライトアップされたパリのエッフェル塔。仏パリの名所、エッフェル塔で15日、1889年の公開から130周年を迎えたことを祝う光のショーが行われた。(パリ=新華社配信/アレクサンドル・カルメン)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019052002058

    「新華社」 エッフェル塔で130歳祝う光のショー  15日、パリのエッフェル塔で行われた光のショー。仏パリの名所、エッフェル塔で15日、1889年の公開から130周年を迎えたことを祝う光のショーが行われた。(パリ=新華社配信/アレクサンドル・カルメン)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019052002184

    「新華社」 媽祖関連の展示物が豊富莆田市博物館を訪ねて福建省  15日、空から見た莆田市博物館の全景。(小型無人機から)中国福建省莆田(ほでん)市の綬渓公園の東側にある莆田博物館は、敷地面積23・3ムー(約1万5500平方メートル)、建築面積2万8800平方メートル、展示ホール面積1万3千平方メートル。同館には文化財1万点余りが所蔵され、その内容は陶磁器や青銅器、石器、書画など、さまざまな分野におよぶ。うち3級以上の貴重な文化財は1378点。同館が所蔵する媽祖(まそ、航海と漁業の女神)文化にまつわる文化財200点余りは、莆田市が世界規模の媽祖文化の中心地を建設するための資料となっている。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019052002126

    「新華社」 エッフェル塔で130歳祝う光のショー  15日、パリのエッフェル塔で行われた光のショーを楽しむ観光客。仏パリの名所、エッフェル塔で15日、1889年の公開から130周年を迎えたことを祝う光のショーが行われた。(パリ=新華社配信/アレクサンドル・カルメン)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019052002144

    「新華社」 エッフェル塔で130歳祝う光のショー  15日、パリのエッフェル塔で行われた光のショー。仏パリの名所、エッフェル塔で15日、1889年の公開から130周年を迎えたことを祝う光のショーが行われた。(パリ=新華社配信/アレクサンドル・カルメン)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019052002033

    「新華社」 エッフェル塔で130歳祝う光のショー  15日、パリのエッフェル塔で行われた光のショーを楽しむ観光客。仏パリの名所、エッフェル塔で15日、1889年の公開から130周年を迎えたことを祝う光のショーが行われた。(パリ=新華社配信/アレクサンドル・カルメン)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019051600328

    「新華社」 ダビンチ没後500年終焉の地、仏アンボワーズを訪ねて  1日に撮影したフランス・アンボワーズにあるダビンチの埋葬地、アンボワーズ城。5月2日はイタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダビンチ(1452年4月15日~1519年5月2日)の没後500年にあたる。イタリアの有名な画家で科学者のダビンチは、ラファエロ、ミケランジェロと共にイタリア・ルネサンスの三大巨匠と呼ばれている。ヨーロッパ・ルネサンス期を代表する人物の1人でもある。ダビンチは1516年にフランス国王の招きを受けてフランスに渡り、同国中部の小都市アンボワーズで最後の3年間を過ごした。彼はクロ・リュセ城で晩年を過ごし、死後はアンボワーズ城に埋葬された。(パリ=新華社記者/高静)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019051600278

    「新華社」 ダビンチ没後500年終焉の地、仏アンボワーズを訪ねて  1日に撮影したフランス・アンボワーズ城のサン・テュベール礼拝堂。ダビンチの墓は礼拝堂の中にある。5月2日はイタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダビンチ(1452年4月15日~1519年5月2日)の没後500年にあたる。イタリアの有名な画家で科学者のダビンチは、ラファエロ、ミケランジェロと共にイタリア・ルネサンスの三大巨匠と呼ばれている。ヨーロッパ・ルネサンス期を代表する人物の1人でもある。ダビンチは1516年にフランス国王の招きを受けてフランスに渡り、同国中部の小都市アンボワーズで最後の3年間を過ごした。彼はクロ・リュセ城で晩年を過ごし、死後はアンボワーズ城に埋葬された。(パリ=新華社記者/高静)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019051600282

    「新華社」 ダビンチ没後500年終焉の地、仏アンボワーズを訪ねて  1日に撮影したフランス・アンボワーズのクロ・リュセ城。5月2日はイタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダビンチ(1452年4月15日~1519年5月2日)の没後500年にあたる。イタリアの有名な画家で科学者のダビンチは、ラファエロ、ミケランジェロと共にイタリア・ルネサンスの三大巨匠と呼ばれている。ヨーロッパ・ルネサンス期を代表する人物の1人でもある。ダビンチは1516年にフランス国王の招きを受けてフランスに渡り、同国中部の小都市アンボワーズで最後の3年間を過ごした。彼はクロ・リュセ城で晩年を過ごし、死後はアンボワーズ城に埋葬された。(パリ=新華社記者/高静)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019040200266

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/馬暁冬)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019040200294

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/馬暁冬)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019040200473

    「新華社」 朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて  平壌市の大同江のほとりにあり、金日成広場と川を挟んで向かい合っている、万寿台創作社が制作した主体思想塔。塔の下には労働者、農民、知識人がハンマー、鎌、筆を手に持つ朝鮮労働党のシンボルをデザインした銅像が建てられている。塔の両側にある建物の屋上には「一心」「団結」の朝鮮語の文字が掲げられている。(1月5日撮影)朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019040200423

    「新華社」 朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて  万寿台創作社が手がけた、平壌市内の代表的建造物である凱旋門。石柱には朝鮮の元最高指導者、故金日成(キム・イルソン)氏が革命に身を投じた年と、凱旋帰国した年が彫られている。(1月1日撮影)朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018121811192

    「新華社」 福州海峡文化芸術センター、市民開放日のイベント開催  16日、空から見た福州海峡文化芸術センター。(小型無人機から)中国福建省の福州市にある福州海峡文化芸術センターは16日、市民開放日のイベントを開催した。数百人の市民がオペラハウスやコンサートホール、多目的劇場などを見学した。また現場ではパイプオルガンの演奏も行われ、来場者は芸術的な雰囲気を堪能した。(福州=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018121223537

    「新華社」 青島で第一次世界大戦遺跡博物館がオープン  11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館の外観。(小型無人機から)中国山東省青島市で11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館がオープンした。青島山第一次世界大戦公園内にあり、建築面積は1万平方メートル近くに達する。建物の外観は平和の象徴ハトを彷彿させる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018112901134

    「新華社」 孔子博物館が試験開館第1期2千点余りの孔府文化財を搬入  16日、新しく建てられた孔子博物館。(小型無人機から)孔子の故郷、中国山東省曲阜(きょくふ)市で26日午前、5年をかけて建設された孔子博物館の試験開館が始まった。第1期として2千点余りの文化財が孔府文化財档案館(保存施設)から同博物館に移され、今後、孔府にある文化財69万点以上が続々と同博物館に移される予定。(曲阜=新華社記者/朱崢)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019070501667

    「新華社」 諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県  山東省沂南県にある諸葛亮故里記念館の正門。(2018年10月16日撮影)中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019070501674

    「新華社」 諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県  山東省沂南県にある諸葛亮故里記念館の様子。(2018年10月撮影)中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  49. 2019070501629

    「新華社」 諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県  山東省沂南県の諸葛亮故里記念館。(2018年10月撮影)中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019070501695

    「新華社」 諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県  山東省沂南県の諸葛亮故里記念館。(2018年10月撮影)中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像